灰色世界と空っぽの僕ら   作:榛葉 涼

37 / 39
一閃

 

 今日だけで何度行ったろうか? 再び、魔素を脈立たせる。先程走るために使用した魔素の熱が未だ身体に残っている。そのせいで、体内がまるで沸騰しているようだ。

 

 熱い、痛い、苦しい。

 

 空気を喘ぐ。調子が良かった筈の身体は、既に擦り切れていることに気がついた。それでも、やるしかない。やるしか、トウカが(いきのこ)る手立てはない。

 

「やる、やる、やる…………」

 

 呪詛のごとく、何度も何度も繰り返し吐く。あからさまにシヅキが臨戦態勢に入っているというのに、“絶望”から攻撃を仕掛けて来なかった。奴は出方を窺っているというより、シヅキを見くびっているように思えた。

 

 ……いや、実際にそうなのだろう。初めから本体が現れなかったことも、蔦が5本しかないように見せていたことも、「ミィ」という耳につく鳴き声も。全て、シヅキの心を弄んでいたのではなかろうか。

 

「浄化型……舐めんな」

 

 ボロボロの身体を、それでも動かす。息を一つ吐いた。

 

(ぶった斬ってやる……)

 

 最後に心の中で吐いたシヅキ。灰色の大地をその脚で踏みしめる。姿勢を低く落とし、重心を一歩前に出した左脚に預けた。

 

(3……2……1!)

 

魔素を一気に脈立たせようとした。 ……脈立たせようとはしたのだ。

 

 

「ミィ」

 

 

 ――鳴き声が聞こえて、その後何が起こったのかすぐには分からなかった。

 

 

 一瞬だけ腕に振動が伝わったかと思うと、手にかかっていた重みが、全て消え失せていた。ゆっくりと首を動かすと、その手の中にある大鎌をナニカが貫通していた。 ……トウカを刺したものと同じ、枯れ枝だった。

 

 間もなくして、バリンと音を立て大鎌は粉々に砕け散った。刃も、柄すらもバラバラになっていた。漆黒の欠片たちが、地へと落ちてゆく。

 

 それを見届けることしか出来なかったシヅキ。 ……眼前に突きつけられた現実は、度し難いほどに無慈悲だった。

 

「…………」

 

 何も言わず、何も言えず、シヅキは前側へと崩れ落ちた。

 

 “絶望”が鳴く。

 

 

「グギャオオオオオォォォォォォアアアアアア!!!」

 

 

 襲われたのは、途方もない虚無感だった。思考したって、争ったって、何をしようとしたって……無意味なのだとシヅキは悟った。

 

 退路はない。“絶望”には勝てない。救援も来ず。

 

 シヅキの口元が歪んだ。

 

「はは……」

 

 乾き切った笑いが溢れた。視界が霞み、歪む。小刻みに震える身体は、まともに動かなくなっていた。

 

 言葉が漏れる。

 

「トウカ…………ごめん」

 

 シヅキは一つの記録(きおく)を思い出した。

 

 

『……そう。私は無理してたの。今日一日ずっと。頑張って、作り込んだキャラクターになろうとしたの。でも……全部バレてた……。初めて来たのに……ソヨさんにもたくさんのボロ出しちゃった。これじゃあ……計画が……』

 

 

 トウカと初めて会った日のこと。彼女は“計画”なんて言葉を漏らしていた。 ……結局のところ、彼女が求めるものは何だったのだろうか? ただシヅキが知っていることは、彼女が確固たる意志を持っていることと、褪せやしない琥珀の瞳をしていることだけだった。

 

「トウカ……お前、何がしたかったんだよ。こんな世界で、何を見ていたんだよ」

 

 背負うトウカの重みを背中に強く感じる。彼女はまだ存在している。 ……存在しているのだから、これから起こることが余計に辛い。

 

「ミィ」

 

 頭上から聞こえた鳴き声。見上げた視線の先に一輪の花が居た。漆黒の花弁が畝り揺れている。

 

 苛立ちも、あるいは激昂も無く、シヅキはただそれを見るだけだった。大鎌は物語った。奴の前で、シヅキというホロウはあまりにも無力なのだ。何も出来ず……空っぽで…………。

 

「ああ……」

 

 

 ――これが絶望か。

 

 

 カサカサと脚部の役割を果たす枯れ枝が(うごめ)いた。枝先がシヅキへと向く。トウカの胸を、シヅキの大鎌を瞬く間に貫いた枝だ。ボロボロの身体が、それに抗える筈なかった。

 

 ハァ、と溜息を吐いた。ゆっくりと眼を閉じる。 ……シヅキにはもう、()()()を待つだけだった。

 

