貞操逆転世界の童貞辺境領主騎士   作:道造

4 / 159
第4話 アナスタシア第一王女

父は太陽のような人であった。

父の武骨な、その手でゴリゴリと頭を撫でられるのが何より好きだった。

私こと、アナスタシアの父はアスターテ公爵家の出身であった。

それだけ聞けば由緒ある家柄だと誰もが思うであろう。

そして華奢な姿の、身長の低い美男子を頭に思い浮かべるだろう。

だが私の父は、不細工ではないが、このアンハルト王国の女たちの好みの対象であるかというと。

些か、外れたものであった。

まず背が高い。

そして筋骨隆々の身体をしていた。

屋敷から出してもらえぬ事から、趣味を園芸――公爵家の屋敷の広い庭で、農業をしていたからだろうか。

何、男の貴族の趣味などそれぞれだ。

農業が決して悪いわけではない。

悪いわけではないのだが。

父の手は鍬ダコの豆でいっぱいで、それが私の頭皮に触れてゴリゴリとしていた。

母上の夫の候補は何十人とおり、その何人をも番として選べたと聞く。

何故、母上は――リーゼンロッテ王女は、釣り書きに引っかかっただけの、公爵家がついでに提示しただけの父一人のみを夫としたのであろうか。

疑問である。

事実、当時は法衣貴族共が騒いだと聞いたことがある。

まあ、それはいい。

今は眼前で起きている事に関心を寄せる必要がある。

廊下に立ったまま、庭で立ち止まっているファウストとアスターテに声を掛ける。

 

「アスターテ、今何をポリドロ卿と話していた」

「愛人契約についてですよ」

「愛人契約?」

 

私は怒りを表情に浮かべる。

私の顔を見つめていたポリドロ卿が――ファウストが静かに視線をずらした。

お前、そんなに私の顔が怖いか。

私はファウストを宥める様に、目を閉じる。

昔の――

昔の私は、父の武骨なその手で頭を撫でられるのが好きであった。

父は私を娘として、確かに愛してくれていた。

法衣貴族共がいかに騒ごうが、母上の見る目は正しかったと言えるだろう。

有能であった。

気は短いが、根は優しい。

そして公私を交えない、そんな人であった。

公爵家の伝手を使っての、公爵家のいかなる要求をも、父は拒んだ。

父を通しての木っ端役人たちの母上への嘆願をも、それがあまりに窮に瀕しているなら自ら助けてやったが――母上への直の嘆願だけは、拒んだ。

父は母上や私を、家族を守ろうとしていた。

家庭人であった。

晴れの日には必ず鍬を振り。

雨の日には本を読み。

時折、私の遊びに付き合いながら、頭をゴリゴリと撫でてくれる、豆だらけである父の手が大好きだった。

農業を好む父の手からは、確かに太陽の香りがした。

母上も、父の事を同様に愛していたのであろう。

妹も、父の事を同様に愛していたのであろう。

だからこそ、私はそれが許せなかった。

父の愛を独占したかった。

あの感情はまるで世に言う、初恋であったかのようにも思える。

思考を断ち切る。

再び、現実へと戻る。

私は再び口を開く。

 

「王家は公爵家とポリドロ卿が繋がるなど許す気はない」

「それは何故?」

 

おどけた顔で、アスターテが応じる。

忌々しい顔。

 

「第一王女相談役と第二王女相談役が結ばれるなど笑い話にもならん」

「格好だけでしょう。第二王女派閥なんて有ってなきようなもの」

「その恰好を気にしているのだ。まして、そのセリフを第二王女相談役のポリドロ卿の前で発言するその神経が疑わしい。お前にポリドロ卿は合わん」

 

それだけ言って、口を閉じる。

また思考は過去に舞い戻る。

父は――ある日突然死んだ。

毒殺であった。

母上が怒り狂い、その卓越した手練手管を駆使して犯人を探し出そうとしても――その判明は為されなかった。

父上は決して憎まれるような人ではなかったのに。

今でも母上は、犯人を捜しているが。

きっと、見つからないだろう。

見つかれば、この世の地獄を見せてやるだろうが。

きっと、見つからないのだろう。

私の愛は突然失われた。

母上は、私の事を愛してくれてはいても、公人としての視線は第一後継者へ向けるそれであった。

私の才能への愛。

家庭人としての愛などなかった。

いつしか、14歳の身で市街を練り歩きながらもその威を示す、ただの第一王女に私は成り下がっていた。

母上も、親衛隊も、相談役であるアスターテ公爵も同じ眼をしていた。

私の事を、第一王女アナスタシアとして見ていた。

ただ一人――父上だけが、私をただの娘のアナスタシアとして見ていてくれた。

それに気づいた14歳の時の喪失感は如何程だったのか――その衝撃の余り、今では覚えていない。

覚えていたくない。

何かの影に、幽霊に怯える様に――身を屈めてベッドで泣いたことなど、覚えていたくはない。

そんな私に、とうとう初陣の日が訪れた。

ヴィレンドルフの侵攻であった。

そこで出会った。

思考は、ファウストと初めて会った日に飛ぶ。

 

