科学技術全盛時代に精霊の居場所は   作:はなみつき

25 / 29
影の行進

 世良  VS  レイノハート

 

 LP4000    LP4000

 

「俺のターン、ドロー!」

 

 通常ドローで手札に加えた『壱世壊=ペルレイノ』を横目に思考する。

 

 俺の場にミドラーシュが居る限り、特殊召喚は一回までしか出来ない。これは相手だけに適用される効果では無く、俺にも及ぶ。これを回避するには、ミドラーシュをフィールドから退かしたり、『月の書』等で裏側守備表示にする必要がある。

 

 キトカロスの攻撃力が2300と、ミドラーシュの攻撃力より100だけ上だが、『壱世壊=ペルレイノ』を発動させればミドラーシュの攻撃力は500上昇し、キトカロスを戦闘破壊する事も出来る。ミドラーシュがキトカロスを破壊するとなれば、罠であろう伏せカードを使わせることが出来るかもしれない。

 そして、メインフェイズ2で次のターン以降に向けて妨害を構える。

 

 現代遊戯王ではカードをプレイする順番も大事になる。展開が止まるようなマストカウンターを受けない様にするためにも、如何に重要なカード以外で妨害を使わせるか、という事だ。

 

「フィールド魔法、『壱世壊=ペルレイノ』を発動する。発動時効果で『ティアラメンツ・シェイレーン』を手札に加える」

「好きにしろ」

 

 盤面を強固にするのも一つの手だが、ミドラーシュの攻撃力はペルレイノによって攻撃力は500アップしているため、ここは仕掛けて相手の出方を見る。

 

「バトルフェイズ! ミドラーシュでキトカロスを攻撃!」

 

 ミドラーシュが持つ杖から伸びる影糸がキトカロスに襲い掛かる。

 

「リバースカードオープン。『壱世壊に軋む爪音(ティアラメンツ・メタノイズ)』」

「使って来たな」

 

 レイノハートのフィールドに伏せられていた一枚のカードが表になり、罠カードが発動される。

 

「『壱世壊に軋む爪音(ティアラメンツ・メタノイズ)』は私のフィールドにティアラメンツモンスターが居る時に発動できる。貴様の場のミドラーシュ(人形)を裏側守備表示へ変更する」

「くっ……」

 

『エルシャドール・ミドラーシュ』

 レベル5 DEF800 闇

 

 ミドラーシュが攻撃表示から裏側守備表示に変更されることによって、バトルは発生しない。

 だが、これで俺も特殊召喚制限は解除される事になる。

 

「さらに、その後、デッキからティアラメンツモンスターを一体墓地へ送る。私が選ぶのは二枚目のレイノハート(私自身)だ」

 

 効果でティアラメンツモンスターを落とされたか……。三人娘には共通効果で墓地へ送られると融合召喚する効果を持っている。となれば、レイノハートにも同じ効果が備わっていると考えた方が自然だろう。

 

「レイノハートの効果発動。このカードを特殊召喚し、手札からティアラメンツカードを一枚選んで墓地へ送る」

「何!?」

 

 レイノハートの効果は自身の蘇生効果! 

 しかも、この特殊召喚によってデッキからまたティアラメンツモンスターを墓地に送ることが出来る。融合召喚効果を起動させつつ、素材を確実に供給するコンボか。

 

「私は『ティアラメンツ・メイルゥ』を墓地へ。さらに、レイノハートの召喚に成功したことでデッキから『ティアラメンツ・ハゥフニス』を墓地へ送る」

『うう……私まで……』

『……好き勝手してくれる……』

 

 シェイレーンだけでなく、メイルゥとハゥフニスまで……。

 

「そして、墓地へ送られたメイルゥの効果発動! 墓地のメイルゥ(このカード)とハゥフニス、そしてフィールドのレイノハートをデッキの下に戻す」

「素材三体による融合モンスター……ッ!」

 

 俺が知っているティアラメンツの融合モンスターはキトカロスのみ。複数テーマの混合デッキで無ければ今から出てくるモンスターは俺の知らないティアラメンツモンスター。

 

「壱世壊を統べる水底の王。その威容を以って全てを支配する……融合召喚!! 現れろ、『ティアラメンツ・カレイドハート』!!」

 

『ティアラメンツ・カレイドハート』

 レベル9 ATK3000 闇

 

