テイワット日誌   作:星塵《》

1 / 3
原神の押しはノエルです。


風が故郷に誘う日

 空を飛んでみたいと思ったことはあった。

 そして試してみたこともあった。

 

 それでも想像した半分も自在に動かすのは無理だった。

 だから恋焦がれるのかもしれない。あの自由の翼に。モンドの空を駆ける羽に。

 

 ***

 

 拝啓。

 モンド領付近へ赴いた際、久しぶりにモンドの風に触れることが出来ました。

 半年ぶりに見た馴染みの赤の花びらは故郷へ帰りたい気持ちが募ります。

 今度、璃月の土産を持って帰ります。夜闇の中で淡く光る希少な石らしいです。

 

 こんな感じでどうだろうか。

 毎回うんうんと悩みながら家族に送る手紙を書いていた。真夜中を過ぎた頃でも寝付けない日は焚火に当たりながら夜空を眺めて綴る。

 どこで何が起こるかわからない。危険との隣り合わせが野宿では当たり前だ。

 俺は冒険者ではないし、なにより腕が立つ方ではないので外で朝を待つのは結構緊張する。

 それでも旅は良いものだ、とモンドに訪れた旅人達や冒険者は酒場で口々に言っているのを聞いて本当にそうだなと実感できていた。

 見分を広めなさい。書物などの文章だけでは手に入らない知識や経験を積みなさいと医者である父さんは口うるさく言っていたものだ。

 

「へえ、でもその通りだと思うよ。見て触れて初めてわかることは沢山あるからね!」

 

 退屈に夜を明かす毎日だが、今日は少し違った。

 俺の居場所まで風が誘った相手は幼げな植物学者だ。随分前にググプラムを売ってもらった覚えがあるが少女は俺のことなど覚えていなかった。というのも少し前に旅人に会って以来、人とは会話をしていないそうだ。

 

「こうも話をしないと独り言が多くなって困るよね」

 

 少女はけらけらと笑った。

 

「そうだ。この夜の記念に持っている植物を交換しない?」

「……それって君が欲しいからだよな?」

「そうだけど」

 

 あっけらかんと少女は言うもまあ、たまには古き良き物々交換も良いかもしれない。

 俺は横に置いているずっしりとした鞄から一輪の花を取り出した。焔の光に照らされて尚、白く際立った美しさは何度見ても飽きない。

 

「瑠璃百合だね。それもとても質が良い。ここまで持って帰って来るのにとても時間がかかったはずだけど」

「まあ、それは秘密だ」

「ふーん。妹が見たら欲しがると思う。璃月港まで行くのも大変だし、なにより良い値段するからね」

「君はあまり興味がないのか?」

 

 少女は少し考え、首を横に振った。

 

「そんなことはないよ。現物を見る機会なんてモンドにいたらあまりないから。でも、私が本当に見たいのは原生している物なんだよ!」

 

 やっぱり生だよ! と興奮気味な少女に俺は少し後ずさる。

 学者という種族は総じて癖が強いのはどうしてなのか。俺の考えをよそに少女のうんちくが止まる気配はない。うとうとし始めた俺は頷くように眠りにつくのだった。

 

『ドドリアンにしようかと思ったけど、あなたの鞄の中には沢山のドドリアンが入っていたので代わりにセシリアの花を添えておくね。風の導くままに』

 

 目が覚めればもう早朝で、紙切れと花が鞄の上にある。火元はしっかり片付けられていた。

 固まった体をほぐすように伸びをすれば、背中を押すように優しい風が肌を撫でつける。

 

「……一度帰ってみようか」

 

 澄んだ空を見上げて俺は故郷に戻りたい気持ちでいっぱいだった。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。