1940年ローマオリンピック   作:神山甚六

1 / 5
 


「高橋翁の屍を越える覚悟があるのか」賀屋理財局長はいった。

 昭和11年(1936年)5月3日。帝都東京は、不穏な空気に包まれていた。

 

 同年2月20日に行われた第19回総選挙は、岡田(おかだ)啓介(けいすけ)(海軍出身)内閣の与党である立憲民政党の勝利に終わった。単独過半数にはおよばないものの、民意が岡田内閣続投を支持したのは明らかであった。それを裏付けるように、野党として岡田内閣と対決姿勢を強めていた立憲政友会は議席を大幅に減らし、鈴木(すずき)喜三郎(きさぶろう)総裁も落選する歴史的大敗を喫する。

 

 岡田内閣の長期政権化と内閣改造もささやかれ始めた2月26日。雪が降りしきる帝都東京において、軍事クーデターが発生した。首謀者は岡田内閣続投に反対する陸軍皇道派の青年将校であり、彼らが「君側の奸」とみなした政府首脳や軍高官を殺害。天皇親政による軍事政権樹立を求めた。反乱軍は早期に鎮圧されたものの、穏健派有力者が殺害された影響は大きく、日本政治は再び漂流を始めた。

 

 事件の責任を取り、岡田内閣は総辞職する。後任には貴族院議長の近衛(このえ)文麿(ふみまろ))公爵や、朝鮮総督の宇垣(うがき)一成(かずしげ))大将が有力視されたが、宮中による各政治勢力の調整の結果、大命は広田(ひろた)弘毅(こうき)外務大臣に降下した。

 

 広田は福岡県出身の58歳。東京帝大法学部を卒業後、高等文官試験外交科を首席で合格したエリートでありながら、見た目通りの朴訥とした人格者である。貧しい石工職人の息子から苦学力行の末に現在の地位に上り詰めたが、苦労人にありがちな人格的な頑なさとは無縁であった。外務省亜細亜派の雄である山座(やまざ)円次郎(えんじろう)門下として省外と幅広い交遊関係を有しており、「傲岸不遜な外務官僚の中では話せる男」として評判が良い。外務大臣として陸海軍の対ソ強硬論を抑え、支那大陸との協和外交を掲げた対話派のスタンスを維持したことから、宮中の信任も篤い。

 

 広田への大命降下は、誰からも歓迎された。

 

 既成政党と経済界は、広田が岡田内閣の政策を継承すると予想した。革新政党を名乗る社会主義者達は、苦労人の広田は経済弱者を重視した社会主義政策を実行すると期待を寄せた。国粋主義者は、欧米の植民地支配に素朴な反感を持つ亜細亜主義者の広田に、自分達との共通点を見出した。不祥事を起こしたばかりの陸軍は「押せば引っ込む」広田は組し易いと考えた。海軍は皮肉なことに陸軍と全く同じ理由で、ロンドン条約失効後の建艦予算が通りやすくなると算盤を弾いた。

 

 組閣が進むにつれ、広田への過度な期待は雲散霧消した。誰からも好かれる人格者の広田は、誰に対してもよい顔をするため、誰からも強く支持されなかった。

 

 既成政党は、広田が組閣の過程で人事案に対する軍部の横やりを受け入れたことに失望した。経済界は、電力企業国有化を始めとして産業統制を重要課題に掲げた新内閣に対する警戒に転じた。社会主義者は、広田の人事が既成政党に融和的過ぎると不満を持った。国粋主義者は、協和外交の継承に批判を始めた。自らの政治的要求を実現させた陸軍は広田の国意識の希薄さに不安を募らせ、海軍は陸軍に対して弱腰な広田の事なかれ主義に愛想をつかした。外務省は広田を強く支持したものの、政局音痴の外務省に政治工作は期待出来ない。

 

 「新内閣はきわめて権力基盤が脆弱であり、決断力に乏しい」と結論付けられるまでに、さしたる時間は必要なかった。紙面では依然として「苦労人広田」を持ち上げる風潮は続いていたが、その努力も虚しかった。

 

 そのしわ寄せが最も早く訪れたのは、政治的な庇護者を失った大蔵省である。明治の御代より日本の国家財政と金融政策の最前線に立ち続け、政界にも財界にも軍部にも睨みが利いた高橋(たかはし)是清(これきよ)(1854-1936)前大蔵大臣は、2・26事件により、非業の死を遂げた。各省庁はこの機を逃すまいと、予算要求を次々と突きつけた。

