ポケットモンスター 転生したのは初めに旅立った子供   作:剣の舞姫

55 / 61
ようやく、ソラタとシズホの全力バトルの回です。


第54話 「準決勝、ライバル対決」

ポケットモンスター

転生したのは始めに旅立った子供

 

第54話

「準決勝、ライバル対決」

 

 ポケモンリーグ・セキエイ大会もいよいよ終盤に差し掛かった。準決勝、第1試合が終わり、会場の誰もが予想した通りジュンイチ選手が勝利して決勝進出を決めると、待ちに待った第2試合の時間となる。

 既にフィールドには待ちきれなかったのかソラタとシズホがトレーナーゾーンに立って試合開始時間を待っており、観客も固唾を飲んで見守っていた。

 

『さあ、いよいよ準決勝第2試合の開始時間となりました! 赤サイド、ワカバタウンのシズホ選手と緑サイド、マサラタウンのソラタ選手、両者既にフィールドにスタンバイして、気合も準備も万全の様子! この試合に勝利して決勝戦へと駒を進めるのは、いったいどちらのトレーナーなのか! 準決勝第2試合開始!!』

「行くぞ、ギャラドス!!」

「行きますよ、ハッサム!!」

 

 ソラタの1番手はメインパーティーの突撃隊長ギャラドス、シズホは嘗てキレイハナとバトルをしたストライクの進化系であるハッサムだった。

 

『おおっと! シズホ選手、なんとカントーでは珍しいハッサムです! ストライクの進化系、ハッサムを出してきましたぁ!!』

「ギャラドス! シズホ相手に遠慮はいらない!! “アクアテール”だ!!」

「ハッサム! ソラタさんが相手だからこそ全力で行きますよ!! “バレットパンチ”です!!」

 

 ギャラドスの水を纏った尻尾とハッサムの鋼の閉じられたハサミが激突して、激しい衝撃波が発生した。

 両者、力は互角なのか拮抗した状態で静止し、しかしどちらとも力を込めて相手を押し返そうとしている。

 

「“ハイドロポンプ”!!」

「“かげぶんしん”!!」

 

 ギャラドスが即座に放った“ハイドロポンプ”を、ハッサムは“かげぶんしん”で分身して回避、分身体が掻き消されるも、直ぐに無数のハッサムがギャラドスを囲んだ。

 

「“エアスラッシュ”です!」

「自分の周りに“ぼうふう”だ!」

 

 ギャラドスを取り囲んだハッサムから放たれる空気の刃、回避不能のそれをギャラドスは自身の周囲に“ぼうふう”を発生させて防御、それどころか空気の刃だけでなくハッサムを分身体ごと巻き込んだ。

 

「飛べギャラドス!」

 

 ハッサムが“ぼうふう”に巻き上げられ宙を舞った所を狙ってギャラドスが飛び上がると、再び尾に水を纏わせる。

 

「“アクアテール”!」

「防御!」

 

 ギャラドスの“アクアテール”がハッサムに命中、直前に両手をクロスしてガードされたが、それでも威力を殺す事は出来ず地面に叩き付けられた。

 

「ハッサム!」

『これは強烈! ハッサム、咄嗟に防御しましたが、成す術なく地面に叩き付けられたぁ!』

 

 これで決まったかと、思われたが、ハッサムは土煙から飛び出してダメージこそあるものの、まだまだ戦えると両腕のハサミを構えて見せた。

 だが、今の攻防だけでシズホはハッサムではギャラドスを倒すのは難しいと判断して、手を変える事を考える。

 

「仕方ありませんね……ハッサム! “とんぼがえり”!!」

 

 すると、ハッサムは一直線にギャラドスへ向けて飛び上がり、その閉じたハサミによるパンチを叩き込むと、シズホの腰のモンスターボールへ自動で戻って、同時に別のボールからポケモンが出て来た。

 

「エレッブー!!」

『なんとここでハッサム、“とんぼがえり”でダメージを与えつつボールに戻り、代わりにエレブーが出て来た! ギャラドス、相性の悪いエレブーを相手に、どう戦うつもりなのか!!』

 

 大会ルール上、バトル中のポケモンの交代は認められていないが、例外がある。それが“とんぼがえり”などの技の効果で自動的に手持ちのポケモンと入れ替わる場合だ。

 “とんぼがえり”の他にも使用する事で自動的に手持ちのポケモンとバトル中に入れ替わる技がいくつかあり、それによる交代だけは認められている。

 

「エレブー! “10まんボルト”です!」

「エェレッブーーー!!!」

「“りゅうのはどう”!!」

 

 “10まんボルト”と“りゅうのはどう”がぶつかり、フィールドの中央で爆発。いや、若干だが“りゅうのはどう”が押し負けていた。

 やはりタイプ一致の技とタイプ不一致の技では、タイプ一致の方が威力が上になるのも仕方がないか。

 

「ギャラドス、エレブーを近づけるな! “ぼうふう”だ!」

「ギュオアアア!!」

「“ひかりのかべ”!」

 

 ギャラドスが発生させた“ぼうふう”だったが、エレブーが“ひかりのかべ”で防御、壁の向こうのエレブーには風の暴威が及ばない。それどころか、シズホは驚きの指示を出した。

 

