宇宙戦艦ヤマト外伝 "BLACK BAD BUTCH"   作:箕理 田米李

3 / 10
前回は土星本隊の話でしたが、今回は新生BBB戦隊側に話が戻ります。突如復活したカラクルム級群に襲撃されたパトロール艦2隻の救援に旗艦 マキナ達は間に合うのか❓


第3話「11番惑星の激闘と潜んでいた脅威」

第11番惑星 

第99特殊戦略戦術機動打撃群

旗艦 戦略指揮戦闘空母デア・エクス・マキナ所属

戦闘攻撃飛行隊"シャドウ・バンガード"

飛行隊長:ザビネル・シャルマーニュ(コールサイン:"SVリーダー")「"SVリーダー"よりSV隊及びDT(ダーク・タイガー)隊各機、まもなく交戦宙域に入る。パトロール艦"ペネムエル"の救助が優先だ。突如活動を再開したカラクルム級が群がってるらしい。そいつらを排除してペネムエルを救うぞ。」

セシリア・ローナ(コールサイン:SV2)「早く向かいませんと❗️あれから時間が経ち過ぎてるわ‼️」

シブキ・アノウナ(コールサイン:SV3)「そうだな、相手はあのカラクルムだしな。」

 

新生BBB戦隊総旗艦"デア・エクス・マキナ"に属する航空隊"シャドウ・バンガード"と"ダーク・タイガー"の計12機のコスモタイガーⅡは艦隊に先んじて味方パトロール艦の救援に向かっている。「カラクルム級、突如活動を再開❗️」の報を受けてから時間が経っておりその安否が心配な所だ。

 

ザビネル「ッ❗️いたぞ❗️2時の方向下方だ❗️」

 

隊長のザビネルが言った方向に目を向ける他の機のパイロット達。そこにはカラクルム級数十隻からの攻撃を受け艦首の波動砲口や第二主砲塔、魚雷発射管の一部が抉られ、左舷(正面から見て)のコスモレーダーアンテナが欠損し船体各所に大小様々な穴が空きながらも残った第一/第三主砲や前甲板のVLSで応戦するペネムエルの姿があった。

 

ザビネル「仕掛けるぞ❗️先に我が隊が先頭のをやる❗️DT(ダーク・タイガー)隊は後方から攻撃しろ❗️続けッ‼️」

 

そう言うとザビネルの"シャドウ・バンガード"隊は一番槍に飛び出しカラクルム級に猛禽の如く襲い掛かった。

 

新生BBB戦隊

旗艦:戦略指揮戦闘空母"デア・エクス・マキナ"

CIC(戦闘情報センター)

 

栗梶「艦長、"SV"及び"DT"両隊がペネムエルを発見、交戦開始しました。」

多田部「そうか、間に合った様だね。」

 

その頃、旗艦マキナでは多田部艦長たち艦橋クルーがCICに移り戦闘の経過をパネルで見ていた。

 

金田「しかし、あれだけ攻撃を受けてよく持ち堪えましたなペネムエルは。」

多田部「波動防壁を常時展開せず直撃しそうなのだけに展開して消費を抑え当たっても航行に支障出ない所は展開せずに節約していたんでしょう。でなければあの数であの攻撃を受ければ10分と保たなかった筈です。」

 

アンドロメダ級やクラスD(ドレッドノート級)の戦艦クラスならともかく巡洋艦/パトロール艦そして護衛艦/駆逐艦の様な小さな艦艇ではそれに比例して波動エンジンも小型で出力が低く波動防壁の展開時間も戦艦クラスに比して短い。それ故に常時艦体の周囲に展開し続けさらに攻撃を受け続ければあっという間に飽和状態に陥り防壁は消失してしまう。それを防ぐ為の芸当をやってのけ生き延びているのはペネムエルの艦長の経験の豊かさの証明だ。

 

多田部「プロケルの方に向かった"バイオレット・バンガード"隊は❓」

 

多田部がペネムエルと同じパトロール艦のプロケルの方に救援に向かった航空隊の様子を尋ねたのと同じくしてピピーッ❗️ピピーッ❗️と通信が入る。

 

パトロール艦"プロケル"がいると思われる宙域

同艦所属

戦闘攻撃飛行隊"バイオレット・バンガード"

飛行隊長:ドレルス・ローナ「旗艦マキナへ、こちら"VV(ブイツー)リーダー"。プロケルの現場に到着した。しかし...。」

 

多田部「ダメだったか❓」

 

ドレルス「...はい。」

 