 

 組閣にもたつく新総理に期待出来ないとなれば、市場関係者の注目は新大蔵大臣の発言に集まった。ところがこちらは広田よりも話にならなかった。馬場(ばば)鍈一(えいいち)新大蔵大臣は、長年の積極財政論者である。そのためある程度の路線変更や修正は予想されていたが、馬場は前年度より高橋前蔵相が実行していた公債漸減路線の転換を明言してしまった。これでは高橋路線の完全否定に等しい。船頭が激流に竿を刺す事態に、市場関係者の顔は帝都の空模様のように曇りがちであった。

 

「このままでは、日本経済はとんでもないことになるぞ」

 

 広田内閣発足から約1か月後。事件後初となる第69回帝国議会(特別会)の開会が目前に迫る中、霞ヶ関の大蔵省理財局長室において、2人の高級官僚が引継ぎの挨拶をしていた。

 

 1人は賀屋(かや)興宣(おきのり)。主計局長から転じたばかりの新理財局長であり、その巨躯を椅子に沈みこませながら苦悶の表情を浮かべている。もう1人は、前任の理財局長である広瀬(ひろせ)豊作(とよさく)。すでに賀屋の後任として、主計局長への内示が出されている。花形部署への大抜擢であるにもかかわらず、広瀬の顔色は賀屋と同じように冴えない。

 

 旧加賀藩士出身の広瀬は、痩身長躯に口髭を生やしていることもあって、どことなく殿様顔をしている。共に大正6年(1917年)の大蔵省入省組、互いの性格も仕事も知り尽くした間柄であるだけに、言葉に遠慮がない。挨拶もそこそこに、賀屋は今回の人事に対する懸念を口にした。

 

「実現したい政策があり、そのために人事の体制を固めたいという新大臣の意気込みは理解する。理財畑一筋の貴様を、主計局長に持ってきた理由もわかる。だが、悪戯に人事を弄ればよいというものではないだろう」

「私では、主計局長の任は重いというのかね?」

「そもそも貴様は3月に理財局長になったばかりではないか。準備運動もせずに、いきなり全力疾走をすれば、如何に健康な人間であっても体を壊す」

 

 ムッとして眉を顰める広瀬に対して、喘息持ちの賀屋はぜーぜーと荒い息を吐きながら釘を刺す。

 

「高橋翁が、どれだけ公債の市中消化と海外の債券市場の動向に細心の注意を払っておられたか、理財局の貴様が知らぬとは言わさんぞ」

 

 省庁の幹部人事は引き継ぎ等を考慮した上で、数ヵ月前には内示が出るのが慣例である。3月付で高橋前蔵相の人事が行われたばかりなのに、すぐさま人事に手を突っ込んだ馬場新蔵相の意気込みは評価するが、事の成否とは別であると賀屋は断じた。

 

 馬場新蔵相の長年の持論は「国防拡充と地方振興」である。表向きは高橋路線の継承を掲げて公債発行乱発に反対する姿勢を示してはいるものの、経済界も債券市場も、大蔵省内ですら、大臣の言葉を信用していない。

 

 例えば大臣の掲げる看板政策の「一県一行主義」、すなわち都道府県単位の銀行再編計画であるが、これは資本増強による経営基盤強化というもっともらしい理由とは別に、新規公債発行の引受先として念頭に置いていることは明らかだ。現状、日本銀行引き受けを除けば、国内債券市場で公債の大部分を消化しているのは財閥系の5大銀行(三井、第一、三菱、住友、安田)である。彼らは既成政党と密接に結びついており、馬場蔵相の金融財政政策には批判的な姿勢を崩していない。馬場としては大蔵省銀行局主導の銀行合併を後押しすることで、財政政策の自由度を高めるねらいがあるのだろう。

 

 理財局は国有財産の管理を主な仕事としており、その中には政府発行の金銭債務である公債の管理業務も含まれている。また金融機関を監督することで、金融行政全般にも幅広い影響力を持つ。それを踏まえれば、国債課長も務めた理財畑一筋の広瀬を、理財局長就任から1か月もたたない短期間で、予算編成の中心である主計局長に据えた馬場人事は、わかりやすいといえばわかりやすい。

 

