【美少女】なんか知らんのだが部屋にウマ耳ウマ尻尾の美少女が現れたんやが【降臨】   作:カフェイン中毒

52 / 64
皇帝とカウガールの再会

1:他称トレーナー

やべえよやべえよ……

 

2:本日も名無し

イッチやんどうした

 

3:本日も名無し

今日もミスティとウマ娘は元気かい?

 

4:本日も名無し

デビューはまだかのう

 

5:本日も名無し

おじいちゃんあと少しでしょ

 

6:本日も名無し

ほんでなんかあった?

 

7:本日も名無し

イッチがこうなるとか……割とよくあるな

 

8:本日も名無し

せやな

 

9:本日も名無し

大抵なんかで大変大変言っててるイメージ

 

10:本日も名無し

なんだ!普通だな!

 

11:本日も名無し

はい解散解散

 

12:本日も名無し

推しウマ娘の話しようぜ!

 

13:本日も名無し

俺デジたん

 

14:本日も名無し

スぺちゃんやろ

 

15:他称トレーナー

えらべん!……じゃなくて!一大事なんだよおおお!

 

16:本日も名無し

なんだ、まじめになんかあったのか

 

17:本日も名無し

はい再集合再集合

 

18:本日も名無し

で?はよ

 

19:本日も名無し

おれのF5 連打を止めるんやイッチ

 

20:他称トレーナー

ああ、その、ね?シンボリルドルフがこっちにわたってきた……んだけど。三日前くらいに

 

21:本日も名無し

あんだって??

 

22:本日も名無し

シンボリルドルフってあのシンボリルドルフ?

 

23:本日も名無し

皇帝シンボリルドルフ?

 

24:本日も名無し

確か前にもこっち来てたよね?ゴルシちゃんに手伝ってもらって

 

25:本日も名無し

URAもウマ娘増えたなあ

 

26:他称トレーナー

そう、そのトレセン学園生徒会長のシンボリルドルフだ。彼女が向こうでやるべきことをすべて終えたらしくて、俺の所に来てしまった

 

27:本日も名無し

おおふ……

 

28:本日も名無し

ナンノモンダイデスカ?

 

29:本日も名無し

ナンノモンダイモナイネ

 

30:本日も名無し

ラミレスビーチの誓い

 

31:他称トレーナー

いや問題がないわけじゃないよ?ただ聞いてた話と夏のあの頃とは随分と印象が違うなあとは思ったけど。他のウマ娘の前では凛としてるし

 

32:本日も名無し

お前の前だと違うの?

 

33:他称トレーナー

なんか甘えたがりでボディタッチをされたがる。仕事してる時もナチュラルに隣にぴったりくっついて座るし目が合うとトロン、って感じで微笑むんだ。かわいい

 

34:本日も名無し

本音漏れてて草

 

35:本日も名無し

前上がってた画像ってあの凛とした顔のイケメンな美女やったよな?

 

36:本日も名無し

あれが、甘えて、とろんとほほ笑む

 

37:本日も名無し

羨ましい!

 

38:本日も名無し

なんだ惚気か貴様!許さんぞ!

 

39:本日も名無し

いい立場でござんすな!

 

40:本日も名無し

なんだ自慢か!自慢のためにスレ立てたのか!

 

41:他称トレーナー

ああその本題はここからでありまして。今日、レジェンドがミスティの調教にやってきたんですよ

 

42:本日も名無し

お、レジェンド直々の調教

 

43:本日も名無し

ゴングドラム君も忙しいのにレジェンドも忙しいねえ

 

44:他称トレーナー

ほんと、あの人大変だよなあ

 

45:本日も名無し

お前が言うな社畜

 

46:本日も名無し

鏡見ろ社畜

 

47:本日も名無し

休め社畜

 

48:他称トレーナー

泣きそう

 

49:本日も名無し

残当

 

50:他称トレーナー

もう泣かない。そんでな。ルドルフがいることがな、レジェンドにバレてもうてん

 

51:本日も名無し

はぇー

 

52:本日も名無し

レジェンドも嬉しいよな。3冠馬で皇帝な馬の魂を継いだウマ娘に会えるなんて。わしも会いたいぞ

 

53:本日も名無し

なんだろう。穏やかにコーヒー飲みながら話してそう

 

54:本日も名無し

レジェンドも穏やかな人だし似合うだろなあ

 

55:本日も名無し

何故か隣にいるサイレンススズカ

 

56:本日も名無し

ありうるwwww

 

57:他称トレーナー

スズカなら今日も元気に走ってるよ

【楽しそうに走る笑顔のサイレンススズカ】

 

58:本日も名無し

癒し

 

59:他称トレーナー

そんでな?レジェンドはURAで愛馬の魂を持つウマ娘に再会できたわけですやん?

