蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza   作:観測者と語り部

29 / 46
航海日記26 鬼殺しの艦隊

『大戦艦フッド。プリンス・オブ・ウェールズが沈みました』

「そうですか。あの子は務めを果たしたのですね」

 

 概念伝達を通じて報告してきた部下。

 クイーン・エリザベス級二番艦、大戦艦ウォースパイトの言葉にフッドは静かに目を伏せた。

 

 ウェールズの経験は不足していたが、優秀な補佐(レパルス)や経験豊かな副官(ウォースパイト)を付けたつもりだった。

 

 それでもウェールズが沈んでしまったのは、ひとえに戦力配置を間違えたフッドのミスに他ならない。

 

 大規模なエネルギー反応に対して、異世界から転移してくる異邦艦の数は少なく、小規模だ。

 

 転移自体に膨大なエネルギーを消費するうえ、艦隊が巨大で在ればある程、転移の際に制約を架されると、霧の艦隊は予測している。

 

 それ故に転移反応が活発化していた南洋諸島でも、ウェールズ率いる東洋分遣艦隊であれば充分対処できると踏んだのだが、それが裏目に出てしまった。

 

 無事に東洋方面艦隊に合流し、戦術ネットワークを通して戦闘結果を報告してくれた巡洋戦艦レパルスには、不甲斐ない自身と艦隊壊滅という結果に対して謝罪された。

 

 それに対して弾劾するつもりはない。むしろ無事に戦域を離脱し、仔細を報告してくれたレパルスを労うくらいだ。

 

 今は東洋方面艦隊で補給と整備を受けさせて、安静にしてもらっている。

 

 残念ながら突破を支援し、殿となって追撃艦隊を食い止めたハーミーズは轟沈。

 強引に海域を突破したレパルスとヴァンパイアの損傷も大きい。

 しばらくは、霧の修理工廠で補給と整備が必要だろう。

 

『それと地中海などの内海封鎖を担当するイタリア艦隊ですが、同じく超兵器の奇襲で痛手を被っています』

「イタリア艦隊総旗艦のヴェネトは何と?」

『不埒な輩に制裁を加えると申して聞きません。要約すれば絶対殺してやると怒り狂っております』

 

 ウォースパイトの言葉にフッドは伏せていた瞼を開く。

 その視線は文字通り、火の海と化したであろう地中海に向けられている。

 

 何も超兵器の奇襲を受けたのは南洋諸島だけではない。

 インド洋と大西洋を結ぶ最短航路の要所、地中海も同じ状況だった。

 超巨大爆撃機アルケオプテリクスに続いて、超巨大爆撃機ジュラーヴリクによる二度目の爆撃を受けたのだ。

 

 しかも、完全な奇襲であり、最後の報告では突如として五機の同型超兵器に襲われたとヴェネトは忌々しそうに呟いていた。

 

 さらに大西洋と太平洋を結ぶパナマ運河でも、最短航路を通じた増援を防ごうと潜水艦隊による襲撃が続いているという。

 

 報告では放棄したハワイ方面から、潜水艦による敵の浸透作戦が開始。東洋方面と太平洋方面、オーストラリア方面に向けて続々と増援が向かってきているらしい。

 

 そして北極海からは未だに、太平洋と大西洋に向けた大規模な侵攻艦隊が向かってきている。

 

 相手が超兵器でなければ取るに足らない戦力だが、その質も徐々に上がってきている。

 まるで進化するように。

 

 いずれは霧に匹敵する艦隊が現れるかもしれないと、各艦隊の総旗艦は予測しており、フッドも同意見だった。

 

 敵の艦隊の狙いも理解している。

 それぞれの海域封鎖を担当する霧の艦隊を孤立させ、各個撃破を狙っているのだ。

 事実。結果的に分断、包囲されたウェールズの東洋分遣艦隊は壊滅している。

 霧の艦隊を疲弊させ、弱った所を超兵器で仕留めるつもりなのだろう。

 

 ヤマトの、敵艦隊の規模はこちらを上回るという予測は見事に的中したといっていい。長期戦になれば、こちらが不利になる。

 

 転移反応もなしに現れた超兵器と、それに随伴するように現れた異邦艦隊は、レパルスの持ち帰ったデータの分析結果待ちだが、手を打つのは早いに越した事はない。

 

「イタリア艦隊の状況は? 増援は必要ですか?」

『紅海に向かわせた偵察艦隊の報告では、ヴェネトの艦隊が優勢だそうです。敵の超兵器は火力はあっても、防御性能は低く、対処可能であろうとのこと』

「インド洋の防衛状況は?」

『問題ありません。敵の超兵器は南洋諸島のみ出現し、こちらにはまだノイズの反応すらありません』

「ならば、貴女は信頼できる者に指揮権を託し、一時的に海域を離れて南洋諸島を奪回しなさい。空いた戦力の補充として、大戦艦リシュリュー率いる欧州仏国艦隊が向かっています」

