【美少女】なんか知らんのだが部屋にウマ耳ウマ尻尾の美少女が現れたんやが【降臨】   作:カフェイン中毒

17 / 64
重大報告って聞くと身構えるよね

134:名も無きファン

えー、レジェンドこと豊騎騎手の大差勝ちを祝って、カンパァイ!

 

135:名も無きファン

乾杯!

 

136:名も無きファン

乾杯!

 

137:名も無きファン

いやー、ヤバかったな。

 

138:名も無きファン

ああ、今までパッとしない馬だったのに。まさかの大外からの末脚勝負で大差だ大差

 

139:名も無きファン

多分、ウマ娘のせいやな

 

140:名も無きファン

ススズに会えたからだろうなあ

 

141:名も無きファン

全盛期以上の騎乗のキレだったよな

 

142:名も無きファン

ああ、めっちゃ馬と息ぴったりだった。実況の「正しく伝説の騎乗!豊騎武の復活です!」って馬じゃなくて騎手を指して言うんだから相当だったんだよな

 

143:他称トレーナー

こちら、実況を見ていたウマ娘の方々

【テレビの前で大盛り上がりするウマ娘たち】

 

144:名も無きファン

かわいい

 

145:名も無きファン

かわいいってイッチ!?

 

146:名も無きファン

イッチ、改めてよくやった!

 

147:名も無きファン

スぺちゃんとススズが手を取り合って喜んでて可愛い

 

148:名も無きファン

流石ですわって感じのマックイーンの顔よ

 

149:名も無きファン

ウオッカとナリタタイシンが誇らしげでなんか嬉しい

 

150:名も無きファン

なんだかんだ騎手も大事なんだね

 

151:他称トレーナー

んだんだ。比重が俺ばっかに偏ってるわけじゃないことが知れてうれしい

 

152:名も無きファン

馬鹿言え

 

153:名も無きファン

9割9分お前に矢印向いてるわ

 

154:名も無きファン

イッチ、そういえばこの前なんか報告できるかもって言ってなかった?

 

155:名も無きファン

いい報告を心待ちにしてたんだが?

 

156:名も無きファン

ワクワクが止まらねえぜ

 

157:他称トレーナー

えー、それかあ。聞きたい?聞きたいの?ねえ

 

158:名も無きファン

うっざ

 

159:名も無きファン

過去最高のうざさ

 

160:名も無きファン

こちとらウマ娘に飢えてるんだもったいぶらずに早くしたまへ

 

161:名も無きファン

こんなうざいイッチは焼却だ

 

162:名も無きファン

真面目な話どうなん?

 

163:他称トレーナー

ウッス、お遊びはこの辺にして…3つ!報告事項がございます!まず一つ!JHA、ジャパンホースアソシエーションの方から正式にウマ娘の名前を公に使う許可を得ることが出来ました!

 

164:名も無きファン

お、おおおおおお!!!

 

165:名も無きファン

ってことは公にスペシャルウィークだのセイウンスカイだの言ってもオッケー!?

 

166:名も無きファン

これは凄いことですよイッチ!

 

167:名も無きファン

まさかこれはレジェンドの働きかけで!?

 

168:他称トレーナー

その通り。それと所属する馬主の方々だね。レジェンドの呼びかけでもともとどういうものか気になってた馬主さんの方々もウマ娘のことを知ることが出来たみたいで。悪いことに使わなければいいよと寛大な対応をしてくださった。まあどっかで遊びに行かせて欲しいというお話になったけど、そんなもん屁でもないね。

 

169:名も無きファン

レジェンド!流石!

 

170:名も無きファン

イッチじゃできないことだしな!

 

171:名も無きファン

これイッチ必要か?もういらないのでは

 

172:名も無きファン

貴様、イッチがいなければウマ娘ちゃんもいないんだぞ

 

173:名も無きファン

そうだそうだー!

 

174:他称トレーナー

それでこれからの動画なんだけど今まであだ名で呼んでたのをやめて完全に本名でいくよ。ふっつーにスマートファルコンとかライスシャワーって呼んでやるからな。ほれみろ、ドトウさんも喜んでらっしゃる

【きりりとω口のまま耳をピンと立てるメイショウドトウの画像】

 

175:名も無きファン

なんかすごい誇らしげ

 

176:名も無きファン

ドットさんどうしたん?

