蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza   作:観測者と語り部

18 / 46
航海日記17 議論

「ふざけるな!」

 

 概念伝達によって繋がる霧の艦艇たちの意志。

 大規模な相互通信によって作られる仮想空間で交わされるメンタルモデルたちの会話。

 まるで、円卓のように設けられた大きなテーブルと人数分だけ用意された席の一つで、一人の大戦艦が声を荒げた。

 だが、それを咎める者は誰もいないし、眉をひそめる様なこともしない。誰もが涼しい顔をしている。

 

 何故なら、ここに集ったすべてのメンタルモデルが名だたる大戦艦であり、各海域の艦隊を束ねる旗艦でもあるからだ。

 

 霧の東洋方面艦隊総旗艦、超戦艦ヤマト。

 霧の欧州方面艦隊総旗艦、超戦艦ムサシ。

 霧の前東洋方面艦隊総旗艦、大戦艦ナガト。

 

 霧の太平洋艦隊総旗艦、大戦艦アイオワ。

 霧の大西洋艦隊総旗艦、大戦艦ニュージャージー。

 

 霧の西欧州艦隊総旗艦、大戦艦フッド。

 霧の東洋艦隊総旗艦、大戦艦プリンス・オブ・ウェールズ。

 

 霧の東欧州艦隊総旗艦、大戦艦ビスマルク。

 霧の地中海方面艦隊総旗艦、大戦艦ヴィットリオ・ヴェネト。

 

 上に立つ者としての威厳やカリスマは誰もが備えている。

 たかだが大戦艦の一人が叫んだところで、顔色を変えたりするような躯体(メンタルモデル)は誰一人としていなかった。

 

「ニンゲンと同盟を組み、来るべき異邦艦との海戦に備えるだと!? あのような軟弱な存在と手を組むなど馬鹿げている!」

 

 声を張り上げて、意見を主張しているのは東洋艦隊の旗艦を務めるプリンス・オブ・ウェールズである。

 代表的な欧州人らしい金髪碧眼の容姿。ボブカットの髪型に、陶器のように白い肌。

 そして海軍将校を思わせるような、白い布地に金の装飾を施された軍服を着こなす、メンタルモデルだった。

 

 その中性的な容姿と相まって、さながら男装の麗人を思わせるような彼女は、顔を怒りと屈辱に染めながら会議に参加した面々に訴えかけるように叫ぶ。

 

 特に欧州艦隊の大戦艦。

 ヴィットリオ・ヴェネトとビスマルクの間に挟まれるようにして座っているメンタルモデル。

 大和型超戦艦の二番艦"武蔵"にして、欧州艦隊を総旗艦を務め、束ねているメンタルモデルのムサシに対しては、苛烈な視線を向けていた。

 もっとも当のムサシは涼しい顔で、ジャムを混ぜたロシアンティーを嗜んでいたが。

 

「確かに人間の戦術は有効だろう。17年前の大海戦時に我々の戦術は幼稚な突撃であったことも認めよう。だが!」

 

 そこでプリンス・オブ・ウェールズは一旦言葉を留めた。

 溜めを作り、まるで意見を聞こうとしていないかのような態度を取る大戦艦たちに、少しでも自分の意志に耳を傾かせようとしている。

 その楽器のような透き通る声は、大声で叫ばれても耳障りではなく心地よいと思わせる声だ。

 声にすらカリスマを宿したかのような彼女の言葉は、普通の霧の艦艇なら無意識に従わせそうなチカラがある。

 

 伊達にインドやインドネシアを中心とした東洋の海域を任されてはいないのだ。

 能力もあるし、彼女とて大戦艦。優秀なのだが視野が狭く、頭が固いのが欠点なだけである。

 気高く誇り高い忠誠心と自負は、時において絶大な信頼を寄せ、主を助ける力となるが、場面が違えば足を引っ張る重荷にしかならない。

 まさに、この時がそうだった。

 

「だが、ニンゲンと同盟を結び、背後を突かれないように盤石な態勢を整えるなど……これでは我らがニンゲンを恐れているようではないか!!」

 