 

60:本日も名無し

せやな

 

61:本日も名無し

それがなにか

 

62:他称トレーナー

他にも自分の愛馬にまた会いたいっていう人、多分いるわけですやん

 

63:本日も名無し

せやな

 

64:本日も名無し

くどいので結果だけ話してくれ

 

65:他称トレーナー

ルドルフの主戦だった岡本雪雄元騎手に連絡がいってもうた、たすけて

 

66:本日も名無し

まーた重い重力引き寄せてる……

 

67:本日も名無し

いやもはやそれは覚悟決めるしかないのでは

 

68:本日も名無し

そこらへんはもう慣れっこだろ

 

69:本日も名無し

良かったなあ。もう岡本さんもいい年だから会えてうれしいんじゃないか

 

70:本日も名無し

シンボリルドルフは覚えてるのか?ライスシャワーとかサイレンススズカみたいに

 

71:他称トレーナー

ルドルフは覚えてる。というか全部のレースをそらんじれるくらいに細部まで覚えてるよ。岡本元騎手の顔も、かけてくれた言葉も全部覚えてるって

 

72:本日も名無し

まじか

 

73:本日も名無し

それは、すごいな。だって言うなれば前世だろ?

 

74:本日も名無し

いくら夢で見れるとは言っても明晰夢なんてレベルじゃないじゃん

 

75:他称トレーナー

「記憶力だけは自信があるんだ。皇帝(オレ)を皇帝にした立役者の言葉を私が思いださないで誰が思いだすんだ?」ってイケメン顔で言ってた

 

76:本日も名無し

これはまごうことないイケメン

 

77:本日も名無し

何でイッチはそんなにおびえてんの?ルドルフ取られるのが嫌とか?

 

78:他称トレーナー

そんなくだらない話ではない。問題は……岡本騎手が今現在こちらに向かってるという話と、俺がたったいまアグネスタキオンになんだかよくわからん薬を飲まされて全身が光り輝いてることが問題なんだ

 

79:本日も名無し

あんだって?

 

80:本日も名無し

全身が、光り輝く?

 

81:本日も名無し

またまた御冗談を

 

82:他称トレーナー

これがゲーミングトレーナーだ

【七色に発光する男の後ろで高らかにマッドな笑いをするアグネスタキオン】

 

83:本日も名無し

ぶっはwwwww

 

84:本日も名無し

それなんか悪いものはいってない?大丈夫?

 

85:本日も名無し

うーん感動の再会にこれはあんまりすぎる

 

86:本日も名無し

アグネスタキオンは何やってるんだ

 

87:他称トレーナー

【「私はトレーナーを発光させました」というプレートを首から下げて耳を後ろに寝かしたエアグルーヴの説教を受けるアグネスタキオン】

 

88:本日も名無し

激おこエアグルーヴ

 

89:本日も名無し

これはしょうがない

 

90:本日も名無し

で、イッチマジでどうするの

 

91:他称トレーナー

しょうがないのでタキオンの実験室の薬を片っ端から飲んで消せないか試そうとしたらタキオンが泣いて謝ってきたので許した

 

92:本日も名無し

お前は自分の命を何だと思ってるんだ

 

93:本日も名無し

軽率に死のうとするな

 

94:本日も名無し

これが狂った瞳の光ですか

 

95:本日も名無し

そういう方向の狂気は持ち合わせてないと思うんだけどなあ

 

96:本日も名無し

岡本騎手はもうお年なんだから驚かすようなことするなよイッチ

 

97:他称トレーナー

タキオンが半泣きで作った薬のおかげで元に戻れたので何とかなりそうです。これに懲りたら光らせるのはやめてくれ。ミスティがビビって近寄らなくて傷ついてんだ

 

98:本日も名無し

マジでそれは傷つく奴www

 

99:本日も名無し

イッチお前wwwミスティにwww避けられたんかwwwwうぇwwっうぇwwww

 

100:他称トレーナー

そんな笑わなくてもいいじゃん!お前らだって七色に輝く奴がいたら避けるだろ!?

 

101:本日も名無し

まごうことなきHENTAIだからな

 

102:本日も名無し

つまりイッチは変態?