 

177:他称トレーナー

俺と接触するとき必ずコケるんだけどたまたまコケなかった時の顔

 

178:名も無きファン

 

179:名も無きファン

必ずコケるんか…

 

180:他称トレーナー

この前なんかランニング中に畑に落ちてドトウの形のミステリーサークル作ってたぞ。俺の畑でよかった~、耕しなおしたけど。ニンジン用になる予定

 

181:名も無きファン

なにそれ可愛いけど痛そう

 

182:名も無きファン

怪我はないんか?

 

183:他称トレーナー

ウマ娘は人型だけど自分のパワーに耐える程度には頑丈だ。人間なんかよりよっぽど丈夫だよ。ちなみに今ドトウは鉄人さんのお嬢さんとお昼寝中

 

184:名も無きファン

えっうっそ何それ見たい

 

185:名も無きファン

ぜったいかわいい

 

186:名も無きファン

イッチ、たまには日常を報告するだけのスレ立ててもいいのよ?

 

187:他称トレーナー

>>186 俺じゃちょっと時間ないけど考えておくわ。

 

188:名も無きファン

需要しかないのでやって?いややれ(豹変

 

189:名も無きファン

これは命令だ!

 

190:名も無きファン

無能司令官っぽいのでその言葉はNG

 

191:他称トレーナー

ほいじゃあ次行くよ~。地元の競馬場からお話が来てるっていうのは前報告したと思うんだけど、正式に通りました!

 

192:名も無きファン

んん?ってことは…

 

193:名も無きファン

競走馬とウマ娘のレースが成ったということかっ!?

 

194:名も無きファン

う、うおおおおお!!!

 

195:名も無きファン

祭りじゃ祭りじゃ!

 

196:名も無きファン

ルールは!?ルールはどうなってる!?

 

197:他称トレーナー

おまいらもちつけ

 

198:名も無きファン

ぺったんぺったん

 

199:名も無きファン

つるぺったん!

 

200:名も無きファン

すらぁ

 

201:名も無きファン

くっ

 

202:名も無きファン

なんでそうなる

 

203:他称トレーナー

ではまず馬場はダート、距離は短距離、マイル、中距離だ。ウマ娘が馬群に飲まれるとどうなるか分からないので必ず大外スタートになる。安全上の配慮ということで納得して欲しい。しかし、ダートマイルならともかくダート中距離をやるっていうのには驚いた。地方馬主でそれに手を挙げた人がいることにもな

 

204:名も無きファン

距離は?

 

205:名も無きファン

ああ、それだけじゃわかんねえべ

 

206:他称トレーナー

短距離は1200、マイルは1600、中距離は2000で行くことになった。開催日は追って告知するけど近いとだけ言っておくよ。

 

207:名も無きファン

さて、出るウマ娘を教えてくれ

 

208:名も無きファン

分かってるけど、予想はついてるけど…!

 

209:名も無きファン

教えてイッチ!

 

210:他称トレーナー

良かろう!教えてしんぜようではないか!まず短距離、ハルウララ!マイル、タイキシャトル!中距離、スマートファルコン!どうよ?

 

211:名も無きファン

やっぱりきたあああ!

 

212:名も無きファン

いく!絶対現地で見るから!

 

213:名も無きファン

ってこれはマジなのか!?ほんとに信じていいのか!?

 

214:他称トレーナー

信じていいぜよ。既に契約書も交わしたぞ。ウマ娘のやる気もマックスだぞ

【3人で円陣を組んでおー!とやっているハルウララ、タイキシャトル、スマートファルコンの画像】

 

215:名も無きファン

あの…デジたんは?

 

216:名も無きファン

脚質が変態すぎるからっていつでも走らせようとするのやめろ

 

217:名も無きファン

だって可愛いんだもん!

 

218:他称トレーナー

デジたんは今回は流石にお休みだよ。これ、向こうの世界のお話なんだけど勝てないからってレースに出しまくってウマ娘を壊すトレーナーっていうのがいるらしい。俺はそうなりたくない、わかるな?

