機動戦士ガンダム第05MS小隊   作:モービルス

9 / 9
宇宙世紀0079年、東南アジア前線極東方面軍の機械化混成大隊、通称「コジマ大隊」所属の第05MS小隊に配属されたユウ・クロメ伍長。05小隊と黒の小隊との戦いは終わった。05小隊は何とか総司令部ビッグトレーを守り切った。しかし地球連邦軍の被害も小さくはなかった。06小隊はブルーオン・ターボック軍曹が戦死、陸戦型ガンダム1機が大破、残りの2機も中破。05小隊は陸戦型GM2機が中破した。全員が命を取り留めたものの、ウィル・オールド曹長とロック・カーペント伍長は大ケガを負ったため、チベット到着後、野戦病院へ搬送されることとなった。
黒の小隊については、撃墜されたグフカスタムの機体は確認されたが、パイロットは確認されなかった。また、狙撃を担当していた機体も確認されることはなかった。

○登場人物紹介

□地球連邦軍

ユウ・クロメ伍長(23)・・・本作の主人公。前部隊での活躍が認められ、第05MS小隊に転属した。なかなか出撃許可が下りない状況に不満を感じていたが、05小隊の作戦参加が叶ったので、はやる気持ちを抑えきれないでいる。格闘戦が得意のようだ。搭乗機は陸戦型GM

ウィル・オールド曹長(31)・・・やる気があるのかないのか分からない第05MS小隊隊長。部下からは割と慕われるタイプ。以前の05小隊の生き残りであり、心の隅に亡くなった仲間達の無念を晴らしたい想いがある。搭乗機は陸戦型GM

ロック・カーペント伍長(23)・・・勢いのある第05MS小隊のメンバー。勢い余って命令無視をすることが常々あり、軍人としては半人前もいいとこ。搭乗機は陸戦型GM

パーク・マウント曹長(31)・・・第05MS小隊ホバートラック搭乗員であり、MSの整備もこなす人物。2児の父親であり、家族からの手紙が彼にとって一番の楽しみである。以前はMS乗りであったが、戦場でのトラウマからMSを降りてしまった過去を持つ。

ダ・オカ軍曹(28)・・・パーク同様第05MS小隊ホバートラック搭乗員。父親が軍属であり召集令状が来たため、嫌々ながらも地球連邦軍に入隊し、父親のコネで05小隊に配属された経緯を持つ。しかしコジマ大隊で過ごすうちに軟弱な自分の性格を変えたいと思うようになる。

コジマ中佐・・・機械化混成大隊、通称「コジマ大隊」の指揮官。年齢は50歳前後。見た目は会社の経理部で課長でもやっていそうなタイプに見える。しかしひとりひとりの部下を思いやる指揮官であり、荒くれ者の多い大隊を上手くまとめている。総司令部ビッグトレーでは、副司令官の立場にあり、司令官イーサン・ライヤー大佐の補佐を行っている。

第06MS小隊・・・「密林の鬼神」の異名を持つゴンザ・G・コバヤシ中尉が隊長を務める小隊。陸戦型ガンダムが配備されており、個々のMSパイロットの能力も高い。05小隊とともに総司令部ビッグトレー護衛の任務に就く。
他の小隊メンバーは、ザニー・ヘイロー少尉とブルーオン・ターボック軍曹。



最終話 帰らざる日々

 

【挿絵表示】

 

 

「しかしまぁ、こんな機体がよく動いてたもんじゃな」

 ジダン・ニッカード大尉がウィル・オールド曹長のボロボロになった陸戦型GMを見上げる。

 ここは、ラサ鉱山基地から20kmほど離れた地球連邦軍の拠点である。

 ビッグトレーはジオン軍「黒の小隊」の奇襲攻撃後、MSを回収し、全速力で進行しチベットに到達した。

 待機していた各小隊及びミデア輸送部隊と合流し、ラサ基地攻略戦に備えて拠点を設置した。

 ミデア輸送部隊には、補給中隊隊長であるジダン・ニッカード大尉もおり、ジダンはこれからウィル・オールド曹長とロック・カーペント伍長の両名を付近の野戦病院へ連れていく予定だ。

 