VV隊が到着した時には既に遅し、プロケルは艦体が真っ二つに割れ艦首部と艦橋らのある艦体の主要部分に別れてバラバラに宙域を漂っていた。

 

多田部「生存者がいるかもしれない。宙域に留まって捜索してください。"ガブリエル"を向かわせる。」

 

ドレルス「了解。」

 

艦隊に続いていた"ガブリエル"はプロケルとVV隊の方へと針路を取り離脱する。"ガブリエル"はパスファインダー級のベースとなった「ガーランド級航宙巡洋艦」の「軽巡仕様(type-A)」だ。主砲や雷装等はパスファインダー級と同型の物を搭載している。本艦隊にはもう一隻"MK.16 三連装8inch衝撃破速射砲"を主砲とする「重巡仕様(type-B)」の"グシオン"がいる。

 

多田部「栗梶、カラクルム級の動きは❓」

栗梶「プロケルと戦闘を行ったと思われる"カラクルム級A群"は現在ペネムエルと交戦中の"カラクルム級B群"に合流しようとしています。」

 

通信手だけではくレーダー手も兼務する栗梶はパネルの映像を分けて情報を提示し多田部の問いに答える。

 

多田部「"ベリアル"01〜03の到着は❓」

栗梶「まもなくです。」

金田「プロケルの方に回した"バフォメット"01〜03はどうします❓」

多田部「小ワープですぐペネムエルの方に回します。なんとしてでもペネムエルを救います。」

 

プロケルはダメだったが、ペネムエルはそうはさせまいと伝える多田部に金田は「さすがです」と微笑む。

 

金田「それにしてもなぜ急に動き出したのでしょうね❓」

手邦「あぁ〜その事なんですが...。」

多田部「どうしました技術長❓」

 

カラクルム級の突然の活動再開に疑問を口にする金田副長に手邦が何か分かったらしく意見を言おうとする。何かこの事態を解決することができるかもしれないと多田部は何が分かったのか❓と質問する。

 

手邦「この宙域を進んでいて分かったんですが、活動していないカラクルム級の中に艦体表面が茶色に変色している個体が複数あったんです。」

金田「艦体が変色を❓」

手邦「えぇ、それにシワが寄っていてまるで植物が枯れたみたいな感じになっているんです。」

烈禍「おい❗️周りくどい言い方してねぇで早く言えよ‼️」

多田部「静かに砲術長❗️」

高佐田「黙って静かに話聞いて仕事しろ。」

烈禍「ちっ、悪かったよ。」ボソッ

手邦「ヤマトが得た情報によればカラクルム級は"ガイゼンガン兵器群"と呼ばれる特殊な兵器群で、艦がまるで植物の様に"生えてくる"というのは艦長もご存じと思います。これはあくまで私の仮説ですが、カラクルム級には何らかの方法で別のカラクルム級から養分らしき物を抽出しそれで活動を再開できる特性があるのではないか❓という事です。」

多田部「なるほど、茶色く萎れたやつはその"絞りカス"ってわけか。」

金田「しかしもしそうなら、養分を吸われていない奴はなぜ動かないのでしょう❓」

手邦「さぁ、そこまでは。あくまで仮説ですから。」

 

「ガイゼンガン兵器群」、それはガトランティスがテレザート星発見以後に確立された「生体技術を用いた兵器の製造」で生まれた兵器達の総称である。その代表格であるカラクルム級戦闘艦は地球・ガミラス連合艦隊が「浮遊大陸奪還戦」に於いて初めて確認、交戦した艦種だ。

しかし分かっているのはそれだけでありそれを用いていたガトランティス(クローンガトラン)がゴレムで全滅してしまったが故にその製造工程や正確な資料を得る機会を完全に失ってしまった為、その全容は永久に謎に包まれたままとなったのである。

手邦が言った仮説も「ホントにホントにホントにホントにラ○オンだ❗️」くらいにあくまであるだけの情報で立てた仮説でしかないのだ。

 

多田部「敵の技術を奪って使うが取り柄のガトランティスの事だからブラックボックス染みた物でも兵器だけに気にせず平気で使ったんでしょうよ。中身や仕組みなんて連中には使えればどうでも良いのさ。」

 

ジョークを交えつつ皮肉めいた事を言う多田部、CICに集う艦橋クルーはそれに笑みを浮かべる。

 

多田部「さてさて私の言いたい事はこれくらいにして、このまま合流されると4隻の増援じゃ防げないな...SV隊もそろそろ弾やミサイルを使い切るだろうし。」

 