「ファウスト・フォン・ポリドロ。第二王女相談役であります。以後、お見知りおきを」

 

その男は、父以上に頑健な身体をしていた。

背は2mに近く、筋骨隆々でグレートソードを片手で振り回し。

剣ダコや槍ダコで両手の五本の指が埋め尽くされた。

そんな男であった。

そんな男が――よりにもよって妹、ヴァリエールの相談役として私の指揮下で平伏していた。

そうか、妹よ。

お前は我が父の代わりを見つけていたのだな。

笑えない。

全く笑えない。

笑えないぞヴァリエール。

私の、私達の父上はそう簡単に代わりが見つかるようなものだったか?

違うだろう、ヴァリエール。

 

「今は緊急時です。第一王女アナスタシア様の指揮下に従います。ご下知を!!」

 

私はまず――あの時は怒りも入り混じっていたのだと確かに言える。

全く愚かな判断であったが。

 

「アスターテ公とともに最前線に行け」

 

『試し』をした。

いっそ死んでくれと願った。

 

「……承知しました」

 

ファウストは最前線に赴き、功を成した。

蛮族の中でも中核である、レッケンベル騎士団長を一騎打ちの末に討ち取ったのだ。

私は、静かに――父を亡くして数年ぶりに微笑んだ。

嗚呼――お前は父上の代わりに成り得るのか。

そんな錯覚がふと浮かんだ。

ゆえに、私はヴィレンドルフ相手の戦場で、ファウストによく語り掛けるようになった。

 

「何故目を逸らす」

「……アナスタシア第一王女相手に視線を合わせるなど、恐れ多いことで」

「目を逸らす方が失礼だとは思わんのか」

 

ファウストはポリポリと頬を掻きながら、困ったような表情で呟く。

 

「まあ……ええ、そうですね、はい」

 

素直であった。

父に似ていた。

戦場では『憤怒の騎士』として感情のままに暴れまわるポリドロ卿の素顔は――ファウストは。

平時では、まるで家庭人のそれであった。

自分の頭を抑えながら、申し訳なさそうに頭を垂れる。

母上に勝手な事をして怒られた時のような、父の姿がそこにあった。

違う。

コイツは父上ではない。

違うのだ。

これは錯覚に過ぎない。

そうは思っても、どうしても父上の姿とファウストが重なり合う。

いつしか、ファウストの姿を見れば、それを目で追うようになった。

自分の領民に優しい男であった。

同胞の騎士達に公平な男であった。

アスターテ公爵に我が戦友と公言させる男であった。

お前は――我が父の代わりと成り得るのか?

余りにもその心の成り立ちが父と似ている。

そう思った。

そうして理解した。

私が父に抱いたあの感情は初恋では無かった。

今のこれが、自然とこの男を目で追ってしまう感情が、初恋であるのだと。

そう理解してしまった。

理解してしまったからには欲しくなる。

そう、欲しくなる。

私の思考は再び現実に戻り、口を開く。

 

「なあ、ポリドロ卿」

「はい」

 

ファウストは膝を折り、私に礼を尽くしたまま口を開く。

その顔は私の視線と決して重ならない。

それでも構わない。

 

「第二王女相談役など辞めてしまえ。私の下に付け」

 

発言は私の心の内から、自然と為された。

私のモノに成れ。

それだけだ。

 

「……お断りします」

 

対して、ファウストの躊躇は断りの言葉まで三秒であった。

おそらくその躊躇も、私に配慮してわざとのものであろう。

私は問う。

 

「何故断る? アスターテの言葉ではないが、第二王女派閥などあってなきがごとし。未来などないのだぞ」

「それは――」

 

ファウストは躊躇いながらも。

今度は視線を私に真っ直ぐに合わせ。

こう呟いた。

 

「私にも情というものがありますので。私はヴァリエール第二王女相談役であります」

 

満点回答であった。

股が自然と愛液で濡れそうになる。

嗚呼、我が父と同じ心の持ち主ならそう答えるであろうさ。

ファウストよ。

ファウスト・フォン・ポリドロよ。

お前こそ我が夫に相応しい。

もはやお前以外では、私は嫌なのだ。

何としてでも。

どんな手段を使ってでも、お前を夫――もしくは愛人としてみせる。

何、お前を愛人とし、夫をとらなければいいのだ。

そうすればお前は私だけのものとなる。

アスターテにも邪魔などさせやしない。

ましてや妹、ヴァリエールになどやりはしない。

我が母上、リーゼンロッテにも。

決めた。

お前は私だけのものだ。

 