 ティアラメンツを三体素材にして現れたそのモンスターは怪物化したレイノハート。戦士然としていたレイノハートとは打って変わって悪魔の様相を呈している。

 

「フハハハハハ! 素晴らしいだろう! これが王の姿というものだ!!」

 

 その悍ましい姿に俺は思わず後ずさりしてしまいそうになる。だが、こんなところで引く訳には行かない。

 

「さらに! カレイドハートの効果発動! このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールドのカード一枚をデッキに戻す。私が選ぶのは『壱世壊=ペルレイノ』」

「くっ……」

「そのカードは厄介なので消えてもらおうか」

 

 カレイドハートはレイノハートの時に持っていた物とよく似た鞭を振るい、俺のフィールドに置かれたペルレイノを薙ぎ払う。ペルレイノがある状態でフィールドのティアラメンツモンスターがデッキ、EXデッキに戻った場合に発動できる破壊効果を警戒しての事だろう。

 

 墓地が第二の手札と呼ばれ、シャドールやティアラメンツの様に墓地に行くことで効果を発動するカードが増えた昨今では再利用がしにくいデッキバウンスは非常に強力な除去方法の一つと言える。

 

「バトルフェイズはそのまま続行する!」

「余りの恐怖で狂ったか? 貴様の場には無力なハゥフニス(小娘)一匹しか居ないだろう」

「そんなことは無い。俺は手札から速攻魔法、『神の写し身との接触(エルシャドール・フュージョン)』を発動する。フィールドのミドラーシュと手札の『超電磁タートル』を墓地に送る!」

 

 裏側になったモンスターを使うことが出来ないリンク召喚やシンクロ召喚、エクシーズ召喚と違い、融合召喚は裏側守備表示のモンスターも素材とすることが出来る。そして、現在EXモンスターゾーンを埋めているミドラーシュを素材にする事によって改定前マスタールールの制約を潜り抜けて行く。

 

「輝石の力を受け継ぐ影の姫。輪廻から外れた者達を導く光となれ! 融合召喚! 現れろ、『エルシャドール・ネフィリム』!!」

 

 俺のエースカード、ネフィリム。

 巨大な人形の天使が裏側になっていたミドラーシュの影から現れる。

 

「また人形か? つまらん男だな」

「バカにするなよ。特殊召喚に成功したネフィリムと墓地へ送られたミドラーシュの効果発動。まず、ネフィリムの効果によってデッキからシャドールカードを一枚墓地へ送る。俺が選ぶのは影光の聖選士(レーシャドール・インカーネーション)。そして、ミドラーシュの効果によって墓地のシャドール魔法・罠カードを手札に加える。俺は『影依融合(シャドール・フュージョン)』を選ぶ」

 

 デッキから墓地へ、墓地から手札へとカードの移動が起こる処理を終え、俺は少年時代にいつも助けられたネフィリムの力を使う。

 

「バトルだ! ネフィリムでカレイドハートを攻撃する! この時、ネフィリムの効果発動! ダメージ計算を行わずにカレイドハートを破壊する!」

 

 ネフィリムが持つ特殊召喚されたモンスターに対する強力な戦闘耐性。特殊召喚されたモンスターと戦闘を行う時、ダメージステップ開始時にそのモンスターを破壊する効果。

 これなら攻撃力で勝るカレイドハートを破壊することが出来る。

 

「甘いな。攻撃力が低いモンスターで攻撃するとは……何かありますと言っているようなものではないか! カウンター罠、『壱世壊に澄み渡る残響(ティアラメンツ・クライム)』!」

「何だ、あのカードは……」

 

 開かれたリバースカードは俺の知らないティアラメンツ罠カードだった。しかし、そのカードのイラストは黒い靄で覆い隠されているかのようであり、そのイラストを確認することが出来ない。

 

「フィールドにティアラメンツモンスターが居る時、貴様のモンスター・魔法・罠カードの発動を無効にしデッキに戻す。そして、手札からモンスターを一体選んで墓地に送る」

「なっ!」

 

 ネフィリムの効果が無効化されるだけでなく、EXデッキに戻されてしまう。しかも、墓地に送られなかったために墓地からカードを回収する効果も使うことが出来ない。

 

「墓地に送るのは『ティアラメンツ・メイルゥ』だが、既にこのターン効果を使用しているため効果は使えない。貴様の場のモンスターはその役立たずだけになったな? さ、どうする?」