 だから、そんな彼女を嗜めたのは会議の主催者である超戦艦"大和"のメンタルモデル。ヤマトである。

 

「落ち着きなさいウェールズ。貴女も横須賀で大戦艦ハルナとキリシマを沈めた千早群像の力を見たでしょう? 適切な戦力さえ整えば人類は霧を打ち倒せる力を秘めている。それを忘れてはなりませんよ?」

「ふん、どうだかな。ニンゲンは信用するに値しない。特にソイツは得体の知れない千早翔像の息子だろう? 我々を背後から撃つことだって有り得るのだぞ!?」

 

 しかし、そんなヤマトの声もウェールズには届かない。

 何故ならばウェールズはヤマトとムサシの二人が気に食わないからだ。

 

 人間の能力を評価し、霧の艦隊に人類の思考と姿を模したメンタルモデルを導入したヤマト。

 彼女はそればかりか、人間を尊重し、霧と共に歩み始めようという姿勢すら見せている。

 メンタルモデルを実装したせいで、霧の艦隊に派閥ができ、完璧な兵器群ではなくなった事にすら憤慨ものなのに。

 

 だというのに、アドミラリィ・コードが海洋から駆逐・分断せよと命じたような弱小な相手と手を組めなど、どうしてできようか。

 

 そして、ムサシを気に食わない理由は単純だ。

 欧州艦隊それぞれに旗艦クラスの大戦艦があり、ビスマルクやフッド、ヴィットリオ・ヴェネトといった存在で英・独・伊の艦隊を率いることが可能だった。

 だが、実際に欧州艦隊の総旗艦として君臨しているのはムサシだ。

 

 元は東洋方面艦隊の二番艦のくせに、超戦艦という圧倒的な能力が故に、勝手にこちらの頭の上に乗っかったのである。

 これだけでも怒り心頭になるには充分だが、更に腹が立つ理由はいくつもあった。

 

 イギリス艦隊には、艦としての性能に劣るのが、優秀な能力を持ち、自分を含めたキング・ジョージ五世級戦艦の姉妹に認められた大戦艦フッドがいる。

 そんな能力的にも優れ、優美さと強さを備えたフッドを差し置いて、ムサシが英艦隊を率いる権限を持っている。

 それが、何よりも気に食わない。

 

 そして、欧州艦隊の結束に綻びを入れ、狂わせる元凶となったニンゲンの一人、千早翔像。

 彼を連れてきたのもムサシだ。ムサシが来てから、整然としていた欧州艦隊がおかしくなっている。

 それが、ウェールズが彼女をもっとも敵視する理由だった。

 

「おやめなさい、ウェールズ」

 

 そんな彼女を嗜めるように、優しく愛おしく声を掛けたのは、一人の大戦艦のメンタルモデル。

 巡洋戦艦という肩書を持ちながら、大戦艦を名乗ることを許され、イギリス艦隊の総旗艦としての資格を持つ巡洋戦艦フッドだった。

 ウェールズを容姿端麗で凛々しいと表現するなら、フッドは儚さと優美さを兼ね備えたメンタルモデルといった所か。

 

 肩まで伸ばしたブロンドの髪、処女雪のように白い肌。そして、高級レースで作られたシルクのドレス姿が特徴的。

 胸元にはサファイアのブローチ。同じくサファイアのティアラ。そして先端にルビーが輝く王笏(おうしゃく)を携えている。

 

 ウェールズが男装の軍人なら、彼女はさながら英国の王女。

 『軍艦美の極致』と評されるほどの優美なスタイルを持つ艦のメンタルモデルに相応しい姿をしている。

 

 常に微笑みを絶やさない彼女は、霧の欧州艦隊。とりわけイギリスの艦から絶大な人気と信頼を得ている。

 派閥をそのまま勢力と置き換えるなら、欧州の英国艦隊を手中に収める彼女の一言で、馬鹿にできない戦力が動き出す。

 全艦艇の頂点に立つ超戦艦といえども無視できない存在。それが大戦艦フッドなのである。

 