 

219:名も無きファン

イエス

 

220:名も無きファン

そんなトレーナーはぶっ転がせ

 

221:名も無きファン

許されませんねえ!

 

222:他称トレーナー

それに伴ってワイは3人を中心にトレーニングを見ることにした。これは全員納得済み、勿論他の子も見るけどちょっとバランスを崩す。今回地方のテレビとはいえ映るから下手なレースをさせたくない。ワイ将、本気出す

 

223:名も無きファン

イッチがガチだ…!

 

224:名も無きファン

これまでもガチガチ定期

 

225:名も無きファン

あー楽しみだな~

 

226:他称トレーナー

あ、そうだこれも言わねば。当日は勝負服、それと他のウマ娘を加えてウイニングライブやるよ。全部で18人のフルウイニングライブ。衣装も服飾ネキが作ったウイニングライブ用統一衣装だ!レース後パドックに即席のステージを立ててくれるらしい。はい喜んでいいよ~

 

227:名も無きファン

や、やった!

 

228:名も無きファン

流石イッチ!俺たちにできないことを平然とやってのける!そこにしびあこ!

 

229:名も無きファン

そこまで言って略すな

 

230:名も無きファン

ってマジで!?

 

231:名も無きファン

ホントにそこまでやるんか!?

 

232:名も無きファン

いいねいいね!絶対見に行くという心の覚悟が決まるぜ!

 

233:名も無きファン

沸いてきたぜ!

 

234:名も無きファン

うおおおおおお!

 

235:名も無きファン

なあイッチ?もしかしてレジェンドにそれ話した?

 

236:他称トレーナー

やだなあ…話したに決まってるじゃん。来るって言ってるよ

 

237:名も無きファン

こいつwwww

 

238:名も無きファン

まあスマートファルコンだからなあ

 

239:名も無きファン

あっやべ。コールの練習しないと

 

240:名も無きファン

曲!曲なにイッチ!?

 

241:他称トレーナー

まだこっちじゃやってない曲だべ。向こうじゃダートG1とかで使われる曲らしい。相応しいだろ?

 

242:名も無きファン

うおおおおおきになるうううう

 

243:名も無きファン

くそう!こうなったらカレーしか喉を通らない!

 

244:名も無きファン

飲み物と食物両方取れてるじゃん

 

245:名も無きファン

そうだけどお!比喩ってやつでえ!

 

246:名も無きファン

あーはいはい

 

247:名も無きファン

辛辣で草

 

248:名も無きファン

たのしみだあ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「併走始めてくれ!タイムはこっちで測るから」

 

 「はーい!」

 

 「イエスっ!」

 

 「がんばるよ~!」

 

 男が持つスタート用のピストルがバンっと音を立てた瞬間、3人並んでいたウマ娘が一斉にスタートを切り、並んで走り始める。走っている場所は男の持つレース場の芝コースの内側に併設されているダートコース、そして走っているウマ娘はスマートファルコン、タイキシャトル、そしてハルウララだ。

 

 土煙を上げながらほぼ同じ速度でコースを回る彼女たちをストップウォッチとにらめっこしながら男がラップタイムを切る。1ハロン約12秒、指示した通りのペースだ。あっという間に1周の1600mを走り切った3人が男の前で止まる。どうだった!?とキラキラと輝く瞳に押された男はにっこりと笑って3人を褒める。

 

 「よし!1ハロン12秒だ。完璧だな。調整的にはこれでいいだろうけど、当日は…もちろん全力で走っていいぞ」

 

 「うんっ☆ファル子のウマドルへの道、この世界での第一歩!逃げ切りシスターズをメジャーにするためにもファル子頑張るよ!」

 

 「あれ?そう言う話になってるの?うそでしょ…」

 

 「ステータス、高揚を検知。ファル子さん応援しています」

 

 「そうね!ウマドル!アイネスちゃんが来る前に土台を作っておきましょ!」

 