『よろしいので?』

 

 ウォースパイトの懸念は仏艦隊の大戦艦ジャン・バールや大戦艦ハルクを初めとする躯体(メンタルモデル)の事だ。

 

 大戦艦リシュリューを除く仏国の戦艦たちは"向こう側"に付いた可能性がある。

 その艦隊に東洋艦隊の一部を掌握されないか、疑っているのだろう。

 今の状況で将来に向けて布石まで打たれては、古参のウォースパイトと云えども対処の仕様がない。

 

 だが、その懸念は問題ない。だからこそのリシュリューなのだから。それにジャン・パール達も、そこまで愚かではない。

 

「袂を分かったとはいえ、彼女たちも誇り高い霧の戦艦なのです。仲間を疑うのは心の内だけに留めなさい」

「ハッ、失礼いたしました」

 

 フッドはウォーパイトの献身に微笑みを浮かべた。

 経験で言うなら、ウォースパイトは欧州艦隊の中でも随一だ。

 フッドよりも、彼女が欧州英国艦隊を率いても問題ないくらいに。

 だからこそ、ウォースパイトは懸念を口に出して、フッドに対し遠まわしにアドバイスをしてくれている。

 その事が分かっているからこそ、欧州英国艦隊、総旗艦は微笑みを浮かべているのだ。

 

「問題はイタリア艦隊ですか」

 

 概念伝達による通信を切って、行動を起こし始めたウォースパイトに、しばしの別れを告げながら、大戦艦フッドは一人呟いた。

 フッドの躯体(メンタルモデル)は大戦艦ヴィットリオ・ヴェネトが地中海にこだわる理由を、何となくだが察している。

 

 地中海という内海を占有するに当たって、欧州伊国艦隊は内海における戦闘能力に最適化されている。

 事実、内海という限定された状況下ではナガト型戦艦すら圧倒して見せるだろう。

 故に地中海最強という自負において、誰にも屈しないというのが、表向きの理由。

 だが、本当は……

 

「下手に手を出すと、後で厄介な事になるんでしょうね……」

 

 何せ霧の仏国艦隊と揉めた時に、味方同士で一戦やり合った連中なのだから。

 

 フッドは誰にも悟られないよう、小さく息を吐き出した。

 次期欧州英国艦隊の総旗艦を務める、大戦艦ヴァンガードが不思議そうにフッドを見つめていたが、何でもないと誤魔化しておく。

 

 異様に地中海にこだわるイタリア艦隊の事だ。増援すら受け付けないだろう。

 恐らくムサシも、ビスマルクも手を出すまい。

 

 ならば、英国艦隊もジブラルタル海峡から戦況を見守るだけだ。

 本当に追い詰められれば、向こうから支援要請が飛んでくるだろう。

 地中海に隣接する水の都を守るためなら、手段を選ばないのが彼女たちなのだから。

 

 こちらもウェールズの仇を討ち、南シナ海と南洋諸島の楔を外さなければならないし、やることは山のように存在する。

 一時的に戦力分散の愚を犯すが、超戦艦ムサシがいる以上、欧州艦隊の本隊は磐石。

 

 太平洋で指揮を執っている、あの子も南洋諸島の重要性は理解しているだろう。

 ヤマト率いる東洋方面艦隊は言わずもなが、だ。欧州、太平洋、極東による三艦隊は、連絡を取らずとも自然と逆包囲網が完成する。

 

「さて、ビスマルク追撃戦の再現と致しましょうか。可愛い教え子の一人を沈めた以上、絶対に逃がしはしません。覚悟して頂きましょう、超兵器ハリマ」

 

◇ ◇ ◇

 

「アイオワお姉ちゃ、んんっ! アイオワお姉さま。ウェールズ様の東洋分遣艦隊が壊滅しました」

「大丈夫だよ、ミズーリ。ちゃんと戦況報告は逐一目を通してるからね」

 

 北米大陸の西海岸付近、北太平洋の近海に展開する太平洋総旗艦隊。

 その艦隊の総旗艦を務める大戦艦アイオワに、寄り添うように航行をしていたミズーリは、姉に告げるように報告する。

 

 思わず素の反応で話しかけたミズーリだったが、副官としての自覚を思い出したのか、慌てて取り繕った。

 その様子が微笑ましかったアイオワだが、浮かべる躯体(メンタルモデル)の表情は少し寂しそうである。

 

 外面など気にせず、昔のように甘えてくれても問題ないのだが、優秀な姉達のように頑張ろうとしている事も知っているので、口に出すような真似はしなかった。

 平和になったらプライベートを使って、彼女の頑張りを労ってあげるのも密かな楽しみなのだから。

 きっと可愛い妹の事だから、羞恥を隠せないのは目に見えている。

 

