変態だけど異世界で美少女になったので赤髪少女や巨乳エルフ、その他大勢とたわむれます。   作:ナムヲ

25 / 27
お気に入りとかブクマとかありがとうございます!!



25 鉱山労働!!

 ここはアステロイドから近い、鉱山。

 この場所に移送された俺に言い渡された刑罰は『1週間の鉱山労働』だった。

 本来なら1ヵ月ほどの予定だったらしい。

 

 だが留置所で夜な夜な侵入してくるアンネへと『お金貸してくだしゃい……』とダメ元で頼んでみた所。

 アンネは下心有り有りで『フヒヒ!! これで良いか?』と言いながら、金貨200枚、200万を肩代わりしてくれた。

 そのおかげで刑期が短くなっている。

 

 ありがたいけど後が怖い……、まるで闇金から借りたお金のような心境。

 取り立てなどはどうなるのだろうか……。

 そんな一抹の不安を抱えつつも、今日も元気良く鉱山労働に従事していた。

 

 

 

 ◇

 

 

 

 『おはようございまーす!! 今日も安全第一で作業を行いましょう!! アステロイド式体操始めまーす!!』

 

 現場監督からの大きな掛け声と、体操を終えて早数時間……。

 周囲の作業員は各々の鉱山作業を行っている姿が垣間見える。

 

 籠を背負い運ぶ者。

 ツルハシやピッケルを持って鉱石を掘る者。

 休憩している者。

 他人にダイナマ岩を運ばせて、腰をクネクネしつつ、キャバ語録で応援している者等、様々だった。

 

 俺の担当する仕事は、ダイナマ岩業者が搬入したダイナマ岩置き場から、ダイナマ岩をコロコロして、ダイナマ岩を鉱山内の所定の位置に、ダイナマしていくお仕事だった。

 

 再度、ダイナマ過ぎてダイナマがなんなのか分からなくなって来る。

 だが、ダイナマはダイナマなのでダイナマなのだろう。

 

 そんな脳内でダイナマが埋め尽くされた俺は、作業着姿で腰をクネクネ動かしつつ、隣のドワーフのダンチさんへとウィンクしている所だった。

 

 「私ぃ~、ダンチさんのぉ~、……このぉ~? 腕とかぁ~、すっっっごくぅ~、逞しいなってぇ~? ……キャピ☆」

 「そ、そうかのう? ……フヘヘ、もう3日目か、慣れたかのぅ?」

 「はい~、ダンチさんとかぁ~、皆さんのお陰でぇ~す! ……キャピ☆」

 

 問題ない、俺のキャバ語は今日も通用している。

 

 ノーパンバニーやらメイド服やらで鍛えた図太い精神。

 そして上司につれられたキャバクラでのキャバ語録。

 それらが合わさり、混じり合い、驚異的な速度で俺は成長しているのを実感する。

 ……まぁ、あんまり嬉しくないけども。

 

 「ありがとうございますぅ~!! ……キャピ☆」

 

 感謝しつつ、ウィンクを欠かさない。

 そして頬を赤らめるダンチさん。

 

 彼の見た目は、筋骨隆々で長いヒゲを生やし、俺より低い背丈。

 他のドワーフさんの見分け方等は……ヒゲの長さ位しか分からない。

 典型的なイメージと、そう変りないドワーフと言う種族。

 どっかの体臭で強くなったり弱くなったりする、青髪エルフとは大違いだ。

 

 腕を組み『うんうん』と頷く俺に、ダンチは不思議そうな顔で聞いてくる。

 

 「どうしたんじゃ? なんかあったんかのう?」

 「いえ~、私ぃ~、全然力がなくてぇ~? すっごくありがたいって言うかぁ~。そんな感じですぅ~、……キャピ☆」

 

 作業着を腕まくりしつつ、白く細い腕をアピールする俺。

 それを見るダンチさんは納得したようだった。

 

 「……お嬢ちゃんは非力じゃのう! 仕方ない、こういうのは俺達ドワーフの仕事じゃからな!」

 「わぁ~……、逞しいですぅ~!! ……キャピ☆キャピ☆」

 

 さらに腰をクネクネしつつ、さらにパチパチとウィンクをする。

 それを見たダンチさんは『フン!』と言いながら、ダイナマ岩に力を籠めてコロコロする。

 

 「いいって事じゃ! 女の子を助けるのに理由何ていらんのよぉ!」

 