 なんだかスマートファルコンの方はおかしな話の流れになっているがそれはそれでやる気がわくならいいことだ。今回の競走馬とウマ娘とのコラボレーション企画を持ち込んだのは最近少し話題に事欠いたせいで入場者が減っているらしい男の地元にある競馬場。1周1200mのフルゲート12頭の競馬場だが最近は客が少なくなってきたことにより若干の斜陽を迎えているらしい。

 

 今すぐ倒産だのそういうことではないらしいが続けば緩やかに死に至る。ここらで一発話題性のあることをしておきたいという話を直接、健さんを通して男に持ち込んできたのだ。現在男が発信し続けているウマ娘はメジャーではないが競馬関係者の間の話ではそれなりの知名度とうさん臭さを持っている。馬並みの速度で走る美少女とか何の冗談だという笑い話として。

 

 動画を見たものは半信半疑、ウマ娘を直接見た場合は100%信じるという感じではあるが男はとりあえずウマ娘に話を聞くことにした、が聞くまでもなくやりたいという即答がウマ娘から返ってきて考える必要はなかったかもと苦笑したものだ。

 

 ウマ娘たちは、男を求めてこの世界にやってきた。これは覆せない事実だ。レースも家族も何もかも捨てて尚、男の方の比重が重かった。だから、この世界で男のトレーニングの下にレースを走ることが出来るのならば、それは紛れもなくかえがたい喜びなのである。

 

 そして、男もトレーナーとしてそれなりに見られるようになっている。ビワハヤヒデを筆頭にした専門知識を持つウマ娘からの聞き取りなどで男は失っていたものを取り戻したかのようにトレーナーとしての完成度を高めている。話を聞くだけで正解を導き出すあたりおかしいはずであるがそれに突っ込む者は誰もいなかった。結果、ウマ娘たちは速く強く、それでいて故障することなくトレーニングをしている。

 

 一種の妄信、依存、もはや時間の牢獄に囚われていた彼女たちにとって男は自分の一部に等しく、なくなったら呼吸すらままならない存在へと化している。それに気づいてない本人たちは今が幸せなのだとそう思っているのであるが。

 

 「トレーナーさん、当日のサクセン、これでいいんデスか?」

 

 「ああ、これで行く。というかこれ以外でお前らの安全を確保しつつ本気で走らせることはできないと思う。ウララはちょっと、難しいかもだけどな。馬と一緒に走っても安全そうなのが確認出来たらもっといろいろやってみようか」

 

 「ん~ん!私、トレーナーにこれ教えてもらったことあるもん!だから大丈夫だよ!」

 

 「そっか、でも勝とうって思わなくてもいいんだぞ?」

 

 「ううん、勝つよ。トレーナーさん。私たちウマ娘は走るために生まれてきた…だから、負けていいなんて絶対に思わない!目指せウマドルド根性!うーーーっ!っしゃいっ☆」

 

 「「おーーっ!」」

 

 野暮を言ったのは自分の方だったか、と男は恥ずかしくなり頭を掻く。スマートファルコンを中心にした円陣を組んだ3人が気合の雄たけびを上げてさあ、もう一周!となったところでひゃああああ~~~と特徴的な悲鳴が上がった。何事かと悲鳴の方を向くと、男は脱力した。

 

 「ひゃああああ~~~!?とととと、トレーナーさぁん…この子たち、どうしたんでしょう~~?」

 

 「あ~~~、多分重さんのとこの子だね。こりゃまた大所帯で」

 

 悲鳴の主であるメイショウドトウを囲んでいるのはメェ~、メェ~と鳴いているもこもこの動物…羊の群れである。男の隣、というか祖父時代から土地を貸し出して羊農家をやっている重孝という男の所の羊だろうと男はあたりを付ける。ざっと10匹ほどであろうか?たまに柵の下を掘って脱走するアグレッシブな奴がいるという話を聞いたことがあるが実際に脱走した羊を見るのは初めての男はメイショウドトウにすり寄って撫でてアピールをしたりジャージを食んでみたりする羊を見て感心している。

 

 「ふわっ、もこもこですぅ~可愛いですぅ。あっ羊さん尻尾食べないでくださいい~~」

 

 「おっと、大丈夫かドトウ」

 

