総ての力を纏う時の王者のヒーローアカデミア   作:ルオン

1 / 1
プロローグ:時の王者の終わりと始まり

とある世界

 

建物や道路は崩壊し、辺り一面が火の海となった街があった。そこに頭から血を流す1人の青年、怪人が立っていた

 

『いや~、時の王者って聞いて警戒してたんだが、まさかこの程度だとはな~?』

 

「ぐっ!?」

 

怪人の言葉を聞き、悔しく思う青年。

 

「ハァ・・・・ハァ・・・・・・お前たちの狙いは・・・・・・なんだ・・・・・・!?」

 

『簡単さ。あらゆる平行世界から仮面ライダー達を消すためさ!!』

 

「なにっ!?」

 

青年は怪物の言葉を聞いて驚く。

 

「何故そんなことをするんだ!?」

 

()()()と俺達の住みやすい世界にするためさ』

 

「(あの方?コイツより強い力を持った存在がいるのか!?だとしても!!)そんなこと、絶対に─────ぐっ!!」

 

怪物を止めようと、一歩踏み出そうとした青年であったが、怪物との戦闘で体に相当のダメージを負ってしまった為、膝をついてしまう。

 

『やめときな。さっきの俺との戦いで、あんたの命は風前之灯さ・・・・・・・・膝をついてるだけでも辛いだろ?』

 

「···············」

 

『安心しな。すぐにお仲間もあの世に送ってやるよ。お前が旅して知り合った奴等全員な♪』

 

「───ッ!!」

ブチッ!!

 

怪人の言葉を聞いた青年の中で、何かが切れた。

そして青年は、立つことさえ辛い体を立たせる。

それを見た怪人は、動揺を隠せなかった。

 

『バカな!?どこにそんな力が!?』

 

「─────ない」

 

『あ?』

 

「やらせない・・・・・・俺の仲間を・・・・友達を・・・・・・大切な人達を········殺させたりしない!!皆の命は・・・・・・俺が守る!!」

 

〔オーマジオウ〕

 

青年はそう言うと、時計のような物【ライドウォッチ】を取り出し、スイッチを押す。

すると、背後に巨大な時計が現れ、そこから無数のライドウォッチが飛び出し、上空へと集まる。

それを見た怪人は驚きを隠せないでいた。

 

「な、なんだこの数は!?コイツの力は、平成ライダーだけじゃないのか!?」

 

「世界で偉業を成し遂げてきた戦士達の力よ!!もう一度俺に、力を貸してくれ!!」

 

青年が叫ぶと、ライドウォッチが1ヶ所に集まり、1つのライドウォッチへと姿を変える。

そして青年の前に、1本の剣が現れた。

 

「ありがとう、来てくれて」

 

剣は、青年の言葉に答えるかのように一瞬だけ光、ライドウォッチへ吸い込まれていく。

青年はライドウォッチを掴み、腰に巻いていたベルト【ジクウドライバー】に、2つのライドウォッチを装填する。

 

「変身!!」

〔―――タイム!!〕

 

青年がベルトを回すと、青年の体が光に包まれる。

光が消えると、そこには金色のオーラを纏い、ライダーと書かれた仮面と鎧を身に纏った青年がいた。

そして青年の右手には、先程現れた剣が握られていた

 

『な、なんだよその姿は!?ジオウの最強にいたった姿はオーマジオウの筈だろ!?こんな姿はなかった筈だ!?』

 

「これは、世界を巡り手にした、絆の力だ!!」

 

『あり得ん!!こんなこと・・・・・・あり得ない!!』

 

「受けてみろ!!俺たちの力を!!」

〈フィニッシュタイム!!────タイムブレーク!!〉

 

「ハッ!!」

 

青年は一瞬にして怪人との距離を詰め、空中へきりあげる。

 

『がっ!?』

 

「これで·······終わりだぁあああああ!!」

 

『ふざけるなぁああああ!!』

 

青年は足にエネルギーを溜め、上空にいる怪人に向け、飛び蹴りを喰らわそうとする。

対して怪人は、ドス黒いエネルギー波を放つ。

が、青年のキックによりエネルギー波は避けていく。

 

そして

 

「ハァアアアアア!!」

 

『ぐうっ!?・・・・・・・・クソがぁあああああ!!』

─ドガァアアアアアアン!!─

 

青年のキックに当たった怪人爆発した。

青年は地面に着地する。

着地した青年は剣をその場で振る。すると剣から光の粒子が無数に飛び出していき、崩壊した建物や道路が直っていき、炎が消えていった。

剣を振るのを止め、変身を解除した途端、その場に仰向けに倒れる。

 

