黒しか愛せない   作:クロアブースト

3 / 5
スーパーマサラ人のサトゥーシ君がいない劇場版ポケットモンスター。つまり何が起きるって?

国際レベルのテロリストだよ!


生物淘汰計画とベテラントレーナー

平行世界のお話をしよう。

 

劇場版ポケットモンスター、『ミュウツーの逆襲』というお話がある。

 

それはミュウツーというコピーポケモンによって大量のコピーポケモンが生み出されて人類とポケモンを淘汰するという物騒なお話である。

とあるマサラタウンからやって来たトレーナーのことを仮にサトゥーシ君と呼ぶことにしよう。

彼がオリジナルとコピーの悲しい争いに涙し、ミュウとミュウツーの決戦を止めようとした結果石化してしまう。

その現象にポケモン達はオリジナルとコピー問わずに涙を流すことで石化は解けてコピーポケモン達は立ち去り解決する物語である。

 

何故平行世界のお話をしたかって?

 

だってこの世界にはサトゥーシ君がいないからさ。

 

本来ならば止まる筈だったミュウツーは止まらず大量のコピーポケモン達を率いてある行動を実行するのだ。

 

つまりは人間とポケモン達を淘汰する生物淘汰である。

 

 

 

 

『キャァァァァァァァァァ!』

『嫌ダァ!死にたくない!』

『誰か助けてぇ!』

 

燃え盛る町で人間が悲鳴を上げる。だが被害に遭っているのは人だけではない。ポケモンも同様に襲われている。

人もポケモンも問わず襲われ、全員が殺されている。

 

数百を超える大量のコピーポケモン達が跋扈し暴れている。

そして率いるのはミュウというポケモンの遺伝子から生まれたポケモンであるミュウツーである。

 

『誰が生めと頼んだ!

誰が造ってくれと願った…!!

わたしはわたしを生んだ全てを恨む…!

だからこれは…攻撃でもなく、宣戦布告でもなく  

わたしを生み出したお前達への "逆襲"だ 』

 

本来止まるべき時を見失い、ミュウツーはまさしく人類の敵となったのだった。

 

 

 

 

「これは酷いですね」

 

焼き尽くされ、荒れ果てた町の残骸を見てメイは呟く。

 

「今回の件はゲーチスよりも深刻だ」

「ゲーチスよりもですか?」

 

メイは尋ねる。

ゲーチスとはイッシュ地方でキュレムを操り、プラズマ団という組織を率いて好き勝手やってた悪党のリーダーだ。

彼はNというポケモンの言葉が分かる青年を王としたポケモン解放という思想で悪巧みをするも、とあるトレーナーに阻止されたので二年後にもう一度悪巧みを行ったところメイという化け物に遭遇してしまった不憫な悪党である。

 

全力全壊ガールと畏怖される彼女が手加減せず戦った場合、周囲の建物や環境すら破壊する程の大惨事をポケモンバトルで引き起こす。

メイとプラズマ団との戦闘で起こった被害でイッシュの六割近くの施設が壊滅し、被害総額は国家予算を大きく上回りプラズマ団はイッシュ地方において史上最悪のテロリスト扱いを受けている。

ゲーチスはその惨状を聞いて精神破綻を引き起こしたと側近だったダークトリニティと呼ばれる連中から聞いたのは余談である。

 

「ゲーチスや他の悪党だろうが通常侵略をした際は人やポケモンといった資源を有効活用しようと生かす。だが今回のミュウツーの目的は生物淘汰だ」

「つまり初めから生かすつもりはない虐殺が目的なんですね!だからこんな、酷い……」

「あ、ああ……」

 

歯切れ悪く答えるコクト。

何せメイはプラズマ団との抗争でこのレベルの惨状をイッシュ地方でしょっちゅう起こしていたからである。

プラズマ団は言うまでもないが、美少女だから手篭めにしようとした下心な男性トレーナーが夜襲した結果……

 

セッカシティとソウリュウジムを繋ぐシリンダーブリッジ諸共破壊するという大惨事が発生した。

他にもプラズマ団との抗争場所になったソウリュウジムはリフォームが必須レベルの崩壊が訪れた為、ジムリーダーのシャガの頭皮にダメージを与えたのは余談である。

 

 

コクトがメイに処世術を教えてなければ間違いなくテロリスト認定を受けるほどの被害を出していたのがメイである。

何せ建物ごと悪党をぶっ飛ばすとか大惨事以外の何者でもないのだから……

 

