【美少女】なんか知らんのだが部屋にウマ耳ウマ尻尾の美少女が現れたんやが【降臨】   作:カフェイン中毒

31 / 64
天への祈り

120:名無しのファン

来てしまったか宝塚記念…!

 

121:名無しのファン

もうねなんかね、色々ヤバいよ俺

 

122:名無しのファン

俺も

 

123:名無しのファン

こんなんで乗り切れるんですかね

 

124:名無しのファン

だってさ!あのさあ!

 

125:名無しのファン

もちつけ

 

126:名無しのファン

それもこれも全部あの選抜レースの結果がですね

 

127:名無しのファン

ライスシャワーが勝ったんだよなあ…!

 

128:名無しのファン

なんかもうここまで来ると因縁だよね

 

129:名無しのファン

それは他の頑張ったウマ娘ちゃんたちに失礼だろうがぁ!!

 

130:名無しのファン

いつも通りの接戦でしたからな

 

131:名無しのファン

というか京都競馬場での宝塚記念っていうのがもうやばいやん

 

132:名無しのファン

ねえ聞いて

 

133:名無しのファン

どうしたのさ

 

134:名無しのファン

いや、イッチがいたら言うべきかもしれんが…ウマ娘のゴールドシップが会場で焼きそば売り歩いてるんだけど

【焼きそばのパックを持ちながらピースしてる法被姿のゴールドシップ】

 

135:名無しのファン

マジで何してんだ!?

 

136:名無しのファン

うそだろ?いやゴールドシップならまあ…

 

137:名無しのファン

クソ目立ってそうで草

 

138:名無しのファン

実際ナンパにあっていたがさらっと袖にしてた。ナンパ野郎はまさか無視されるとは思ってなかったらしくぽかんとしてたが

 

139:名無しのファン

助けてやれよ

 

140:競馬で全財産を溶かす男

確認したわ。回収してくる。うーん、俺の言うこと聞いてくれるかな?社長の言うことは3回に1回くらい聞いてくれるんだけど

 

141:名無しのファン

2回は聞いてくれないのか…

 

142:名無しのファン

イッチが心労で倒れるからやめて差し上げろ

 

143:黄金船

見つかっちまったか~~!アタシはお米の応援に来ただけだから気にすんなよ!売切れたら勝手に帰るぜ!あ、乱入していいか?

 

144:名無しのファン

ダメに決まってんだろ!ってマジ?

 

145:名無しのファン

おうおまえ俺の馬券返せや

 

146:名無しのファン

120億円事件を忘れるな

 

147:名無しのファン

走ればかやろー!

 

148:名無しのファン

ウマ娘を相手にしてるとは思えないほどの総すかん

 

149:黄金船

なあ、こっちのアタシ何したんだ?120億円事件ってなんだよ?

 

150:名無しのファン

言っていいのかこれ?

 

151:名無しのファン

競馬史に残る事件です。詳しくはお調べください、俺たちの口からはとても…

 

152:黄金船

ふーん、ってやばっ見つかっちまった!くらええええええ!!!

 

153:名無しのファン

おおっと暫定全財産ニキにゴールドシップの見事なラリアットが炸裂ぅ~~~!3,2,1…KO!パーフェクト!全財産ニキを頭陀袋に詰めてゴールドシップはどこかに行っちゃったんだけど。あと渡されたこの大量の焼きそばどうしよう

 

154:名無しのファン

加減してるよな?

 

155:名無しのファン

してなかったら首が飛んでるよきっと。あとイッチが会うたびに食らうドロップキックより有情じゃない?

 

156:名無しのファン

NARUTOかな? (震え声

 

157:名無しのファン

焼きそばうまっ!?

 

158:名無しのファン

食ってるのかよ

 

159:名無しのファン

ええい話を戻せ!宝塚記念にもどせぇ!

 

160:名無しのファン

出てくるたびにスレの話題をかっさらう女

 

161:名無しのファン

マジでなんでこの子だけ世界線を行き来できるんだ?

