「「またいつか、雪の降る夜に」」   作:青い灰

1 / 1


これは『空の境界』の二次創作です。





プロローグ

 

 

 

 

 

 

「ぁ───」

 

 

掠れた声が、口から漏れた。

目の前に広がる惨状に、ただ釘付けになって。

家族が千切られ、擦り潰され、溶かされ、

グチャグチャの肉片になっている。

 

 

「まだ生き残りがいたか?

 まぁ良い。腹の足しにはなるだろう」

 

 

そして、喰われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

────────あら、珍しいわね。

 

 

声が、聞こえて。

俺は意識を取り戻す。

 

其処は何処でもない場所。

ただ、白い光に包まれている空間。

其処から先は無く、無論、前も在りはしない。

 

 

『こんにちは。

 どうやって此処に来たの?興味深いわ』

 

 

その問いに、朧気な意識のまま俺は答える。

分からない、と。

 

 

『……………そう。貴方にも分からないのね。

 1つ言うなら、貴方。生きてはいないわ。

 生きているなら此処に来ることは出来ないから』

 

 

眼を開ける。

其処に居たのは────白い×××。

いや、これは………認識が、出来ない?

 

すると、××は眼を細め、

そして、美しく微笑んだ。

何か、可笑しかっただろうか?

 

 

『……………ふふ、ごめんなさい。

 この場所について理解出来たの。

 貴方が迷い込んだと思っていたけど、

 どうやら迷い込んだのは私みたいね』

 

 

此処が何処なのか、分かるのか?

 

 

『えぇ。此処は貴方の夢。

 その奥底………深層心理、とでも言うべき場所ね。

 本来は貴方は認識出来ない場所』

 

 

なら、俺や君はどうして此処に?

 

 

『…………まるで尋問ね』

 

 

…………ごめん。

何も分からないから聞くしかなくて。

 

 

『ふふっ、ごめんなさい。少し揶揄っただけよ。

 貴方が此処にいる理由は少し分からないけれど、

 私は何処にでもいて、何処にもいないから』

 

 

……………?

ぼんやりだけど、分かった……と思う。

認識出来ないのもそのせいだったりするのか?

 

 

『えぇ、そうね。

 あと貴方が此処にいる理由、推測は出来るわ。

 ──────貴方、死んだのね?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、そうだった。

俺は確かに、喰い殺されたんだ。

あの化物に。

 

 

『へぇ、面白いわね』

 

 

……………不謹慎。

 

 

『ごめんなさいね、だけど、これは………』

 

 

その時だった。

真っ白な空間に割れた硝子のような亀裂が走る。

空間が軋み、崩れ落ち始める。

同時に意識が薄れ始めた。

 

 

『───あぁ、夢が覚めるのね』

 

 

夢が………死んだのに、どう目覚める………?

 

 

『安心して。少し()()()の。

 短い間だったけど、楽しかったわ』

 

 

待って、ほしい。

また、会えるのか?

 

 

『─────そうね、またいつか』

 

 

世界が崩壊する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『雪の降る夜に』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「雪の………降る夜に………」

 

 

俺は、血の海にぼんやりと佇んでいた。

満月が空に浮かんでいる。

手に重みを感じて視線を下に向けると、

そこには白鞘に納められた長刀があった。

抜いてみるとその刀身は、まるで雪のようだった。

 

そして視線を落とし、

俺は肉塊となった家族を持ち上げる。

 

 

「埋めよう」

 

 

静かに、誰もいなくなった小さな集落を歩く。

 

 

 

 

 

 

その途中、空を飛ぶ鳥を見上げる。

──────線が、見えた。

 

 

 

 

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。