僕が1番上手くガンダムを扱えるんだ。   作:ガンダム大好き魔神

1 / 2
悲劇と光、そして過去の記録のプロローグ

 悲鳴、怒号、そして爆発。人の焼ける匂いと共に色とりどりの化け物達が逃げる人達を炭素の塊へと変えその命を散らせてゆく。

 

「くッ!」

 

 背中を預けるべき、片翼である友は先に死んでしまった。数多くの化け物達────ノイズを巻き込んで自爆覚悟の大技、絶唱を放ちその命を燃やしながら放ち散っていった。

 

「奏……カナデェェェ!」

 

 しかし、そんな彼女の命をかけた一撃でさえもノイズ達を全て殲滅するには威力不足、全てを殲滅するには足りなかった。

 生き残った片翼の戦士が悲鳴にも似た歌を紡ぎながら戦い続けるが既に疲弊して限界に近い。このままだと力尽きるのも時間の問題だろう。

 

「すまない奏……どうやら私ももうすぐそちらへと行く事になりそうだ」

 

 先ほどよりも大量に出現し、戦士を囲むノイズ達。もはやこれまでかと諦めかけたその時、彼女の紡ぐ歌とは別の綺麗な音色が聴こえて来る。コレは────ピアノの音色? 

 

「……ッ!?」

 

 一瞬だった。

 

 視界に赤い粒子にも似た何が目に写った途端、彼女を囲むノイズ達が何かピンク色の光に貫かれ次々と消滅する。謎の攻撃に驚くきながら思わず空を見上げた。

 

「なッ!?」

 

 するとそこには信じられないが光景、赤く光る何か縦横無尽に高速で飛び回っている光景が見てとれた。高速で動く何かからビームにも似た光が発射され、ノイズ達を正確に貫いてゆく。そしてノイズ達が殲滅されると赤い光はステージの真上で停止して赤い光は収まる。

 

 それは人の形をしていた。

 体長は2メートルほどのそれは全身が鎧にも似た機械で構成され色は白と青、そして赤のトリコロール。彼、彼女の背からは緑色の粒子を生み出しているようにも見える。そしてその両手には拳銃にも似た武装と盾を持つ事からアレで先程のビームを擊ち出していたと分かる。その何かはまるで会場全てを見渡すかの如く微動だにせず、放ち浮かび続けていた。

 

 戦士はその光景を見つめ、そして考える。アレは何なのだと。

 

 ピアノの音色は相変わらず響き会場全体で聞こえ続ける。何処から聴こえるかはわからない。だが、あの正体不明の者が現れたのと同時に聞こえ出した事を考えるに何かしらの関係があるに違いない。もしくはノイズを倒し、全身が機械の鎧の如くある事を考えるに自身が纏ってる装備と似た性質を持っているとも考えられる。わからない事だらけではあるがアレが戦士を助けてくれた事は確かだ。だが、だが……

 

「何故もっと早く────」

 

 全ての思考を他所にこう考えてしまう。何故もっと早くに助けに来てくれなかったのだと。何故私ではなく死んでいった友達を助けてはくれなかったのだと。空に浮かぶ何かは突如光の翼を出現させ、そして空へと消えていったのだった。

 

 後に残ったのは翼から溢れあたり一面へと降り注ぐ光。その光はゆっくりと、しかし確実に傷を癒していたのであった。

※※※

 

「GNドライブ、マッチングクリア……行ける」

 

 夕焼けの見える昼下がり、春のせせらぎが残る風を感じながら彼は飛び立つ。全身を包み込む粒子を真っ赤に染め、赤い閃光と成りながら目的地へと急いだ。

 

「コレが、コレがオリジナルの太陽炉の力か!」

 

 そして全てが見渡せる高さから地上へと目を向け、自身が保有した力に酔いしれるつもりであったが目に映る光景に気分を害す。

 見下げる光景は悲惨そのもの。だが、そんな光景を前に男は気分を害しながらも不気味な笑みを浮かべた。

 

「行くぞガンダム、僕にその力を見せてくれ」

 

 太陽炉を全力で動かし、高速で空を飛び回りながらも目が苦しく変わる光景に映るターゲットを囲む敵を撃つ。

 

「ッハハ」

 

 最初こそトラブルが起き、予想外の出撃だったが当初予想していた以上に順調に事が進んでいる。この戦場を支配しているという全能感と共に達成感を感じ何とも気分がいい。そしてこれから待ち受ける悲惨ではあるが救いのある未来に胸躍を高鳴らせ、心が躍るよう。

 

「オリジナルの太陽炉を手に入れた今の僕ならば、唯一無にのイノベーターである僕であればどんなトラブルであろうと────む?」

 

 レットアラート。耳障りな音が鳴り響き、画面には粒子残量が危険域へ突入していると知らせが表示されていた。移動から戦闘までどうやら無理をし過ぎたみたいだ。

 

「流石にO(オー)ガンダムでトランザムは無茶だったか……まぁいい、期待以上のデータは取れた」

 

 その場を後にするべく移動を開始しようとするがふと、ターゲットである風鳴翼の姿が目に入った。身につけているギアはボロボロ、全身傷だらけで出血も酷そうだ。そんな彼女の此方へ向ける瞳からは普段見ることの無い涙が流れ出している。

 

「……やはり助けるべきだったか」

 

 顔見知りの普段見ることの無い涙にそんな考えも浮かぶ。

 

「いや……ダメだ」

 

 だが、そのような考えは彼が抱いてはいけない考えだ。

 

「僕が僕である限りそんな甘い考え、抱いてはいけないんだ」

 

 心からは慈悲の思いと悲しみを、頭では知略と冷酷を。全ての事象の裏、そこで彼は最後の一時まで暗躍し続けなければならない。何故なら彼が────

 

「何故なら僕が、リボンズ・アルマークだからだ」

 

 光学迷彩の機能を使い、空へと溶けるように消えるリボンズ。だが、彼は気付いていない。その慈悲と悲しみの心から無意識的に翼を展開していた事に────


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。