多田部はカラクルム級両群が合流し僚艦のペネムエルを沈めずに帰す方法を模索する。そして...。

 

多田部「"バルバトス"01〜03に拡散波動砲発射体制を指示❗️栗梶、SV隊に帰投命令とペネムエルにこちらのタイミングで退避しくよろと伝えてください。」

栗梶「了解❗️」

多田部「手邦、うまく"マリオネット"してペネムエルを守りこちらに引きつけてくださいよ。」

手邦「はい❗️お任せ。」

烈禍「おい艦長❗️俺の出番ないのかよ⁉️」

高佐田「文句言うな、黙って従ってろ。」

多田部「砲術長、撃たせる機会はやる時はやるから待っててちょうだい。」

 

出番がなくブー垂れる砲術長 烈禍を宥める艦長 多田部と戦術長 高佐田。

 

"シャドウ・バンガード"隊

ザビネル「クッ...❗️一向に数が減らん❗️」

 

一方のSV隊はペネムエルに群がるカラクルム級を撃ち減らしているのだが、なにぶん数が多く沈めはいても数が減ってる気がしなかった。そして頑丈な艦である為に沈めるにもそれなりの数の対艦ミサイルが必要で消費量も馬鹿にならない。

 

セシリア「ザビネル❗️そろそろ残弾が...ひゃあッ⁉️」

シブキ「セシリアッ❗️クソッ❗️もう十分湧いて出たろ❗️出てけよッ‼️」

 

戦闘が思った程長引き搭載してる機銃とミサイルも枯渇寸前だ。「このままでは突破されペネムエルが❗️」と誰もが脳裏に浮かべる。

 

ザビネル「増援はまだかッ❗️んっ⁉️来たかッ⁉️」

 

ザビネルが気付いた方向に目を向けるとペネムエルの後方両舷からカラクルム級群の間に割って入る様に漆黒に包まれた3隻の艦が飛び込みペネムエルを前方を塞ぐ様に一隻が上、もう一隻がその真ん中、最後の一隻が下になって壁を作る。その艦は"アンドロメダ・ブラック級"通称「BBB級」と称される無人艦だ。

 

パトロール艦 ペネムエル

艦橋

 

副長「艦長❗️」

艦長「あぁ味方の無人艦だ❗️多田部司令達が来てくれたんだ❗️」

 

 

旗艦 戦略指揮戦闘空母 デア・エクス・マキナ

CIC

 

手邦「"ベリアル"01、02.、03現場に到着。砲戦開始させます。戦略指揮システム"オルケストラ"正常に稼働中❗️」

多田部「戦術長❗️砲術長❗️撃ち込みだ❗️弾幕❗️弾幕で❗️ペネムエルを守れ❗️もうすぐ"バフォメット"の3隻も来る❗️そっちも頼むぞ‼️」

高佐田/烈禍「了解❗️/へっ❗️待ってました❗️ぶっ放(ぱ)でいくぜぇ‼️」

 

これこそ新生BBB戦隊旗艦 戦略指揮戦闘空母 デア・エクス・マキナの真骨頂。「無人艦の複数隻同時遠隔操作」だ。

以前のBBB級はAI(人工知能)により稼働する自立無人戦闘艦であったが、AI自体が未熟であった為にガトランティス戦役中はその性能を存分に生かす事が出来なかった。その光景を間近で見ていた多田部は「ただのカカシですな、あれなら敵から見たら瞬きする間にパチン!(指パッチン)全艦沈められる。間違いないな。」と思わずにはいられなかった。多田部はかの有名なBBY-01 宇宙戦艦ヤマト副長の真田志郎(さなだ しろう)の著書「血の一滴も通わないメカニズム」に感銘を受けた同氏と同書のファンであった事もあり益々(ますます)どうにかしなければと思った。

戦役後、多田部は同志を集め「AI搭載型無人艦の限界」と「戦略指揮艦による無人艦制御艦隊構想」を防衛軍会議に提出した。それが防衛軍幕僚と真田志郎の目に留まり早速計画が開始された。こうして"新生BBB戦隊"こと「第99特殊戦略戦術機動打撃群」とその旗艦 戦略指揮戦闘空母 "デア・エクス・マキナ(「機械仕掛けの女神」)が生まれた。