 「はい~この羊さんたち、どこからいらっしゃったんでしょう?」

 

 「ぎゃわ~~~っ!?私の今日のラッキーアイテムの天然紙のタロットカードが~~!」

 

 「……食われたのか」

 

 「あっ、ね、羊さんたち。その、芝食べないで欲しいなってライスは思うんだけど…」

 

 「まあ待ってれば重さんから連絡が来るでしょ。羊でよかったわ、監視してればばらけないし」

 

 男は牛とかじゃなくて助かったと息をついた。追えば逃げる牛と違ってのんびりとした羊は脅かさなければ早々ばらけない。群居性という群れを作る性質も相まって最初の一匹を動かそうとしない限りその場で固まってくれる。そしてなぜか羊はウマ娘に興味津々だ。

 

 特にメイショウドトウとタイキシャトルにめぇめぇ集まってきている。毛刈り前らしくもっこもこの毛皮に包まれて干し草の匂いが漂う羊にウマ娘たちはメロメロだ。餌をやるわけにはいかないが撫でてみたりそのパワーでぬいぐるみのように軽々抱っこしてみたりと好きに触れ合っている。

 

 「お~~~い!スマン坊主っ!そっちに羊…やっぱりか!柵が一部腐ってたみたいでなあ」

 

 「あ、重さん。逃げ出したのってこれで全部です?」

 

 「あ、ああ。コースに傷つけたり怪我した子はいねえか?そんな狂暴な羊じゃねえが…とにかく場内に収めんと」

 

 「全然、むしろ楽しかったみたいですよ。柵の修理は終わってますか?」

 

 「今若いのがやってる。とりあえず運送車回してくるから暫くこのまま置いといてもらえんか?」

 

 「いえ、このまま運んじゃいましょう。みんな、話は聞いてたと思うから持ち上げて運ぶぞ!」

 

 「「「「「「「はーいっ!」」」」」」

 

 「……こら、たまげた」

 

 男の指示でウマ娘たちは地面で芝を食んでいた羊を次々ひょいっといかにも軽そうに持ち上げた。羊は完全に身動きを封じられ鳴くだけになっている。そのままウマ娘たちはぞろぞろとコースを出て、男と重孝に続いて羊牧場まで歩いていくのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

472:他称トレーナー

それで、落ち着いた?

 

473:名も無きファン

うん、落ち着いた

 

474:名も無きファン

興奮しすぎちまったぜ☆

 

475:名も無きファン

お許しください

 

476:名も無きファン

ん?まだなんかあるのかそう言えば

 

477:名も無きファン

衝撃が大きすぎて忘れてましたわwwww

 

478:名も無きファン

んで次なによwww

 

479:名も無きファン

これ以上のあれはもうないでしょwww

 

480:他称トレーナー

そうかな?

 

481:名も無きファン

ひょ?

 

482:他称トレーナー

そう言えばそろそろ春ですな

 

483:名も無きファン

そうだな~。この時期と言えば花見だよね

 

484:名も無きファン

まだ気が早いwww

 

485:名も無きファン

まあ個人的には皐月賞と桜花賞ですわな

 

486:他称トレーナー

それよ、それ

 

487:名も無きファン

それ?

 

488:他称トレーナー

えー、この度ウマ娘、皐月賞と桜花賞にて…特別ライブを開催する運びになりました!!!

 

489:名も無きファン

な、ななななななんですとおおおおお!?

 

490:名も無きファン

は?

 

491:名も無きファン

マジで言ってる?

 

492:名も無きファン

えっマジ?ほんとに?

 

493:名も無きファン

冗談はよしてくれ

 

494:他称トレーナー

マジよ、マジ。流石にG1レースだからウマ娘と一緒に走らせるのもコース使うのもアレって話だったんだけど…レジェンドが広めたほうがいいっていうからJHAと協力してもらってレース場を一部ジャック、レース後にガチでウイニングライブを行う運びとなりました

 

495:名も無きファン

す、すげえええええええっ!?

 

496:名も無きファン

イッチ、どんな裏技使ったんだ!?

 

497:他称トレーナー

ウマ娘に直接会いたい中央の馬主さんって多いみたいよ?