 

103:本日も名無し

まあある意味変態

 

104:他称トレーナー

いい加減泣くぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「意外と落ち着いてるな、ルドルフ」

 

 「ふふっそうだね。そういう君こそ、落ち着いてるじゃないか」

 

 「直前まで七色に輝いてたらそりゃ落ち着くわ」

 

 「トレーナーさん、タキオンの担当してた時大体光ってまシタヨ?」

 

 「……ホントに俺はどういうやつだったんだろうなあ……」

 

 「マイ、フェイバリットナンバーワントレーナーさんデース!」

 

 現在、URAの事務所の入り口にあるソファでシンボリルドルフとタイキシャトル、そして男が座っていた。男の目の前にいるシンボリルドルフはちょうど二日ほど前にこちらの世界にやってきている。その際の彼女は非常に落ち着いたもので考えを整理する時間は沢山あったから、とやはり私は君のそばに居たいんだという言葉を男に投げかけて翌日からトレーニングにも参加するほどのバイタリティを見せていた。

 

 そこで出会ったのがミスティストリームの調教にやってきていた豊騎で、早くもミスティストリームを可愛がっていたシンボリルドルフに出くわし、お互いに自己紹介をする流れになった。シンボリルドルフ、という名前を聞いた豊騎は恐る恐るといった形ではあるもののシンボリルドルフに対して写真を一つ差し出してこの人を覚えているかと聞いた。

 

 その写真に写っていたのはかつて彼女が彼だった時の相棒の姿でシンボリルドルフはもちろんすべて覚えていると返答した。豊騎はその言葉を聞き、調教終わりに電話をかけた。写真の人物……即ち岡本雪雄に。70歳を超えて既に引退をしてしまった岡本であっても自伝という形でシンボリルドルフを本にするほど入れ込んでいる男である。すぐに会いたいという話は男に伝わった。

 

 まあ豊騎や斗馬という前例があったので男も当然否というわけでもなく、シンボリルドルフ自身も非常に乗り気なだけあり今回の運びになったわけである。他に岡本を覚えていたのがタイキシャトルでその二人が今回お出迎え役となった。で、その前にアグネスタキオンが男の飲み物に混ぜた薬によってゲーミングに発光する事件が発生し、滅茶苦茶叱られたのは余談である。

 

 「ユキオ、ワタシには会いに来ない癖にルドルフには会いにくるなんてフコーヘーデスネ!」

 

 「こっちのタイキには結構会いに行ってると思うよ。シンボリルドルフはもう、いないからね」

 

 「むぅ、確かにユキオとワタシは初対面ですからネ、仕方ありまセン。コチラの私を可愛がってくれてるなら許しマス」

 

 「そうか……こっちの私はもういないんだったな。彼を乗せた身としては、もっとそばにいられればよかったのだが」

 

 そんなことを3人で話し合っていると、ここ最近整備されたURAの私道を通って1台の車が駐車場に入ってきた。その様子に男は大きく深呼吸して立ち上がる。それに続いてシンボリルドルフとタイキシャトルも立ち上がった。どうもタイキシャトルはテンションが振り切れているらしく尻尾が盛んに揺れているのに対しシンボリルドルフはクスリと苦笑だけしている。

 

 事務所のドアを開けて外に出ると、車の後部座席からしゃんとした立ち姿の還暦を超えたであろう老人が降りてきた。老人はこちらに気づくとハッとしたような顔でシンボリルドルフとタイキシャトルを見つめている。どうやら彼が岡本雪雄元騎手で間違いないらしい。男は彼に声をかけることにした。

 

 「初めまして、URA代表の○○と申します。岡本雪雄元騎手とお見受けしますが」

 

 「ええ、ええ、そうです。この度は無理を通してくださって感謝してます……」

 

 「良ければ事務所にどうぞ。積もる話もあるでしょう」

 

 そう言って男は岡本を応接室に案内する。まだ春とは言え冷え込む日もあるので気を利かせたキッチン担当の従業員たちが温かいコーヒーとお茶請けを用意してくれた。改めて対面に座った男が二人に促すと

 

 「コンニチハ!タイキシャトルデース!んー、初めまして?それとも久しぶりデスカ?」

 

 「ああ、やっぱりシャトル、君だったのか。あのいたずら馬がこんな美人になるなんてな。久しぶり、そして初めまして」

 

 「やあ、久しぶりだ雪雄君。見慣れない姿かもしれないが、私はシンボリルドルフだ。会えてうれしい。記憶よりも、随分男前になった」 

 