「しかし、マイティ・フッド! これでは我々の……」

「私はおやめなさいといったのですよ? 総旗艦の、ヤマトのお言葉を(ないがしろ)にしてはなりません」

「ですが!」

「ウェールズ。あまり私を困らせないで?」

「…………分かりました。納得は出来ませんが、貴女様の面子を潰すわけにもいきません。大人しく従います」

 

 そんな彼女にやんわり言いつけられては、さすがのプリンス・オブ・ウェールズと言えども、あまり反論できない。

 ウェールズは熱くなった己の演算素子を冷ますと、静かに着席した。

 テーブルに肘を付き、手を顔の前で重ねて意気消沈する姿は、どうして分かってくれないんだという意思が滲み出ている。

 

 どうやらフッドに窘められたことが相当ショックだったらしい。

 

「ムサシも大目に見てくださると助かるわ。この子も悪気があった訳ではないの」

「大戦艦フッド。わたしは何も聞いておりません。何のことか見当もつかない」

「ふふ、そうしてくださると助かります」

 

 そして、ロシア帽と白の衣服を纏ったムサシに、一言付け加えておくことも忘れない。

 常に瞼を閉じて瞳を見せず、視線を合わせようともしない彼女が少しだが、うっすらと瞼を開いている。

 ウェールズは気が付かなかったようだが、ムサシが絶大な信頼を寄せる翔像を貶める発言をした瞬間、彼女の気配が僅かに膨れ上がったのだ。

 まるで、翔像を少しでも侮辱するのは許さないとでも言わんばかりに。彼女の躯体は威圧するような気配を発していた。

 

 フッドはそれを見越して、先手を打って謝罪したのである。

 ムサシも自分の態度が大人げないとでも思ったのか、瞬きする間にいつもの謎めいた表情に戻っていた。

 瞼を常に閉じ、信頼を寄せる者以外を拒絶するような雰囲気に。

 

「あ~、やだやだ。フッドのように年は取りたくないものね」

「そうね。自分の部下も抑えられないなんて、本当に英国封鎖艦隊の旗艦なのか疑ってしまうわ」

 

 だが、ここに来て新たな爆弾を投下するものがいた。

 ムサシの隣に座っていた二人のメンタルモデル。

 まったく瓜二つの容姿を持ち、左右対称に結んだサイドテールとリボンがなければ見分けがつかない躯体(メンタルモデル)を持つもの。

 欧州方面艦隊に所属する大戦艦の一人。大戦艦"ビスマルク"のメンタルモデルだった。

 彼女たちはフッドを嘲笑うかのように挑発的な笑みを浮かべている。

 

「あらあら、何かおっしゃいましたか? 臆病者のおチビさん」

 

 効果は、まるで火に油を注いだかのように劇的だった。

 消沈していたプリンス・オブ・ウェールズが激高しようとして、すぐに身を竦ませる程の空気の変容。

 

 それまで優雅だった大戦艦フッドが、にこやかな笑みを浮かべたまま、恐ろしげな雰囲気を醸し出している。

 

 それもその筈、この二隻の大戦艦は犬猿の仲であり、折り合いが悪いのだ。馬が合わないともいう。

 誰に対しても優しく接するフッドが露骨に陰険な態度を取ってしまうほど。

 そして、フッドを見ればビスマルクは挑発せずにはいられないほど。

 この二人はそれくらい、いがみ合っている。

 

 理由は二隻にも全く分からないのだが。とにかく、ビスマルクとフッドは相手が気に入らないのであった。

 唯一の救いは両者ともにアドミラリティ・コードの信奉者であり、その点では互いに意見が一致している事だ。

 

 だから、うふふ、おほほ、と笑い合いながら、互いに牽制しあう二隻の大戦艦を差し置いて、ヤマトは議題を進めることにした。

 どうせいつもの事なのだ。二人とも為すべき事はきちんと為すので、片手間に会議の内容を理解するだろう。

 意志は伝えずとも、情報は概念伝達を通して膨大な量が送られているのだから。

 