ガトランティス戦役中、※20数隻(※戦役中の混乱により正確な建造数不明)の初期型アンドロメダ級の建造後、後期型が建造される予定であったがガトランティスの電光石火の進撃速度に対し時間断層AIはBBB級とクラスD(無人艦型)の建造を優先し後期型アンドロメダ級の建造は中止され半ば放棄された艦や一部はBBB級に転用されるに至ったのもある。後にデア・エクス・マキナとなる艦はその前者に当たる放棄艦の一隻だった。戦役終結後にそれを改修し戦略指揮システム"オルケストラ"を搭載した無人艦及び艦隊戦略指揮艦として彼女は生まれ変わったのだ。"オルケストラ(オーケストラの意)"の指揮者の如く有人無人問わず艦を指揮する姿こそ、旗艦 マキナ本来の姿なのだ。

現在の新生BBB戦隊にはそれぞれ"ベリアル"、"バフォメット"、バルバトス"と悪魔の名をコールサインに持つBBB級が3隻(一個艦隊)ずつの計9隻とエスコート/フォレスター級航宙護衛艦の同一船体バリエーション艦である「ハヴォック級航宙駆逐艦」の無人艦仕様、コールサイン"ハルバード"、"ハスタ"、"ホルカンカ"の槍の名のコールサインを持つ9隻の合計18隻の無人艦が所属し全て旗艦 マキナが管制/制御している。

 

栗梶「"バフォメット"01、02、03が到着、防御態勢良し砲戦開始します❗️」

 

さらに3隻が増援がワープアウトして到着しペネムエルの壁となり弾幕射撃を始める。カラクルムA群とB群が合流し数が倍以上になって攻撃がさらに激しさを増すが、こいつらを罠に嵌(はめ)て一網打尽にすべくさりげなく迎撃ポイントへと誘導していく。

 

栗梶「カラクルム級群A、B合流しました❗️まもなくキルポイント❗️」

多田部「上手く乗ってくれましたか❗️BBB級3隻の拡散波動砲はッ⁉️」

手邦「いつでも良いですよ❗️」

多田部「よろしい❗️高佐田❗️拡散波動砲のトリガーを頂け❗️」

手邦「BBB級3隻の拡散波動砲トリガー、戦術長に回します❗️」

高佐田「戦術長頂いた❗️」

多田部「カウント10秒前だ❗️そこまで来てる、頼むぞ❗️」

高佐田「仰せのままにお任せを❗️」

 

手邦からBBB級3隻の拡散波動砲発射管制を引き継いだ高佐田の座席のデスクから波動砲のトリガーが回転し飛び出してくる。その間にもペネムエルとそれを守るBBB級3隻が目標位置(キルポイント)に迫ってくるのがレーダーに表示され続けている。

 

高佐田「9...8...7...6...5...4...3...2...1...❗️拡散波動砲❗️てぇッ‼️」カチッ

 

波動砲のトリガーを引く高佐田、それと同じくしてペネムエルと盾となっているBBB級6隻がマキナ達本隊の前から散開すると後ろから青い閃光が6つ走った。それは本隊に付いているBBB級、コールサイン"バルバトス"の3隻から放たれた拡散波動砲の光だ。その6つの閃光は真っ直ぐ進みカラクルム級群の手前まで迫ると複数の細い帯の形に炸裂する。その帯状の光がカラクルム級群を包み込み襲い飲み込む。「これが拡散波動砲だ❗️」と改めて新生BBB戦隊所属の艦艇群は思い知らされる。

 

栗梶「カラクルム級群A及びB、殲滅を確認。やりましたよ❗️」

烈禍「やったな、修斗❗️」

高佐田「ふ、当然❗️」

多田部「よくやった、ペネムエルは⁉️」

 

(通信)"ペネムエル"艦長「こちら"ペネムエル"、ありがとうよく来てくれました❗️」

 

多田部「こちら"マキナ"。いえ、プロケルは救えませんでした。私の対応が早ければ...。」

 

(通信)"ペネムエル"艦長「司令に非はありません。彼らも全力を尽くしました。その想いだけで充分ですよ。」

 

多田部「恐縮です。」

 

「僚艦一隻とその乗員を救えず、部下に気を遣わせてしまった」と残念に浮かない表情で通信を切る多田部。だが、いつまでも悔いていられないとして気持ちを切り替える。

 

多田部「副長、"これで"終わりだとお思いで❓」

金田「分かりません。いきなり動きだしたんです。このまま再び素直に眠りにつくものとも思えますまいが...そうであって欲しいと思うのが本音です。」

烈禍「ちぇっ❗️なんだ出番なしかよッ❗️もっと来いやぁッ‼️」

高佐田「おい、本当にきたらどうすんだよ❗️」

 

「このままなにも起きずに終わって欲しい」と願わずにはいられない新生BBB戦隊の面々(例外者1名)だが... ...。

 