「ニッカード大尉、ご足労かけます」

 コジマ中佐がジダンに声を掛ける。

 コジマ中佐はジダンより階級は上だが、年齢は二回りほど離れているためジダンに敬語を使っている。

「なに、構わんですよ。しかし、05小隊は意外とやるもんですなァ」

「私も彼らに命を救われるとは思いませんでした…」

「実は05小隊再編成時に不良軍人達(主にエレドア)と"賭け"をしていましてな」

 ジダンは上官に対して賭け事のことを隠すつもりはもはや微塵も無いらしい。

「ハァ…賭けですか」

「賭けの内容はズバリ、"05小隊は最後まで穀潰し小隊のままか"というものでしてな」

 ウシャシャシャ、とジダンが笑う。

「全員の予想が"05小隊が変わることはありえない"で一致しましてな、賭けになりませんでしたわ。しかし、今回の戦いで05小隊はワシらの予想を見事に覆しました」

「私も同じです。コジマ大隊のお荷物だと思い込んでいました」

「コジマ大隊は模範的な軍人は少なかったですが、気持ちの良い部隊に育ちましたな。短い間でしたが、楽しかったですわ。これから最後の戦いですが、本当に全員生きて戻ってきてほしいもんです」

 そう言った後、ジダンはミデアに戻って行った。

 コジマも、ビッグトレーに戻った。

 これからジオン軍のラサ基地に対して、地球連邦軍の総攻撃が始まるのだった…

 

 05小隊はウィル・オールド曹長とロック・カーペント伍長が隊から外れたことにより小隊の維持が難しくなり、ユウ・クロメ伍長、パーク・マウント曹長、ダ・オカ軍曹の3人は06小隊に臨時編入されることとなった。

 05小隊のMSについては、クロメの機体はほぼ無傷だが、ウィルとロックの陸戦型GMはボロボロであり、再稼働は難しい状況であった。なので2機は解体され、各パーツは06小隊の陸戦型ガンダムに流用された。頭部を破壊されたザニー・ヘイロー少尉の陸戦型ガンダムにはウィルの陸戦型GMの頭部が流用され(これによりザニーの機体はカレンに次ぐ2機目の"GMヘッド"となった)、ゴンザ・G・コバヤシ中尉の陸戦型ガンダムにはロックの陸戦型GMの腕部パーツが流用された。

 

 

 

          ***

 

 

 

 ほどなくして、コジマ大隊及びジェットコアブースター大部隊、量産型ガンタンク砲撃部隊、GMスナイパー狙撃部隊によるラサ基地攻略戦が始まった。

 まずは、ジェットコアブースター大部隊のクラスター爆弾による基地を山ごと削りとる物量作戦が行われた。

 さらに、MSを鉱山入口から潜入させる強行策も取られた。

 しかし敵はこれに対して鉱山入口に爆弾を仕掛けており、07小隊が犠牲となってしまった。

 また、敵守備隊の殲滅作戦も敢行され、連邦軍はジオン軍を追い詰めていった。

 ジオン軍ケルゲレン出航前、1機の青いグフカスタムが08小隊の前に現れた。

 ジオン軍のエースパイロット、ノリス・パッカード大佐だ。

 たった1機のグフカスタムは08小隊を翻弄し、自らの命と引き換えに全ての量産型ガンタンクを撃破した。

 その後、ジオン軍の最終兵器「アプサラスⅢ」が上空に現れた。

 アプサラスⅢのパイロット、アイナ・サハリンはケルゲレン出航のための休戦協定を持ち掛けたが、ギニアス・サハリン技術少将の謀略によりアプサラスⅢがメガ粒子砲を発射。

 アプサラスⅢのメガ粒子砲はコジマ大隊の各小隊に直撃、01、02、03小隊は壊滅してしまう。

 06小隊は壊滅は免れたものの、ゴンザ・G・コバヤシ中尉とザニー・ヘイロー少尉の陸戦型ガンダムが大破してしまった。幸い、パイロットは無事であったが。ユウ・クロメ伍長及びパーク・マウント曹長、ダ・オカ軍曹も隊員救助のため、足止めされてしまう。