 

162:名無しのファン

まああの白いのと同じだし…

 

163:名無しのファン

納得できるけど納得したくない。あと一回だけだけどミスターシービーも来て戻ったけどな。その後音沙汰ないが

 

164:名無しのファン

とりあえず今日の話をしよう。ライスシャワーの宝塚記念といえばまあ、当時色々あったけれども

 

165:名無しのファン

何というか、レジェンドがスズカに会えた話みたいにいわゆる心残りを回収していってる感じよね

 

166:名無しのファン

でも今回ダートの地方競馬じゃなくて中央G1レースだしな、地力の違いはないと思うぞ

 

167:名無しのファン

というかレジェンドが出るのがヤバい

 

168:名無しのファン

ゴングドラム君順調に化け物になってるの笑う

 

169:名無しのファン

化け物で済ましていいのか?

 

170:名無しのファン

デビュー戦以降いいとこ無しだったからなあ。

 

171:名無しのファン

皐月賞前に覚醒したのはいいけど残念ながら皐月賞には体調不良で出られなかったからね

 

172:名無しのファン

なお皐月賞前の無双のおかげでダービーに滑り込んだ模様

 

173:名無しのファン

何だこの馬…?

 

174:名無しのファン

ゴングドラムくんの強みはあれですね、ロングスパートに耐えられることですね。スパート距離が長くても垂れない、何だこの馬(2回目

 

175:名無しのファン

スズカにあった後のレジェンドと合わさり最強に見える

 

176:名無しのファン

皐月賞出てたら間違いなく勝ってたのにぃ!

 

177:名無しのファン

皐月賞馬のロマンスクリニーくんフロック扱いされて可哀想

 

178:名無しのファン

実際フロック

 

179:名無しのファン

こらぁ!

 

180:名無しのファン

実際ダービーの大外まくり追い込み差しがめちゃクソ強すぎたのが悪い

 

181:名無しのファン

レジェンド「馬群が邪魔や…せや!一番大外でまくっちゃえばええねん!」

 

182:名無しのファン

そんな猛虎弁ではないだろうが思いついても実施するか普通。一歩間違えば斜行かもしれんかったのに

 

183:名無しのファン

でもなんで宝塚記念出ることにしたんだろう。ローテとしてはあり得ないというか勝ち目がないような

 

184:名無しのファン

ゴングドラム馬主「ウマ娘出るっていうからじゃあ出るかっておもって」

 

185:名無しのファン

これマ?

 

186:名無しのファン

大マジやぞ

 

187:名無しのファン

軽すぎないかダービー馬の扱いが

 

188:名無しのファン

まあ今でも語り草な馬のウマ娘がいるし…出てくるなら競わせたくもなるだろうけど

 

189:名無しのファン

まあ昔の競馬と今の競馬の勝負と考えれば確かにやりたくなるのは分かる

 

190:名無しのファン

実際どっちが強いのかは永遠の議題である

 

191:名無しのファン

さー、実況始まりました!

 

192:名無しのファン

パドック、うおっゴングドラムでっか…!

 

193:名無しのファン

いいケツしてますねえ!

 

194:名無しのファン

あっライスシャワーきた!

 

195:名無しのファン

ライスシャワーだよね?ライスシャワーなの?まじで?は?魔王とか言われた方がしっくりくるんだけど

 

196:名無しのファン

何だあのライスシャワー…!鬼か?

 

197:名無しのファン

かなり体絞ってるな。何というか強いって言葉がそのまま形になった感じ

 

198:名無しのファン

マジで同じウマ娘か?背後で悪ガキに爆竹ならされて飛び上がってたウマ娘の姿かこれが?

 

199:名無しのファン

その話はやめて差し上げろ

 

200:競馬で全財産を溶かす男

これが俺の飯を美味しそうに頬張るウマ娘と同じかあ

 

201:名無しのファン

あ、生きてた

 

202:競馬で全財産を溶かす男

うん、何か分からんけど隣のゴルシちゃんと一緒に観戦することになりそう。あといつの間に法被から私服になってるの?大人っぽくてとてもお似合いね

【パンツルックのゴールドシップ】

 

203:名無しのファン

いや、マジで美人だなコイツ

 

204:名無しのファン

何もしなければクソ美人なのになゴルシちゃん

 

205:名無しのファン

口を開けば意味不明☆

 

206:名無しのファン

ゴングドラムとライスシャワーの睨み合いの圧が強すぎる

 

207:名無しのファン

これ本当に草食動物か?肉やったら食いそうだぞ

 

208:名無しのファン

うちのじいちゃん曰く、鬼が宿っとるなとのことです。要はガチで絞ってた時のライスシャワーと同じ状態ってことですな

 

209:名無しのファン

あのCMマジでかっこよかったよな

 

210:名無しのファン

会場の空気が張り詰めすぎててヤバい

 

211:名無しのファン

もう勝ってとかいわんから無事に帰ってきてくれればそれでいいよ

 

212:名無しのファン

イッチが語ってた勝てる策ってなんだろうな

 

213:名無しのファン

ゲート入り来た…!