 “絶望”が、シヅキを(ころ)す。そのための枯れ枝を伸ばした。

 

 

 グシュ、と。鈍い音が走る。

 

 

………………

………………

………………。

 

 

「……え?」

 

 強烈な違和感に、シヅキはバッと眼を開けた。そして、目の前の光景に大きく眼を見張る。

 

「シヅキ、それにトウカか。どうやら間に合ったようだな」

 

 そこに立っていたのは“絶望”ではなかった。いや、正確に言えば“絶望”とシヅキの間に1体のホロウが居た。そのホロウは……彼女はシヅキに背を向けていた。手には1本の刀を携えている。風が吹き、一括りにされた黒髪が靡いた。

 

「あ、あんたは……」

「酷い声だな。魔素の過剰使用で身体中が損傷しているか。無理はするな」

 

 淡々とした声で述べ続けるホロウ。こんな状況下だって、いつもと調子は変わらずに。だからこそ、シヅキは圧巻された。

 

 

「グガァァァァァァァァァ!!!」

 

 

 “絶望”が叫ぶ。先程までより音圧が高い。怒りめいたものが篭もっていると、シヅキは感じた。

 

 間も無くして、枯れ枝が蠢き、膨張した。 ……攻撃の合図だ。

 

「マズ……!」

 

 シヅキは叫ぼうとしたが、上手く声が出ない。咄嗟に伸ばした右腕は、何も掴むことなく、ただ空を斬る。

 

 瞬間。

 

 シン、という甲高い音ともに、シヅキの眼前に白色の光が真横に一閃走った。遅れて、“絶望”の態勢が大きく傾いた。見ると、枯れ枝の一部分が真っ二つに切断されている。 ……大鎌を一瞬でぶっ壊した、あの枝共がだ。

 

「有り得ねえ……」

 

 シヅキは口をポカンと開け、首を横に2度振った。呆気に取られたシヅキを知ってか知らずか、ホロウはやはり淡々とした口調で言う。

 

「ワタシのことは気にかけるな。後のことは全て任せろ」

 

 今まで背を向けていたホロウ。彼女はこちらを振り返った。その真っ黒な左眼が、シヅキのことをハッキリと捉える。

 

 

「……魔人は全て、根絶やしだ」

 

 

 先程までとは異なり、随分と低いトーンで述べたホロウ。彼女は瞬く間にシヅキの元から消えた。そう思わせるほどのスピードで動いたのだ。

 

 気づいた時には、シヅキの背後から鈍い音が連続で鳴った。退路を塞いでいた蔦共が一遍に斬られたのだ。

 

「グガァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!」

 

 再び、“絶望”が鳴いた。斬られた枯れ枝を再び伸ばし、ガサガサと動き出す。その行く先には先程のホロウがいた。いつの間に、あんなに距離を取ったのだろうか?

 

 間もなくして、けたたましい金属音が鳴り響いた。ホロウは、無数に伸び続ける“絶望”の蔦と枯れ枝共を捌き続けていた。 ……明らかに善戦している。

 

「なんだよ、あれ……」

「そっすよねー! 初めてコクヨさん見たらそうなっちゃうすよねぇ!」

 

 突然後ろから聞こえてきた陽気な声に、シヅキの肩がビクリと跳ねた。

 

 振り返った先には赤毛のホロウが。ボサボサの髪で、目鼻立ちがハッキリとした男だ。しかし、その表情からは軽薄な印象を受けた。彼はニッと笑い、ヒラヒラと手を振る。

 

「雑談などしてる場合か。迅速に命令を遂行するぞ」

 

 そいつの隣には眼鏡をかけた堅物そうなホロウ。こいつは見たことがあった。

 

「あんた……大ホールで喋ってた……」

「貴様も貴様だ。コクヨ隊長から『無理はするな』と指示をされていたのではないか? 口を開いて無駄に体力を消耗するな」

「……なんで、こんなところに」

「はァ。救援の通心をしたのはお前じゃなかったか?」

 

 救、援……救援。 

 

 ――あぁ、そうか。

 

 呂律が回っていない口でシヅキは呟いた。

 

「トウカは……助かった…………の……か」

 

 一気に身体から力が抜けて、唯一その身体を支えていた両腕すら折れてしまった。

 

「うっわ! だいじょーぶすか!?」

「ふん……気を失ったか」

 

 赤毛と眼鏡のホロウがそれぞれ言葉をかける。しかし、既にその言葉はシヅキの耳に届いていなかった。

 

 微睡みを飛び越え、深い、深い眠りの世界に沈んだシヅキ。彼が次に目を覚ましたのは、それから丸2日後のことだった。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。