 連邦軍はこれに対し、GMスナイパーの狙撃によりケルゲレンを撃破、アプサラスⅢにも攻撃し一時行動不能にする。

 連邦軍は小隊として動けるのは08小隊を残すのみとなり、08小隊がアプサラスⅢの方へ向かった。

 しばらくして、アプサラスⅢが再起動し、ビッグトレーへ向けてメガ粒子砲の狙いを定める。

 その時、08小隊シロー・アマダ少尉の機体"Ez-8"がアプサラスⅢに対して特攻を行い、自機もろともアプサラスⅢを道ずれにし、これを撃破した。・・が、Ez-8も大破し、この交戦後、アマダ少尉とアイナ・サハリンの消息は不明となってしまう。

 アプサラスⅢの最後の攻撃はビッグトレーに直撃、司令官イーサン・ライヤー大佐も戦死してしまう。

 

 連邦軍はラサ基地のジオン軍を殲滅できたものの戦力の大半を失い、総司令部ビッグトレー及び司令官までも失ってしまった。

 これは果たして"勝利した"と言えるのだろうか。

 戦争というものは結局、多数の人間が犠牲となる愚かな行為である。

 しかし、今後も人類は、この愚かな行為を繰り返すこととなる…

 

 

 

          ***

 

 

 

「ヒマだな・・・」

 

「そっスね・・・あれから1カ月、ずっとベッドの上ッスもんね・・・」

 

 ここは東アジア戦線の野戦病院。

 大ケガを負ったウィル・オールド曹長とロック・カーペント伍長はこの野戦病院へ搬送され、2人仲良く隣同士のベッドで、約1カ月もの間過ごしていた。

 

 その間、地球連邦軍とジオン軍の戦いは宇宙へと移行し、地球連邦軍は「星一号作戦」を発動。攻撃目標を「ソロモン」に定め、ジャブローから大量の新造宇宙艦隊が打ち上げられた。

 地球連邦軍は「ソーラーシステム」を展開し、ソロモンを占拠。

 連邦軍の主力「レビル艦隊」は最終攻撃目標を「ア・バオア・クー」とし、艦隊を集結させたが、ジオン軍の「ソーラ・レイ」が艦隊に照射され、レビル大将は戦死してしまう。ソーラ・レイによって地球連邦軍連合艦隊の30%が消滅や航行不能に陥る。

 また、この動乱時にジオン軍グワジン級宇宙戦艦「グレートデギン」も付近に展開しておりこれも消滅 、ジオン軍総大将デギン公王までもが戦死する事態となった。

 連邦軍はホワイトベースを基点に残存艦隊を集結させ、ア・バオア・クーへの突入を決行する。

 この戦いを制することが出来れば戦争は終結すると予測されている。

 現在、地球に残った連邦軍兵士の誰もがこの戦いの行方を固唾を飲んで見守っているという状況だ。

 

 ラサ基地攻略戦の後、コジマ大隊は地球に残り、ラサ基地の防衛を任された。

 コジマ大隊の現状は、01~04、07小隊が壊滅し、イーサン・ライヤー極東方面軍司令官までもが戦死、しかも残っているMSは05、06、08小隊の一部という悲惨な状況であった。

 ラサ基地の司令官はコジマ中佐に決まり、05、06、08小隊は地上に残ったジオン軍の掃討を主な任務としていた。

 しかし、東南アジア一帯のジオン軍は最終的にラサ基地に集結していたため、残党兵はほとんど確認されず、05、06、08小隊の仕事のほとんどは事務作業であった。

 

 連日、ラジオやテレビからは地球連邦軍の宇宙での戦いの様子がひっきりなしに聞こえてくる。

 自分たちはベッドの上で毎日ダラダラしている今この時、宇宙に行った兵士たちは命がけで死闘を繰り広げている。ウィルとロックはこの落差が情けなくなり、最近はラジオを聞くのも嫌になっていた。

 

 その時、大勢の兵士たちがウィルとロックの病室に入ってきた。

 

「よぅ久しぶりだな!入るぞ!」

 この声は、パーク・マウント曹長だ。

 ユウ・クロメ伍長、ダ・オカ軍曹、それに06、08小隊、さらにコジマ中佐までもが来ている。

「お前ら!?仕事はいいのかよ?まぁ、来てくれて嬉しいけどよ…」

 ウィルが驚く。

「しかし今日は大勢でどうしたんですか?」

 ロックが尋ねる。

 

「そんなこと言ってる場合じゃねぇよ!まさか、まだ何にも知らねえのか!?」

 パークが興奮気味に話す。

 

