負けるな、踏み台君!ファイトだ、悪役令嬢ちゃん!   作:サニキ リオ

69 / 162
第68話 餓狼噛砕

 穏やかな午後の時間。

 牧歌的な風景に不釣り合いな、眩い光を纏った斬撃が飛び交う。

 

「また魔力が上がったみてぇだな」

「くっ、〝滅竜光刃!!!〟」

「おっと……滅竜剣はさすがに受けきれねぇな」

 

 ルーファスは単身で突撃するブレイブの猛攻を時に受け止め、時にいなし、時に躱し、完全に防ぎきっていた。

 

「さて、そろそろいつものように――」

「ブレイブ君、私が受けます!」

「任せた!」

 

 ステイシーの指示が来たことでブレイブはすぐに後方へと跳び、入れ替わるようにステイシーが前に出た。

 

「〝硬化(ハドゥン)〟」

 

 ステイシーは腕のみを局所的に硬化させて確実にルーファスの斬撃を防いだ。

 

「へぇ、ステっちもやるじゃねぇか」

 

 初めて自分の攻撃を防がれたことで、ルーファスは感心したように口笛を吹いた。

 

「私だって成長しているんです!」

「だが、もう一撃は受けきれねぇだろ?」

 

 ルーファスは二刀流の剣士だ。

 もう一振りの剣がステイシーの硬化を破らんとばかりに襲いかかる。

 しかし、ステイシーは焦った様子もなく、冷静に指示を飛ばした。

 

「スタンフォード君!」

「〝鉄砂縛(くろがねさばく)!!!〟」

 

 ステイシーの指示と同時に、地面から磁力によって砂鉄が巻き上げられる。

 スタンフォードは巻き上げた砂鉄をルーファスではなく、ステイシーへと纏わせた。

 

「〝金属硬化(メタルハドゥン)!!!〟」

「なっ……」

 

 激しく金属がぶつかり合う音が響き渡る。

 砂鉄を身に纏ったステイシーは、ルーファスの攻撃を受け止めきっていたのだ。

 砂鉄に魔力を浸透させて硬化させる。

 その硬度は、ステイシーが自身の肉体にかける硬化魔法とは一線を画す。

 初めて攻撃を完全に防がれたルーファスは驚いたように目を見開く。

 そして、その一瞬の隙をステイシーは見逃さなかった。

 

「魔力を流し込めば私にだってこの技が使えます。〝鉄砂縛(くろがねさばく)!!!〟」

「ルーファス様、悪く思わないでくださいよ!」

 

 ステイシーがスタンフォードの技を真似て使い、ルーファスを砂鉄で拘束する。

 そこから砂鉄を通してスタンフォードは電撃を放った。

 無差別な放電と違い、電撃は砂鉄を伝ってルーファスに襲いかかる。

 砂鉄は通常の鉄よりは電気を通しにくいが、それでもスタンフォードの魔力から放たれる電撃を通すには十分だった。

 

「ぐっ……!」

「ブレイブ君、今です!」

 

 生身で電撃を受ければさすがのルーファスも動きが止まる。

 砂鉄と電撃で拘束されたルーファス。

 そこへ魔力を剣に送り込んだブレイブが斬りかかった。

 

「任せろ! 〝滅竜光刃!!!〟」

 

 もはや火力の高い滅竜剣を防ぐ術はルーファスにはない。

 そのままルーファスは為す術もなく、ブレイブの斬撃を浴びるしかないはずだった。

 

「えっ……」

 

 しかし、ブレイブの滅竜剣は宙に浮く二振りの剣によって受け止められていた。

 

「ったく、この俺様が魔法まで使うはめになるとはな」

 

 電撃で痺れているはずのルーファスはニヤリと笑うと、いとも簡単に砂鉄による拘束を解いて立ち上がった。

 

「見事な連携だった。俺様が魔法を使わない前提なら十分通用するだろうな。だが――」

 

 そのままルーファスは自分の周りに漂っていた砂鉄を両手に集め始めた。

 

「スタンフォード君! 砂鉄が操れません」

「僕もだ……しまった! ルーファス様の魔法は……!」

 

 突然砂鉄が操れなくなったことでステイシーは慌てたように叫ぶ。

 ルーファスの魔法を知っているスタンフォードは、悔しげに歯噛みする。

 

