デジモンアドベンチャー エクストリーム~6色の新たなる選ばれし者達の冒険~   作:瑞田高光

15 / 19
明るい鳥の心に秘められし真の心と静かなる少年の心に宿る慈しみの心

「それでね…………」

 

「へぇ、そうなのか…………」

 

「そうなのよ! その時にね…………」

 

「…………」

 

 思いがけぬ空との出会いを果たした錦はどうしていいか分からず、口数が少なくなっていた。

 それをみかねたムーチョモンが、空とピヨモンを招き入れて空達の旅を聞かせてほしいと提案した。空とピヨモンはそれを快諾し懐かしそうに話し始めた。

 しかし、空とピヨモンは嬉しそうに話しているのを見た錦も最初の内は話の輪に入れていたが、ムーチョモンの相槌の勢いに押されてしまい、また話せなくなってしまった。3人(1人と2匹)は楽しそうに会話しているのを錦は軽く微笑しながらフウッと部屋の様子を見渡していた。すると、錦の目線は一つの写真立てで止まった。

 その写真には、一人の男の子とムーチョモンが笑いながら映っていた。そして、その男の子の手には薄紅色に輝くデジヴァイスが光っていた。

 

「アッ……」

 

 ムーチョモンが錦の目線に気付き、慌ててその写真立てを手(翼?)にとって戸棚の中へと仕舞った。

 

「? さっきの写真って……」

 

「あ、あぁ。アレは前に人間の子どもが来てな。それで記念にっつうんで撮った奴なんだ。それで出会えた記念にって俺にもくれてな……全く、困ったもんだぜ…………」

 

「へぇ、そうなの……」

 

 空の問い掛けにムーチョモンは少し早口になりながら答えた。空は何の疑問も持たずに頷いていた。しかし、錦はムーチョモンの話し方に疑問を抱いた。

 錦は話を聞くのが得意な為か、自然と相手の口調で相手がどんな感情で話しているかが大まかにだが、分かるようになっていた。そして、ムーチョモンの話し方を聞いていた錦は一つの結論に達した。

 

「(もしかして、あの男の子は……ムーチョモンのパートナーだったんじゃ…………?)」

 

「それじゃあ……私達はそろそろお暇(いとま)させてもらおうかしら…………錦君。良かったら、一緒に行かない?」

 

「え、あ……はい」

 

 錦が考え事をしていると、空は立ち上がって錦に声を掛けた。錦は考え事をしてたせいで少し戸惑いのある返し方になっていた。

 

 

「…………あの、ムーチョモン?」

 

「……なんだい?」

 

 そして、いざムーチョモンと別れようと言うときに錦は意を決してムーチョモンに話し掛けた。ムーチョモンは首を少しかしげて訊ねた。錦は少しの間無言になっていたが……真っ直ぐムーチョモンの目を見て問い掛けた。

 

「あの写真に写ってたのって……ムーチョモンのパートナーなんじゃない?」

 

「なっ……!?」

 

「「えっ!?」」

 

 錦の予想外の問い掛けに空とピヨモンは驚き戸惑っていたが……一番驚いていたのはムーチョモンだった。目を見開き、口(嘴)は開いたまま硬直していた。

 

「だって、写真に写ってたムーチョモンも男の子も……笑ってた。少し迷惑に思ってたのなら、あんな笑顔になれないし…………さっきのムーチョモンの言葉もあの写真について詳しく突っ込まれたくないって思いが伝わってきた。もし、良かったら……彼のことを教えてほしいんだ」

 

「…………っ!!」

 

 錦は目線を下に落としてポツポツと自分の感じとった違和感を話し、再び目線をムーチョモンに向けて、教えてくれと頼んだ。ムーチョモンは目線を右下側に逸らして体を震わせていた。そして、フッと両手(翼)を下に垂らして錦の方に顔を向けた。

 

「…………分かった。何処から話せば良いんだ?」

 

「彼の事や、この世界に起きてること……君の知ってる範囲内で」

 

「あぁ……分かった。話すよ、俺と……俺の大切なパートナーであり……親友(とも)、勇気(ゆうき)の話を。そして……この世界で何が行われているのか…………をな

 

アレは一昨年位……だった、かな。俺はある少年と出会った。そいつは気弱な奴でな、ちょっとした事で体の調子が悪くなり、薬を飲む奴だった。でも、明るさは人一倍あった。俺はそんなアイツ……勇気の事が気に入って、共に行動をすることにした。アイツの体のことを考えると長旅には出来なかったが、それでも楽しかった。

 

しかし、ある日奴等はこの世界にやって来た。最初は何をしているのか分からなかったが……ある日、突然奴等が現れて…………勇気を……連れ去ったんだ……!