「そうか、それなら『今は』いい。ヴァリエールに尽くし、初陣である山賊退治を成せ」

「承知しました」

 

膝を折り、平伏したままファウストが答える。

今はそんな関係だ。

だが、いずれ私の視線をじっと見据え、愛を囁かせて見せよう。

この私、アナスタシアの愛人として囲ってみせよう。

嗚呼、ファウストよ。

私はお前が愛おしい。

どこまでも。

どこまでもだ。

私はアスターテの名を呼び、私の後に付いてくるように命じ、その場を立ち去った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私こと、ファウスト・フォン・ポリドロは思う。

なんでこんな怖い顔してるんだろうアナスタシア姫。

視線合わせたくない。

鬼神のアスターテ公でもこんな怖くないぞ。

なんというか、オーラがおかしい。

まさに選帝侯の第一後継者というべきか、そのオーラを解き放っている。

無茶苦茶美少女だけど、目つきがどうにも爬虫類系なんだよなあ。

凡才といってもいい主人、我がヴァリエール第二王女とは大違いだ。

私はそんな事を考えながら、アナスタシア姫の言葉を聞く。

 

「王家は公爵家とポリドロ卿が繋がるなど許す気はない」

「それは何故?」

 

アスターテ公爵がからかうように答える。

まあ、大概予想はつくんだが。

 

「第一王女相談役と第二王女相談役が結ばれるなど笑い話にもならん」

「格好だけでしょう。第二王女派閥なんて有ってなきようなもの」

「その恰好を気にしているのだ。まして、そのセリフを第二王女相談役のポリドロ卿の前で発言するその神経が疑わしい。お前にポリドロ卿は合わん」

 

そりゃそうである。

アスターテ公爵は表を取り繕わなさすぎである。

自由人過ぎる。

第一、彼女は尻派だ。おっぱい大きいのに。

私の乳派とは敵対関係にある。

だから法衣貴族共から嫌われるのだ。

法衣貴族はきっと乳派である。

その嫌っている法衣貴族――官僚貴族達は、アスターテ公爵の夫に自分の息子を捻じ込もうと必死だが。

相手は公爵家だからね。

権力に眼がくらむのも仕方ないね。

私は再び、はあ、と溜息をつきながら、嵐が過ぎ去るのを待つ。

そんな事を考えていると、何やらアナスタシア姫は思考しているのか。

少し時間を置いた後、口を開いた。

 

「なあ、ポリドロ卿」

「はい」

 

私は膝を地につけ、礼を整えたまま返事をする。

 

「第二王女相談役など辞めてしまえ。私の下に付け」

 

嫌だよ馬鹿野郎。

お前怖いもん。

アスターテ公爵が、なんで平然とお前の下にいるのか、よくわからんくらいにお前怖いもん。

私は恐怖で舌が攣りそうになりながらも、必死で答える。

 

「……お断りします」

 

アナスタシア姫は再度問う。

 

「何故断る? アスターテの言葉ではないが、第二王女派閥などあってなきがごとし。未来などないのだぞ」

「それは――」

 

何か理由を探せ、私。

さすがに王宮内の権力闘争に興味ねーよ馬鹿と本音を吐くのは拙い。

何か、何か理由を。

――そうだ。

 

「私にも情というものがありますので。私はヴァリエール第二王女相談役であります」

 

満点回答である。

完璧だ。

二の句も告げないであろう。

私はアナスタシア姫の視線をじっと見つめる。

アナスタシア姫はその視線を睨み返し、ニイ、と蛇のように微笑んだ。

なんでそんな風に笑うの?

怖すぎてちょっと勃起したよ?

生存本能であった。

チンコの先がちょっと金属製の貞操帯に当たりながらも、私はその微笑みに苦笑いで返す。

他にとりえる手段があるなら教えてくれ。

 

「そうか、それなら『今は』いい。ヴァリエールに尽くし、初陣である山賊退治を成せ」

「承知しました」

 

『今は』って事は、将来的にはアカンって事やないかい。

完全に目を付けられている。

何が拙かった?

ヴィレンドルフ相手に功を成した事か?

先ほどの王室会議で、ヴァリエール第二王女の初陣に反対した事か?

それともアスターテ公爵殿と仲良くしてた事か?

理由がわからん。

理由が判らんから怖いのだ。

何で私をそっとしておいてくれない。

何故だ。

アナスタシア第一王女とアスターテ公が去っていく中で。

私は膝を折り、礼を整えた姿のまま懊悩した。

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。