プリキュア5の世界に転生しました…悪役サイドだった者ですが。   作:クルミ割りフレンズ

1 / 13
主人公の設定や劇中に詳しく語られなかった設定など纏めてみました。
サブタイトルにある通りこれからも必要が出てくれば更新するかもしれません。


番外等
本作オリジナル設定集(必要があれば更新)


【ウェザート(人間態:上里 象気)】

 

 本作の主人公。転生して早々に5編のラスボスであるデスパライアに幹部へとスカウトされたヤベーイ奴。

 前世の事は憶えている部分ははっきりとしているがソレ以外は殆ど思い出せない。特に名前などの個人情報など。

 しかしプリキュア、その中でもシリーズ中最も好きな『Yes!プリキュア5』に転生出来た事が分かった為に特に気にしていない。

 プリキュア5大好きおじさんとでも呼べる人物。前世ではプリキュア限界オタクであったが転生してウェザートになった事、デスパライアとの出会いなどにより一周回って落ち着き、丁寧語や普段の行動によって周囲から見れば紳士的な人物に見える(錯覚)

 プリキュア達の為になるなら倒されても良いとすら考えていたが自分がなまじ強すぎて倒されるビジョンが浮かばなかったので結局寝返る事を決めた。

 プリキュアと同程度に特撮も好きで自分で変身の掛け声を考えたり、会話に特撮の名言を入れたりするなど結構痛い前世30代。

 

 元々は適当に仕事して中盤位でプリキュア側に寝返るつもりであったが、割と仕事も出来て周囲に気を遣える人物だったが為に短時間でデスパライアに気に入られる。

 かなり人情にも流されやすいので自分に良くしてくれ続けたデスパライアの下を去るのがギリギリになったのはその為。しかし結構な割合でうっかりしている為意外な場面で足を掬われる事もある。

 

 全てが終わった後に結局自身の優柔不断さが色々な人物を傷付け悲しませた事を悔いてプリキュア5の前から姿を消して影から見守るか考えたが2秒で辞めてその後の展開を知っているので別の方法を思いついた。

 5編最終話では一旦彼女達と別れたが裏でコソコソ、表でコソコソして『上里 象気』という人間と肩書を作り学園まで追い掛けて来たやっぱりヤベーイ奴。それでも教師としての必要な知識や能力を1ヵ月あまりで習得するなどその執念は確かなもの。

 

 

 

 実力は描写される機会が少なかったが原作では撃破率100%を誇る『プリキュア・ファイブ・エクスプロージョン』をほぼ能力を使わずに身体能力のみで受け止め、片腕を僅かな負傷に抑えた程。

 能力はありとあらゆる気象現象を操り、使い方次第ではその場に留まりながら各地方に局地的な異常気象を引き起こし甚大な被害を齎す事が可能。まぁ本人にはその気は更々無いため注意する必要は無い。

 

 本性はあくまでも怪人態、人間態は弱体化する代わりに省エネ・気配も殆ど人間と同じになる。

 怪人態は御存じの通り『ウェザー・ドーパント』と同じ姿をしているがその本質は全くの別物。『ドーパント』がガイアメモリを人体に挿入する事で変身する怪人なのに対しウェザートは気象現象の記憶そのものが受肉したような存在。ガイアメモリから態々出力しない為『ウェザー・ドーパント』よりも高い出力、広い能力範囲を得ている。その反面手加減という行為がそもそも苦手な為劇中行った様に力を分割でもしないと手加減に相当困る。最初にプリキュア5と戦っていた時は滅茶苦茶気を付けながら相手をしていた。

 

 本作では100%・70%・30%の形態が登場したが変化するのはあくまで出力と能力が及ぶ範囲程度。100%ならば本気を出せば地球全域に影響を及ぼせる。70%・30%ならば其々大陸レベル、一国レベルとなる。

 ここまで記述して100%と比較すると規模が違い過ぎる様に感じるがその理由は『仮面ライダーオーズ』に登場する『オーズ』や『グリード』のコンボ・完全体に近い性質を持っている為。

 100%になると出力や能力の影響範囲が大きく拡大するのはその為。

 

『ウェザート固有能力』

 

・【A(オール)W(ウェザー)・コンバーター】

 日差しや雨、風などの自然の気象現象を受ける事で僅かではあるがエネルギーに変換する能力。変換されたエネルギーは攻撃や回復に回せるが微々たるものなので実践的ではない。強いて記すならば戦闘終了後に傷の回復速度を上げたりなど。

 あくまでも自然の気象現象に依る能力なので室内・作られた空間などでは全くの無力になる能力となる。しかし、もし何らか影響であらゆる気象現象が集まってくれば...?