「許せませんミュウツー……出会ったらメイっぱい、やっつけます」

「程々にな。流石に人前で建物ごと破壊したら減給されるからな」

「え〜」

「え〜じゃない!当然だろうが!破壊行為を楽しむんじゃない!」

 

全力なのは良いが加減をしないから全力全壊などという不名誉な二つ名が付くのを理解していない後輩に注意しながら合流地点を目指した。

 

 

 

 

「ガハハハハ、よく来たなコクト、それにメイよ」

「「アデクだと……」」

 

作戦会議が行われる合流地点でメイとコクトは待ち構えていたチャンピオンの一人、アデクと遭遇する。

 

アデクとはイッシュ地方の元チャンピオンである。

元チャンピオンとはいえ、チャンピオン級の実力者として今でもリーグ所属のベテラントレーナーとして専属契約を結んでいるオッサンだ。

何せこの世界のポケモンリーグの優勝者はプロではなく、アマチュア級トレーナー達のチャンピオンでしかない。

プロのチャンピオンに挑戦するには歴代のポケモンリーグ優勝者だけが参加出来る【チャンピオンリーグ】で優勝した後に挑める四天王へ勝利しないとプロのチャンピオンには挑めないのだ。

そしてプロのチャンピオンになるには先代のチャンピオンを倒すことによる世代交代が条件であり、アデクは先代のチャンピオンを倒したことでイッシュ地方のチャンピオンを襲名している。

つまりこれだけの実績があれば元チャンピオンだろうが、ポケモンリーグとしては専属にしたい優秀なトレーナーなのでスカウトするのだ。

トレーナーとしても現役チャンピオンより収入が劣るとはいえ高収入であるベテラントレーナーは旨味でしかないので引き受けるという天下り循環が出来つつある。

何せチャンピオンを引退した後に残るのは学歴のない良い年したニートだ。

それよりはベテラントレーナーになる方がマシだ。

要は現役チャンピオンより多少収入下がるとはいえ、メディアへの顔色伺いが減ったままの高収入なので勝ち組なのである。

 

 

「アデクさん、アイリスちゃんはどうしたんですか?」

「ガハハハハ、アイリスは手が離せないらしくてな。代わりに暇だったワシが出向いてやったのだ」

 

自信満々に言うアデク。だがメイは顔を真っ青にし、小声で話し合う。

 

「代わりって歴代最弱(笑)のチャンピオンと名高いアデクさんが来ても代わりになるわけないじゃないですか」

「エリートトレーナーの一人が、アデクがNへ自信満々に挑んで負けた挙げ句恥を捨てた懇願が動画にアップされたせいでチャンピオンの恥晒しとかで引退騒動になったの忘れてるのか?」

 

とあるコンプライアンスに欠けたエリートトレーナーがNとアデクの一部始終を撮影した動画をUPしたせいで引退騒動まで発展した事件がある。

Nに敗北した直後に恥を捨てて「たのむ!ポケモンと ひとを きりはなす……それだけは しないでくれっ!!」 と言った名言はアデクを知る人が見たならば偉大な人物に見えるだろう。

だが世間での評価は全くの真逆で

『伝説ポケモン一体にすら勝てない最弱チャンピオン!』

『恥を捨てたんじゃなくて初めから生き恥晒してるじゃねぇか!』

『チャンピオンサボってた挙げ句に簡単に負けるとか信じられない!』

 

などの風評被害からチャンピオンの引退に追い込まれたオッサンである。

チャンピオンリーグを勝ち抜きアデクを倒したアイリスが引き継がなければ今頃イッシュ地方のポケモンリーグの信頼は地に落ちてたことは言うまでもないことである。

 

今回の作戦会議では元チャンピオンでありベテラントレーナーであるアデクと四天王、エリートトレーナー100人が来ていた。

本来ならばこれだけの戦力があれば地方で悪事を行うロケット団などの1組織を滅ぼせるだけの戦力なのだがそうは問屋が降ろさない。

 

「ふむ、今回は主犯のミュウツーとコピーポケモンの軍勢が侵略戦争を起こしておる。既に数カ所の町が破壊されておるが、問題なのは数が約1000体近くおることじゃ」

「1000!?多すぎじゃないですか!?」

「だからこそお主達を呼んだのじゃよ。ミュウツーはワシがやるからお主達にはエリートトレーナー達と共に尖兵であるコピーポケモン達の討伐を頼みたい」

 