 もっとも、それには生真面目で委員長タイプの四女による追撃をかわす必要がある。

 どうせなら同じ四番艦のウィスコンシンも、この姉(ミズーリ)のように甘えてくれてもいいのに、と思うが仕方がない。

 向こうの直属の上司は超絶武闘派のニュージャージーなのだから。

 

「ん~~でも、面倒な状況ではあるかな」

「それは極東地域が南北を挟まれようとしている状況がですか? それとも」

「うん、潜水艦隊の奇襲の方だよ。ミズーリ。浅い深度で航行する潜水艦を迎撃させて、ソナーの索敵範囲を乱してから、深々度を航行する別の潜水艦がパナマに向かってきてる。

 相手の魚雷は威力が低いから何ともないけど、侵蝕魚雷クラスの弾頭を使うようになったら、大変なことになっちゃう」

 

 それは何度も繰り返されている状況だった。

 太平洋艦隊は大量の駆逐艦と、護衛空母を原型とする強襲海域制圧補助艦の索敵ラインを構築している。

 人類の対潜水艦戦闘を参考に、航空機によるソノブイ投下と索敵潜水艇の探知網。

 これを抜けるのは相当難しい。

 

 探知している偵察艇やソノブイが破壊されれば、そこに敵がいると知れるし、やり過ごそうにも二重三重の探知網が待ち構えている。

 

 そして敵艦を発見し次第、対潜弾による迎撃を行っている。

 

 しかし、敵はそれを利用して探知網を掻い潜ろうとイタチごっこ状態だ。

 機関を停止し、海流を利用した無音航行をされると、どうしても何隻か突破してくる。

 

 幸いパナマ運河の周辺に最終防衛ラインを構築しているので、目立った損害は皆無。

 だが、この前は潜水母艦から飛び立ったと思われる航空機の爆撃を受けかけた。

 アイオワはこれに伴い、近いうちに弾道ミサイルを利用した爆撃があるのではと予測している。

 だから、パナマの周辺に、さらに迎撃網を構築させてもらった。

 

 地上に分散して設置されたそれらは、ミサイルが来ても容易に迎撃するだろう。

 飽和攻撃するにも異邦艦は潜水艦の数が足りないはずだ。

 何せミサイル発射管を開いた瞬間、探知網に引っかかる。

 太平洋の大半を手中に収めている霧の艦隊にとって、それらを長距離から粉砕するなど造作もない。

 

「でも、今のところ問題ないように見えますが」

「今は、ね。ローテーションを組んで、ハンターキラーに特化した艦隊を代る代る交代させているけど、いずれボロが出そうなのよね

 たとえばアラスカ付近に展開する艦隊を、高速で振り切って、私たち太平洋艦隊を内側から掻き乱すとかされたら、堪ったものじゃないでしょう?」

「そのようなこと可能なのでしょうか?」

「この世界の人類はスーパーキャビテーション航行を実用化した。超兵器という存在も、そんな技術を持っていても不思議じゃないわよ?

 貴女も、ウェールズと交戦した超兵器の規格外さを、戦闘データを通して理解しているでしょう?」

 

 確かに、その通りだとミズーリは思う。

 でも、普通の艦船と違い、向こうは数倍から数十倍の大きさを持つ超兵器だ。

 あのような巨体で、摩擦の大きい水の中を、本当に航行できるのだろうか?

 

 だから、不安そうな表情を浮かべるミズーリの躯体(メンタルモデル)にアイオワは微笑んだ。

 大丈夫だよ、と安心させるように。

 

「まあ、そんな事をさせないために、私たち高速戦艦が控えているのよ。だから大丈夫。

それに、私の指揮下にある内は、誰も沈めたりしない。コアのデータを失わせたりしない」

 

 アイオワの決意に答えるように、彼女の船体の紋章光(イデア・クレスト)は輝きを増していた。

 

 太平洋艦隊、総旗艦アイオワ。

 現在において彼女の指揮下にある艦隊の損耗率はゼロだ。

 しかし、敵の超兵器を前に無傷ではいかないことを、彼女もまた理解していた。

 

 既に大戦艦フッドと同じように南洋諸島やオーストラリア方面に対する手は打ってある。

 いずれもアイオワが認めた優秀にして精鋭中の精鋭だ。

 必ずや敵の超兵器を打ち砕いてくれるだろう。

 




太平洋の霧の艦隊、脳筋チームがアップを始めました。
お婆ちゃんと言われると怒る人がアップを始めました。

東洋方面の派遣チームは次回です。

別名、ハリマ絶対ぶっ殺すマン。
ただし、ハリマだけとは一言も言ってない模様。
既に一隻とペア組んでます。誰でしょうね。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。