 

 

・【A(オール)W(ウェザー)・ネットワーク】

 

 自身を中心に全ての気象情報を瞬時に収集・解析・接続できる能力。噛み砕いて説明するなら超正確で随時更新され続ける天気予報。

 例えば雨の降っている地域でウェザートの能力を被せればソレは相乗効果によって今まで人類が味わった事も無いような規模の暴雨へと変貌させる事ができる。この様に自分で作り出すのと元からあった天候に能力を被せるでは訳が違う程の破壊力が瞬時に出せる。

 また、別の使い方として全ての気象情報とリンクさせている状態ならば最悪肉体を破壊されても時間は掛かるが気象情報から肉体を再構成させる事ができる。この能力を封じるには地球上の全ての天候を消す必要がある。

 

 

・【スノー・ガーディアンズ】

 

 ウェザートが再生能力を持つコワイナーからヒントを得て作り出した雪だるまのゴーレム。自立思考は持たないがウェザートの命令や予め入力した『妨害』や『防御』を積極的に行う雪人形。「ユッキー」と鳴く。

 実体は雪で出来ている為破壊されようが削られようがウェザートが雪さえ降らせていれば欠片から瞬時に再生・増殖していく。弱点として戦闘能力は皆無な事と熱で解けると再生も増殖も出来ないという事。しかし攻撃に関してはウェザートが担っているので問題無い。

 総括するならウェザートが雪を降らせているという前提条件があるが脆く弱くその癖無制限に再生して増えていくとてもしぶとい雪だるまのゴーレム。

 元ネタはFGOのアヴィケブロンの話に出て来たスノーゴーレム。

 

 

・【力の分割】

 

 ウェザートが強すぎる自分の力を何とかしようしたら出来た事。

 劇中では解けない氷で出来た胡蝶蘭という形で一時的にプリキュア5側に預けられた。力を悪用される事も当初考えていたがカワリーノに奪われるまですっかり忘れており、彼女達が持って来なければ割と積んでいた状況。

 光が彼女達を導いたのは力の持ち主であるウェザートのピンチに呼応した結果。

 

 

・【必殺技】

 

 自身の持つ気象現象の記憶のエネルギーを最大限増幅させた状態。早い話が『マキシマムドライブ』。

 気象現象全てだけでなく雷だけ、日照りだけ、雨だけなどの記憶のエネルギーで放つ事も出来る。全ての気象現象の記憶を纏めて放った場合はかなり殺意マシマシな状態。

 

 

 

『ウェザーメモリ』

 

 キュアドリームに返された氷の胡蝶蘭がウェザートの手に渡った事で変化したもの。この時はウェザートの力の70%を保管しており、ガイアメモリの形になったのはウェザートが持つ無意識の形にしやすい形状がソレだった為。

 ガイアウィスパーこそ鳴ったが挿さずにそのまま吸収されたのもその影響。

 

 

 

『プリキュア5ウォッチ』

 ウェザートが転生した折に最初から所持していたブランクライドウォッチから変化した。ウェザートが最初にプリキュア5と戦った時に最後に全力である【プリキュア・ファイブ・エクスプロージョン】を受けた後、その力の残滓を吸収してブランクの状態から変化して生まれたウォッチ。

 何時の日か役に立つと思いウェザートが所持し続けていた。変化した直後からプリキュア5と常に同期し続けている為彼女達が強くなればなるほどウォッチも強くなる。また彼女達の希望が強くなればなるほどにあらゆる闇にも打ち勝つ希望の光を放ち続ける。絶望を力とする者はこの光だけでダメージを負う。このウォッチが無ければウェザートは絶望の闇から抜け出す事は難しかった。

 本来の持ち主であるプリキュア5の手に渡る事で5つに分かれ、スーパープリキュアに強化変身させた。5つに分かれても出力が5分の1になる事は無く、5人で1つのプリキュアである彼女達とリンクする様に総合的にパワーアップする。

 1つの状態ではピンク・赤・黄・緑・青からなる5つの蝶の絵が描かれている。現在は力を失った様に色を失っており、ウェザートは本来の持ち主ではない自分が長時間使い続けたからではないかと考えている。

 小山〇也の声でプリキュア5と言う状況は傍から見ると非常にシュール。

 

 

 

NEW!【漆黒のローブの男】

 5GOGO編にて新たに出て来たオリジナルキャラ。

 エターナル陣営に所属しているがどうやら利害一致の関係らしい。本作の主人公、ウェザートに対して並々ならぬ憎悪を抱いているようだが...?




矛盾してたらごめんなさい。基本的にその場のノリで書いてます。

どれを書けばいいですかね?

  • 最初からプリキュア陣営
  • 鏡の国
  • 5GOGO
  • 新規にライダーとのクロスオーバー

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。