異種族ハーレムを作るぞ?   作:Amber bird
<< 前の話 次の話 >>

14 / 51
第14話

 お姫様抱っこ。

 

 古今東西、思春期には男女共に憧れる言葉だろう。ご多分に漏れず僕も憧れた……可愛い彼女をお姫様抱っこしてベッドに運ぶことを。

 だが別の意味で自分がお姫様抱っこをされることになるとは、屈辱だ!

 

「すみません、もう少しで洞窟まで運べます。ベッドがありますから、地面に横になるよりは良いですから……」

 

 心配そうに僕を気遣う真摯な瞳。だが僕が疲労困憊なのは、問答無用で彼女に精気を吸われたからなんだが……

 

「お気遣いなく……慣れてますから……」

 

 華奢なラミアさんの腕に抱かれ、下半身の蛇な部分を器用にくねらせて僕は運ばれている。

 そう、彼女にお姫様抱っこをされた状態で!

 

 しかも軽々とだ。

 

 未だ名前も聞いてないのに、精気を吸われてダウン。

 謝罪した彼女を許して彼女の住まいの洞窟のベッドまで運ばれている途中だ。

 本来なら弱っていた彼女を僕が運ぶ予定だったのに、どこで何を間違えたのかな?

 

「すみません、揺れませんか?恥ずかしいですが、もっと抱き付いても平気ですよ」

 

「誤解を招く表現は止めてください。抱き付くどころか、僕は腕に力が入らずに垂れ下がってますから……」

 

 実際に両腕には力が入らず、だらんと下に垂らしている状態だ。

 

「あらあら、でしたら……これでどうでしょう?」

 

 お姫様抱っこから抱かれてる左手を持ち上げられると、お互いの顔が近くなって彼女の金色の瞳と薄く紫色に輝く髪の毛が鼻の近くに……

 

「ブクシュ!」

 

 髪の毛が鼻を擽りクシャミが出てしまった。多分だが涎は飛んでないから大丈夫?

 

「風邪でしょうか?早くベッドに寝かせて暖めなくては……」

 

「ちょ、ちょっと貴女!お兄ちゃんにナニをしているのよ?」

 

 声のする方に視線だけ向ければ、アリスが浮かんでいる。勿論、私怒ってます的に両手を腰に当てている。

 擬音は「ぷんぷん」が似合うだろう可愛い怒り方だ。やはりアリスは可愛い、僕の自慢の彼女だ!

 

「アリス、大丈夫だ。ラミアさんにヒールを掛けすぎたら疲れただけだよ。少し洞窟で休ませてもらえば平気だから」

 

「私の名前はデルフィナですわ。ラミアは種族名です。デルフィナと呼んでください」

 

 デルフィナさんか……

 

「私はアリス!種族名はレイスよ。お兄ちゃんは私のモノだから返してほしいの」

 

 ふよふよ浮いていたアリスが、デルフィナさんの正面に移動した。

 何故だか背中に黒い炎が見えるんだけど……擬音は多分「ゴゴゴゴゴ……」かな?

 

「駄目よ、私は未だお礼をしていないもの。

盗賊から助けてもらったことと、素晴らしい精気を吸わせてくれたことに。だから私の家で休んでもらいます」

 

 吸わせた違う、吸われたんです!そこを都合の良い風に捏造しないでください。心の中で突っ込みを入れたが、声には出してない。

 

「精気を吸ったの?アレはアリスだけのご馳走なんだよ!泥棒蛇め、お兄ちゃんを今すぐ降ろして」

 

 一触即発な状態だが、指一本動かせないのでもどかしい。

 目と口しか動かせないんだけど、この状況を何とかしないと美女と美幼女が大岡裁きになりそうだ。

 内心は嬉しい、以前の生活では考えられないことだが部分的に不幸なのはリアルラックが低いからか?

 

「アリス、デルフィナさん。

争いは止めてください。今は体力を回復したいので休ませて……

アリス、僕は大丈夫だから盗賊連中の装備をひっぺがして死体は燃やそう。

死肉を喰いにモンスターが集まるのは避けたい。デルフィナさんも良かったらアリスを手伝ってください」

 

 長い台詞を言い切ったら体力も切れた……みたい……だ……

 

 目の前が真っ暗になり、僕は意識を手放した。

 

 

 

◇◇◇◇◇◇

 

 

 

 なにやら話し声が聞こえる……

 

 どうやら洞窟の中のベッドに寝かされているみたいだ。頬に触れる空気はヒンヤリして心地よい。

 体には毛布か何かが掛かっているのか温かい。それに真っ裸ではなく、ちゃんと服も着ている感じもする。

 

 薄目を開けて見れば、周りは薄暗く揺らめく灯りが……焚き火か篝火だろうか?