「ハァ········ハァ·······やっぱ·····無理······しすぎた····」

 

「「「総一(ジオウ/我が魔王)!!」」」

 

仰向けに倒れている青年の元に、3人の男女が駆け寄る。

 

「3人とも········怪我は········ない?」

 

「私達は大丈夫よ!!でもあなたが!!」

 

「俺は······平気······」

 

「どこが平気だ!!こんなボロボロで!?」

 

「あはは······」

 

「我が魔王·······もしや?」

 

「流石だね、ウォズ········もう····無理みたい」

 

「「ッ!?」」

 

青年の言葉に2人の男女は驚き、もう1人の男はその場で跪く。

 

「ウォズ?」

 

「我が魔王·····長い間、お疲れ様でございました。どうか······安らかにお眠りください」

 

「うん」

 

「総一·······」

 

「ジオウ······お前」

 

「ツクヨミ·······ゲイツ·······今まで······ありがとう·········あとは······お願い」

 

「えぇ······えぇ!!」

 

「任せておけ!!」

 

「お願い······ね?」

 

「········総一?」

 

「総一······総一·····!!」

 

「ジオウ·····」

 

「我が魔王·······」

 

この日、1人の戦士にして王である青年、時磐(ときわ) 総一(そういち)こと仮面ライダージオウの命を犠牲に、1つの世界が救われた。

そして、仮面ライダージオウの、最高最善の魔王の物語が幕を閉じた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしそれは、一時的であった

 

「ん…………あれ?」

 

謎の怪人に最後の一撃を叩き込み、仲間に看取られながら死んだ総一は、真っ白な謎の空間にいた。

 

「ここは……俺は確か、死んだ筈じゃ」

 

「そうだよ?君は体がボロボロなのに、無茶してあの姿になって、必殺技を叩き込んだから死んだんだよ」

 

「こ、この声は!?」

 

後ろから聞き覚えのある声が聞こえ、すぐに振り返る総一。そこには、白い服を着た男性が立っていた。男性を見た総一は驚く。

 

「アルマ!?」

 

「この······おバカァアアア!!」

 

「あだっ!?」

 

後ろにいた男性、アルマに怒鳴られながら拳骨を喰らい、頭を抱える総一。

 

「いった~……何で殴るの!?」

 

「君が、僕を頼らないからだよ!!」

 

「…………え?」

 

アルマの言葉の意味が分からず、首を傾げる総一。

そんな総一を見たアルマは、ため息をつく。

 

「あのね?僕が怒ってるのは、君が僕を頼らなかった事に怒っているんだよ。言ったよね?もし君が困ってたり、ピンチな時は言ってって」

 

「いやだって……流石に神様に頼るのはな~って」

 

そう、アルマは数々の平行世界を管理する神の1人なのだ。総一が生前、異世界に旅立つ際に、何が原因か分からないが、アルマ達が住む天界に来てしまい、知り合った。

 

「あのね?僕は神様であるけど、神である前に君の友人だよ?」

 

「アルマ……」

 

「だから、僕は勝手ながら君の友人達に知らせて、あの怪人以外に現れた怪人達を相手してもらったよ」

 

「えっ!?マジで!?」

 

「うん。君が死んだ事で、世界との繋がりが無くなかったから、強制的に自分達の世界に戻ったけどね?あ、他の怪物達は倒してもらってるから大丈夫だよ」

 

「そ、そっか」

 

アルマの話を聞き、一安心する総一。

 

「さて、君には提案がある。転生してみないかい?」

 

「転生って、別の世界に行って生きるってやつだっけ?」

 

「まぁね。もっと言えば、力を持って別世界に生まれ変わり、生きるんだ。まぁ、中には肉体を再構築して、死んだ年齢からやり直す人もいるよ」

 

「へ~」

 

「で、どうする?」

 

「ふむ……」

 

アルマに言われ、考える総一。

 

「じゃあアルマ、転生でお願い」

 

「分かったよ」

 

アルマは頷くと、目の前に1つの扉を出した。

 

「そこを通れば、転生できるよ。特典は何か希望はあるかい?」

 

「それじゃあ、ジオウの力を使えるようにお願い」

 

「分かった」

 

「またいつか会おう、アルマ」

 

そう言った総一は扉を開け、光に包まれて転生する。

こうして時磐総一、仮面ライダージオウの新たな物語が始まるのであった。




という事で、投稿した活動報告に書いたように、セイバー要素を取り入れたジオウの企画参加作品です!!

次回は転生後の総一の話になります。
次回も是非読んでください!!

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。