貞操逆転世界の童貞辺境領主騎士   作:道造

8 / 159
第8話 親衛隊隊長ザビーネ

「ですので、どうか娼館に行くお金を歳費から出してください、ヴァリエール様」

「この猿どもめ。いや、猿に失礼だ。猿に謝罪しろ、このアホめが」

 

アンハルト王国、王宮。

ヴァリエール第二王女専用に与えられた居室にて、ヴァリエールは自らの親衛隊隊長を罵った。

そう、繰り返すが、相手は親衛隊――自らの近衛騎士を務める騎士たちの隊長であった。

その親衛隊長が、第二王女の歳費から、親衛隊全員が娼館に行く費用を出してもらう事を嘆願していた。

 

「これは必要経費なんです! ヴァリエール様、これは必要経費……避けては通れない歳費であります!!」

「どういう思考回路を用いたら必要経費として、貴女たちが娼館に行く費用を歳費として財務官僚に申請できる筋があるのか言ってみなさい、このチンパンジーどもめが!!」

 

ずっと、こうである。

10歳のみぎりに、親衛隊を母親から――リーゼンロッテ女王から与えられて以来、ヴァリエール第二王女はまるで生来のような胃痛持ちになった。

チンパンジー。

哺乳綱霊長目ヒト科チンパンジー属に分類される類人猿。

この場に第二王女相談役であるファウストが居たならばそう呟いたであろうが、残念ながらこの場にいなかった。

いや、男性騎士が近くに居たら、さすがにこんなふざけた嘆願は為されていないだろうが。

でも、やっぱり嘆願したかもしれない。

だってチンパンジーだものコイツ等。

ヴァリエール第二王女は、息を切らしながら、もうウンザリした様子で金切り声を挙げた。

 

「で、言ってみなさい、何か理由が言えるんでしょうね。ほら、言ってみなさい」

「第二王女殿下ヴァリエール様、訴えるのは大変誠に申し訳なきことながら、誠に非才な身を恥じ入るばかりではありますが――」

 

ヴァリエール第二王女親衛隊隊長、ザビーネ。

チンパンジーに果たして名前が必要なのか?

もういらないだろう、コイツ等には。

名を剥奪する権限は第二王女ごときには無いのか、ヴァリエールはそんな事を考えながらも。

ザビーネの発言の続きを黙って聞くことにした。

ザビーネは、何故かそのヴァリエールの発言をせかす様子を、嘆願が聞き入れてもらえるものと勘違いし、目をキラキラと輝かせながら叫んだ。

 

「第二王女親衛隊15名、全員がなんとこの度、処女であることが判明いたしました!」

「知るか!」

 

ヴァリエールは胃を痛めながら答えた。

知った事では無かった。

本当に知った事では無かった。

ああ、姉さまが羨ましい。

アナスタシア第一王女の親衛隊は同じく、武門の法衣貴族の次女や三女で構成されていたが。

決してこんなチンパンジー共の群れではない、むしろ家からその才能を、将来を嘱望されて親衛隊に入隊したエリート達であった。

姉さまが女王になった暁には、世襲騎士として新たな家を持つことすら許されるであろう。

第一王女親衛隊の隊員数は30である。

対して、第二王女親衛隊の隊員数は15。

数でも露骨に差別されていた。

いや、チンパンジーの数なんか増やしてもらいたくないけどさ。

何故、母上リーゼンロッテ女王はこんなチンパンジーの群れを私に。

そこまで私の事が疎ましいか。

ヴァリエールがそう考えるのは、無理のない事であった。

 

「もうすぐヴァリエール様の初陣なんですよ!?」

「私の初陣と、お前らが処女であるのに何の関係がある。この阿呆ども!!」

 

ヴァリエールは叫んだ。

ワナワナと肩を震わせながら、椅子から立ち上がり、心の底から叫んだ。

対して、ザビーネは答えた。

 

「処女のまま初陣で命を散らすのは騎士としてあまりにも虚しい。この虚しさはどこにある? 処女だから! ならば処女でなくなってしまえばいい! みんなして娼館に行って、男娼でこの処女を切って捨ててしまおう。昨日の初陣前の決起式典でそう全員で話し合い、この嘆願を決意したのです」

「……」

 

もはやヴァリエールは叫び疲れていた。

椅子に、腰を降ろす。

アレだ。

アホだ、コイツ等。

知ってた。

私なんかどうせスペアだものね。

こんな家からも見放された真正のアホ共しか、与えてくれないわよね。

どこか儚い笑顔で、ヴァリエールはそう自嘲した。

そして、小さく呟いた。

 