「ほお、砂鉄ってのはいいもんだな。こんなに魔力が浸透しやすい金属は初めてだ」

 

 ルーファスは砂鉄を操り、剣を作り出す。

 その間にも宙に浮いた二振りの剣は、独りでにブレイブへと襲いかかる。

 

「何で、剣が、勝手に……!」

「俺様が魔法で自動迎撃仕様に改造したからな。ま、さすがに俺様ほどの腕前はないから安心しな」

「これが、ルーファス様の金属魔法……」

 

 ルーファスの魔法は土属性魔法の応用である金属魔法だ。

 彼は周囲に存在する金属を自在に操ることができる。

 ある意味、騎士という存在に対して天敵ともいえる魔法である。

 

「スタ坊にも見せるのは久々だったか。んじゃ、篤と味わいな!」

 

 ルーファスは砂鉄を固めて無数の剣を生み出した。

 ルーファスほどの技量がないにしても、魔法で強化された砂鉄の剣は強固で、それが複数で襲いかかってくる。

 数の有利などあってないようなものだった。

 

「〝全身硬化(フルハドゥン)!!!〟」

 

 全方位から襲いかかってくる剣に対して、ステイシーは全身を硬化させることで対応する。

 

「ブレイブ、合わせろ! 〝武雷尖刃!!!〟」

「了解! 〝滅竜光刃!!!〟」

 

 スタンフォードとブレイブは魔剣に魔力を込めて最大火力の斬撃で周囲の砂鉄剣を薙ぎ払いながらルーファスへと突撃する。

 

「悪ぃ、さすがに抜かせてもらうわ」

 

 ルーファスは獰猛な笑みを浮かべると、腰から二振りの剣を抜いた。

 

「〝餓狼噛砕(バイゼンヴォルフ)!!!〟」

 

 ルーファスが剣を抜いたのと同時に放たれた斬撃。

 それはスタンフォードとブレイブの攻撃を押し除けるばかりか、そのまま二人を切り裂いた。

 

「あのバカ……!」

 

 血飛沫を上げて倒れる二人を見たポンデローザは、血相を変えてマーガレットへと叫ぶ。

 

「メグ、早く治癒魔法を!」

「わかった!」

 

 即座にまずい状況だと理解したマーガレットは、使用できる治癒魔法の中でも高位のものを使用した。

 

「〝高速治癒(ハイヒール)!!!〟」

 

 マーガレットが魔法を唱えると、眩い光がスタンフォードとブレイブを包み込み、一瞬で傷口を塞いだ。

 気絶した二人に息があることを確認すると、安堵のため息をついてポンデローザはルーファスへと詰め寄る。

 

「……ルーファス様、何を考えていますの!? あの技、スタンフォード殿下とブレイブさんでなければ真っ二つになっていましたわ」

「悪ぃ悪ぃ、こいつらがあまりにもやるもんだから、つい本気出しちまったよ」

「つい、じゃありませんわ!」

 

 全く悪びれた様子もなく、ルーファスは楽しげに笑う。

 ポンデローザが反省した様子のないルーファスに説教をしようとしていると、ステイシーが泣きそうな声で叫んだ。

 

「あの、ルーファス様! この剣、そろそろ、止めてもらえませんか……!」

「やっべ、忘れてたわ」

 

 未だに無数の砂鉄剣から攻撃をされていたステイシーを見て、ルーファスは慌てて魔法の発動を止めた。

 砂鉄から魔力が失われ、崩れ落ちていく。

 風に飛ばされる砂鉄を眺めながら、ルーファスは独り言のように呟く。

 

「ははっ、成長速度エグすぎだろ……!」

 

 この短期間で三人がかりとはいえ学園で最強と呼ばれる自分を追い詰めた。

 その事実にルーファスは珍しく高揚していたのだ。

 

「よし、スタ坊とブレイブ叩き起こしてもう一戦いくぞ!」

「バカですかあなたは!? 今日の鍛錬はこれで終了ですわ!」

「そうですよ! 二人共、絶対安静にしなきゃダメです!」

 

 こうして、ルーファスが本気の一撃を放ってしまったせいでスタンフォードとブレイブは絶対安静となり、今日の鍛錬は強制的に終了することになったのだった。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。