自分より強いのがいないから育てた   作:師刃

6 / 6
久しぶり!
なんかラテラーノ来ましたね・・・
ってことでどうぞ


Moza◯bique here

カチャカチャガチャンとドアを開けた(ピッキングした)メランサは、師匠が何かを弄っているのを見た。

 

「どうしたんですか師匠」

「それこっちのセリフだからね?」

 

こちらが質問したのに質問で返してくるとは。スゴイ・シツレイではないのだろうか。メランサは首を傾げ、師匠も同じ動作をした。

 

足元の荷物(トラップ)に気をつけて師匠の後ろから手元を覗き込むと、拳銃だっただろうか? それがあった。

 

「珍しいですね、師匠が銃を持っているのは。私の反射神経を上げるために使った時以来です」

「あーうん。そうだね。ちょっと作ってみたくなったから作ってるの」

「そんなに簡単に作れるものなんですか?」

「免許持ちだから材料や部品は買えるし、最悪ロドスで機材を使わせてもらうから」

 

そう言ってカチャカチャと手を止めずに作業し、少しづつ形が出来てきた。3個のバレルが付いた拳銃?

 

「バレルが3つの銃ですか。こんなのカタログでも見たことありません」

「それはそうさ。オリジナル⋯ではないけど、この世界には無いはずだからね。名前は」

 

出来上がったそれを天井の照明に掲げ、師匠は名を呼ぶ

 

「モザン◯ークだ」

 

 

 

 

「ねーえー、なにか面白いことはないのドクター」

「もー仕方ないなぁエクシアくんは(ダミ声) 今からメランサの師匠が試し射ちするから訓練所使わせてって。なんでも銃を作ったらしいよ」

 

 

 

「ってことで、エクシアからアンブリエル、そこから更にいろんな人に広がってこんなことになりました」

「つまり、訓練所の前が人多いのお前のせいだな?」

「俺は悪くねぇ!」

「ドクター、まだ休んじゃダメですよ?」

 

 

凄まじい速度で現れた怨霊(アーミヤ)がドクターと共に消えたのを確認し、走り寄ってきたエクシアの輪っかを鷲掴みにする

 

「言うことはあるか?」

「え、えーっと、テヘペロ」

 

輪っかを撫で、揉み、強弱をつけて刺激を与え、悲鳴(嬌声)とともに本体(エクシア)崩れ落ちた(腰砕けになった)

 

ほらそこの職員(読者)、前屈みになったら邪魔でしょ。前に来て背筋伸ばして回れ右しなさーい

 

「師匠、これ本当に強いのですか? 銃口が3つあるのはいいですけど、少し外側を向いてるように見えるんですが」

 

「いいところに気がついたな弟子よ。これは一応散弾銃のようなものなのさ。そこの地雷仕掛けようとしてドロップキックされたサンクタが使ってる銃みたいに」

 

思ったよりいい場所に入ったのか引きずられていくのを見送った後、手作りのペイント弾を装填し、前方のマネキンに放つ。

胴体の真ん中を狙って放たれた弾は、頭と両足にヒットした。

 

 

「普通の銃と違って相手の中心を狙って撃つとこんな感じになるんだ」

 

「・・・普通の銃で良いのでは?」

 

「マジレスやめて。銃に慣れた相手だと意外と良いから」

 

 

その後、集まったみんなでサバゲのようなことをしていたら、騒ぎを聞きつけたケルシーに捕まってボコボコにされ、ペイント弾の作り方を聞き出された。

 

ラテラーノとの商談で使える。と少し喜んでたのでまあいいや

 

 

 

 

なお、後のラテラーノサバゲ大会の立役者として名が載るのは別の話。

 

 






え、何をしていたって?
クランタ娘を走らせたり、異世界で旅人になったり、透き通るような世界観が送る学園RPGをしたりしてただけです。俺は悪くねぇ!(悪い)

サンタクって書いちゃったよサンクタじゃねぇか(編集済み)

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。