「ちょっとTVを付けるぞ」

 08小隊のテリー・サンダースJr軍曹が病室のTVを付ける。

 TVには、ア・バオア・クー攻略戦の様子が映し出されていた。

 ジオン軍超大型空母「ドロワ」が大破し、キシリア・ザビ少将乗艦の機動巡洋艦「ザンジバル」が撃沈する光景がまじまじと映し出されている。

 

「予想以上に早い展開だな…」

「ですね…」

 06小隊のゴンザ・G・コバヤシ中尉とザニー・ヘイロー少尉がポツリと言う。

 

 その後、TVリポーターがいる場所に画面が切り変わる。

「…このように、ア・バオア・クー攻略戦は地球連邦軍の勝利に終わりました!この後15:00より、月面都市グラナダにて、地球連邦政府とジオン共和国政府の間で終戦協定が締結される予定です!」

 

「よっしゃぁ!これで自由の身だぜぇ!!」

 エレドア・マシス伍長が飛び上がるほど喜んでいる。ちゃっかりカレン・ジョシュア曹長に抱き着いている。

「こらやめろエレドア」と言うカレン。しかし嫌がりながらもその顔は笑顔だ。

 

「パークさん、やりましたね!これで故郷に帰れますね!」

 ミケル・ニノリッチ伍長がパークに話しかける。

「ああ…そうだな。やっとこさな…」

 パークも安堵した様子だ。その目には涙がにじみ出ている。

 

「何てこった…俺が寝てる間に戦争は終わるのか…」

 ウィルは突然の出来事に唖然としている。

「良かったじゃないですか、ウィル隊長。05小隊は1人の戦死者も出すこと無く、生き延びました。これ以上の勝利ってありますか?」

 これはクロメだ。

「そうッスよ!隊長!これでまたバカ騒ぎできますよ!とりあえず祝杯に酒でもどうです?」

 ロックはまぁ、相変わらずだ。

 

「みんなおるかぁ!!」

 皆で喜びを分かち合っていると、聞き覚えのある声が病室に響いた。

 補給中隊隊長のジダン・ニッカード大尉だ。

 両手には酒・つまみ・その他食糧が入った大きなビニール袋が握られている。

「今からコジマ大隊の終戦祝いじゃあ!!ちなみに呑み会代はコジマ中佐がもってくれるぞ!!」

「いらんこと言わんでください」とコジマ中佐が笑う。

 

 病室はさらに歓喜の渦に包まれ、瞬時に宴会場と化した。

 コジマ大隊は人は減ってしまったが、最後まで雰囲気は変わらないのだった。

 

 

 この日、地球連邦軍とジオン公国の間に、終戦協定が締結された。

 のちに「一年戦争」と呼ばれる、人類史において未曽有の被害をもたらした戦争が終結した記念すべき日である。

 

 宇宙世紀0080年、1月1日のことであった。

 

 

 

          ***

 

 

 

 そしてさらに1カ月後・・・

 

 ユウ・クロメ伍長はジャブロー行き飛行場までの輸送バスのバス乗り場にいた。

 見送りには、ウィル・オールド曹長、ロック・カーペント伍長、テリー・サンダースJr軍曹、ゴンザ・G・コバヤシ中尉、ザニー・ヘイロー少尉、コジマ中佐が来ている。

 これ以外の人物は1カ月の間に軍を去り、故郷へ帰った。

 パーク・マウント曹長は家族に再会し、ダ・オカ軍曹は以前勤めていた職場に復帰した。

 エレドア・マシス伍長はプロミュージシャン、ミケル・ニノリッチ伍長は教師、カレン・ジョシュア曹長は医者を目指し、それぞれの夢に向かって走り続けているとのことだ。

 

 ユウ・クロメ伍長は悩んだ末、以前勤めていたジャブローに戻ることに決めた。

 現場で得た経験を、今度は技術開発に生かしたいと考えたからだ。

 コジマ中佐の推薦等もあり、ジャブロー復帰はすんなりと決まった。

 

「全く、みんな出て行っちまいやがって。寂しくなるなぁ」

 そうぼやいているのはウィル・オールド曹長だ。

 彼は意外にも連邦軍に残ることとなった。

 他にできることもないし、MSを操縦することが単純に好きだからだと話していた。

 一緒に残るロックと共に、サンダース軍曹やゴンザ中尉、ザニー少尉に毎日鍛えられることだろう。

 