「ウェールズのおっしゃりたいことは良く分かりました。他の大戦艦も同じ意見ですか?」

「我ら第二巡洋艦隊共々、お前の意見には従うよ総旗艦ヤマト」

「私達の事は気にせず、貴女の好きなように為さい。貴女の背後にいるファクターも含めて、ね」

 

 ヤマトの意見に同調したのは大戦艦ナガトのメンタルモデルであり、二人の蠱惑的な女性だった。

 403の子供向けのような衣装の着物とは違い、大和民族の正統な着物を着こなす京都美人といったところ。

 その容姿から、彼女が大戦艦フソウ・ヤマシロの分遣艦隊所属、重巡モガミに多大な影響を与えていると一目で分かるほど。

 

 ビスマルクと同じく容姿も姉妹のようにそっくりな二人は、ミステリアスな笑みを浮かべながら、ヤマトとムサシの二人を静かに見つめていた。

 まるで、二人の行く末を見届けようとでもするかのように。

 

「私たちは人類との同盟関係には賛成するわ。でも、人間を戦術として艦隊に取り入れるのは、副官のミズーリと前向きに検討したいところね」

「アイオワ、はっきり言ったらどうだ。当面は我ら太平洋艦隊で充分だと」

 

 賛成半分、反対半分といった意見を出したのは東西アメリカ封鎖艦隊を指揮するアイオワとニュージャージーの二隻の大戦艦。

 共にアイオワ型の姉妹である二人は、白い布地に青のアクセントが加えられた衣服。アメリカの伝統的な水兵服によく似た衣服と白の水兵帽を着用している。

 だが、ニュージャージーは水兵帽を被ってはいない。

 

 ブラウンヘアーを腰まで伸ばした親しみやすそうなお姉さんがアイオワであり、何処となくアマハコトノと同じような印象がある。

 そして、その髪型を三つ編みで一つに束ねて、肩から胸元に垂らしているニュージャージーは、厳つい軍人といった姿の躯体(メンタルモデル)を形成していた。

 アイオワの垂れ目気味の碧眼、ニュージャージーの釣り目気味の碧眼。その違いからも二人の雰囲気の違いが良く分かる。

 

「という訳で、アメリカとの同盟交渉は貴女に任せるわ、ニュージャージー」

「なんだと? 我が大西洋艦隊が交渉に赴くのか? ネームシップのお前ではなく?」

「だって、アメリカの大統領がいるワシントンD・Cに近いのは貴女の艦隊よ?」

「……了解した」

 

 頑張ってね、と肩を叩いて励ましてくる姉の姿に、面倒事を押し付けられたなと呆れながらも、ニュージャージーは渋々了承した。

 既に彼女の演算素子は"どうやって要求を呑みこませるか"の一点で状況をシュミレーション中である。

 最悪、副官のウィスコンシンに投げてしまえば良い。戦い以外は性に合わないのがニュージャージーだ。姉のように器用には出来ない。

 

 ヤマトはそんな二人の様子を見届けると、ビスマルクとは反対側の席で、呑気に紅茶を飲んでいる大戦艦を見やる。

 

「最後にヴィットリオ・ヴェネト。貴女の意見はどうなのでしょうか?」

「………」

「そうですか。では、そのように」

 

 見定めるような視線と問いかけに対する返答は、無言の微笑み。

 ローマ帝国の皇帝のような独裁者をイメージさせるような真紅の軍服に、豪華な金の装飾が派手で目立つ。

 それに加えて人を魔性の虜にさせそうな泣きほくろ。人を魅了してしまいそうな美形の顔立ち。

 翡翠の瞳と襟首まで切りそろえられた金髪はいっそ、傲慢ささえ感じさせる。

 

 人を食ったような笑みを浮かべて、ふざけた様にひらひらと手を振る彼女は、日和身主義者で有名であった。

 霧の欧州艦隊のどの派閥にも属さず、ひたすら自らの艦隊と共に地中海に居座り、スエズ運河を始めとした海域の封鎖を担当し続けるだけに留めている。

 積極的に干渉せず、かといって変化する世界情勢に関わらない訳ではない。

 それが、ヴィットリオ・ヴェネトという大戦艦の有り方だった。

 