 

 目を凝らして見れば、体には何かの動物の毛皮みたいな物が掛けられている。

 鞣(なめ)してあるみたいだが、ゴワゴワしている。

 下に敷いてある物もチクチクしていて、触り心地は剥製の猪みたいだ。

 お腹は空いてないから、そんなに時間は経ってないと思う。

 

 しかしアリスたちの会話は物騒な内容だなぁ……

 

「結構持ってましたね。これなら街で色々と揃えることができます」

 

「でも失敗したね。

一人生かしておけば、溜め込んだお宝も貰えたのに。絶対に奪った物を溜め込んだアジトか拠点があると思う」

 

「留守番くらいは残していると思います。討伐隊が戻らなければ様子を見に来るわ。そこを捕まえて吐かせましょう。

私たちを襲ったのですから、相応の報いを与えなければなりません。勿論誰一人生かしてはおきませんが……」

 

「そうだね、私たちとお兄ちゃんの安全のためにも根絶やしにしておかないと駄目だよ。

アイツらの仲間がホモ野郎で、お兄ちゃんを襲ったこともあったんだよ。勿論、お兄ちゃんの貞操は無事だしホモ野郎は燃やしたけどね」

 

「そんなことが……

ならば遠慮は入りませんね、搾り取れるだけ絞りましょう。

ですが討伐隊として移動する連中がコレだけ持ってるなら、期待できるわ。これぐらいの装備なら徒歩で三日くらいでしょう。

仮に私を倒して真っ直ぐ帰って三日後、二日は待つとして五日後に様子を見る連中が旅立つとすると……

一週間以降は注意しないと駄目かしら?捕まえて情報を吐かせなきゃ駄目ね」

 

「お宝は山分けよ!勿論、お兄ちゃんを含めて三等分だからね」

 

「わっ私の取り分は少なくとも構いません。

ですから、彼の精気を少しで構わないので下さい。あの味を知ってしまったら、他の男などカスです塵芥(ちりあくた)です」

 

「ダメ!お兄ちゃんの精気はアリスのなの!

アリスだって自制心を鍛えるまではマジチュー我慢してるの!お兄ちゃんだって、次のステップに進むのを我慢してるんだよ」

 

「あらあら、お二人共に奥手で慎重なのね。

彼は盛るしか能の無い他の雄とは違うのかしら?確かに種族を越えた愛みたいなことを言ってましたし……」

 

「うん!ちゃんと我慢してくれるんだよ。

普通なら発情したら我慢できずに後先構わず押し倒してくるよね。でもお兄ちゃんは違うよ」

 

「私の親から押し付けられた番(つがい)の方々も無理矢理迫ってきたので、全員精気を吸い尽くしてあげましたわ。

流石に族長も三人目を吸い尽くしてからは番を押し付けられることはなくなりましたが……村には居辛くなり、ここで一人で暮らしてました」

 

 なにやらデルフィナさんの辛い過去話を聞いてしまったな。

 

 彼女、若く見えても×三なのか?

 

 旦那の精気を吸い尽くして殺したように聞こえたけど、聞き間違いだよね?しかし、この世界の男って本能全開の猿なのかな?

 盛るしか能の無いって種馬と同じじゃないか……物騒な会話は聞こえなかったことにしよう。

 

 僕の可愛いアリスは、あんなに黒くない。

 

 清楚系美女なデルフィナさんも、あんなに黒くない。

 

 僕の聞き間違いだから、もう少し寝よう。きっと目が覚めれば、夢だったと思えるはずだ。

 女性陣の本音トークに心が悲鳴をあげそうなので、眠ることで精神の安定化を図ることにする。

 

 

 

◇◇◇◇◇◇

 

 

 

「むぅ、お腹が空いた……」

 

 空腹と喉の渇きに耐えかねて目覚めた。

 

「おはようございます」

 

「おはよう、お兄ちゃん」

 

 直ぐに彼女たちから声を掛けられたが、ずっと様子を窺ってたのかな?

