瘴気の霧異変   作:鳴海真央

2 / 5
※この作品は東方Projectの二次創作です。原作をできるだけ尊重しつつ、自由な解釈発想で描いています。
また、以下の要素にもご注意ください。

・ジョジョの奇妙な冒険ネタ
・異世界転移チート系主人公
・独自設定キャラ崩壊


Stage1. 少女綺想曲 ~ Capriccio

 紫様のスキマで、博麗神社へジャンプしたボク。

 幻想入りした時は、人里の空き家に落ちたので、ここに来るのは初めてだった。

 紫様曰く、博麗神社は幻想郷と外の世界の境目にあるのだという。そして、博麗大結界というのもある。

 ボクみたいな外来人が幻想郷に行く場合、大結界の裂け目に落ちる、紫様が気まぐれで開けたスキマに落ちる……の二つしかないらしい。

 さて、博麗の巫女たる博麗霊夢はどこにいるかな。

 境内に入っていくと、しんと静まり返った空間に、ひとり、黒髪の美少女が座っている。

 その美少女は腋が露出している紅白の巫女服を着て、胡座をかき、瞑想しているように見えた。

 

「くっ……はぁ……」

 

 しかし、うまく瞑想できてないようだ。彼女の雰囲気からそんなことを感じた。

 

「……あなたが、博麗霊夢……?」

「………誰よ、あんた」

「あぁ、ごめんなさい。ボクはハイゼンスレイという、人里にいたただの人間さ」

「ただの人間が……珍しいわね……。妖怪が……ウヨウヨいる……この神社に……。それで……何用……?」

 

 ボクは霊夢の横に腰掛けた。

 

「……? なんか気持ちがすぅーっと、楽になってきたのだけど、どういうこと?」

「あぁ。これ、勝手に働くもので、ボクの周囲にいれば、瘴気を含んだ霧の影響を受けづらくなるんです。あと……ごめんなさい、お手を拝借……」

 

 そして、霊夢の手に触れる。

 

「――だいぶ楽になったわ。ホント不思議ね、ハイゼンスレイ。……あんた、本当に人間?」

「人間ですよ。時間と空間を操る程度の能力を持っただけの」

「咲夜と同じ能力を持つのね」

「咲夜……?」

「十六夜咲夜。紅魔館のメイド長をしている女よ。銀色のような短い髪で、おさげを垂らしているし、メイド服を着てるからすぐに分かると思うわ。……それで、ハイゼンスレイがここに来たのは、紫に頼まれたのかしら」

「はい。紫様と摩多羅隠岐奈という秘神のふたりに、異変を解決してほしいと頼まれました」

「へぇ……。それなら、少し休んでから出かけましょ。私も本調子ではないし。ハイゼンスレイも少し休みたいでしょう?」

「お言葉に甘えて」

 

 ☆★☆★☆★

 

 博麗神社の居間で休憩しながら、ボクは全部の事情を話した。

 

「なるほど。ハイゼンスレイはこの霧の中でも、正気を保っていて、さっき私にしたみたいにすれば、人妖問わず正気に戻ると」

「はい。ボクが時間と空間を操る能力の拡張のために修行していた時に、紫様が調べていたらしくて」

「ふぅん。紫がね……。まあ、それもそうか」

「はい?」

「あいつ自身の口から聞いたと思うけど、紫は幻想郷を誰よりも愛している妖怪だからね。こういうことには本気を出してくれるのよ」

 

 霊夢は言う。

 

「それで、ですか」

「隠岐奈まで出てくるなんてね。あの二人がおかしくなったから、出てきたのかしらね」

「そんなことも言ってたような気がします。……なんだかんだで、幻想郷を気にしているみたいなので、いいことなんじゃないですか?」

「かもしれないわね。ま、とりあえず、私はハイゼンスレイがいなければ、まともに動けないだろうから、よろしくね。あと、私のことは霊夢でいいわ」

「わかったわ、霊夢」

「……で、まあ、霧の異変なら、またレミリアの仕業でしょ。紅魔館に行きましょ」

「レミリア……?」

「レミリア・スカーレット。紅魔館の主で、吸血鬼とか言ってたわね。見た目は幼女なくせして、尊大なんだから」

「へぇ……」

 

 こうして、ボクと霊夢は紅魔館へ向かうことにしたのだった。

 境内裏を進んでいくと、さっきまで昼だったのに急に夜のような暗闇に空間が染まる。

 霊夢は持っていた札を真正面に何枚か投げた。

 

「あ、は、あ、あははははあはははははははあはははははっ」

 

 暗闇が解かれ、頬を赤く染めた短い金髪少女が、狂ったように笑いながら姿を表した。

 

「あははははは、あはははははっ!」

 

 気が触れているかのように笑い続ける。

 

「……霧のせいでおかしくなったやつね。ハイゼンスレイ、危ないから下がって」

「ええ。気をつけてね、霊夢。あと、ボクから離れすぎないでね」

「もちろんよ」

 

 先手必勝とばかりに霊夢が札を投げる。

 ダメージを受けているように見えるが、おかしな笑いをしながら、金髪の少女は霊夢に迫る。

 

「……っ、く……。ハイゼン……スレイ……ッ」

 

 瘴気を含んだ弾幕を受けたせいで、霊夢が助けを求めてきた。

 そこまでの反撃を受けたわけではないのだろうけど、瘴気が混じったせいだと思う。

 

「霊夢」

 

 ボクは霊夢を呼びかけて、両手をしっかりと掴む。

 

「ありがとう。助かったわ」

「あは、あはは、あはははははっ」

 

 金髪少女が迫ったその時、ヴィジョンが見えた。

 ””金髪少女がボク達に瘴気をばら撒いてくる!””

 ボクは霊夢を引っ張って、迫ってきた少女と距離をとった。

 

「……しょうがない。時空静止「ザ・ワールド」!」

 

 時間が止まる。

 狂った笑いを浮かべる少女。それを睨む札を持った霊夢。

 世界はグレー一色で、何もかもが止まっている。

 霊夢を移動させ、少女をけつまずいたような状態にさせた。

 

「――そして、時は動き出す」

 

 瞬間解凍するように凍りついた世界が、色と音を取り戻した。

 霊夢の目には、金髪の少女がドジって地面に転がったように見える。ボクが時間を静止させて、そう仕向けたのだが。

 

「………あれ?」

「どうやら、あんたは正気に戻ったみたいね。……ハイゼンスレイ、やってあげて」

「ええ」

 

 金髪少女の手を掴んで起き上がらせた。

 

「ねえ、私、どうしちゃったの?」

「おかしな笑いを浮かべながら、私達に襲いかかったのよ。……ま、ハイゼンスレイが解決してくれたのだけどね」

「ハイゼンスレイって?」

「あんたの目の前にいる女よ」

「ふーん……。ねえ、」

「はい?」

「あなたは食べてもいい人間?」

 

 黙ってしまった。

 

「……食べていい人間なわけないでしょ」

 

 霊夢の札がその娘のおでこに当たる。

 

「うぅ、ごめん」

「いいよ。あなたは妖怪なのでしょう? そう言ってもそこまで不思議じゃないけどね。ま、気をつけてね」

「うん、ありがとう。……あ、そうだ。あのさ、」

「うん?」

「私の友達も私と同じようにおかしくなっていると思うから、気をつけてね」

「ええ。ありがとう」

 

 ボクは金髪の少女の頭をなでてから、霊夢とともに先を急いだ。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。