体の弱い勇気は立ち向かうことなく連れ去られ……俺はそれを止めようとしたが…………こう言われた。

 

『お前なんぞ殺す価値もない』

 

ってな……俺はそれに何も言い返せなかった…………とまぁ、だいたいこんな所だ。俺の知ってる事は……」

 

 ハハッと気丈に振る舞い軽く微笑むムーチョモンだったが、その微笑みはどこか悲しみや悔しさがどことなく感じれ、その声も力強いものではなかった。

 

「……なんで」

 

「…………え」

 

「そんなに辛い話なのになんで笑えるの? ……いや、笑ってるつもりなの?」

 

「な、何を言って「辛いんでしょ? ……だって、涙流してるもん」……ち、違…………!」

 

 ムーチョモンは驚きの表情のまま無理矢理て腕(片翼?)で涙を拭おうとしたが、それを空と錦に止められた。

 

「ダメよ。辛い事から逃げ出したい気持ちも分かる」

 

「でも、逃げてるだけだと……何も変われない。ただ過去に囚われているだけ」

 

「そ、んなこと……ねぇよ…………っ!」

 

 空と錦の優しい言葉にムーチョモンは体を震わせ、自分の視界が次第に滲んで来るのが分かった。

 

「ちく、しょう……なんで…………涙がこんなに出るんだよ…………」

 

 下を向きながら涙を流すムーチョモンに手(翼)を離した錦が優しく体を包み込み、優しく言葉を掛けてあげた。

 

「僕、君の辛さを分かち合いたい。君の事、助けてあげたい……だから…………今は、泣いてて、良いよ」

 

「っ!! …………くっ……う、うぅ…………」

 

 錦の言葉にムーチョモンはただ声を殺して静かに錦の胸の中で涙を流したのだった…………

 

 

 

「すまねぇな、こんなとこ見せちまって……」

 

「……ううん」

 

 少し時間が経過し、ムーチョモンが錦から離れて頬を掻きながら呟くと錦はフルフルと首を振った。すると、ムーチョモンがアッと声を漏らして家の中へと入っていき……数分して再び出てくると、その右手(翼)の中には1つの明るい紅色の機械が握られていた。その機械に空は形は違えど見覚えがあった。

 

「それって……デジヴァイス?」

 

「うん、勇気のだよ。これを……君に持ってて欲しいんだ」

 

 そう言ってデジヴァイスを持った右手(翼)を錦に差し出した。

 

「えっ……で、でも…………それは」

 

「確かに、これは勇気との絆だ。でも、これをお前に渡したからって絆が無くなる訳じゃねぇ。それに、俺はお前と一緒に旅をして勇気を取り戻すって……今、決めたんだ。文句は言わせねぇぞ」

 

 戸惑う錦にムーチョモンはニカッと笑って話し掛けた。

 

「…………分かった」

 

 錦はムーチョモンの決意を決めた表情に頷いて応え、それを手に取った。すると、デジヴァイスは光輝き始め…………光が収まると、そこには鮮やかな若草色に変わった一風変わった形のデジヴァイスになった。

 

「これ、色が……」

 

「きっと、お前……錦をそのデジヴァイスの持ち主だとデジヴァイスが認めたんだろうな」

 

 デジヴァイスの色が変わった事に驚く錦にムーチョモンは目を細めて呟いた。すると、突然何処からか轟音が轟いた。

 

『っ!?』

 

「この音は…………まさか!」

 

 轟音の音源に検討をつけたムーチョモンは顔面蒼白となり慌ててある方向へと駆けていった。

 

「え、ちょ……!」

 

「っ?! 追いかけるわよ!」

 

「うん!」

 

「う、うん……!」

 

 その行動の早さに戸惑う2人と1匹だったが、いち早く空が元に戻り、錦とピヨモンに声を掛け、共にムーチョモンの後を追った。

 

(無事でいて……ムーチョモン!)

 

 錦はその手にギュッとデジヴァイスを握り締めて胸に当てつつパートナーを追いかけた。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。