「クロメ、また、どこかで会えるといいな」

 ロックが涙を拭いながら言った。これまでの05小隊の思い出がフラッシュバックしているのだろう。

「同じ地球にいるんだから、またいつか会えるさ」

 クロメも感極まり出てしまった涙を拭う。

 

「コジマ中佐、本当に色々とありがとうございました。ジャブローに来られる機会がありましたら、声でも掛けてやって下さい」

「心配いらんよ。ワシはずっとこっちでのんびりする予定だからな。それに、ワシはエアコンというものが苦手でな」

 コジマ中佐がニヤリと笑う。

 

「それでは、皆さん、どうかお元気で」

 クロメがバスに乗り込み、バスが出発する。

 

 ラサ基地に残る面々は、バスが見えなくなるまで手を振っていた。

 

 バスの中でクロメは出撃前に写したコジマ大隊の集合写真を見て、コジマ大隊での日々を思い返していた。

 短い間であったが、たくさんの人との出会い、そして別れがあった。

 事あるごとに絡んできた07小隊だが、いなくなってしまうと寂しいものだ。

 彼らと喧嘩をした思い出さえ懐かしく思える。

 コジマ大隊での短いけれど濃密だった日々・・・

 今では、全て帰らざる日々の思い出なのであった。

 

 

 

          ***

 

 

 

 場所は変わってここは東南アジアのとある村である。

 この村では最近2名の"新人"が入ってきた。

 年齢の離れた少女と男性。

 ボロボロの状態で生き倒れているのを、この村のリーダー「キキ・ロジータ」が発見し保護した。

 そんな縁があり、2人はずっとこの村で生活を共にしている。

 男性は明朗快活、真面目でよく働き、少女は口数は少ないが男性と同様によく働いている。

 この村"バルク村"は、以前の戦争でゲリラ組織として機能していたが、戦争の被害は避けられず多数の村人が死んでしまった。村の新しいリーダーであるキキ・ロジータは村が以前から表向きに行っていた農業で村を再興しようとしている。そのためにはとにかく人手が必要なのだ。

 

 最近村で生活を始めた少女と男性。

 この2人こそ、ボトム・ラングレイ"元"少佐とニーナ・パブリチェンコ"元"少尉であった。

 ボトムが撃墜された後、ニーナはボトムを救出した。

 ボトムは命に別状はなかったが、墜落の衝撃で深手を負っていた。

 ニーナは自機のザクⅠ・スナイパータイプで何日も歩き続けた。

 そしてザクⅠ・スナイパータイプも機能停止し、森の中を歩き続け、倒れてしまったところでキキ・ロジータに保護されたという訳だ。

 

 ボトムはキキに自分が元ジオン兵だということを正直に話した。

 キキはボトムの話を真剣に聞いた後、こう言った。

 "自分はジオン軍に父を殺され、恨んでいないと言えば嘘になりますが、それはジオン軍に対してであり、あなた個人に対してではないのです。これから一緒にこの村で頑張りましょう"、と。

 

 バルク村を真っ赤な夕日が照らし、今日も1日が終わろうとしている。

 ボトムはまだ畑仕事に慣れておらず、手には豆がいくつも出来ている

 しかし自然の中での畑仕事は気持ちよく、何かを生産するという行為は満足感もある。

 案外パイロットよりも農業の方が自分には向いているのかもしれない。

 

「少佐!・・いや、ボトム、今日の夕飯はシチューなんてどうかな?」

 ニーナがボトムを呼びに来る。

「お!いいな!じゃあ一緒に作るか!」

 

 今日も夕日が綺麗だ。

 こんな夕日を毎日見れる穏やかで平和な日々が続いてほしいと願う。

 今の自分にはそれだけで十分なのであった。

 

<第05MS小隊 完 >

 

 




何とか書き上げました(汗)

今まで筆者の稚拙な文章に付き合ってくださりありがとうございました。

これからも逆境の中でもがくキャラや、「え、このキャラに焦点当てるの!?」みたいな物語を描ければな…と考えております。

遅筆な筆者ですが、どうか今後もよろしくお願いいたします。

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。