「確かにわかりやすさは大切だろう。だがな、丸裸でジャングルに飛び込むとあらかじめ予告するのは、無謀というよりも自殺行為だ」

 

 賀屋の不満は自らが理財局長に「格下げ」されたことばかりが理由ではない。一連の馬場人事では、広瀬の前任の理財局長である青木(あおき)一男(かずお)(対満事務局次長)を始め、主計畑が大蔵省の中枢部から外されている。

 

 確かに高橋路線の維持を求める彼らは、馬場体制の不穏分子たりえる存在だ。だが同時に、泣く子も黙る主計官として各省庁と渡り合ってきたのも彼らなのだ。本来であれば積極財政を掲げる大臣の下、政治の意思に基づいた予算の優先順位を定める能力を有するのは誰か。政策的一致を優先する馬場人事は、大蔵省全体の政治力と発言力低下につながるのではないか。賀屋の懸念はそこにあった。

 

「金本位制問題を始め、これまでの主計局中心の体制に問題がなかったわけではない。算盤感情は重要だが、それ自体は何も産み出さないという馬場大臣の批判にも一理あるだろう。だからといって、ブレーキのない車が使い物になるものか」

「貴様にしては、随分と情緒的な物言いをするな」

「茶化している場合か。この機会に予算要求を飲ませようと、相手は手ぐすねを引いているというのに、大蔵省の方針が固まっていないのだぞ」

「いや、方針は決まっている。国防拡充と地方振興を優先して……」

「理屈と名分はどうにでもなるものだ。頭に国防と地方がつけば、中身を精査せずに予算措置を講じるつもりか?」

 

 賀屋の反論に、広瀬は口を閉ざして黙り込んだ。ここで反論しないのは、職務に対する誠実さではなく、政治的な弱さとして評価されるだろう。人間としては好感が持てるのだがと、賀屋は独りごちた。

 

「このままでは来年度予算編成は取られるものだけ取られて、相手の言い分を一方的に飲まされるだけに終わるぞ。債券市場に巣食う沖仲仕のやり口は、貴様が誰よりもよく知っているだろう。悪性インフレーションにより国民経済が窮乏した場合、新聞から悪者にされるのは職務を全うしなかった無能な大蔵省ということになるぞ」

「しかし、これは新大臣の看板政策だ。今更、方針を撤回はできない」

「貴様の自己弁護を聞きにきたわけじゃあない。高橋翁の屍を乗り越える覚悟があるのか。それを問うているのだ」

 

 論難を続ける賀屋に、広瀬も色をなして机を叩いて反駁する。

 

「賀屋、私も国債担当者として高橋翁の薫陶を受けた人間だぞ!言うに事を欠いて、それはないだろう!」

 

 喧々諤々の議論を繰り返す賀屋と広瀬。だが馬場蔵相は、すでに高橋前蔵相を支えた主計局中心の人事体系を、政治の意思として否定している。組織としての方針が人事を通じて固まった以上、官僚機構は新たな方針のもとで予算を作らねばならない。それを承知しているが故に、2人の議論は虚しく響いた。

 

 国防拡充や地方振興が不必要であると2人が認識しているわけではない。実際、高橋前大臣時代にも両分野には多くの予算が投入されている。問題は日本企業の債券市場が海外に依存している割合が高いという点だ。

 

 例えば民間電力企業の大型発電所や港湾設備改修などの大規模な事業計画における債券発行は、ニューヨークやロンドンなどの海外市場抜きには成り立たない。産業にとって欠かせない屑鉄や石油なども、輸入に依存している。債券利払いや代金支払いのために、貴重な外貨を費やし続ける中で、現行を上回る公債を前提とした大型予算を編成するとなると、外国為替市場への影響は避けられない。ひいてはそれは、高橋翁の残した遺産を否定する事になる。

 

「とにかく新大臣も明言しているように、歳出削減の努力は続けるつもりだ」

「蛇口をひねりながら底の抜けた風呂に水を注ぎこむようなものだが、どこをだね?ただでさえ粛軍でピリピリしている陸軍か?またぞろクーデターを起こすとでも言いかねないぞ?海軍?山本五十六と話が通じるとでも?農林省か、鉄道省か、内務省土木局か。どこでもいいから新規公共事業をやめろと大臣に進言するつもりか?それこそ地方振興を重視する大臣にケンカを売るようなものだ。貴様の首が飛ぶぞ」

「そんなことは百も承知だ!」

 