 

498:名も無きファン

あっなるほど

 

499:名も無きファン

なるほど、JHAも巨額をもつ馬主には逆らえんかったのか

 

500:名も無きファン

で、イッチホンマにやるん?

 

501:他称トレーナー

やる。やるったらやる。衣装は全員勝負服、今24人いるから12人でざっくり半分に分ける。曲も向こうの皐月賞と桜花賞のライブで使われてるやつを使う。

 

502:名も無きファン

話がでかい

 

503:名も無きファン

すげえな、ってことは地方じゃなくて地上波でウマ娘が映る可能性があるのか

 

504:名も無きファン

胸が熱いな

 

505:名も無きファン

熱くなるほどの胸があるのか?

 

506:名も無きファン

デブだからあるぞ、脂肪たっぷりだ

 

507:名も無きファン

豚も食わなそう

 

508:他称トレーナー

それで、これが上手くいけばワンチャンダービーにも呼んでもらえるかもしれない。ひいては中央でウマ娘が走れるようになるきっかけになればいいかなって。今はとりあえずウマ娘という存在そのものを知ってもらいたいわけだ

 

509:名も無きファン

なるほど

 

510:名も無きファン

中央の芝でウマ娘が走る…!みたいやつ!

 

511:名も無きファン

レジェンド全面協力だな

 

512:他称トレーナー

うん、俺たちが中央で受け入れられやすいように動いてくれてるみたいで頭が上がらない、ので今度こっちでやる模擬レースにご招待したいと思う。

 

513:名も無きファン

それがいい

 

514:名も無きファン

そう言えば皐月賞って多分レジェンド出るよな?馬は違うけど

 

515:名も無きファン

楽しみですなあ

 

516:名も無きファン

ウマ娘たちにとってはレジェンドを直接応援できるのか!

 

517:名も無きファン

ススズの声援で勝つ未来が見える見える

 

518:他称トレーナー

それでこっちはおまけなんだけど人員増強しようかなって。今回は書類仕事してくれる事務員とコースの整備をしてくれる人、それと動画編集と撮影をしてくれる人を募集するよ。詳細はDMでもしてね~

 

519:名も無きファン

ワイ将、しがないカメラ小僧。応募不可避!

 

520:名も無きファン

そっか、イッチ全部一人でやってたんだもんな

 

521:他称トレーナー

そうなんだよね。それでニシノフラワーに寝てくれないと…困っちゃいますって言われたからもう金で解決できる部分は解決しようかなって。

 

522:名も無きファン

10歳女児を泣かせる事案が発生

 

523:名も無きファン

デトロ!開けろイト警察だ!

 

524:名も無きファン

これは重罪

 

525:名も無きファン

まず寝ろ、話はそれからだ

 

526:名も無きファン

このかなり言葉を選んでる感じからして本当に心配してるのが伝わる

 

527:他称トレーナー

とりあえずは直近の地方競馬でのコラボレースに向けて頑張るよ。今日の報告はここまでにする!今からお茶会に呼ばれてるので行ってくる!

 

528:名も無きファン

いってこいいってこい

 

529:名も無きファン

ついでに癒されてこい

 

530:名も無きファン

イッチマジで体壊さないか心配

 

531:名も無きファン

ま、ウマ娘が強制的に休ませるでしょ

 

532:名も無きファン

今日は驚きすぎて疲れた…

 

533:名も無きファン

 

 

 

 

 

 




 お久しぶりです。ここで一気に話を進めることにしましたがどうでしょうかね?次回は馬とのレースで行きます。作戦は秘密ですがもしかしたらバレバレかもですね。

 ついにウマ娘が中央に殴りこむ時が着々と近づいてきました。作者も頑張って書いていこうと思います。

 あ、作中に出てくる馬ですが作者が競馬に詳しくないので全部架空のお馬さんになります。なのでここは何年の競馬なんだっていうのは完全になくなりますのでそこら辺はご理解ください。

 では次回にお会いしましょう!続けばですが!

 感想評価よろしくお願いします

K2編少し続けていい?

  • ええで
  • あかん
  • 掲示板やれ

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。