かもす仏議の四天王  ~崇春坊・怪仏退治~   作:木下望太郎

152 / 164
五ノ巻20話  呉越同舟

 

 駆けていた、駆けていた。谷﨑かすみは息を切らして。リノリウムの廊下に靴音を鳴らして。

 駆けていくその先にはあるはずだった、望んでいたものが。四大明王を倒し、紫苑を助ければ。話し合い、大自在天に憑かれた者(シバヅキ)への対策を取ることができれば。その先に、望んでいた平和な日常が。

 

 なのに。今、かすみの足は速度を落としかけていた。

 疲れ、息切れ、それはある。敵と対峙することへの不安、それもある。

 だが。足取りを鈍くするのはそれだけではなかった。

 

 引っかかる、何かが。

 それはたとえば、四大明王が突然現れ、異界へと隔離されたことへの当惑か? それともそれ以前に、紫苑が語ったシバヅキの正体への驚愕か? 

 いや。引っかかる、それ以前、それ以前の問題として、何かが――

 

 そう考えていたとき。廊下のずっと先から、女子の鋭い声がかかる。

「谷﨑くん! 何をしている、遅いぞ!」

 

 鈴下(つむぎ)。一連の怪仏事件、直接の黒幕たる東条紫苑、その仲間。生徒会長たる紫苑と同じく生徒会役員にして、怪仏・弁才天の力を持つ者。

 そして昨日――つい昨日――、かすみと賀来に怪仏の力を植えつけ、操ろうとした者。つまりは敵。

 

 それがどういうわけか、かすみと同じ仕切りの中にいて。こうして共に走っている。いや、紡の方がずっと先を走っている。

 紫苑をシバヅキと四大明王から助ける、その目的は一致しているとしても。妙な感覚があった。

 

 紡は足を止め、急かすように手を打ち鳴らした。

「はいはいはい、急いだ急いだ! 時は誰に対しても平等だ、青春は待ってくれないぞ! 君の青春などどうでもいいが、あの明王とやらが紫苑を――」

 

 セルフレームの眼鏡をつまみ上げながら、顔をひどくしかめる。まるで自分の言葉に刺されたかのように。

「……紫苑に、危害を加えるのを。待ってくれるとは思えない」

 

 とにかく、紡の元まで走った後。かすみは小さく頭を下げた。

 すみません、とかすみが言うより早く、紡はきびすを返して再び駆け出す。

 

「待って下さい!」

 足を速め、紡の袖をつかむ。

 紡が顔をしかめ、足を止めかけたところで。先に立って早歩きしつつ、かすみは言った。

「待って下さい、そうだそれが……おかしい」

 

 紡は目を瞬かせたが、かすみについて歩を進めた。

 

 歩みを止めず、かすみは言う。

「言ってたはずです、明王たちは。『大自在天と他の欠片、それが一つになるまで待っていろ』と。『それまでの間、腕比べを所望する』『結界を解きたいなら、四尊全てを倒してみせることだ』って」

 

 紡の表情は変わらず険しい。

「……それが、何か?」

 

「おかしいですよ、何から何まで。そもそも完全に隔離されてたはずです、私たちは生徒会室で。私たち四人もだし、何より……紫苑さんと、シバヅキから」

 

「……」

 紡の視線が固まる。

 

 かすみは続けて言った。

「シバヅキの目的が、紫苑さんの血肉を得て? 力を奪うことだとして。あの場で充分に、むしろ完全に、できたはずです」

 

 紡が顔をうつむけ、考え込むように口元に拳をつける。

「……確かに。手合わせとやらに意味があるのか、それは置くとして。四尊を倒せば結界が解ける、そのチャンスをわざわざ作ってやる。その意味が無い……少なくとも無いように見える、か」

 顔を上げて続けた。

「だが、どうだろう。明王というのはいわば、荒事(あらごと)専門の神仏(ほとけ)。仏法を害する敵を排除し、救われようとしない者を力ずくにも救う存在と聞く。その怪仏とくれば『戦い』に対する業、執着。そうしたものがあるのではないかな」

 

 かすみは小さく首をひねる。

「それは、あるのかもしれませんが。自分たちに取って無意味なチャンスを私たちに与えてまで、そうしたいものでしょうか」

 

 紡は鼻から息をつき、首をひねった。

「つまりは。奴ら、何か企んでいるのでは、と。たとえばそうだな……何かしらの時間稼ぎ、だとか」

 

 時間稼ぎ。その可能性はあるかもしれない、不必要な戦いを強いることで時間を稼ぐ。しかし、仮にそうだとしても。何のために時間を稼ごうと? 紫苑から力を奪うのに、そんなに時間が必要なものか? あるいは、何か他にやろうとしていることが――

 

 歩きながらも考え込んでいたとき。

 紡が不意に手を叩き、かすみの肩がびくり、と跳ねる。

 

「まあ何だ、とにかくだね! 仮に時間稼ぎ、その目的があるとしても、だ。要は、奴らに時間を与えてはいけない……それは変わらないはずだ」

 顔を歪め、音を立てて歯噛みする。

「紫苑を、どうにかする暇など……あいつらに与えてなるものか」

 拳を握り、指を握り鳴らした。

「ブチ殺す。結界を解き、紫苑を助ける。そしてシバヅキをブチ殺す。変わらないはずだ、私たちが奴らにやるべきことは。そして」

 

 歩みを止め、かすみの目を見る。

「私たちの、ああつまり、私と君たちのやることは。同じはずだ」

 目をそらして言う。

「……悪かった、君たちを巻き込んだことは。あるいは君たちを、軽んじて扱ったことは。だが、今はとにかくやるべきことをやろうじゃないか。……先に行くよ」

 靴音をばたばたと立て、膝下に届く長いスカートをひるがえし。大股に駆け出した。

 

 追って駆け出しながらかすみは思う。

 そう、四大明王の目的が何であろうと。確かにそれがやるべきこと、そのとおり。

 

 だが、と頭のどこかで思う。

 それが果たして、引っかかっていたことだろうか。

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。