チェスクリミナル   作:柏木太陽

62 / 65
モグラ

「起きろー。着いたぞ」

「んー」

 肩を揺らされ、俺は重いまぶたを開ける。

「よくこの短時間で眠れたね」

 窓の外を見ると、既に車はジャスターズに到着していた。

「着くの早いな……」

 少し寝ぼけながら、俺は返事をする。

 腰と首が痛む。車での睡眠は、およそ快適と言えるものではなかった様だな。

 後ろを見ると、トレントとチープの姿がない。先に降りているのか。

 重い腰を上げ、俺は扉を開ける。

 外に出ると同時に、眩い光が俺の視界を奪った。

「眩しっ。随分と晴れたな」

 手で日陰を作りながら、俺はジャスターズの入り口へと歩みを進める。

 入り口の扉を開け、中に入る。

「こんにちはー」

 受付の人に笑顔でそう言われる。

 しかし困った事に、受付の仕方が分からない。

 まずの話、俺はジャスターズの人間なのかと自分に投げかける。

 もし違うなら、俺はここで速攻逮捕だろうが、今のところはそれがない。

 俺は深呼吸し、受付に向かう。

「あの、すいません」

「どうされましたか」

 どうされましたかと来たか。

 まあ普通、受付に来るのはどうかされてる奴なんだけど。

 どう答えたものか。

「えっと」

 無言はまずいと思い、俺は言葉を探す為の時間稼ぎをする。

「チェイサー・ストーリトです」

「はい?」

 完全に選択肢をミスってしまった。

 初対面で、予約もなしに名前を言う奴がいるか。

 しかも地味に伸ばすところを間違えてるし。

「チェイサー様で宜しいでしょうか?」

 受付が戸惑いつつ、確認をしてくる。

「そ、そうです」

「少々お待ち下さい」

 そう言い、ここからは見えないが、受付が何かをする。

 どうやら苗字は要らなかったようだ。

「申し訳ございません。チェイサー様というお名前は、ジャスターズに記録がございません。今回はどの様なご用件で、お越しになったのでしょうか」

「え、あの、ジャスターズの、なんと言うか、あれ、あの、に、人間? と言うか、ジャスターズだす」

 自分でも驚くくらいに戸惑っている。

 このままだと、完全に不審者と思われてしまう。

 そうなれば、言わずもがな……。

「ああ、すいません。どうも、サンです」

 サンが遅れてやって来て、俺の肩に手を回す。

 そして受付に何かの会員証を見せた。

「サン様ですね。その方は」

「連れです」

 サンが即答する。

 連れでよかった。

「どうぞお通り下さい」

 俺はサンに連れられ、受付の横を通る。

「トレントとチープは?」

「3階で待ってると思う」

「俺たち専用の部屋があるのか?」

「そんな感じ。見習いは家を持ってないのがほとんどだからね」

「なるへそ」

 ある程度歩いたところで、サンが腕を下ろす。

「ってか何で受付通れると思ったの?」

「なんとなく」

「危うく捕まるとこだったぞ?」

「けど、俺ちゃんと言ったぞ? チェイサー・ストリートですって」

「分かるかっ。ちゃんと証明書見せないと、ジャスターズには入れない様になってるの」

「そう言われても、証明書持ってないぞ」

「そうか、作ってないのか。というか作れないのか。えっと、この場合はどうするんだっけ」

「俺単体じゃ、一生ジャスターズに入れないのかよ」

「そう言うんじゃないけど、この場合の対処の仕方を忘れちゃった」

「マジかよ」

 何やってんだこいつは。

 ジャスターズの人間なのに、俺はジャスターズに入れないのか。

「おお、ストリート」

 目の前からは、何かの資料を持ったナインハーズが歩いてくる。

「ん? ああ、ナインハーズ」

「な、ナインハーズさん⁉︎」

 サンが異様な程に驚く。

 ナインハーズは有名人か何かなのか?

「相変わらず敬語を覚えないな。それより、ここで何してるんだ?」

「任務の帰宅途中。なんか、サンが部屋に案内してくれるらしい」

 サンの方を見ると、固まったまま立っている。

「まあこの有様だから、今は無理そうだけど」

「なるほどね。ってかよく入れたな。証明書は?」

「サンがなんとかやった。それでこいつは、証明書を持ってない俺の対処の仕方を忘れたらしい」

「あらら。じゃあこれでもあげるよ」

 そう言うと、ナンバーズはポケットから白い紙を取り出す。

「ここに後で、チェイサー・ストリートって書いとけば、証明書と同じ効果があるぞ」

「おお便利」

 そんな便利なものがあるなら、早く渡してもらいたかったな。

「それで、どんな任務だったんだ?」

「大変だったぞ? 弱いと思いきやめちゃくちゃ強くて、ケインが来なかったら死んでたな」

「ケインが。だからここにいないのか。ウッドがいても手こずるなんて、相当だな」

「ラットもいたぞ」

「今はどこに?」

「なんかモグラがいたとか……。あっ、そう言えば、これを渡されたんだよ」

 俺はポケットの中身を確認する。

 しかし探していた紙が、今はラットの手にあるという事を思い出した。

「どうした?」

「いや確か、ザン・モルセントリクとかいう奴が、ナインハーズによろしくって書かれた紙を渡して来たんだよ。今はないけど」

「ザン・モルセントリク? 知らない名前だな」

「そいつがモグラのメンバーだって、ラットとヘブンが追いかけてった」

「モグラのメンバーか」

 ラットの反応に対して、ナインハーズは然程驚きはしない。

 それを不自然に思いながら、俺はナインハーズを見ていた。

「ナインハーズはモグラの事どう思ってるんだ?」

 気が付いたら、その言葉を口に出していた。

「……これはジャスターズ内でも、結構意見が分かれるんだけど」

 ナインハーズは、そう前置きをする。

「俺はそこまで危険視するべき組織とは思わないんだよな」

 予想外の答えに、俺は一瞬困惑する。

「なんで。モグラは能力者を無許可に改造してるんだぞ? 俺はそれが正しいとは思えないな」

「モグラってのは確かに、捕まえなくちゃいけない組織には違いないんだよ。だけど、他にも犯罪を犯している人間や組織は五万といる。人員が足りてない今、わざわざモグラに力を入れる必要は無い気がするんだよ」

「けど、厄介な組織こそ先に潰した方がいいだろ」

「ストリートは、モグラが厄介な組織と思ってるんだな」

「俺はそうだな。危険視する派だ」

「まあ別に、そっちの意見が間違ってるとは思わないし、そこは争う事じゃない。すまんな。少し変な話をした」

「気にすんな。だが、今は厄介じゃなくても、今後厄介になる可能性があるってのは、頭に入れといてもいいかもだぞ」

「今後?」

「ああ。イモムシがチョウになる様に、モグラも飛ぶかもしれない」

「イモムシが……。ふっ、なるほどね。面白いなそれ」

 ナインハーズは少し笑う。

「安心しろ。モグラは羽程度じゃ飛べないし、翼が生えても俺たちが折る。それも頭に入れておいてもいいかな」

「ああ。いいぞ」

 じゃっ。と、ナインハーズは去っていく。

 その後ろ姿は、心なしか楽しそうに見えた。

「いつまで固まってんだ」

「はっ、ナインハーズさん⁉︎」

「もういねえよ」


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。