貴方は中央トレセン学園から追放されることを希望しています。   作:はめるん用

148 / 169
うわぁ。

「ハッピーカムカム~♪ ふむ、3と4のフルハウスですか。悪くないですね~。はい、どうぞ」

 

「ここは……5をキープ……いや、そんなシケた真似は好みに合わねぇ。……スモールストレートか、まぁいいだろう。ほらよ」

 

「ふっふ~ん! ワガハイの手にかかればサイコロだって余裕だねッ! ……3がみっつかぁ。ま、験担ぎってことで。はい」

 

「こーゆー勝負はアタシ向きじゃないんだけどねぇ。……6、6、5、3、4と。これはチョイスでいいのかな? ほら、フジ」

 

「おっと、これは少し強気に攻めないと危ないかな? ……4のフォーナンバーズ、最後のピースは6だけど怪しくなってきちゃったかな。はい、どうぞ」

 

「盤面で踊るダイスが奏でる旋律……果たして福音となるか、それとも慟哭となるか。……フッ、ビッグストレートだ。勝利の美酒は我が杯を満たすか。さぁ、次の紡ぎ手は誰だ?」

 

「それではわたくしの番ですわ~。サイコロさま、どうか大きめの目を出してくださるようお願いしますね~。えいっ。……まぁ。全部1が出てしまいましたわ~」

 

『『『『──ッ!?』』』』

 

 

 

 

「なぜかはわからないが……なんとなく、あのままブライトが圧勝しそうな気がするな」

 

 それはそう、と同意を返しつつ貴方はエアグルーヴが差し出したトレーニング計画表を確認して修正を加える作業を続けています。

 

 トレーニング計画表は出来映えの良し悪しとは別に、提出したウマ娘たちの個性が反映されることが多々あります。几帳面な性格であれば丁寧なスケジュールが記入されており、自由な性格をしているウマ娘であれば大きく『臨機応変!』と書いて提出した結果、貴方のアイアンクローを味わうことになります。

 中にはトレーニングプランではなく『推せる併走トレーニングシチュエーションについて』という内容で数万文字の長文をよこしたり『焼きそばの調理法とスーパーボイド生成の関連性について』という内容を3000文字ほどのフランス語でまとめて置いていった猛者もいたりします。

 

 あるいは、取り引きした覚えのない芦毛のとあるウマ娘がルーム等で口にした食事に関して『もっと量を増やしたほうが皆が幸せになれると思う』という意見書を持ってきて担当トレーナーが謝罪しながら回収していったこともありました。

 

 そしてエアグルーヴは貴方に手直しされる前提で強気のトレーニングプランを計画することが基本なのですが……今回は修正するよりも先に確認しなければならないことがあるようです。

 今日に限って妙に上機嫌であり、しかもこの雰囲気は自分自身に関する変化ではなく後輩の誰かに良い出来事があったときの機嫌の良さであることを貴方は知っています。そして、それについての心当たりと言えば。

 

「フッ……なに、私への憧ればかりを口にしていた後輩がな。正面から『いずれトリプルティアラのウマ娘として先輩に勝負を挑んでみせます!』と言われたよ。さすがに勝ってみせる、とまでは宣言できなかったらしい」

 

 なるほど、そんな強力なライバルが誕生する予定があるとなればトレーニング内容もレベルアップが必要だろうと貴方は必要最低限の手直しだけをしてトレーニング計画表をエアグルーヴに返却しました。

 

 

 こうした予想外の成果を得られるとなれば、たまには学園側が催す模擬レースに参加するのも良いものだと貴方は自分の判断力を自画自賛して軽く酔いしれている様子。

 

 ドーベルトレーナーから敵意を引き出すついでに、模擬レースに参加しているウマ娘たちとその担当トレーナーたちにも悪意をばら撒くことができればそれでヨシ! と貴方は考えていました。

 しかしフタを開けてみればご覧の通り、なぜかドーベルトレーナーはメジロドーベルに憧れの先輩であるエアグルーヴに宣戦布告できるほどの自信とやる気を与えることに成功したようです。

 

 ついでにメジロブライトにも“仮トレーナー様”が現れてくれれば儲けモノです。そしていずれは本命のトレーナー様としてトゥインクル・シリーズに挑む彼女を支えてくれれば完璧ですが……そちらに関してはまだまだ慌てるような時間ではないと貴方に焦りはありません。

 

 それはなぜか? 実は貴方は今回の模擬レースがスローペースになったことについて、偶然にも夜間居残り組のウマ娘から“ほかのトレーナーたちがメジロブライトの末脚を警戒した結果ああなったらしい”という情報を得ているからです。

 つまりはそれだけメジロブライトというウマ娘を評価しているトレーナーが大勢いた、ということになるでしょう。高等部でありながらひとりだけ中等部のウマ娘に混じっての模擬レース、それだけでも評価に影響しそうなものですが、そうした表面的な情報に惑わされることなくウマ娘の才能と将来性を見抜くことができるトレーナーがいるワケですから貴方にはメジロブライトについて心配する理由などないのです。

 

 

 急いては事を仕損じる、追放の道も一歩から。全てが順調に進むせいで次々と追放プランが思いつき行動してきた貴方ですが、たまには余裕をもってメジロブライトのようにのんびりと構えて過ごすのも良いだろうと次のトレーニング計画表を手に取り──ちょっと用事ができたと言い残してハリセンを片手にルームを出ていくのでした。




次回はブライト視点です。

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。