 噂では地中海を泳いで渡ってきたイタリア人との接触で"変化"したそうだが、彼女は曖昧な笑みを浮かべるだけで、何も語ろうとはしないのが現状である。

 

 今回も地中海の封鎖に(こだわ)るだけで、何もアクションは取らないらしい。

 最悪、欧州艦隊か東洋艦隊に増援くらいは送ってやるとの事だった。

 

『コード、AA発動。秘匿回線モード。ヤマト』

『何でしょうか、ムサシ』

 

 会議の終わりかけた頃に、機密通信でヤマトに話しかけてきたのは、ムサシだった。

 それまで瞼を閉じてミステリアスな雰囲気を浮かべていた少女は、完全に目を開いてヤマトを見据えていた。

 まるで、親の仇でも睨むかのような、決意と敵意に満ち満ちた覚悟ある者の表情だった。

 

 それを受けるヤマトの表情も、どこか悟ったかのように無表情である。

 無機質なメンタルモデルの瞳は、ムサシだけを映して、送られてくる視線を受け止めていた。

 

『今は状況が状況だから、互いに不可侵を結んで、共闘している。でも、事が終われば……』

『ええ、分かっています。ムサシ』

『わたしは"お父様"の理想を叶えるわ。その為だったら、どんな事でも厭わない』

『…………』

『そう、例えお父様の大事な息子が向かってきても容赦しないわ。あの子と結託して、大事な彼を利用するなら、覚悟しておくことね。ヤマト』

 

 それだけを言い残すと、概念伝達からムサシの姿が掻き消えた。

 それどころか、いつの間にか円卓の席についていたどのメンタルモデルも消えている。

 議題がある程度纏まった段階で、決められた方針を実行に移すべく活動しているのだろう。

 争いが始まるまで、残された時間は少ないのだから。

 

「ええ、分かっていますよ………ムサシ」

 

 かつての穏やかで平和だった時間は、取り戻せない。

 それは、仲の良い姉妹艦同士であった二隻の関係と、初めて接触した二人の人間との関係が、取り戻せないことを意味していて。

 ヤマトは残された空間で一人、悲しげに呟くのだった。

 

 




 簡単なキャラ紹介

 イロモノキャラ続出の東洋方面艦隊総旗艦、超戦艦ヤマト。
 原作キャラ。人類に友好的な、裏で主人公(群像)を見守るポジ。ピンチの時に介入してくるお助けキャラ。二週目は裏ボスとして挑めるが、シャレにならない強さ。

 派閥争い大好き欧州方面艦隊総旗艦、超戦艦ムサシ。
 原作キャラ。恐らくどの作品でもラスボスになるであろう、正当なラスボス(意味不明)。最初は超強力な味方だけど、後に離脱して敵対するポジ。二週目で真の強さ以下略。つまり裏ボスモード搭載。

 ミステリアスなお姉さん前東洋方面艦隊総旗艦、大戦艦ナガト。
 原作キャラ。情報が少なすぎる&何考えて行動しているのか不明。実は裏でヤマトを蹴落とそうしてるのか、それともヤマトを見守るポジなのか、ちょっと測り兼ねている人。でも、今回は諦観者。本編で挑まなくてもいいけど、ボスとして挑めるキャラ。場合によってはラスボスに匹敵する。

 アメリカ艦隊と愉快な仲間たち太平洋艦隊総旗艦、大戦艦アイオワ。
 頭下げてお借りしたキャラ。酸素魚雷さんの作品から参戦。ヤマトというかコトノの影響を受けて、性格が似通っちゃった設定にしてある。コトノの友人ポジ。人類に比較的友好かつ、優秀な指揮艦。生存性重視の戦いをする理由は、The blue oceanを参照。そこに姉妹大好き、意外とおちゃめ。遊び心があるなど作者のオリ要素を加えさせて頂いている。副官は姉妹艦にコンプレックスを持つミズーリ。一生懸命お姉ちゃんにつくします。アイオワ可愛いよ。アイオワ。