 

214:名無しのファン

淀の坂…!ココをどうするかが分かれ目だよな

 

215:名無しのファン

高低差かなりあるからな。あのライスシャワーならどうなるか…!

 

216:名無しのファン

別スレだとやっぱりゴングドラムとブライトモーニングの2強だな

 

217:名無しのファン

ライスシャワー応援してるぜ!

 

218:名無しのファン

ライスちゃんがゲート入りしたな

 

219:名無しのファン

くるぞ

 

220:名無しのファン

スタートだっ!出遅れ無し!流石!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイニングライブ、それはウマ娘と切っても切り離せない大事な行事。レースに勝利したウマ娘が応援してくれているファンと勝利の喜びを共有するため、歌いそして踊る。男は最初それを聞いた時にはなんだそれと考えた奴の脳みそをのぞいてみたいと思ってはいたが、実際やってみれば確かに必要で欠かせないものなのだろうと納得している。

 

 「…ね、勝てたよ。貴方もきっと見ててくれたんだよね。ライスが坂を上る前に、ライスの前を走る貴方が見えたの。自分に負けるの、いやだったから。絶対抜いてやるって頑張ったの」

 

 京都競馬場の中のある場所…興奮冷めやらぬファンが競馬場にひしめく中、立ち入り禁止となっているとある場所の前で男とライスシャワーはレースの勝利の喜びを報告しに来ていた。それはライスシャワー号の慰霊碑である、石碑に手をついて語っているライスシャワーをそっとしておいてやるべきと考えた男は無言で彼女の報告を聞いている。

 

 走る前にも決意表明のためにこの石碑に祈りをささげていたライスシャワーは、虹の橋を渡ったライスシャワー号が傍で一緒に走ってくれたんだ、と男に伝えていた。一緒に走ってくれたからライスは勝てたの、お兄様…お礼に行きたい。と男にお願いをして、男はウイニングライブまでの短い時間を利用してここにやってきていた。

 

 ライスシャワーは走った後そのまま来ているため、勝負服のままだ、どれだけ力強く踏み込んだのか靴の足の甲にまで土と芝の切れ端が付いている。レース前の鬼が憑依した彼女の姿はどこへやら今となってはいつも通りの優しく気弱で、そして秘かな自信にあふれているライスシャワーに戻っていた。

 

 こつん、とライスシャワーが石碑に額をくっつける。腰元のリボンに縫い付けられた二つの蹄鉄がカン、と音を立てる。祈る様に瞳を閉じるライスシャワー、人払いが済まされているためか会場のごった返し感とは裏腹にシンと静かでレース場の喧騒がかすかに聞こえる中彼女の祈りは続いて、やがてアメジストの瞳があらわになる。

 

 「…もういいのか?」

 

 「うん、お兄様。ちゃんとお話しできたよ。ね、お兄様…ライスをここまで連れて来てくれて、ありがとう」

 

 ぺこり、とライスシャワーは男に頭を下げる。男としては彼女に頭を下げられるいわれもお礼を言われる理由も特段見当たらないと思っていた。もちろん、純粋なその気持ちは男にとって純金どころかダイヤモンドよりも価値があるが、男にとってはやって当たり前のことをしただけなのだ。彼女らをとことんまでサポートするのが今の男の生きる意味である。何より男はそれを心の底から楽しんでいた。機械的に、受動的に金を稼いで日がな一日出かけもせず農作業とPCの前を往復するよりもはるかにやりがいを感じていたのだ。

 

 「お礼は受け取るけど、気にしないでいいよ。そもそも、ここまでこれたのは君たちがいたからなんだから。さ、戻ろうか。ライス、君のファンが君を首を長~~~くして待ってるよ」

