ガールズバンドと過ごす日常 番外編2   作:リゲイン

2 / 48
スーパー戦隊解説2

ジャッカル「今回は、この戦隊だ」

 

彩「今回は、トランプ?」

 

ジャッカル「ああ、ジャッカー電撃隊だ、あらすじは首領アイアンクローが率いる犯罪シンジゲート クライムの暗躍に際し、国際科学特捜隊長官の桜井大輔が桜井五郎 東竜 カレン水木 大地文太の4人を集める」

 

はぐみ「ということは、この4人がジャッカーになるんですね」

 

ジャッカル「ああ、そしてこの戦隊ではあと一人出てくるがのちに解説する、まずは、スペードエースの桜井五郎から、こいつは、元オリンピック近代五種競技ゴールドメダリスト」

 

花音「近代五種競技って?」

 

ジャッカル「フェンシング 競馬 水泳 陸上 射撃のことだ、そして鯨井にスカウトされるが親からもらったからだを大事にしたいとのことでスカウトを断るがクライムのカレン襲撃現場に遭遇しサイボーグ手術を受け核エネルギーのスペードエースになる」

 

七深「ということは、全員サイボーグってことですか?」

 

ジャッカル「ああ、次はボクシング元ジュニアウェルター級世界ランキング第2位のボクサー 東竜をスカウトするとサイボーグ手術を受け電気の力を持つダイヤジャックになる」

 

ロック「あれっ、もしかしてトランプを」

 

ジャッカル「ああ、次は元麻薬Gメンのカレン水木クライム傘下の麻薬ルートの摘発後、クライムの報復を受け父親を亡くし自身も事故で右腕を失う瀕死の重傷を負わされるが桜井に救出せれ敵を取るためにサイボーグ手術を志願し磁力エネルギーの力を持つハートクインになる」

 

あこ「でも右腕を失うほどの事故ってクライムって連中やばいよね」

 

彩「そうだよね」

 

ジャッカル「そして最後は元国際科学特捜隊員で海洋学者の卵で鯨井の弟子にあたる大地文太だ、彼は実験中の事故で酸欠状態で窒息死したため鯨井らのサイボーグ手術を受ける」

 

千聖「あれっ、今回は、クライムは関係ないのね」

 

ジャッカル「ああ、そして重力エネルギーのクローバーキングとなる、次は敵組織のクライムだ、ボスは鉄の爪だが、真の支配者がシャインだ、そして幹部はクライムボス、こいつらは人間だ」

 

マスキング「おいおい、人間の幹部かよ」

 

ジャッカル「だが、失敗した場合は鉄の爪に処刑されるそして前回の仮面怪人のポジションはデビルロボットと呼ばれる機械怪物だ、そして戦闘員はクライマーだ」

 

麻弥「そういえば主力の戦力もあるんですよね」

 

ジャッカル「ああ、まずは、個人武器、スペードアーツ ダイヤソード ハートキュート クラブメガトンだ、そして空の要塞スカイエースだ、あとは必殺技のジャッカーコバックだ、今日はここまで」

 

チュチュ「そういえばニューヒーローが出てくるっていましたよね」

 

ジャッカル「ああ、そうだったな、その名もビッグワン」

 

パレオ「すごいの出てきましたね」

 

ジャッカル「彼はニューヨーク本部科学技術庁長官となった鯨井の後任として彼 番場壮吉が来た」

 

美咲「あれっ、この人、新命さん?」

 

りみ「違うよ、V3の風見って人じゃない?」

 

ジャッカル「役者は同じだ、彼は核 電気 磁力 重力の4大エネルギーをすべて併せ持つ、武器はビッグバトンだ、そしてここから、ビッグボンバーと呼ばれる武器が出てきた敵の弱点に変身する」

 

つぐみ「それってゴレンジャーハリケーンみたいなギャグ要素が?」

 

ジャッカル「そうだ、その中でのギャグ要素のあるものを解説すっか、まずは、コブラ大神官戦で使った、ビッグボンバー アフリカ像だ」

 

ひまり「アフリカ像って確か危険だよね、ってあれ完全に着ぐるみ感がすごい」

 

ジャッカル「そうだな、ちなみに最後は、ラスボス戦士鉄の爪戦で使ったビッグボンバー どぶねずみだな」

 

蘭「あれっ、ラスボスなんですよね、それがねずみにかまれて倒されるって」

 

ジャッカル「今日はここまでだな」

 

ましろ「まさか、後半からギャグ回に移行するとは」

 

彩「そうだよね」


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。