ダイアモンドホース、夢の舞台へ!   作:whiteカプチーノ

1 / 3
1 マザーベースにて

【セーシェル近海 マザーベース】

 

 

ピピピピッ

 

スネーク「あぁ、朝か...」

 

 

高らかに鳴る目覚まし時計を止め、着慣れた戦闘服を着る

今まで共に戦ってきた愛銃の調子を確かめ、ホルスターに入れる

 

スネーク「今日はなにするか...」

 

 

最近は平和になって.....いや平和になることは良い事なのだが、する事がない

俺たちのする事といえば、警備と他国の軍隊と合同訓練をするぐらいだ

 

ダダダダダダッ!

 

そんな事を考えてると、廊下を爆走する音が聞こえる、この足音はカズだな....朝っぱらから...

 

 

カズ「スネーク!」

 

スネーク「どうしたカズ、騒がしい」

 

カズ「そんな事よりD-ホースの所に早く来てくれ!早く!」

 

スネーク「!...分かった!」

 

 

 

***

 

 

 

ザワザワ....ザワザワ....

 

カズに言われた通り、急いでD-ホースの厩舎へ向かうとスタッフ達が集まっていた

 

 

スタッフ「おはようございます、ボス!」

 

スネーク「ああ、何が起こったんだ?」

 

スタッフ「え、えっと...その」

 

 

スタッフは言葉を詰まらせる、余程の事があったのだろうか

 

 

オセロット「スネーク!カズ!こっちだ!」

 

 

オセロットが俺たちを呼ぶ、厩舎の中から呼んでいるようだ

 

 

スネーク「一体どうしたんだ!?」

 

オセロット「D-ホースが...」

 

 

オセロットがD-ホースに目を向ける、俺もD-ホースに目を向けるがそこに居たのは...

 

 

???「....うぅ」

 

 

裸の少女だった

 

 

スネーク「誰だこいつ!?」

 

オセロット&カズ「「俺にも分からねぇよ!!」」

 

スネーク「おい」

 

???「...ふぇ?」

 

 

呼び掛けると裸の少女は起き上がりこちらを見る

 

 

スネーク「名前は分かるか?」

 

D-ホース「...ダイアモンドホース」

 

 

D-ホース、もといダイアモンドホースは名前を答える、どうやら腹が減っているようだ

 

 

スネーク「腹が減ったのか?」

 

D-ホース「...うん」

 

 

食堂に連れて行きたいが、この少女を裸で連れていくのはかわいそうだ

 

 

スネーク「カズ、D-ホースに服を、おいお前達食堂に戻って朝食を摂れ」

 

スタッフ達「「はっ!」」

 

カズ「服って言っても女性用の戦闘服しか無いぞ?」

 

スネーク「それで良い」

 

 

しばらくしてスタッフが服を持ってきて、D-ホースがそれを着る

 

 

スネ―ク「調子はどうだ?」

 

D-ホース「大丈夫...」

 

スネーク「そうか、良かった...こうなった原因は?」

 

オセロット「わからない、第一発見者もD-ホースに餌をやりに来たそうだ、その時にはすでにこの状態だったそうだ」

 

スネーク「不思議な事が起こるもんだ、取り敢えず食堂に行こう」

 

 

そう言い、俺たちは不思議なD-ホースと共に食堂へ向かった




とりあえず書いた、続きどうしよう

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。