貞操逆転世界の童貞辺境領主騎士   作:道造

3 / 159
第3話 アスターテ公爵

我が母は変人であった。

この貞操観念が逆転した世界において、私に剣や槍を主とした武術を仕込んだ。

領地の統治と経営を叩きこまれるのは良い。

それは領主として理解せねばならんのは判る。

将来、嫁を――私の代わりにポリドロ卿を名乗る事になる貴族を娶り、支える事になるからだ。

だが、武術や戦術なんぞ何のために覚えるのだ。

15歳の頃、村から出て男性騎士なんぞ一人しかいない、男は戦場になど普通は出ないと知ったときは疑問に思ったものだ。

私はというと、何分物心ついた少年の頃には前世の記憶を思い出していたものだから――貴族の嫡男が、そういった技能を覚えるのは普通だと思っていたから、母にその異常さを訴えることはなかった。

ポリドロ領の男女比、男が30人に女が270人という、その異常さ。

一夫多妻制が当然と言う状況に「ここ絶対頭悪い世界や」という偏見――では全くなかった感想を抱きながらも。

 

「今、貴殿ら何と言った? 私までなら良い。だが私の母まで侮辱したな」

 

ガーデンテーブルに、ズカズカと歩み寄る。

二人の侍童が、まさかこちらが寄ってくるとは思いもよらなかったかのように、カップの茶をこぼす。

まるで股を小便で濡らしたかのような格好で、立ち上がり、言い訳をする。

 

「べ、別に何も言っておりません」

 

繰り返すが、母は変人であった。

父が若くして肺病で亡くなり、貴族の親戚連中から、領内の村長から、その周囲の全てから新しい男を貰うように言われながらも、それを全て拒否した。

産まなかった長女の代わりとばかりに、私に武術と戦術を仕込んだ。

だが、今思えば母は母なりに必死だったのであろう。

母自身も身体が弱く、二度目を産むのは困難だと思ったのか。

それとも、亡き父の事をそれほどまでに愛していたのか。

ベッドに伏せがちな身体を無理に起こし、私に領主としての全てを教え、それゆえに私を産んで20年。

35歳の若さで病で死んだ。

今なら理解できる。

 

「我が母の事を侮辱したか?」

 

母は、自分の知る限り全ての事を私に残そうとしたのだ。

自分は長生きすることができないと知っていた。

だからこそ、短い間――子供である私が大人になるその間に、全てを残そうとした。

私は母の事を、ただの変人だと思っていた。

15歳からは病で完全に床に伏すようになった母の代わりに、軍役を務めるようになったが。

その程度の事が親孝行になったか判らない。

いや、親孝行などできていないだろう。

母が死んでから、やっと気づいたのだ。

例え――私が地球から転生した異世界人でも。

私にとっては。

 

「我が母を、祖先を、領民を、土地を、ポリドロの全てを侮辱したか?」

 

物心ついた5歳の頃から、この世界で生きるための全てを――自分の命を削りながら与えてくれた。

 

「殺すぞお前等」

 

かけがえのない母親であった。

私への侮辱そのものは別に良い。

この王国で、私のように筋骨隆々の武骨な男など、好まれない事は知っている。

だが、母への侮辱は許されない。

手近な男の軟弱な襟首を掴み、それを持ち上げて宙に浮かせる。

 

「わ、私達は第一王女相談役アスターテ公爵の縁者だぞ! それでも」

 

そうかそうか。

だから、第二王女相談役である私に陰口を叩いたのか。

自分の背景があるから、自分には危害が加えられないとでも思っていたのか。

――とんだ勘違い野郎だ。

 

「だからどうした」

 

私は男の鼻の穴に人差し指を突っ込んだ。

 

「や、やめてくれ。謝罪す――」

 

もう遅い。

私は人差し指をそのまま奥まで進ませ、指の根本近くまで鼻の穴に潜り込ませ。

人格を崩壊させるような悲鳴――いや、咆哮が男の声から漏れ出すのを聞いた。

 

「なんだ、なよなよした華奢ではない、野太い声も出せるんじゃないか」

 

私は邪悪に笑う。

鼻から突きさした指先は、男の喉まで届いていた。

真っ赤に血塗られた人差し指を、男の鼻の穴から抜く。

男はどしゃりと音を立てて地面に倒れ、口からは真っ赤な泡のようなものを吐いている。

まず一人目。

私はハンカチで人差し指の血を拭いながら、もう一人の男に視線をやる。

 

「逃げるなよ」

 

もっとも、逃げられそうにも無いが。

もう一人の男は尻もちをつき、小便と糞を漏らし始めている。

腰が抜けたのだろう。

 

「全く、どうしようもない男どもだな」

 

殺しはしない。

だが、タダでは済まさん。

感情的には、母の事だけであるが。

外面的には――貴族の面子にも関わる事だ。

領地の全ての名誉を私が、ファウスト・フォン・ポリドロが背負っているのだ。

侮辱されてそのままに済ますことなどできない。

例えそれが――

 

「何をしている!!」

 

領地規模も兵力も文字通り桁違いの、公爵様相手だとしてもだ。

私は何百回と戦場で聞いた、聞き慣れた声に振り返る。

 

「これはこれはアスターテ公爵。ご機嫌如何?」

「今最悪の気分だ」

 

アスターテ公爵。

アナスタシア第一王女の相談役だ。

領民の数は数万を超え、緊急時でも動かせる常備兵の数は500に近い。

常備兵だけでも我が領民の数を超えている相手だ。

だが――

 

