ガールズバンドと過ごす日常 番外編2   作:リゲイン

7 / 48
スーパー戦隊解説7

ひまり「そういえば、今回で7回目だね」

 

つぐみ「7番目の戦隊ってなんだろう」

 

ジャッカル「今回は爆発がマジでやばい戦隊、科学戦隊ダイナマンだ、あらすじは太古の昔に落下した隕石の微生物が地底で進化して生まれた有尾人の一族ジャシンカ帝国が現れる、彼らは、地上にあこがれており、人類よりの科学で地上を侵略しようとしていた」

 

美咲「今回は地底人が相手なんですね」

 

ジャッカル「ああ、そしてダイナマンのメンバーだが」

 

燐子「一ついいですか?」

 

ジャッカル「なんだ?」

 

燐子「幹部たちの尻尾の意味って?」

 

ジャッカル「ああ、それね、階級だよ、ダイナマンのメンバーは弾北斗 ダイナマンのリーダーで科学者の卵と同時にモトクロスの腕もかなりいい武術や二刀流で戦うダイナレッドに変身 星川竜 ダイナブラック」

 

日菜「あれっ、この人、ゴーグルブラックの」

 

ジャッカル「役者は同じだ、彼はUFOと交信し友達になることを夢見る、伊賀流忍者の子孫だ」

 

イヴ「忍者、かっこいいです」

 

ジャッカル「忍法を得意とするダイナブラックに変身する、島洋介 ダイナブルーだ、若き海洋学者で水中戦を得意とするダイナブルーに変身する 南郷耕作 ダイナイエロー 植物学者でパワーファイターで大食いだ、怪力を生かしたダイナイエローに変身する 立花レイダイナピンクでコミュニケーション研究の専門家でフェンシングを得意とするがネコアレルギーを持っている」

 

友希那「あらっ、にゃーんちゃんかわいいのに」

 

ジャッカル「フェンシングを得意とするダイナピンクに変身する戦力はダイナ剣 クロスカッター ブルーフリスビー チェーンクラッシャー ローズサーベルそして合体技はスーパーダイナマイト ニュースーパーダイナマイト巨大ロボはダイナロボだ」

 

リサ「ダイナマンも技が変わるんですね」

 

ジャッカル「ああ、そしてジャシンカだ、まずは尻尾9本の帝王アトン幹部は尻尾7本がカー将軍 尻尾5本から4本から0になったメギド王子」

 

あこ「なぜですか?」

 

ジャッカル「ああ、それはゼノビアによってすべて切り落とされる、そして幹部のダークナイトそして4本尻尾の王女キメラそして7本から10本になった女将軍ゼノビアだ」

 

レイヤ「ダークナイトって何者なの?」

 

ジャッカル「ダークナイトはメギド王子だ」

 

マスキング「そういえば、10本尻尾になるとどうなるんですか?」

 

ジャッカル「10本尻尾に死ぬ、それはダークナイトもといメギド王子しか知らない」

 

パレオ「なぜですか?」

 

ジャッカル「ゼノビアに尻尾を斬られた復讐だ、そして今回の敵は進化獣そしてメカシンカだ、そして戦闘兵はシッポ兵だ」

 

有咲「そういえば技が変わったんですが、まさか通用しなかったんですか?」

 

ジャッカル「初登場は、第34話 強敵!メカシンカにてミサイルザリガニにスーパーダイナマイトをも耐えることが可能だ、そして巨大化は細胞が巨大増殖したビッグバンプログレスだ」

 

彩「そういえばベーダー怪人に似てますね巨大化方法が」

 

ジャッカル「ああ、そうだ、今日はここまでだ」

 

千聖「なかなか、面白いわね、巨大化方法が違うって」

 

日菜「そうだね、すごくるんってくる」


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。