 

 「うん!行こうお兄様!」

 

 ぽふっとライスシャワーの頭に手を置いた男、ウマ耳が手によって潰されてくにゃりと変形する。ライスシャワーはその男の手を取って繋ぎ、会場へと歩き出した。

 

 

 

 

 

 「トレーナーさん、準備はよろしくて?」

 

 「ああ、まあ俺がすることなんて何もないけどな」

 

 「否定、マスターがいらっしゃるだけで私たちは幸福です」

 

 「あ!ライスちゃん出てきたよ!」

 

 男は会場にライスシャワーを送り届け、待たせていた残りのウマ娘を伴い、パドックに赴く。パドックには既に音響機器が設置され準備が万端になっていた。そして流れる優しいピアノの音楽に合わせてライスシャワーが現れる。バックダンサーになるウマ娘はおらず、彼女だけだ。それはきちんと意味がある。

 

 「ねえ、三日月 あなたも 迷う時があるの?」

 

 緩やかで、穏やかで、そして優しい歌。会場にいるファンたちは面食らっている。なぜなら今までのウマ娘の音楽は明るく楽しく、そして元気で激しいものだったし、さらには大人数で踊る見ごたえがあるものだと、そういう認識だった。

 

 「手をかざせば今夜も たおやかな光 おぼろげにただ 浮かぶ明かりを 追いかけて駆けだすの」

 

 誰かが漏らした。美しい、と。レース前のまるで別の生き物のようだったライスシャワーとは違い、彼女の伸びやかな歌声が紡ぐその歌はただ優しい印象を観客に与えていた。芝の上に立ち片手にマイクを握って歌うその姿は一種の芸術品のようで、誰かが息をのむ音がするほどにシンと静かな会場にしみいるように響いていく。

 

 「声にならずに消えた思い 詰め込んで」

 

 「ライスシャワー…」

 

 ぽろり、と男の隣に立ってその歌を聞いていた斗馬から彼女の名前が漏れる。斗馬にはわかった。この歌は、祈りだ。ライスシャワー号の夢を引き継いだ少女の勝利が虹の橋の向こうの相棒に届くように祈る、祈りの聖歌。ライスシャワーは両手でマイクを持ち、一度瞳を閉じて開き、歌う。空の上の自分にこの歌が届くようにと。

 

 「私のささやかな祈り今 大空に放り投げた いつかあなたのように誰かの事 照らせる人になりたいだけ」

 

 音が聞こえたのだろうか、遠くから今日出走した馬たちの嘶きが聞こえてくる。シンと静まった会場にライスシャワーの祈りの歌とそれにこたえる馬たちの声が響く。ライスシャワーの祈りに同調するように馬たちも祈っているのかもしれない。

 

 「もう、泣かないよ」

 

 歌い終えた少女に一人、また一人と拍手が注がれる。男はちらりと、コースを見る。目の前を黒鹿毛が横切り、巻き起こされた風に目を閉じる。目を開けた先には何もなく、ただ男はちゃんと聞いてたんだな、とそう思うことにした。男は拍手を受ける祝福の青薔薇にもう一度大きく拍手を注ぐのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

514:名無しのファン

うおおおおおおん!!!

 

515:名無しのファン

いかんってこういうのだめだって…!

 

516:名無しのファン

マジでだめ、もうだめ。ずるいぞくそぉ…!

 

517:名無しのファン

坂を超えた時もう手に持ってたもん放り出してたよ

 

518:名無しのファン

ああ、俺の液晶画面に穴が開いたぜ

 

519:名無しのファン

興奮しすぎだろ気持ちは分かるけど

 

520:名無しのファン

ゴングドラムとの追い比べヤバかった。両方ともが前へ前へって押し進む感じでさ!

 

521:名無しのファン

というかゴングドラム化け物すぎないか!?シニア混ざってんだぞ!?ライスシャワーいなかったら一着だったんだぞ!?

 

522:名無しのファン

偉業なんだよなあ…!

 

523:他称トレーナー

やあ皆。楽しんでくれたかな?

 

524:名無しのファン

いっちぃぃぃぃぃ!!!!

 

525:名無しのファン

ライスシャワーは無事なのか!?