 歳出改革の政治的ハードルを列挙する賀屋に、広瀬は顔を朱に染めて反論する。賀屋はふてぶてしい態度のまま、椅子に体を沈めて嘯いた。

 

「どうせ削ったところで、大臣があれ(馬場)では焼け石に水というものだ」

「それもわかっている。だがそれをやらねばいかんのが、今の私の職責だろう」

 

 広瀬は自分自身に言い聞かせるように言った。

 

「とにかく象徴的なものが欲しい。今はどこもかしこも、予算増額の好奇という熱にうかされている。だが債券市場の混乱は、間違いなく実際の経済指標に跳ね返るだろう。その時こそ、大臣に高橋路線への修正を迫る好機だ」

「馬場さんがおとなしく聞き入れるタマとも思えんがな。それに一度緩んだタガが、そう簡単に戻るものか。何より悪性インフレで泣くのは貴様ではない。自分が血を流さないのであれば、いくらでも耐えろと言えるだろうよ」

「……だからこそ、象徴的なものがほしいのだ」

 

 たとえ自分の首が飛んだとしても、自分の職務を与えられた範囲で全うする。その覚悟を広瀬の声と表情から感じた賀屋は、それ以上の追及を控えた。賀屋の視線の先では、広瀬が首に手を当て、唸るように思考を巡らせている。

 

「あの時、主計局は警句を出していた。それが国民に伝わるような象徴的な歳出削減があればよいのだが」

「呉海軍工廠で新造ドックをつくっているという、例の海軍の一号鑑とやらはどうだね?」

「それは貴様個人の私怨だろうが」

 

 ロンドン条約会議の遺恨を持ち出す同期に顔を顰めた広瀬であったが、ふと賀屋の背後に置かれていた局長室用の新聞ラックに視線が留まった。

 

 今朝の朝刊。東京朝日新聞と國民新聞の間に挟まれた東京日日新聞の一面には、次のように印字されていた。

 

 - 牛塚(うしづか)東京市長、五輪競技場月島案の撤回を拒否。副島(そえじま)伯爵と再会談へ -

 

「……あった」

「は?」

 

 

 ……まぁ、確かに競技場問題について「大会組織委員会に対する政府支出を見直す材料になるのではないか」と、馬場さんに提案したのは私で間違いありません。

 

 あの時は招致レースの最終版、対立都市のヘルシンキに負けまいと、最後の大盤振る舞いをしていた時期です。確か東京大会に参加した国の代表団には、渡航費に滞在費に運営資金まで、総額十数万にも及ぶ金額を援助するいう報道もありました。帝国大学を出た新入社員の初任給が、せいぜい80円前後の時代ですよ?それもまったくこちら(大蔵省)に相談もなく次々とぶち上げて、それが新聞報道によって事後報告をされるんですから、たまったものではありません。大蔵省も、私個人も相当頭にきていました。嘉納(かのう)治五郎(じごろう))先生を始め、招致活動に関わられた方々の努力を否定するわけじゃありませんがね。

 

 ベルリンの新競技場については、大会開催前から大変な話題になっていました。それまではオリンピック大会に、10万人が収容可能な競技場なんて必要ありませんでした。もっとのどかな、牧歌的なものでしたからね。それをヒトラーがナチス政権の国威発揚に使おうと、金と人員を湯水のごとくに注ぎ込んだものだから。まさに独裁国家ならではの金の使い方です。

 

 アジア初、そしてベルリン大会後の初めての大会。これが最後の最後まで響きましたね。東京大会の招致は、アジア初の夏季オリンピックということになります。前回大会よりも規模を縮小するようなことは、政治的にも不可能なんです。「アジア初のオリンピックはあの程度か」と、後世まで指をさされることになりますからね。行儀上問題の迷走は、トップダウンによってヒトラーが推進した巨大プロジェクトを、集団による協議と合意を優先する日本において、短期間のうちにぶっつけ本番でやろうとしたことにあったのでしょう。そんな大規模大会運営のノウハウは、どこにもありませんでしたし。

 

 東京市長の牛塚(虎太郎(とらたろう))さんは、隅田川河口の月島埋立地……佃島と石川島の埋め立て地を拡大した区画です。ここに新競技場を立てるべきだという主張でした。10万人単位を収容する巨大な競技場を作るのは、ここしかないと。東京市としては、ここ以外に責任を持てないと、それはもう強硬な姿勢でした。おそらく埋め立て地周辺の再開発もにらんだ、市としての考えがあったんでしょう。組織委員会に対する支出が膨らみ続けていたので、東京市議会から突き上げを食らっていたようですし。