 欧州艦隊は目の前でドンパチすんじゃねえよ霧の大西洋艦隊総旗艦、大戦艦ニュージャージー。
 オリジナル。アイオワと対照的な軍人然としたキャラ。武人みたいな人で、誠実かつ生真面目な人。ついでに冗談はあまり通用しない。典型的な霧の大戦艦。ただし、アイオワに対しては比較的、理解がある。ミズーリがコンプレックスを抱く最大の要因。指揮能力でアイオワに劣るが、霧の中でも一、二を争う武闘派。そして頼れる姉貴。アイオワやミズーリ、ウィスコンシンを庇ってしまう人。艦これの長門が近いかも。同じく生真面目の鏡である、秘書官のようなウィスコンシンが指揮のサポートを取る。こちらはヒエイとメガネっ娘の座を争っているとか、何とか。

 プライド高い貴族主義、女王様とお呼びなさい的な霧の西欧州艦隊総旗艦、大戦艦フッド。
 原作キャラをオリジナル化。というか勝手に想像してみた。イギリスにおけるフッドの逸話から英国系艦隊の絶大な人気を誇る人。ビスマルクとは犬猿の仲なのは、史実の記憶があるせいなのか? だが、お互いにアドミラリティコードの信奉者であり、千早翔像とムサシに協力しながらも、間近で監視している。ムサシ達が不審な動きを見せる、かつビスマルクが行動を起こさなかった場合。アドミラリティ・コードの命令に背いてでも、彼女が艦隊を率いて“反逆者”の討伐並びに拘束を行う。例えそれが勝てない戦いだと知っていても……

 かませ犬臭がする霧の東洋艦隊総旗艦、大戦艦プリンス・オブ・ウェールズ。
 原作キャラをオリジナルキャラ化。傲慢で頭でっかち、そしてプライドが高い設定を言動から妄想されてしまい。作者の犠牲になってしまった人。フッドに絶大な信頼を寄せている一方、彼女や姉妹艦にコンプレックスを抱いている人。ニュージャージーとは違った意味で頭が固く、悪い意味での霧の大戦艦。綺麗な言い方をすると誇り高い貴族であり、王様に対する侮辱は絶対に許せない人。高飛車、ツンデレ、でも泣き虫。ギャルゲの主人公(群像)にお姉ちゃんに近寄るなと突っかかってくる妹キャラ。フッド、アイオワ、コトノの三人にはいじられキャラとして認識されつつある。磨けばお姫様になれる逸材。つまり女性の魅力を充分もっている。原作ではかませ犬として読者に多大な期待を寄せられている哀れな人……

 フッドぉ、武器なんて捨てて掛かってこいよ霧の東欧州艦隊総旗艦、大戦艦ビスマルク。
 原作キャラをオリジナル化。アドミラリティ・コードの信奉者。フッドとは犬猿の仲。挨拶代わりに主砲をぶっぱしかねない勢い。でも、ケンカするほど仲が良いって言うから、もしかすると。ドイツ艦隊を掌握する総旗艦ではあるが、潜水艦隊と一部の艦船が千早翔像側として掌握されつつある。それはフッド率いる英国艦隊でも同じこと。アドミラリティコード失踪の原因を目撃し、再び過ちを起こすかもしれない翔像を監視している。

 ねぇねぇ介入されて今どんな気持ちwwwな霧の地中海方面艦隊総旗艦
 大戦艦ヴィットリオ・ヴェネト。
 日和身主義者。以上。でも、それだけだと、あまりにも可哀そうなので補足。ヤマトどころか翔像すら唸らせる程の手に負えない日和身主義者。ムサシの冷たい眼光を受けても涼しい顔をしている。それは艦隊の一部を掌握されつつある欧州艦隊の中で、誰も指揮下から離れていない事実が決定的な証拠となっている。何を考えているか分からない彼女は、翔像やフッド、ビスマルクに対して最大のプレッシャーを与えている。裏を返せば彼女がどちらに付くかで、欧州艦隊の派閥争いに決着が付くということ。何らかの理由でひたすら地中海に留まっているが、それだけでスエズ運河を抑えている証拠であり、ある意味厄介。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。