 

526:名無しのファン

あのライブヤバかったけど!とんでもなく美しかったけど!

 

527:他称トレーナー

ライスは元気だぞ。あとゴルシちゃんとも合流した。焼きそば食べてご満悦

【山盛り焼きそばを食べるウマ娘たち】

 

528:名無しのファン

えかった…!!

 

529:名無しのファン

まさか掲示板が一度落ちるとはな

 

530:名無しのファン

立て直されても爆速で進んできたしな

 

531:名無しのファン

あのイッチ?できればウイニングライブの曲について詳しく…!

 

532:他称トレーナー

ああ、それね。あれはライスの持ち歌だよ。つまりは、専用曲

 

533:名無しのファン

オファッ!?

 

534:名無しのファン

そんなのあるのっ!?

 

535:名無しのファン

ももも、もしかして他のウマ娘たちにも…!

 

536:他称トレーナー

あるよ~

 

537:名無しのファン

ん゛っっ!!!

 

538:名無しのファン

よーし、イッチ今すぐにそれを録音して配信するんだ

 

539:他称トレーナー

まあそれも考えるけどそれよりもあるだろ?うちのウマ娘にかける言葉的なものがさ。まあ端的に言えば、頑張ったから誉めてあげて

 

540:名無しのファン

いくらでも褒めますとも!

 

541:名無しのファン

やばい、じいちゃんがハッスルしすぎてぎっくりした

 

542:名無しのファン

おじいちゃんwwww

 

543:名無しのファン

おまえオグリキャップ限界ファンじいちゃんの孫だろwww

 

544:名無しのファン

まあそうだけどwwでもさ、じい様競馬やって長いから、ライスシャワーのことはもちろん知ってるんだよ。嬉しいと思うよ、あの日のレースの続きがここで見れたんだから

 

545:名無しのファン

いい歌だったなあ。生で見れたやつ羨ましい

 

546:名無しのファン

ほんと、綺麗だった。可愛いじゃなくて美しかった。

 

547:名無しのファン

ツブヤイターさんの拡散力ぱねえっすね

 

548:名無しのファン

G1で勝っちまったからなあ

 

549:他称トレーナー

ああそれなんだけど。JHAとしても今回ので手ごたえ感じてるみたいでまたやりたいっていうから詳細はこれから詰めるけど定期的に行うよ

 

550:名無しのファン

は?G1にウマ娘ずっと出し続けるの?

 

551:名無しのファン

それはそれで問題あるんじゃないか?

 

552:他称トレーナー

それはそう。まあ俺の常だけどなければ作ればいいじゃない。というわけで、レース新設します

 

553:名無しのファン

は?

 

554:名無しのファン

まーたイッチが壊れた

 

555:名無しのファン

何時も暴走機関車定期

 

556:名無しのファン

それでいいのかURA

 

557:名無しのファン

ふーん、なんてタイトルにするの?

 

558:他称トレーナー

これはもう決まってるんだ。昔の伝説の名馬に今を時めく優駿が挑むレース…題して「レジェンドレース」!ウマ娘一人に挑戦者として競走馬を募集して行うレースにする予定だよ!詳しくはJHAと詰めるね!

 

559:名無しのファン

ほほう、レジェンドレースとな

 

560:名無しのファン

これ、競馬界隈がかなり活気づくな

 

561:名無しのファン

物理的にレースの数が増えるわけだからな

 

562:名無しのファン

しかもウマ娘のレースだ

 

563:名無しのファン

ええやん、きにいったわ

 

 

 




 お待たせしました。これにて宝塚記念編終了となります。次回は夏だ!海だ!合宿だ!ウマ娘水着編をお送り出来たらなあと思います

 ここらでいっちょウマ娘増やしてもいいかもしれないですね。候補は4人です。だれかなだれかな~。まあ正直もうそろそろ畳んで完結でもいいと思ってきています。大風呂敷を広げまくってますから畳めなくなる前に。

 そしてやはりささやかな祈りは神曲ですねこれは譲れない。ライブのライスちゃん可愛い…可愛くない?

 ではでは次回にお会いしましょう。感想評価よろしくお願いします。

K2編少し続けていい?

  • ええで
  • あかん
  • 掲示板やれ

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。