 「はは、ああ、君がシンボリルドルフ、ルドルフか。そうか、そうか……君が虹の橋を渡ってもう長い。覚えているのかい、二人とも」

 

 岡本は、二人の魂の大本の事を思い出しているらしく、そう尋ねる。男は黙ってそれを見守る、邪魔してはならないとそう思えるからだ。美人、といわれてはにかみながら頷いたタイキシャトルとその問いに深く頷いたシンボリルドルフ。かつての自分の杖を前にして彼女、彼はどう思っているのだろうか。

 

 「テイク・イット・イージー、君はそういっただろう?皇帝になること、居続けること、覚えているさ。全て、全部。君が俺の頭を、首を、腰を撫でてくれて落ち着かせてくれたこともちゃんと覚えているんだ」

 

 「ちゃんと覚えてマス!貴方を背に乗せて駆けたレース、どれも楽しかったカラ!」

 

 「そんなことまで……」

 

 ほろり、と岡本の目から涙がこぼれる。虹の橋を渡った相棒たちが、虹の橋の向こうにまで自分のことを持っていってくれていたことに、嬉しさを隠せない。すっとシンボリルドルフが立ち上がって、地面に片膝をついて岡本の手を懐かしそうに持ち上げる。

 

 「ああ、覚えているよ。この手に撫でられて、この手に支えられて俺は勝ってきたんだ。レースをさせてもらってたんだ」

 

 ぎゅっと手を握るシンボリルドルフ。ウマ娘の高い体温が岡本にかつてのシンボリルドルフの体温を想起させていた。タイキシャトルもその手に自分の手を重ねて太陽のような笑顔を見せる。男はその光景に抗いがたいほどの眩しさを感じてそっと、目を背けた。ここから先は、彼ら3人だけの不可侵のものだろうから、と。

 

 

 

 

 

 「なるほど、これが豊騎が自慢してたミスティストリームか。いい顔をしている」

 

 「だろう?トレーナー君が見込んだだけのことはあると私も思っていてね」

 

 「ハウディ!ミスティ!今日も元気そうで何よりデース!」

 

 男が二人を残して部屋を出てから1時間ほど経った。どうやら積もった話は終わったらしく部屋から出てきた3人と合流した男は折角だからとURAのトレーニング場を案内することにした。岡本はその広さと設備の充実さに舌を巻いていたが、ウマ娘のトレーニングを見ると顔が騎手のものへと変わっていた。

 

 そして、男たちを見つけたミスティストリームが今度は光ってないことを確認して走り寄ってくる。無口はついていても引き綱やそれに類するものを付けていない管理に岡本はたいそう驚いていたがミスティストリームがじっと自分を見ていることに気づくと賢そうだと声を出して笑いだす。なるほどこれは豊騎がほっておくわけはないと笑い終わってミスティストリームをひとしきり撫でる。

 

 ミスティストリームを撫で終えると男がパンと手を叩く。すると散っていたウマ娘たちが集まってきた。折角元プロのジョッキーがいるのだからレースを見てもらおうと男が声をかけると待ってましたとばかりに歓声が上がる。当然それはシンボリルドルフとタイキシャトルも同じく。短距離組や中距離組などに分かれると二人は軽い宣戦布告をした。

 

 「BANG!今日は私が一着取りに行きマース!」

 

 「すまないが、今は譲れない理由があってね。皇帝の覇道、止めてみせてくれ」

 

 その宣戦布告に対して、他のウマ娘もできるものなら!と顔を引き締めるのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

399:他称トレーナー

なんとかなったーーーー!!!

 

400:本日も名無し

おお、イッチよかったじゃん

 

401:他称トレーナー

岡本元騎手は流石に泊りがけとはいかなかったからもうお帰りになったけどお土産は渡せたから良かったわ

 

402:本日も名無し

というと?

 

403:他称トレーナー

模擬レースにてタイキとルドルフが1着をかっさらってプレゼントしてたってこと。あとビワハヤヒデも覚えてないけど1位取ってた

 

404:本日も名無し

うーんいいことだ

 

405:本日も名無し

イッチ結局光ってたん?

 

406:本日も名無し

ゲーミングしてたら流石に笑うけどな

 

407:本日も名無し

ゲーミングイッチだったんか?

