桜咲く。   作:LCRCL (エルマル)

110 / 112
桜咲く。OPとED第2弾
OP かいりきベア-アンヘル
ED かいりきベアREMIX-オキセイギ

オキセイギはネロイズムの逆 (寝ろ→起き)
つまり…?


風鈴の能力

side桜木咲子

 

流「あ、そろそろ晩飯だな」

 

一郎「…近くにいい飲食店ってあるか?」

 

ゼイル「あるぞ」

 

咲子「あるわね」

 

2人「イーティングニコル」

 

…パーフェクトタイミング!

 

風鈴「同時に言った…」

 

砂智子「じゃあ、そこで夕食を食べましょうか♪」

 

うん、双子葉。(変な漢字はわざと)

 

ー移動ー

 

♪煮ル果実-ハングリーニコル

 

咲子「ここよ」

 

流「おお…」

 

ゼイル「入ろうぜ」

 

スッ

 

???「いらっしゃいませー」

 

コックは前と同じく1人だった。

 

一郎「んー、どれにしようか…」

 

一郎はメニューを見ながら考える。

 

砂智子「私は明太子スパゲッティにします」

 

まあ、一応ココ(福岡)の名産物は明太子だしね。

私は…グリルポークね。

 

風鈴「…カプサイシンライス」

 

咲子「ゑ…アンタ、大丈夫なの?」

 

風鈴「ええ。というか必要なのよ、能力的に」

 

咲子「その能力って?」

 

風鈴「…秘密よ☆」キラン

 

うわぁ、ムカつく顔ね…ま、私が解除すればいい話だけど。

私達はそれぞれオーダーする。

…ちなみに風鈴のオーダーを聞いた時一瞬驚いた顔をしてた。

 

???「すぐに準備いたします」

 

…シュバババッ!

 

ホントにすぐできそうね。

 

ー数分後ー

 

砂智子「美味しいですね、コレ!」

 

一郎「だよな〜」パクッ

 

風鈴「………」ガブッ

 

風鈴は赤く染まった米を一口食べる。

 

風鈴「…ん、いけるわねコレ」

 

咲子「へぇ…」スッ

 

私も一口食べてみよう…

 

パクッ

 

………!?

 

咲子「ゲホッ、ゴホッ…痛っ!?」

 

辛いってレベルじゃないわよ!?

 

ゼイル「咲子、牛乳だ」コトッ

 

咲子「ありがと!」ゴクゴクッ…

 

…ハァ。

 

咲子「あ”あ”…ヤバかった」

 

一郎「安心しろ咲子、俺も初見でそうなった」

 

流「他にもレモン汁をそのまま飲んだり、純粋なココアパウダーを食べたりしてたz「流、それ以上言ったらただじゃおかないわよ?」…すみませんでしたもう言いません」

 

咲子「なるほど…コレ(カプサイシン)は辛い、レモン汁は酸っぱい、ココアパウダーは苦い…味覚を何かに変換する能力かしら?」

 

風鈴「まあ大体あってるわよ。何に変換するかはこの中で私以外誰も知らないけど」

 

一郎「見たことないんだよな、能力使うの…」

 

…それとも見たけど能力だと気付かなかったかね。

 

ー半時間後ー

 

???「ありがとうございましたー」

 

一郎「俺達は基地へ行くぜ。お前らは?」

 

ゼイル「送っていく。咲子、家で待っててくれ」

 

咲子「分かったわ。じゃあね」

 

そして私は一郎達と別れた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

メイ「1076、1077…」ブンッ

 

メイは刀(飛梅)で素振りをしていた。

 

???(生真面目そうな人だなぁ…)

 

そんなメイを偶々通りかかった男がしばらく見ていた。




風鈴の能力のヒント
刺激が強い食べ物が必要

ビターチョコデコレーション

次回もよろしくお願いします。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。