 

「おはよう、二人共。もしかして僕は丸一日寝ちゃってたのかな?」

 

 途中で意識が戻ったときは揺らめく灯りしか見えなかったが、今は自然光が洞窟内に入り込んでいる。

 

「そうですわ」

 

「そうだよ、お兄ちゃん」

 

 二人共に輝くばかりの笑顔で答えてくれた。やはりアレは夢の中の出来事だったんだな。

 ベッドから起き上がり、彼女たちが座っているテーブルへと移動する。

 立ち上がっても大丈夫だから、気力体力共に回復したみたいだ。

 自然石のテーブルに簡素な木製の椅子。座ると素焼きの器に白湯を入れて出してくれた。

 

 一口含むと程よい温度に冷めていたので一気に飲んだ。

 

「お代わり下さい」

 

「はい、さっきよりも少し熱いですよ」

 

 石田光成の三茶みたいな展開だが、確かに少し熱めのためにゆっくりと啜る。

 

「お兄ちゃん、朝ご飯にしようよ。食べながら今後について話し合わないと」

 

「そうですわ。これからは私も行動を共にさせていただきます」

 

 デルフィナさんの言葉に特に反応しないアリス。僕が寝てる間に何か話し合ったのかな?

 昨夜の感じだとあまり仲は良くなさそうだったけど……

 ただ頷くだけの僕とキビキビと食事の準備を始めるアリスとデルフィナさん。

 だがテーブルに並べられる料理を見て、空腹が我慢できなくなる。

 何故ならいつもの素材の味を楽しむワイルドなご飯でなく、ちゃんと調理された料理が出てきたからだ!

 

「野菜のスープにナンみたいなパン。それに何かのステーキ……凄く旨そうだ!」

 

 尾頭付きの川魚の丸焼きでもモンスターの骨付き肉でもない、野趣溢れた手料理だ。

 

「遠慮しないで食べてください。お代わりはたくさんありますから、大丈夫ですよ」

 

 この世界に飛ばされてから初めてのスープに、恐る恐るスプーンで掻き混ぜて一口。

 

「うん、美味い!」

 

 野菜の旨味が引き出されており、味付けは薄い塩味のみだが十分に美味しいスープだ。

 ナンっぽい何かはやはりパンみたいだが、酵母菌が無いためか柔らかさが足りない。

 少しちぎってスープに浸して食べる。これも美味しい。残りのステーキも一口食べるが、どれも最高に旨く感じる。

 気が付けば殆どの料理を平らげてしまい、素焼きの器をデルフィナさんに差し出していた。

 

「お代わり下さい!」

 

「はい、沢山食べて精力を付けてくださいね」

 

 具だくさん山盛りスープの入った素焼きの器を受け取りながら、何か不自然なことに気が付く。

 大量に用意された料理だが、テーブルの上には僕の前にしか並べられてない。彼女たちの前には白湯を入れた素焼きの器しかない。

 

「アリスたちは食事したの?」

 

 頬杖をしてこちらを楽しそうに見るアリス。テーブルの上に両手を乗せて微笑むデルフィナさん。

 

「ううん、まだだよ」

 

「私もまだです」

 

「…………良かったら食べます?」

 

 手渡された素焼きの器を差し出してみる。黙って笑顔で首を横に振る二人……

 

「ははは、お腹いっぱいですか?」

 

 結果は分かり切っているのだが、足掻いてみた。

 

「「お腹は空いてます」」

 

 回復した気力体力を更に回復させるために、温かいスープを啜り具材を頬張った。

 野菜の優しい旨味が体に染み渡る。だがまだ足りない、これからのことを考えると。

 結局スープ二杯、ナン三枚にステーキを完食した。この世界に来て初めて、お腹がパンパンに膨れた。

 

「ご馳走様でした」

 

「「お粗末様でした」」

 

 食事に対する感謝の言葉を交わしたが、彼女たちの期待に満ちた目が痛いです。

 

「アリスからおいで……」

 

「うん、お兄ちゃん!優しくしてね」

 

 優しくしてほしいのは僕の方なんだけど……両手を広げると、文字通りアリスが飛び込んできたので抱き締める。

 子供特有の体温の高さが心地よい。

 

「お兄ちゃん、頂きます!」

 

 軽く触れるだけのキスだが、何度もすれば疲労感を覚える。

 

「はい、おしまい。これ以上はヤバそうだから……」

 

 アリスの嬉しそうな顔を見れば精気の少しくらいなら何でもない。問題は頬を赤く染めてモジモジしているデルフィナさんだろう。

 

「あっ、あの……その……私も……お願いします」

 

 アリスを見ても不貞腐れてはいるが、反対しないのは彼女にも吸わせても良いってことなのかな?

 

 でも僕が四人目にならないように注意しなければ駄目じゃん!

 





感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。