「……私も、処女だよ」

「おお、ならば」

 

ザビーネはそのキラキラとした、まるで星を散りばめたような眼を大きく開きながら。

叫んだ。

 

「一緒に行きましょう、娼館に!」

「行くか馬鹿者が!」

 

ヴァリエールはとうとう耐え切れず、椅子から立ち上がってザビーネの襟首を掴んだ。

そしてザビーネの首をぶんぶんと振らせ、言い聞かせる。

 

「娼館なんぞ自分の金で行け。自分の金で。な?」

「わ、我ら第二王女親衛隊の隊員たちは隊長である私を含めて、法衣貴族としては全員一代騎士の最低階位。給金など、格式に相応しい生活や従軍準備を整えますと、自分達が食っていけるだけの扶持しか貰っておりませぬ。性病にまでちゃんと気を遣った高い娼館に行く金など……」

「お前等に金が無いのは知っている。だが仮にも騎士だろう! 青い血だろう!? 各領地から宮廷に差し出された侍童を口説けとまでは言わんが、平民の男子一人を口説くくらいなんとかならんのか?」

 

ああ、声帯が切れそうだ。

ヴァリエールは胃をキリキリと痛めながら、今度は声を枯らす心配までしなければならなかった。

 

「我らは騎士! 青い血であります。青い血としては、決して平民と交わること等出来ませぬ!」

「男娼はいいのかよ!」

「男娼は職業だから良いのです!」

 

そんな割り切りはいらなかった。

欲しくは無かった。

ヴァリエールは、ザビーネの襟首から手を放し、自分の顔を両手で覆う。

もう童のように泣いてしまいたかった。

 

「じゃあ、あれよ。ほら、えっと……何だ」

 

何を言おう。

コイツ等馬鹿の癖に、変な騎士としてのプライドはあるからややっこしい。

このチンパンジーどもめ。

ヴァリエールは心中で罵りながら、きょとんとした顔のザビーネを、顔を覆った指の隙間から見やる。

そして心の底からの言葉を口に出した。

 

「もう処女のまま、初陣で全員死になさい」

 

そうしてくれれば、ヴァリエールにとっては何より有難かった。

 

「何故、そんな殺生な言葉を!?」

 

ザビーネは驚愕した。

そんな酷い言葉聞いたことが無い。

そんな面持ちであった。

いや、お前らが親衛隊となってからこの4年の間に、似たような事散々言ってきたと思うぞ私。

もう死ねよ。

死んでくれよ。

私の側近はファウストだけでもういいや。

そう決意させる程に。

この4年は、ヴァリエール第二王女を胃痛持ちにさせただけの、そんな凄惨な4年間であった。

ヴァリエールは思う。

コイツ等騎士より、ファウストの従士長のヘルガの方が絶対有能だよ?

そもそも、コイツ等って騎士教育本当にちゃんと受けたの?

教育放棄されてない?

されてるよね絶対に。

もう面倒になって、皆が皆して、第二王女親衛隊と言う名の姥捨て山に捨てたんだよね。

実は猿山で拾ってきたチンパンジーだったよとか、そんな可能性は残ってない?

ヴァリエールは親衛隊の事を、青い血として以前に人としての出自すら、もはや疑っていた。

だが、そこで立ち止まる。

 

「いや、チンパンジーの方がまだ賢い」

 

ヴァリエールは、チンパンジーの知性を信じることにした。

ウキィ、ウキィと鳴きながら私の前にひれ伏す15匹のチンパンジー。

その方が現実よりも、まだマシだった。

ああ、胃が痛い。

 

「ヴァリエール第二王女殿下、どうか、どうか我々を見放さないでください。親からも見捨てられ、家から追い出されるようにして来た身なのです。どうか!」

 

ザビーネが、ヴァリエールの足元に縋りつく。

ザビーネ達親衛隊と、ヴァリエール第二王女を繋ぐのは王家への忠誠ではない。

いらない子。

必要のない子。

そういった共感であった。

だからこそ、ヴァリエールはザビーネ達、ヒト科チンパンジー属を見捨てないでいた。

だが、もう限界だ。

しかし――そもそもコイツ等、何か勘違いしてないか?