 恰好良い事を言うのだけど、その視線は俺の腰や胸へと釘付けだ。

 だが気にするほどの事ではない、バイトのお陰でもう慣れた。

 

 だから俺はさらに。

 「キャ~、ダンチさん素敵っ!! もうそのヒゲがダンディでぇ~、そこはかとなくぅ~、……なんかこう……素敵っ!!」

 「それ、褒めてるのかのう……」

 「勿論ですぅ~!! すっごく素敵ですぅ~!!」

 

 何となく褒める。

 俺だって褒められたら嬉しい。

 フレイとアイギスも褒めると嬉しがる。

 

 そんな適当な誉め言葉に、満更でもないダンチさん。

 出会って3日なのだけど、俺の分のダイナマ岩を、ダンチさんが代わりにコロコロしてくれている。

 

 ……初日は、岩を一人で運んでみようと思ったのだけど、無理だった。

 真面目に罪を償うつもりで、働いていたのだけど、マジで重い。

 もう完全に動かない、これでもかって位に『グヌヌ……』と力を籠めるも、俺のクソ雑魚腕力ではピクリとも動いてくれない。

 

 勿論、ステータスさんに頼もうと思ったのだけども『留守です、折り返しお電話ください』と取り合ってくれない。

 そして途方に暮れていた俺に、他のドワーフさんが『どうしたのじゃ?』と声を掛けられて、今に至る。

 

 だから俺は、腰をクネクネして

 

 「私のぉ~、仕事を~、代わりにぃ~、やってくれるなんてぇ~? 素敵っ!!」

 

 さらに腰をクネらせつつ褒めて褒めて、褒め捲る。

 ダンチさんも満更ではないようで、『フヘヘ』から『グヘヘ』に変わっている。

 

 ……便利すぎるだろう、このウィンクと腰クネクネとキャバ語録。

 マジで便利すぎて、もう癖になっちゃいそうだった。

 今の俺なら連続で☆が飛ばせると思う、やってみるか……。

 

 そんな事を考えながら俺とダンチさんは、鉱山内へと入って行った……。

 

 

 

 ……中は薄暗く、ジメッとして、足場が悪い。

 壁に埋まる鉱石の大半は、オスタイトのようで純度が低いのだろう。

 誰も採掘する様子はなく、放置されている。

 

 最奥には、超希少な鉱石とかが壁の中に埋まっていると聞いた。

 それはミスリルやオリハルコン等、アニメやゲーム等の超有名な鉱石。

 俺にとって、興味をそそられるのは仕方ない事。

 

 ミスリルで出来た剣とか、オリハルコンで出来た剣とか、凄くカッコいいと思う。

 アンネが持って居た恰好良い剣なんか、ミスリル製らしく『スパスパ切れる』と本人談。

 

 ……羨ましい事この上ない。

 

 そんな事を考えながら俺は、ダンチさんへとついて行く。

 

 足場が悪いのに、器用にコロコロとダイナマしていくダンチさんは突然、足を止めた。

 何やら真剣な面持ちで、俺に聞きたい事があるようだ。

 

 「それで、お嬢ちゃんはどうしてこんな男ばっかりの所に来たのかのう、何かやったんかのぉ?」

 「……」

 

 なんだろう、凄く答えにくい、いや、言いたくない。

 ……鉱物偽造で取っ捕まりましたとか、恥ずかしくて言えない。

 さらにヤバイ奴からお金を借りて、刑期を短くしましたなんて言える訳がない。

 

 引き攣る顔面を無理やり抑えながら俺は。

 

 「えぇ~、それはぁ~、……色々ですっ! ……キャピピピピ☆」

 「色々かぁー、なら仕方ないのぅ!」

 

 ちょっとだけ顔に影を作りながら、連続ウィンクで誤魔化す。

 

 「……そうですぅ~、乙女の秘密なんですぅ~! ……キャピ☆」

 

 乙女とか言っておけばなんとかなるだろう……多分。

 

 そんな事情を知らないダンチさんは『ムホホ!』と笑いつつ、ゴロゴロとさらにチカラを増して、鉱山内の奥までダイナマしてくれた。

 

 

 

 ◇

 

 

 

 荒れた岩場へと来ているアタシ達、今は二人でクエストの真っ最中。

 ミソギが離脱して3日程が経った今、二人で散歩がてら、ゆっくり歩いてここまで来ていた。

 

 今は、アイギスに索敵して貰っている最中。

 先ほど、アイギスの感知スキルに引っ掛かったモンスターがいるようで、瞬時に戦闘態勢を取っている。

  