 

 一方、招致活動の実務を担った大日本体育協会事務局と、国際オリンピック委員会の委員であった副島(道正(みちまさ))伯爵は、明治神宮の外苑部に新たな競技場を作るべきだという考えでした。ここはご存じの通り、旧青山練兵場跡地があった場所なので、土地の広さは文句がありません。埋立地と違い、地盤もしっかりしています。

 

 ところが神宮外苑案に、神宮を管轄する内務省神社局がノーをつきつけました。注文というよりも、ほとんど一方的な中止命令ですね。「そのような建物は、神宮の外観を損ねる」と。交渉の余地もなかったそうです。あくまでオリンピックは皇紀二千六百年記念式典に付属した記念行事のひとつである。そのために神宮外苑を再開発するのは筋が違うと。こういう理屈ですね。

 

 神宮外苑案には文部省も同様の理由で反対に加わりました。もっとも文部省には、五輪行政を自分の管轄におきたいという思惑があったようですが。そんなわけで競技場についても独自の代替案を出してきたんですが、委託した学者先生の案が、特別会前に新聞にすっぱ抜かれました。

 

 読んでびっくりしましたよ。なんと、代々木の練兵場に立ててしまえという内容でしたから。これが陸軍省との調整もなしに一方的に出てきたものだから、当時の寺内(てらうち)寿一(ひさいち))陸相が激怒しましてね。ああいう裏表のない性格の人だから「余暇を持て余して飛んだり跳ねたりする連中のために、帝国軍兵士が命を懸けて教練している場所を差し出せとは、何事か!」と。本気で怒るんですね。これがIOCに聞こえて、酷く不興をかったそうですよ。「日本はメインの競技場問題も決着をつけられてないじゃないか」とね。

 

 止めを指す格好になったのが、例の馬場演説です。2・26事件後の特別会として召集された帝国議会は、5月4日から3週間程度の会期予定でした。冒頭、広田総理の施政方針表明がありまして。内閣の重要政策を列挙するとともに、2・26事件に関する真相究明について、約束をされました。

 

 続いて馬場蔵相の財政演説です。あの馬場さんのいつもの調子で、進軍ラッパのような威勢のいい内容が続きまして。誰もがうんざりしながら聞いていました。「歳出改革の努力」についても触れられていましたが、誰も本気には受け取っていませんでしたよ。

 

 そうしていたら突然「大会組織委員会に対する支出を、ゼロベースで見直す」という発言がありまして。自分の耳を疑いましたよ。

 

 ……私が原稿に書いたんじゃないか?まさか。そんなことを書けるわけがありませんよ。まったくの馬場さんの独断です。恐る恐る閣僚席を確認して見たんですが……寺内陸相と(うしお)恵之輔(しげのすけ))内相が怒り狂ってるんです。前者は赤鬼、後者は青鬼でしたね。その横では平生(ひらお)釟三郎(はちさぶろう))文相と広田総理が、そろって呆然としておられたので「あ、これは事前に相談してないな」と。

 

 言い訳になりますが、私は確かに競技場問題は、組織委員会へのけん制材料になると考えてはいました。さんざん大盤振る舞いをした招致活動の後始末を、どうにかしなければという問題意識からです。寄せ集めの大会組織委員会に、嫌われ役となる締め付けが期待出来ない以上、こちら(大蔵省)でやるしかないだろうと。ところが、いきなり馬場さんが敵の総大将を目掛けて、ドン・キホーテの如く突っ込んだものだから。

 

 本会議場がしばらく静まりかえりまして、直後にとんでもない騒ぎになりました。

 

 考えてもみてください。3月にIOC委員長が来日したばかりで、臨時会が閉会した後の6月には、日本の代表団がベルリンで開催されるIOC総会に出発する予定でした。その直前で「これ」ですよ。畏れ多くも天皇陛下にも、決裁を頂いている内容を、大臣がいきなりひっくり返しちゃった。なのに当の馬場さんは、平気の平左で演説を続けている。

 

 2・26事件の真相究明なんか、どこかにとんでいっちゃいましたね。

 

- 広瀬豊作先生回顧録より -


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。