手邦「艦長、少しよろしいですか❓」

多田部「どうした❓」

手邦「この辺りのカラクルム級、茶色に変色してるのが多くありませんか❓」

 

手邦に言われ多田部は外の景色を見る。手邦の言う通り何かしらの養分的な何かを吸われ萎びて茶色になったカラクルム級の数が異常に多い事に気づく。

 

多田部「言われてみれば...さっき通ってきた所よりも多い気が...。」

栗梶「ッ❗️熱源❗️急に反応が‼️」

多田部「うぇっ⁉️」

 

突如「熱源の反応あり❗️」と叫ぶ栗梶に驚く多田部とマキナのクルー達。

 

高佐田「烈禍❗️お前が呼んだなッ⁉️」

烈禍「俺のせいかよッ⁉️」

金田「喧嘩は後にしろッ❗️」

多田部「またカラクルさんかッ⁉️」

栗梶「いえ❗️大きい❗️もっと大きな奴ですッ‼️」

 

いつになく驚く栗梶に「カラクルムじゃなきゃ何が来たってんだよッ⁉️」となるマキナのクルー達。今まで反応が表れなかったデカブツ・オブ・デカブツ、「なぜだ❓」と考える間もなくそれは彼らの頭上に現れる。

 

金田「こ、こいつは⁉️」

多田部「まさかこんなのがまだいたのかッ⁉️」

 

その圧倒的としか形容しようのないスケールの巨体を多田部は忘れたことはない。先の戦いで全て戦没したと思われていた艦に生き残りがいたとは素直に信じられないでいた。

 

手邦「敵艦ワープ態勢に入ります❗️」

多田部「なんだつてッ⁉️」

金田「まさか、土星に⁉️」

多田部「迎撃は⁉️」

手邦「間に合いません❗️すぐ行ってしまいます‼️」

 

巨大艦はガトランティス艦特有の何十の青い三角形を展開させるワープを行い消えた。そしてそれと同時にどこから湧いて出たのか、再びカラクルム級が新生BBB戦隊に襲い掛かる。

 

多田部「またですかッ❗️土星の本隊に連絡ッ❗️「"逃がした魚は大きい"❗️備えられたし‼️」ってね‼️」




冒頭から登場した新生BBB戦隊 旗艦 戦略指揮戦闘空母 デア・エクス・マキナ所属の航空隊の名前とパイロットの元ネタは「機動戦士ガンダムF91」です。クロスボーン・バンガードは劇中連邦軍から「海賊」扱いされてたので髑髏をシンボルマークとする新生BBB戦隊にピッタリと思いそうしました。
パトロール艦"ペネムエル"は賢い戦い方でなんとか生き延びましたが、僚艦と同じパト艦の"プロケル"は残念ながら戦没してしまいました。
「ガイゼンガン兵器群」は「2202」に劇中ではその内容が多く語られる事がなかったので、「植物みたく生えてくる有機体兵器ならこんな設定でも良いよな❓」と思いそのブラックボックスさを利用させていただきました。「2205」で「アンドロメダ級21番艦"アルフェラッツ"が監視任務に就いていたのはこういう事象があったから」というのを勝手に理由付けた感じですが、納得していただけたら幸いですw.
マキナの真骨頂である「無人艦複数隻の同時管制」がここで披露されます。マキナは後に建造される「アンドロメダ改級戦略指揮航宙戦艦"しゅんらん"のテストベッド艦」という設定であり、搭載する指揮管制システム"オルケストラ"も試作品です。「ガトランティス戦役」で無人艦の限界を目の当たりにした多田部がある意味「僕が考えた最強のアンドロメダ」という形で生み出された彼女の活躍がここで光る訳です。
「血の一滴も通わないメカニズムの結晶」は旧作の「2」に於いて真田さんがアンドロメダを表現した言葉でヤマトで私が好きなセリフの一つなんですが、残念ながら(❓)リメイクである「2202」では登場しなかったのでここでは「真田さんが書いた本のタイトル」という形で登場させました。「2202」でもアンドロメダは大幅に省人化した戦艦ではありましたが、銀河は AIによる効率かつ冷徹な判断をする艦で「リメイクだとこの言葉に当てはまるのはアンドロメダじゃなく銀河ではないか❓」と個人的には思っています。
ペネムエルを救い出しカラクルム級群を殲滅できましたが、最後の最後に大きなとんでもないモノを流してしまった新生BBB戦隊。土星本隊と彼らの運命はいかに⁉️

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。