 「フレイさん、ダイナマイーター見つけました! ……あそこです! 擬態が解けてます!」

 

 アイギスが指を差す先、そこにはダイナマ岩を鋭い牙でガリガリと削って食べる、赤銅色の大きなトカゲ。

 いつもなら擬態して見つけにくいモンスター。

 だけど食事中は擬態を解いて無防備な姿を現す事は知っている。

 

 アタシの隣で、アイギスはしゃがみ込み、背中から新調した鉄の弓と矢を番えつつ、ぼそりと呟く。

 

 「……ミソギさんいないと、寂しいですねぇ……」

 「そうねぇ……あの子が居ないと寂しいわねぇ……」

 

 萎びた耳がアイギスの心境を読み取れる。

 明らかに元気がない……。

 それもそのはず、この子はミソギに懐いているみたいで、いつも一緒にいる。

 

 『仲間だから!! 仲間だから!!』と言われながら、野菜を口にねじ込まれて涙目になるのに、決して酷い事などを言わないアイギスは、いい子だと思う。

 

 「ホントですねぇ……、ミソギさんが居ないと物足りないですねぇ……えいっ!!」

 

 アイギスは、引き絞った弓から矢を放つ。

 

 空を斬りながら、それはダイナマイーターの胴体へと『プスッ』と刺さる。

 すると『ギョエェェ』と鳴いて、二足歩行になりながら、アタシ達へと向かって来るのが見えた。

 

 杖を左手に、そのままの状態で、右手を前に突き出す。

 念じるは、火の中級魔術。

 

 「アタシがやるわ、……ファイアーボール!!」

 

 火球はダイナマイータへと直撃する……。 

 

 そして火だるまになって、転げまわり、煙を放つダイナマイーター。

 まだピクピクと動いているのだけど、一応トドメの為に2~3発、ファイアーボールを打ち込んだ。

 

 アイギスが若干引きつつ、アタシへと振り向く。

 

 「結構、念入りにやりますね……、けどさすがです! あの威力の火球は、やっぱりそのメスタイトのお陰ですか?」

 「……ありがとう。そうね、それもあるのだけど……やっぱりレベルが上がったからじゃないかしら?」

 

 アイギスは褒めてくれているようで、耳がぴょこんと跳ねている。

 

 ……だけど全然足りない、褒められ足りない。

 ミソギだったら『マジぱねぇっす!! フレイさんマジ最高っす!! あのファイアーボールの軌道がマジリスペクトっすわ!!』と、あの可愛らしい顔を崩して、間抜け顔で褒めてくれるのに。

 

 「確かレベル15でしたっけ? 凄いですね、僕なんて、まだ10なのに……」

 「大丈夫よ? アイギスもその内、沢山レベルアップしていくと思うわ。だから、そう悲観せずに一緒に頑張りましょう?」

 「そうですね!! お風呂に入るのを我慢すれば、もう少し強くなるのになぁ」

 

 真剣に悩むアイギスなのだけど。

 ……夏場とかヤバそうね……。

 そんな失礼な事を思いながら、アイギスへと真顔で答える。

 

 「……毎日お風呂には入りなさいな? またミソギに『しゃぁぁぁ!!風呂行くぞぉぉぉ!!』とか言われてゴシゴシされるわよ?」

 「……すっごく言い方が似てますね!! けど、あのゴシゴシ、すっごく痛いから、もうちょっと手加減して欲しいです……。あっ、クエスト完了してました、後は報告だけみたいです!」

 

 アイギスはカバンから取り出したギルドカードを見せてくる。

 そこには『5/5』と表示されていて、クエストの終わりを告げていた。

 

 「それじゃ、帰りましょうか。ミソギが帰って来るまで、後4日でしょう?」

 「そうですね! 騎士団の人達が言ってました! けど、ちょっと不思議に思ってる事がありまして……」

 「……何かしら?」

 

 何やら神妙な面持ちで立ち上がるアイギスは。

 

 「あの200万って、肩代わりしてあげられなかったのかなって思いまして……、僕達が使ってしまったのもありますが、やっぱりちょっと罪悪感が……」

 「うーん、アタシも一応貴族の娘なのだけど、使えるお金はあまりないのよ。それに関しては、確かにアタシも悪い事しちゃったなって、思うわね……」

 

 アタシ達はちょっとだけ雰囲気を落としながら、帰路へと歩く。

 

 




ちょっとでも笑って頂けたら評価とかブクマとか色々お願い致します、励みになります!!!!

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。