負けるな、踏み台君!ファイトだ、悪役令嬢ちゃん!   作:サニキ リオ

158 / 162
第157話 新・国王陛下の指名

 国王陛下オクスフォード・クリエニーラ・レベリオン。

 彼は指輪に魔力を込めると、それを息子であるスタンフォードへと託す。

 それはただの王位継承ではない。この国の運目を左右する力の解放の瞬間でもあった。

 

「これでお前はレベリオン王国の国王となった。新国王として何を成すべきか、もうわかっているようだな」

「この国を救うこと。最初の仕事にしては重すぎませんかね?」

「お前にはそのくらいがちょうどいいだろう」

 

 冗談めかして笑うと、オクスフォードはスタンフォードに背を向けて歩き出した。

 親子水入らずの時間を終えたスタンフォードは満天の星空を眺めながらポツリと呟く。

 

「ここからだ……ここからが俺達の反撃の時間だ」

 

 そして、彼は新たな決意を胸にその場を後にするのであった。

 翌日、スタンフォードはポンデローザ、マーガレット、コメリナ、ブレイブ、ステイシーを集めた。

 

「みんな聞いてくれ。僕は父上――いや前国王陛下から王位を継承し、レベリオン王国の国王になった」

「マジ? 陛下も思い切ったことするわねぇ」

「ミカじゃなかったポンちゃん、リアクションがサバサバしすぎじゃない? 他のみんなは驚き過ぎて固まっちゃってるよ」

「いいんだよ、姉さん。王位継承よりも大事なことがあるんだからさ」

 

 スタンフォードは苦笑すると続ける。

 

「獅子のベスティアも任意発動が可能になった。妖狐のベスティア、大熊のベスティア、聖剣の復活、神代の巫女の力、今の僕達に戦力的な問題はない」

 

 スタンフォードは周りの皆を見渡すと、真剣な面持ちで告げた。

 

「新国王として最初の仕事だ」

 

 それを聞いたポンデローザ達は表情を引き締める。

 

「この国を救うため、まずは忠臣セタリア・ヘラ・セルペンテを救出する。力を貸してくれ」

「当たり前じゃない」

 

 ポンデローザはスタンフォードが伸ばした手を取ると、いつものように不敵に笑った。

 彼女の横にいたステイシーも一歩前に進み出る。

 

「ルドエ領のことはお任せください。必ず皆様をお守りしてみせます」

「ああ、頼んだよ。ステイシー」

 

 ふとブレイブが口を開く。

 

「ステイシーは連れて行かないのか?」

「ルドエ領は最重要防衛拠点だからね。仮に敵がここに攻めてきたら一巻の終わりだ」

 

 スタンフォードは神妙な面持ちで語る。

 

「ステイシーがいるから僕達は心置きなく攻勢に出ることができる」

「なら、俺達はとことん暴れてやらないとな」

 

 ブレイブは頼もしそうに拳を合わせる。

 

「絶対セタリアを救い出す。聖剣ベスティア・ブレイブとしてじゃなくブレイブ・ドラゴニルとして……」

 

 気力に満ち溢れたブレイブを見て安心すると、スタンフォードはコメリナへと視線を向けた。

 

「コメリナ。現状、最もベスティアを使いこなしているのは君だ。期待してるよ」

「任せて。私、絶対役に立つ」

 

 コメリナはいつもの無表情で淡々と答える。だが、そこには強い決意があった。

 

「それじゃ、姉さん。ラクリア様に代わってもらてワープの準備をお願いできる?」

「うん、わかった」

 

 マーガレットはスタンフォードの言葉に頷くと、ラクリアのものへと意識が入れ替わる。

 

「……今まで散々好き勝手やってきたけど、ケジメをつけるときがきたんだね」

 

 入れ替わって目覚めたラクリアは覚悟を瞳に宿すと、神妙な面持ちのまま口を開いた。

 

「私は聖剣ブレイブに恋をした。彼の命惜しさに世界樹を封じてヘラの裏切りを許してしまった。お姉ちゃんも私のせいで……」

 

 それは身勝手で他者を思いやる心のないラクリアの罪だった。彼女の行動が原因で国は傾き、大切な物の命は失われた。

 

「ラクリア様、ご先祖様――あなたのお姉さんから伝言よ」

 

 ようやく自分の罪と向き合う気になったラクリアへポンデローザが言葉をかける。

 

「〝大嫌いだけど、愛してる〟ご先祖様はあなたのことは嫌いだったけど、家族として、妹として愛してはいたのよ」

「……そっか」

 

 ムジーナの伝言を聞いたラクリアは満足げに笑うと、光魔法を発動させる。

 

「さあ、いくよみんな!」

 

 彼女の足元からは光輝く魔法陣が生成され、戦いへと赴く者達を飲み込んでいった。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。