「エレブー! “ひかりのかべ”を足場に!」

 

 何と、エレブーは“ひかりのかべ”を器用に水平にいくつも展開すると、それを足場に飛び移りながらギャラドスに接近してくる。

 

「迎撃しろ! “アクアテール”!!」

「“10まんボルト”!!」

 

 ギャラドスの“アクアテール”が迫りくるエレブーの腹に直撃した。

 だが、なんとエレブーは足場にした“ひかりのかべ”の上で踏ん張り、少し後退したものの耐えきってギャラドスの尾を掴むと、そのまま“10まんボルト”を使用、掴まれて逃げられないギャラドスはまともに“10まんボルト”の電撃を受けてしまう。

 

「耐えろギャラドス! “りゅうのはどう”だ!!」

 

 ギャラドスは電撃を受けながらも口をエレブーに向けて“りゅうのはどう”を放つ。至近距離からの“りゅうのはどう”を受けたエレブーも流石に耐え切れず吹き飛ばされたが、器用に着地、逆にギャラドスは力尽きたのか目を回して倒れてしまった。

 

「ギャラドス、戦闘不能!」

「ギャラドス……」

『見事! アクアテールを気合で耐えたエレブーの“10まんボルト”がギャラドスをノックアウトだ!』

 

 実況の声を聞きながらギャラドスをプレミアボールに戻したソラタは、腰のホルダーに戻して次のボールを取った。

 次のポケモンを出す前に、エレブーと、その向こうにいるシズホを見て、やはり強い、面白いと、ポケモンリーグに参加して初めてと言って良い程の高揚感を感じながら、手に持ったモンスターボールを投げる。

 

「行け、ガバイト!!」

「ガッバァ!!」

『な、なんとぉ!! ソラタ選手の2番手はカントーには生息していないガバイトだぁ!!』

 

 ソラタの2番手、地面タイプを持つガバイトならばエレブー相手に電気技を封じる事が出来る。

 しかし、それでも油断出来ないのはエレブーがまだ技を2つしか使用していないからだろう。エレブーはタイプ不一致になるとはいえどガバイトの弱点となる技を使えるのだから。

 

「ガバイト、初手から飛ばして行くぞ! “ストーンエッジ”!!」

「ガバァ!」

「回避です!」

 

 “ストーンエッジ”を横にジャンプして回避したエレブーは拳を構えてガバイトへ向かって走り出した。

 やはり、ソラタの思った通りの戦術で来るかと、すぐさまソラタはガバイトに指示を出す。

 

「“れいとうパンチ”!」

「“じしん”!!」

 

 冷気を纏った拳を構えて迫りくるエレブーに対して、ガバイトは大きく足を振り上げて、地面に勢いよく降り下ろす。

 発生した衝撃波が走るエレブーに向かい、勢いに乗っていたエレブーは回避する事も出来ずに衝撃波の直撃を受けてしまった。

 

「エレブー!」

「畳み掛けるぞ! もう一度“じしん”だ!」

 

 再び、ガバイトが足を降り下ろせば、衝撃波が再度発生して転んだエレブーに直撃、だが今度はエレブーも唯ではやられない。

 

「“はかいこうせん”です!」

「させるな! “ストーンエッジ”!」

 

 エレブーの“はかいこうせん”とガバイトの“ストーンエッジ”が放たれたのは同時だった。

 エレブーが放った“はかいこうせん”は次々と突き出してくる“ストーンエッジ”を破壊しながらガバイトに迫り、最後の一つを突き破るとガバイトに直撃する。

 

『“はかいこうせん”直撃ぃ!! ガバイトはどうなった!?』

 

 “はかいこうせん”によって発生した煙に飲み込まれたガバイトだったが、その煙が晴れるとダメージこそあるものの、何事もなく立っている。

 どうやら“ストーンエッジ”によって“はかいこうせん”の威力が殺された事でガバイトはダメージが少なく済んだらしい。

 そして、その姿を見て限界を迎えたのか、エレブーは今度こそ倒れて目を回してしまうのだった。

 

「エレ、ブ……」

「エレブー、戦闘不能!」

『エレブー、限界を迎えてダウン! これでシズホ選手も残るポケモンは5体! まだまだ互角の勝負が続く!』

 

 シズホは倒れているエレブーをモンスターボールに戻すと、次のボールを取り出した。しかも、取り出したボールは普通のモンスターボールではない。

 

「ヘビーボール?」

「流石はソラタさん、ジョウトでしか手に入らない特別なボールも御存知でしたか」

 

 そう、シズホが取り出したのはモンスターボールではなく、ヘビーボールと呼ばれる特別なボールだった。

 ヘビーボールはジョウト地方に住むガンテツというモンスターボール職人が“ぼんぐり”という特殊な木の実から作るボールで、一般的には出回っていない為、カントーでは知名度が低いボールなのだ。

 

「では、行きますよ! バンギラス!!」

「バッギャアアア!!!」

 

 シズホの次のポケモンはバンギラスだった。

 ゲームで言うところの600族の一体、ガバイトの進化系であるガブリアスも同じく600族だが、まだ進化していないガバイトに対して、バンギラスは最終進化系、相性は決して悪くないものの、大変な戦いになりそうだった。




次回もソラタとシズホの試合、続きです。

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。