デスクリムゾンBLIED~刀~   作:K.T.G.Y

33 / 34
後始末の回


決戦~⑤~

「ふう、ようやく終わったか……」

荒れ果てた戦場を砦から見下ろしながら、信長は一人呟いた。

「被害は大きかったが、何とか数で上回ることができたか。……光秀、地獄で褒美をくれてやる。有難く受け取ってくれ……」

明智光秀。彼の功績は大きかった。だからこそ褒美を取らせることができなかったことを、信長は悔いた。

(しかし、これで、儂の天下は不動のものになる。皆の者感謝するぞ)

「信長様、別行動を取っていた浅井長政殿が帰ってきました」

「おお、そうか……。で、戦果は?」

「島津大将、義久を討ち取ったとのことです」

「おお、そうか。見事なり。今度特別に安土城の『御幸の間』に寝泊まりさせてやるか」

 

「信長様、見てください。大きな首が取れました」

「これ長政、畑から大根を抜いたのとは違うのだぞ」

「はっはっは、そうですね。私も戦国時代に生きたものの一人ですが、生首や鮮血の類はどうにも慣れませんなあ」

「ふん、さっさと大工に戻るがよい。あーそうじゃ、そこの奴、長宗我部元親を呼んでまいれ」

「は、元親様でございますか? はい……」

 

「おお元親か、そして横の者が信親じゃな。まま、近こうよれ」

「改めまして、長宗我部信親でございます。信長様、今回は私めに働きの場を与えてくださり誠にありがとうございます」

「相変わらず堅苦しい奴よのう。育てが厳しいと、こうも面倒くさくなるのかのう、元親」

「いえ、信親はじきに長宗我部を支える孝行息子ですから」

「何でも島津義弘の首を取ったそうじゃな。それでは褒美を取らす」

「はあ、何でしょうか」

「お主の四国減封を解く。四国は好きに統治するがよい」

「ええ!?」

「どうした? そんなに驚いて? 何か不満でもあるのか?」

「い、いえ、それは全く。ですが、よろしいのですか?」

「ああ問題ない。最終的に中国は信孝にくれてやるつもりじゃからな。それで空いた四国をお主に任せたい。頼めるか?」

「も、勿論ですとも、この元親、この身にかえてもやり遂げましょうとも!」

「父上、私も頑張ります。共によい統治を目指しましょう」

「そうか。なら去れ。詳細は追って報告する」

 

その後信長は戦場をぶらぶらしながら各軍の報告を待った。

「武田は?」

「疲れた、とだけ残して皆土の上にばたりと倒れて寝てしまいました」

「……雑貨衆は?」

「目的は終わった、楽しい戦場を有難うと伝えておいてくれ、とだけ残して帰ってしまいました」

「……大和の軍と旧朝倉は?」

「残存軍に余裕があったので後始末と事務処理を行ってもらっております」

「……上杉軍は?」

「上杉謙信様と直江愛様を待って越後に帰るとか……」

「……秀忠は?」

「あまり具合がよくないようです。肩にめり込んでいた弾丸の摘出は終わりましたが、ひょっとしたら左肩が使えなくなるかもと医者が……」

「そうか……」

信長は秀忠の事が気がかりだったが、あえて気にしないそぶりを見せた。ばればれだったかもしれないが。

「横溝の奴はどうした? あいつは変なトカゲのからくりと戦っていた筈じゃろう?」

「上杉謙信様が探しに行っているようです」

 

一方、謙信と愛は横溝を探しに行っていた。

「はあ……はあ……はあ……はあ……。どこですか? 横溝殿、おりましたら返事をしてください!」

「落ち着いてください銀姫様。こんなことを言いたくないのですが、おそらく横溝殿は……」

「そんなことは分かっている! だが、このまま野ざらしにしておくのは可哀想じゃないか!」

「おーい、いたぞ謙信様」

護衛の上杉軍が横溝を見つけたようだ。

「そうか、でかした。横溝殿、今あなたの、元……へ……」

草むらに横たわっていたのは、間違いなく横溝だった。しかし、あまりに損傷が激しい遺体であった。

肉という肉ははじけ飛び、骨という骨は粉々に砕け、間接は折れ曲がり、もはや人間というより肉の塊に近かった。

「そんな、なんて、ことだ……」

直江愛はあまりの惨状にその場で泣き崩れた。

謙信は横たわる横溝をそっと抱き寄せた。

「おいたわしや……横溝殿。お疲れ様でありました。ゆっくりと、ゆっくりとお眠りください……私の胸の中で……」

謙信は抱き寄せた横溝の顔に唇を近づけ、そっと接吻をした……。

 

その後、横溝の姿を見た者はいない。

元の世界に戻って平穏な日々を過ごしたかもしれないし、完全に死んでしまったのかもしれない。

これを機に異世界転生を果たし何処とも知れぬ地で真紅の銃と共に戦っているのかもしれない。

 

 

だが、これだけは言える。

横溝由紀は、この時代で、間違いなく、死んだ。

 

 

そして、明智光秀と横溝由紀の四十九日を待って、織田軍は中国に再進出した。

もはや毛利もいない状態だけあって、統一は簡単に済んだ。統治は織田信孝と滝川一益の2人の統一となった。

 

そしてそれがひと段落したところで、織田軍はいよいよ九州制圧に向かった。

残存の島津軍は最後の抵抗をした。これが島津滅亡を意味するものであっても、である。

島津を滅ぼし、最後の残存兵力を始末し、九州は遂に織田に平定された。

織田信雄と羽柴秀吉の両名に任された。うまくやれよ、と伝えたが信長は正直不安であった。しかし、かつてコンプレックスと失敗で自責の念に囚われていた織田信雄は、そこにはいなかった。

 

 

「ふう……」

長い旅が終わった。安土に戻ってきた信長は風呂に入り、食事を取り、一息ついた。

自分が望んでいた天下統一。それが遂に現実のものとなったが、信長に笑みはなかった。

「殿……」

部屋に帰蝶が入ってきた。

「どうされました? 最近の殿はため息ついてばかりだと皆が不安になっているそうです」

「いや、なに、天下統一といっても何処か寂しいものだと思ってな」

「そうですか……横溝殿が言っていた、燃え尽き症候群、というものでしょうか?」

「ふむ、そうかもな。確かに儂はやるべきことを全てやり遂げた。燃え尽きる程にな。そして孤独を感じておる。特に横溝、あいつがいないとこんなにも寂しいものかとなあ……」

「光秀さんのこともあります。殿は友人を二人も失ってさぞ辛いのでしょうね」

「そう思うか?」

「はい……」

帰蝶は信長を抱き寄せた。

「殿、私でよければ幾らでも話し相手になります。夜が明けるまで話し続けて差しあげます。だから、元気を出してくださいな」

「うむ……。すまんな。帰蝶」

(……そうじゃな。儂は一人じゃない。そして支えてくれる者、支えなければならない者がいる。いつまでも女々しい事を考えていないで張り切らないとな)

「天布幕府の未来は、これからじゃ。気合を入れ直さねばな」

「その意気です。殿」

(儂はまだ何も成し遂げられておらんのだ。明日から公務をはりきらねばな)

 

 

風が吹く。戦場がなくなった日ノ本の国に。

織田信長。人間五十年を経っても生き続け、後の国に多大な影響を残したとされているが、所詮それは後日談に過ぎない……。




エピローグに続きます

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。