ゴールドシップとトレーナーとマックイーンの話。   作:ノラカノテ

18 / 18
なんとか書き終えられました……(満身創痍)
(文字数数えたら1500文字付近とか)恥ずかしくないのかよ?(自問自答)


ゴルシの告白の行方の話。

 メジロ家の屋敷にて。

 

 マックイーンはトレーナーをゴールドシップが泊まっている部屋の前まで行かせた後、先に部屋の中に入っていた。

 

 「ゴールドシップ。調子はいかがですか?」

 「………ん、大丈夫」

 

 普段のゴールドシップはどこへやら、意気消沈して口数も減っている。

 

 「そういえば、先程あなたのトレーナーと少し話をしましたの」

 「……!」

 

 ゴールドシップは驚いたような表情を見せる。

 

 「そうしたらーーーいえ、これはトレーナーさん本人の口からおっしゃっていただきましょう。ねぇ、トレーナーさん?」

 

 トレーナーは部屋に入る。ゴールドシップは状況が飲み込めないのか呆然、というよりかは混乱している。

 

 「さて、後は二人で積もる話でもしてくださいな。それでは」

 

 そう言うと、マックイーンは風のように去っていってしまった。

 

 しばらく双方ともにどう切り出せばいいか迷い、重い沈黙が流れる。すると、ゴールドシップが切り出した。

 

 「……なぁトレーナー。何しにここに来たんだ?あたしを振っーーー」

 「すまなかった!!!!」

 「ーーーえ?」

 

 そう言うとトレーナーは勢いよく土下座をした。ゴールドシップはますます混乱する。何故自分にトレーナーは土下座をしているのか。それがわからない。

 

 第一に、告白したのはゴールドシップの方で、それで向こうが土下座をする理由が見つからなかった。だから、それを問う必要があった。

 

 「トレーナー!!?なんでいきなりあたしに土下座なんてすんだ!?」

 「本当にすまない!昨日の夜、あんな変に遠回しに言わなければ……!」

 

 ふとゴールドシップは自分がただ告白をして振られただけじゃないかと疑問に思う。

 

 記憶を辿る。あの時トレーナーはなんと言っていたか。

 

 確か、トレーナーは「ゴールドシップ、気持ちはとても嬉しい。ありがとう……だけど、すまん。ウマ娘とトレーナーの関係上、今これを受け取ることはできない」と言っていた。

 

 これのどこが遠回しなのだろうか。ゴールドシップは思い出すだけでも心が削られるが、一言一句紐解いていく。

 

 そこで気づいた。「ウマ娘とトレーナーの関係上、今これを受け取ることはできない」という言葉。「今」ということは……?

 

 「なぁトレーナー、まさかとは思うけどーーー」

 「ああ、俺はお前を振ったわけじゃないんだ!あの時、告白してきてくれて俺は嬉しかった!ただ……」

 

 トレーナーは言葉を区切る。

 

 「もし俺とお前が付き合ったら、お前のレースに悪影響が出てしまうんじゃないかと考えてしまって……。『今受け取ることはできない』と言ってしまったんだ……!」

 

 ゴールドシップは自分がトレーナーが昨日の夜言った言葉をよく聞いておらず、さらには一方的に話を打ち切ってしまっていたことを自覚し、恥ずかしさと申し訳なさが入り混じる。

 

 普段のゴールドシップなら、その言葉の真意を汲み取っていただろう。しかし、告白という重大なイベント、そして断られたと勘違いしたことによる精神的なショック。

 

 これらがゴールドシップの判断力を鈍らせたのだ。

 

 トレーナーは一つ咳払いをして、言う。

 

 「だから、ゴールドシップ。こんな俺でも良ければ、付き合ってくれ……!」

 

 ゴールドシップはそれを聞いた時。嬉しさと恥ずかしさが混在し、涙が溢れる。

 

 トレーナーはそれを見て、

 

 「ちょっ、ゴールドシップ!?やっぱりこんなロマンもない告白ダメだったか?」

 

 と慌て始める。それを見たゴールドシップは、なんだか面白くなって、キスをした。

 

 驚いて飛び退くトレーナー。それを見て、さらに面白く感じるゴールドシップ。

 

 「これからもよろしくな!トレーナー!」

 

 ゴールドシップはそう言ってトレーナーに笑いかける。

 

 そうして、ゴールドシップの告白は紆余曲折ありつつも大成功に終わったのであった。




ゴールドシップ大勝利エンド
あっ、そうだ(唐突)
明日までに小説書く時間がないので次投稿するのは5月後半〜6月になりそうです
(感想に書いてくれたアイデアは絶対書くから)許してください!なんでもしますから!(なんでもするとは以下略)

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。