初陣とはいっても、相手はただの山賊だぞ。

私はザビーネに言い聞かせるように口を開く。

 

「そもそも、初陣で死を考える必要はない。補佐してくれるのは第二王女相談役、ファウストだ。100を超える山賊たちの首を刎ね、ヴィレンドルフ戦では蛮族のレッケンベル騎士団長を討ち取った、我が国最強の騎士ではないかとも噂される『憤怒の騎士』だぞ!」

 

そう、ヴァリエール第二王女相談役。

『憤怒の騎士』、ファウスト・フォン・ポリドロ。

あの男が傍にいる限り、ヴァリエールは死ぬ可能性などハナから考えてもいない。

リーゼンロッテ女王や、アナスタシア第一王女ですら考慮に入れていないであろう。

 

「死ぬ可能性を考える暇があるなら、剣の腕でも磨いておきなさい!」

「そうだ、ポリドロ卿がおられましたな!」

 

ぽん、とザビーネは今思いだした、といった風情で手を叩く。

あ、絶対ろくでもない事言いだすぞ、このチンパンジー。

私には判るのだ。

この4年間の経験で。

そうヴァリエールは考えた。

 

「ポリドロ卿に我ら15人の処女の相手をしてもらいましょう。ヴァリエール様もどうで――」

 

そうして、無言で傍に置いてあった花瓶をザビーネの頭に打ち付けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はあ、親衛隊隊長ザビーネ殿は怪我を」

「重症よ。頭の重症」

 

アンハルト王国、王宮。

ヴァリエール第二王女専用に与えられた居室にて、ファウストはポリポリと頭を掻いた。

 

「初陣の打ち合わせをしたかったのではありますが――頭を強く打たれたのでは仕方ありませんね。初陣には間に合うのですか?」

「間に合わせる。だけど今はマトモな話し合いはできないわ。初陣の打ち合わせは私達だけで済ませましょう」

「承知しました」

 

私は頭を下げて礼をし、従士長のヘルガが引いた椅子に座る。

そうして、テーブルに載ったアンハルト王国内の地図を見る。

 

「場所はアンハルト直轄領、その領民100程度の小さな村に派遣した代官の報告によれば、山賊の数は30」

「30相手ならば、私の領民の20と親衛隊の15でなんとかなりそうですね。正直、安全を考えれば敵の倍数は欲しいところでありますが」

「姉さまの指揮下とはいえ、倍数のヴィレンドルフを撃退したファウストがそれを言うの?」

 

ポリポリと。

私はまた頭を掻きながら、呟く。

あの戦はまさに死地であった。

レッケンベル騎士団長を討ち取らなければ、そのまま負けていたであろう。

正直、二度と経験などしたくない。

私は首をぶんと振り、過去を忘れ、話を元に戻す。

 

「この世に必勝など有り得ませんからね。出来れば、領民を領地より呼び寄せたいのですが――」

「すでに村周辺をうろついて、旅芸人や商人を襲っているという話。その時間は無いわ」

「なら、致し方ありませんね」

 

私は領民の更なる動員を断念した。

何、この世というのはままならない事ばかりだ。

それに正直言えば、山賊の30程度なら一人ですら、なんとかできる自信が私には有った。

『憤怒の騎士』という二つ名はその名づけの理由が理由ゆえ――実際は勃起が痛くて顔を赤く染めてただけ。

とにかく恥ずかしい二つ名なのだが、自分の騎士としての戦闘技量がもはや超人の段階に入っている事も自覚していた。

 

「では出立は三日後という事で」

「ええ、兵糧の準備も終わった。水の確保も、地図の道沿い通りに行けば問題無いわ」

「我が領民は軍役に慣れてはいるものの、徒歩のため、進行に遅れが出る可能性がある事をご了承ください」

「……恥ずかしながら、我が親衛隊も全員徒歩よ。馬何て用意するお金が無いの。馬に乗るのは私とファウストだけね」

 

ヴァリエール第二王女が顔を赤らめながら言う。

私は苦笑いした。

貴族とはいっても下の方、最低階位の窮乏具合は知っている。

何も恥ずかしがる必要はない。

馬を全員持っている、第一王女親衛隊の方がむしろ異様なのだ。

それに――

 

「久々に、第二王女親衛隊の方々と御会いするのが楽しみです」

 

私は、2年前に一度会ったきりの少女たち。

まだ幼いとすら感じた少女たちが、18歳という嫁にも娶れる年齢になっている事に胸を膨らませた。

私が狙える、数少ない嫁候補の女性たち。

 

「え、ええ、そうね。ちゃんと、ちゃんとファウストの前ではキチンとさせるからね」

 

何故か、ヴァリエール第二王女は手で胃を押さえながら、私の言葉に答えた。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。