アデクからもたらされた情報は執行機関に相応しい無理難題である。

公式試合ではトリプルバトルが限度なのにコピーポケモンとはいえ1000体近くのポケモンを相手にするなどチャンピオンですら危険である。

 

「あれ、ミュウツーを私達が相手にしなくて良いんですか?だって相手はアデクさんがボロ負けした伝説ポケモンですよ」

「メイよ、はっきり言うのう……じゃが安心せい。今回はNの時のように一対一ではなく、ワシと四天王総出で討伐する」

「それなら安心……かなぁ?」

 

メイが疑問を口にするのも無理はない。

伝説ポケモンは一般ポケモンを大きく上回る実力を持ち、チャンピオン単独でも危ない相手だからである。

だからこそアデクと四天王という戦力総出で打倒の目処が立ったのだ。

だが何故わざわざ執行機関という最高戦力を敵の主犯格にぶつけず雑兵に回すのかをメイは疑問視したのだ。

 

「主犯格を討伐した臨時ボーナス目当てだろう」

「ガハハ、そうじゃ。だから今回は四天王と共にミュウツー討伐するのじゃよ」

「き、汚い!流石に汚いですよアデクさん!」

「良い社会勉強になったじゃろうメイ」

 

アデクはサラッと言ってるがベテラントレーナー達はエリートトレーナーの倍近くの給料を貰ってるだけでなく、主犯格を倒した際に臨時ボーナスが支給される。

大方四天王と組んで臨時ボーナスの山分けする取引でも持ちかけたのだろうとコクトは思った。

 

「それにお主らは今回の案件に参加するだけでも膨大な報酬を貰っておるんじゃろう?」

「ああ、二人合わせて200万だ」

「に、200万!?」

「羨ましいのう……ところでワシの執行機関への推薦はまだかのう?」

「アンタの実力だと死ぬぞ。俺達執行機関の報酬には死亡手当込みらしいからな」

「え?死亡手当込みってなんですか!とんでもない事実を聞いたんですけど!?」

 

執行機関が出るのはチャンピオンがどうにもならないレベルの厄ネタ案件ばかりなのだ。

生半可な実力者ではスカウトしてもすぐ死なれるのが関の山である。

 

「そんな物騒ならばやはりベテラントレーナーのままがベストかのう。ではワシらがミュウツーを討伐するまでの間、コピーポケモン達の処理を頼んだぞ」

 

そう言ってアデクは去っていった。案の定メイは不満そうであった。

 

「まさかアデクさんがここまで金にがめついとは思いませんでした」

「まあそうだろうな。何せベテラントレーナーの地位だろうが維持しなきゃ学歴のないニートしか残らないしな」

「ニートって……まあポケモントレーナーでまともな職務経験なければそうですけど……」

 

忘れてはならない。ポケモントレーナーとは仕事ではない。

エリートトレーナーでも生活するには困らないが一般的な生活が出来る程度であり贅沢出来るレベルではないのだ。

贅沢する為の金を稼ぐなら就職するしかない。

だが良い年まで職務経験を積まずに就職活動をしようにも何処も採用なんてしたがらないのが実情である。

必然とベテラントレーナー達は金にがめつくなるのは当然の摂理だ。

 

「俺としてはアデクより悲惨なのがエリートトレーナー達だけどな」

「エリートトレーナーですか?」

「エリートトレーナーはポケモンテロに対しての徴兵義務が強制だ。だからこそ今回みたいな国家レベル規模で半端な実力者が矢面に立つと犠牲が出るんだ」

 

通常ポケモンテロが発生した場合は近くのジムトレーナーやジムリーダーが派遣される。

それで解決出来ないならばエリートトレーナー達、四天王、チャンピオンの順で派遣される。

だが一番使い勝手の良い替えが効くのがエリートトレーナー達である。

ポケモンリーグとしてはある程度実力があり、数も揃えられる兵力としてエリートトレーナー達を飼い殺しにしているのが実情である。

つまり今回のミュウツーによる国家レベルのテロにおいて一番危険なのは、アデクや四天王でもコクトやメイでもない。

中途半端な実力で1000を超えるコピーポケモン達と正面から戦わせられるエリートトレーナー達である。




タマランゼ会長「エリートトレーナーはポケモンリーグを優勝したら誰でもなれるし、有事の国際テロでも使い潰せるからたまらんなぁ」

大した仕事なしで趣味のポケモンバトルだけで喰ってけるんだから当然でしょ!という世界線です。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。