 

408:他称トレーナー

そんなに光っててほしかったんか?いや光ってなかったけど

 

409:本日も名無し

ツマンネ

 

410:他称トレーナー

やっぱり騎手とは特別な絆があるのかな。それこそ俺が立ち入れないようなさー。その内騎手の方についていくってことになりそうね

 

411:本日も名無し

ない、だろなあ。それはあくまで前の自分の話であって。今のトレーナーで相棒はイッチなんだし

 

412:本日も名無し

世界超えてる時点でお前にゾッコンや、責任とって結婚しろ

 

413:他称トレーナー

俺は教え子に手はださん!元教師のプライドにかけて!

 

414:本日も名無し

ティッシュペーパーにくるんで捨てちまえそんなもん

 

415:他称トレーナー

まあ、岡本元騎手の話はこの辺にしておいて、ウマ娘のみんなが個人チャンネルを立てる話をしようと思う

 

416:本日も名無し

はぇ?

 

417:本日も名無し

どういうことですかダンナ

 

418:本日も名無し

新情報ですか!?

 

419:他称トレーナー

そろそろURAの公式動画じゃとっ散らかってくると思うからウマ娘に個人チャンネル立てさせて動画を出してもらおうかなと思いまして

 

420:本日も名無し

おお!ええやんええやん!

 

421:本日も名無し

ウオッカのチャンネルミスティストリームばっかになりそう

 

422:本日も名無し

多分どのウマ娘もあげるぞそれww

 

423:他称トレーナー

というわけなんでお試しでいくつか先に立ててみたよ!

まずはタキオン博士の実験室!アグネスタキオンが理科の事を教えてくれるチャンネルだね

 

424:本日も名無し

初期投稿トレーナーくんの光らせ方なんだけど

 

425:本日も名無し

もしかして今朝のアレか

 

426:本日も名無し

それでいいのかアグネスタキオン

 

427:他称トレーナー

彼女が満足ならそれでいいんじゃない?そんなわけで二つ目はライスとウララの合同チャンネルだね。ライスと一緒にお絵かきしたり、ウララが読み聞かせしてくれるよ

 

428:本日も名無し

そんなん爆速でチャンネル登録するに決まってるじゃん

 

429:本日も名無し

ライスちゃんお絵かき上手だからねえ。ウララちゃん個人チャンネルまかすとヤバそうだからライスちゃんと共同にしたのか

 

430:本日も名無し

もう一人ストッパー入れない?

 

431:他称トレーナー

ハイ次、今度はナイスネイチャの「ネイチャさんのお手軽おつまみ」ネイチャが家庭料理を一緒に作ってくれるチャンネルだね。彼女は料理上手だよ~

 

432:本日も名無し

俺がファン1号だあああああああ!!!

 

433:本日も名無し

させるかああああああ!!

 

434:他称トレーナー

あ、ウマ娘のファン1号は紛れもなく俺なんで。譲らないんでそこんとこよろしく

 

435:本日も名無し

勝てねえ

 

436:本日も名無し

立場使ってくるのは卑怯だわー

 

437:本日も名無し

ネイチャさんの料理食べたい。なんであんなに割烹着似合うの

 

438:本日も名無し

ほんとほんと

 

439:他称トレーナー

そんで最後が、アグネスデジタルの「今日も推しの笑顔で飯が上手い」だよ。デジタルは配信メインで行くみたいだから遊びに行ってあげてね

 

440:本日も名無し

絶対行く(確固たる意志

 

441:本日も名無し

おまえが推しだと伝えに行く

 

442:本日も名無し

これもしかしてウマ娘にスパチャできるのでは?

 

443:本日も名無し

!!!!!

 

444:本日も名無し

貴様天才か?

 

445:本日も名無し

イッチそこら辺如何なる?

 

446:他称トレーナー

スパチャは基本的にウマ娘のものになるよ~。まあURAの方の収益にも入れるから中抜きははいっちゃうけど許してね。俺の稼ぎを抜きたいからさ

 

447:本日も名無し

まあそれはうん

 

448:本日も名無し

ウマ娘に直接貢げる時代がきたか!

 

449:本日も名無し

金貯めよ

 

450:本日も名無し

然り!

 

451:本日も名無し

ありがとう、その言葉しか見つからない……!

 

 

 

 




 皆さんネタ切れの私にネタを恵んでくださってありがとうございます。皆様のエネルギーを吸収したら創作意欲が沸いたので投稿しておきます。

 まだまだ募集中なのでどんどん応募しちゃってください。待ってます

 https://syosetu.org/?mode=kappo_view&kid=291652&uid=88429

K2編少し続けていい?

  • ええで
  • あかん
  • 掲示板やれ

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。