「……メイン2へ移行」

 

 だが、これでレイノハートの手札はゼロ枚、伏せカードも使い切った。

 ボードアドバンテージこそ負けているが、手札の数を考えればまだまだ戦える。

 ネフィリムがデッキに戻ってしまったのは痛いが、それによってEXモンスターゾーンが空くことになった。相手の場にEXデッキから特殊召喚されたモンスターが居るため、『影依融合』によるデッキ融合も可能だが……。

 ここは彼女に手助けしてもらうことにしよう。

 

「手札の『ティアラメンツ・シェイレーン』を特殊召喚し、手札からモンスター一体を選んで墓地に送る。俺は『シャドール・ビースト』を選ぶ」

『私の出番ね』

「その後、デッキから三枚のカードを墓地へ送る」

 

 墓地へ送られたのは『壱世壊=ペルレイノ』、『ハーピィの羽箒』、『死者蘇生』。

 これはついていない……。デッキトップからランダムに墓地に送る都合上、こう言う事もあるだろう。だが、とりあえず問題は無い。

 

「そして、墓地に送られたビーストの効果で一枚ドローする」

 

 引いたカードは二枚目の『影依融合』。このカードは1ターンに一度しか使えないため、二枚持っていても使いどころは限られる。

 

 俺のフィールドにはシェイレーンとハゥフニスの二体。

 

「現れろ! 想いを繋げるサーキット!」

 

 俺の宣言により、空中にリンク召喚を表すマーカーが出現する。

 

「召喚条件はリンクモンスター以外のモンスター二体! シェイレーンとハゥフニスをリンクマーカーにセット! サイバース世界を自由気ままに駆け巡る。彼女が運ぶはこの世の全て! リンク召喚! リンク2、『I:Pマスカレーナ』!」

 

『I:Pマスカレーナ』

 リンク2 ATK800 闇 リンクマーカー:左下、右下

 

「ほう? イイ女を連れているじゃないか。貴様を消したらその女を私の物にしてやろう」

『ひょえぇ……ラッセさん、あんな気持ち悪い奴はさっさと倒しちゃってください!』

 

 下卑た目でマスカレーナを見つめるレイノハートに堪らずマスカレーナは俺の後ろに隠れるように移動する。

 

「そんな事にはさせないさ。さらに、手札から『影依融合』を発動する! デッキから『シャドール・ヘッジホッグ』と『影依の巫女(ノエルシャドール)エリアル』を墓地に送り、融合!」

「デッキ融合か」

 

 『影依融合』は相手フィールドにEXデッキから特殊召喚されたモンスターが居る時、デッキからも融合素材を選ぶことが出来るシャドール専用の融合魔法。

 ミドラーシュを融合召喚するためにデッキに戻したヘッジホッグと真空管に囚われたウィンダのかつての友人のあり得たかもしれない姿を模したカードを融合の素材とする。

 

「儀水の果ての果て……例えその姿を変え、魂を変質させようとも、確固たる意思は変わらない。 融合召喚! 現れろ、『エルシャドール・アプカローネ』!!」

 

『エルシャドール・アプカローネ』

 レベル6 DEF2000 闇

 

「墓地に送られたヘッジホッグとエリアル、そしてアプカローネの効果を発動! ヘッジホッグの効果でデッキから二枚目の『シャドール・ビースト』を手札に加え、エリアルの効果でお前の墓地に存在する『壱世壊に軋む爪音(ティアラメンツ・メタノイズ)』、『壱世壊に澄み渡る残響(ティアラメンツ・クライム)』、『ティアラメンツ・メイルゥ』を除外だ!」

 

 俺の墓地から現れた黒い手がレイノハートのデュエルディスクに伸びて行き、奴の墓地に存在する三枚のカードを除外していく。理想はティアラメンツの融合素材となるモンスターが三枚墓地にある時に使いたかったが、相手のフィールドにキトカロスが居るため、墓地のメイルゥの効果を利用させない必要があった。

 

「さらに、アプカローネの効果でカレイドハートの効果を無効にする!」

「貴様……」

 

 アプカローネが持つ儀水鏡の杖から伸びた影糸がカレイドハートに繋がり、何かの力が抜けて行く様子が伺える。

 デュエルディスクで奴のカードの効果が確認できない今、未知の能力を持つ可能性があるカレイドハートの効果を無効にしておく。

 

「俺はターンエンドだ」


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。