「単刀直入に聞こう、ポリドロ卿。その男達が――私が王宮に侍童として勤めさせている二人が何かしたか?」

「我が母を、祖先を、領民を、土地を、ポリドロの全てを侮辱した。私の事を、先代が子を孕めぬからヴィレンドルフから捨て子を拾ってきたのだろうとぬかした」

「――」

 

口元をひきつらせるアスターテ公爵。

アスターテ公爵は位置していた廊下から庭に下り、小便を垂らしながら腰を抜かしている男に話しかける。

 

「今のポリドロ卿の発言は本当か?」

「い、いえ、私どもは――」

「本当なのだな」

 

アスターテ公爵の顔つきが、まさに鬼のような顔つきに代わる。

鬼神のアスターテ。

そう吟遊詩人に謳われるゆえんだ。

 

「この大馬鹿者が!!」

 

アスターテ公爵はそのブーツで、腰を抜かした男の鼻面に蹴りを入れた。

鼻の軟骨がへし折れる音。

それを小気味よく聞きながら、私はアスターテ公爵の横顔をじっと見つめる。

相変わらず、鬼のような顔つきでも美人だな。

それにおっぱいも大きい。もう凄く大きい。

赤毛の長髪を後ろに流した、超美人さんである。

眺めているだけで、さすがに勃起はしないが。

アスターテ公爵の反応に気が抜け、私はそんな卑猥な事を考える。

 

「失礼した、ポリドロ卿。この制裁を以って詫びとしたい」

「いえ、アスターテ公爵。我々は蛮族――ヴィレンドルフ相手に最前線で闘った仲ではないですか。国力差はありますがね」

「国力差など――私と君は戦友ではないか。気にすることなどない」

 

そう、私とアスターテ公爵の仲は決して悪くない。

一年前のヴィレンドルフ侵攻時に、アスターテ公の常備兵500と私の領民20。

それにアナスタシア第一王女の親衛隊30、計550名。

緊急時故、それっぽっちしか用意できなかった軍で、ともにヴィレンドルフの侵攻を防いだのだ。

それもアスターテ公爵は劣勢の自軍を励ますため、常に私と共に最前線に立っていた。

これで仲が悪くなるはずがない。

第一王女の相談役、第二王女の相談役、その立場の軋轢はあるが――第一王女派が圧倒的に強すぎて気にするほどではない。

問題は――

 

「それにしても相変わらずいい尻をしているな、ポリドロ卿」

 

セクハラしてくることだ。

このアスターテ公爵殿は。

 

「御冗談を。私のような武骨で筋骨隆々の男、好まれない事は知っています」

「問題ない!! 私は尻派だ!!」

 

自由人でもある。

公爵という何をやっても大体は許される立場がそうさせるのであろうか。

 

「おおポリドロ卿よ、いつになったらその身体を許してくれるのだ。互いに血も汗も戦場で絡み合わせた仲ではないか」

 

私だってできるものなら、そのおっぱいを自由にしたいわい。

その胸でチンコ挟んで欲しいわい。

 

「アスターテ公爵、何度も言うように、私の貞操は将来の嫁に捧げられるものであります」

 

一生、一人だけを相手にするなんて、実は嫌だけど。

ハーレムを築きたい。

領民の16歳~32歳の美女を集めてハーレムを築くのが私の夢だった。

だが、少なくともこの国では童貞であることは神聖視されている。

私が淫売であると噂されれば、ポリドロ卿――ひいては領地の名声が落ちる。

結婚の――嫁を娶る条件も悪くなるだろう。

だからできないのだ。

心で血涙を流しながら、私はアスターテ公爵の目をじっと見つめる。

 

「私の婿に来ればいい」

「また御冗談を。立場が――爵位の差があり過ぎます。釣り合いませんよ。それに領地の事もあります」

「愛人では駄目か。何、お前の子供は何人も産んで、一人にはちゃんとポリドロ領を継がせる」

 

それは魅力的な条件だ。

だがその場合、アスターテ公爵の愛人という立場になる。

……いや、それも悪くはないんだがなあ。

 

「ちなみに私はまだ処女だぞ。18歳だからな。20歳になればさすがに子を産まねばならんから男を捕まえる必要があるが、どうせなら見込んだ男が良い」

「知りませんよ」

 

私はヤラせてくれるなら、もう処女でも非処女でも何でもいいのだ。

気になるのは性病の有無だけだ。

アカン。

こんな超美人とセクハラ会話を続けていると、また勃起してチンコが痛くなりそうだ。

というか、すでにちょい勃起している。

売春宿があればなあ、とふと思うが。

この世界には男娼しかいない。

終わっている。

何故ここまで私を世界は苛めるのか。

それが理解できない。

アスターテ公爵は私の目をじっと見据えて呟く。

 

「もう単刀直入に言おう。私は遠回りが嫌いだ。一発ヤラせてくれ。金は払う」

「……」

 

金なんぞこっちが払ってお願いしたいわい。

そのおっぱいを自由にしたいわい。

だけどアカンのや。

立場に差がありすぎるのだ。

セックスしたい。

私の息子は何故ここまで可哀想に生まれたのだ。

前世でも童貞、今世でも童貞。

悲惨すぎる。

私は神を憎む。

日曜には教会に行って、聖歌隊のバックコーラスを背に私はいつも神を呪っている。

もう……ゴールしたい。性的な意味で。

このままアスターテ公爵の誘いに乗ってしまおうか。

いや――その望みはどうやら叶わないようだ。

 

「何を話している! アスターテ!!」

 

アナスタシア第一王女の御出ましだ。

私はちょい勃起していた息子を必死に宥めながら、いつになったら宿に帰れるのか。

いつになったら自家発電ができるのか。

そう思いながら、第一王女相手に膝を崩し、礼を整えながらも大きくため息を吐いた。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。