幻想郷に中途半端に転生したんだが   作:3流ヒーロー

9 / 48
たくさんの感想・御指摘ありがとうございます。

少しずつ修正していきます。


身近な物の価値には気づきにくい

 

 

 

魔法の森の入り口には一軒の店がある。

 

 

物が雑多に置かれている風景はゴミ捨て場のようにも見える。幻想郷に住むほとんどはそれらが何のための道具か見当も付かないだろう。

 

 

それもそのはず。ここにあるのは幻想郷の外から流れ着いた道具達。この店、香霖堂は幻想郷で唯一外の道具を預かる店だ。

 

 

 

 

 

 

カランッ

 

 

扉を開けて中に入る。様々な道具が棚や箱に入れられ所狭しと並んでいる。全体的に埃っぽく店というよりは物置に近い。

 

 

その奥の机に新聞を広げて座っている青年といえる年頃に見える男、この店の店主森近霖之助は新聞に向けていた顔を上げ入ってきた相手を見た。

 

 

「やあ、ひしがき。いらっしゃい」

 

 

「おじゃまします」

 

 

ひしがきは霖之助に軽く頭を下げて挨拶した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この二人の出会いはひしがきが博麗を名乗ってから始まった。霧雨の主人の勧めで何か必要な道具があったら訪ねるといいと勧められたからだ。

 

 

ひしがきは生き残る上でその可能性を少しでも上げるべく、知識の中から主人公達に様々な道具を作っていた香霖堂へと向った。霖之助もまたひしがきの立場に協力的に力を貸すことにした。

 

 

「調子はどうだい?」

 

 

「変わりありません。毎度、死にかけてます」

 

 

「………あんまり良くないみたいだね。無理するな、とは君の立場から言えないだろうけど体には気を付けるんだよ」

 

 

「一応、分かりましたとだけ言っておきます」

 

 

苦笑しながら軽く話すとひしがきはさっそく本題に入った。

 

 

「それでなんですが、また頼みたいことがあるんです」

 

 

「ふむ、なんだい」

 

 

「魔法の触媒を作って欲しいんです」

 

 

そういうと霖之助はふむ、と口に手を当て考えた。

 

 

「何の為に使うつもりだい?」

 

 

「少しばかり試したいことがあるんですよ」

 

 

そういうとひしがきは理由を霖之助に話し始めた。

 

 

元々ひしがきは結界と霊力の行使を主に戦ってきた。それほど霊力の内容量が多くないひしがきが霊力を使う理由は機動力の確保と槍という武器を使うためである。しかし、今までは運良く無事に生き延びてきたがこれからを考えると明らかに不足だ。

 

 

霊力はそう簡単に増えるものではない。生まれつきの素質が多くを占める上に生半端な方法では増量は見込めない。少しでも無駄を省く為、効率的に活用するための方法を模索し検証してきたが今以上の成果は見込めそうに無い。

 

 

ならば足りない部分は他で補えばいい。この世界にある『力』は霊力だけではない。魔力、妖力、気、神力などがある。神力は現人神でもないただの人間であるひしがきには使えない。妖力は妖怪の力である。藤原妹紅が妖力を使っていたが多くの場合人外になることでしか使えないので除外する。気は自然と一体化する長い修行の末に得られるものですぐには習得できない。

 

 

残るは魔力一つ。魔力もまた使いこなすには時間がかかり、そこから術式を組んで魔法を使うには更に時間が掛かる。しかし、ひしがきの目的は身体強化一つのみ。これに集中しておけば後は触媒さえあれば更に早く魔力を使えるようになるだろう。

 

 

「……なるほどね。霊力と魔力の同時運用か、確かに興味深い」

 

 

「出来るだけ触媒は動きを阻害しない物がいいんですが」

 

 

「それに関しては必要ないよ。ほら、君のその衣は魔力の触媒としても十分に役立つよ」

 

 

そういって霖之助ひしがきの着ている灰色の衣を指差す。それは以前退治屋の頭領からもらった衣だ。

 

 

「これですか」

 

 

「ああ。以前にも言ったがそれは古い時代の蚕の衣だよ。どれだけ古いかは僕にも分からないがこれほどのものは僕は見たことが無いね。防具としても一流、霊力を通すにも魔力の触媒としても申し分ないよ」

 

 

ただ、と霖之助は付け足す。

 

 

「魔力と霊力の同時運用。これはかなり難しいだろうね。人間には魔力も霊力もある。だが大抵はどちらか一方しか使わない。何故なら多くの場合どちらかが秀でているからだ。片方が優れているなら余分な力は邪魔なだけだからね。君の場合は珍しいことにどちらも秀でてはいないが魔力霊力共にそこそこの量がある。しかしだからと言って両方の力を同時に使えるわけではない」

 

 

魔力と霊力は似て非なるもの。右手に魔力を、左手に霊力を纏わせ両手を合わせれば合成完了なんて簡単にはできはしない。まったく違う動力源を用いて動かすのだ。例えばガソリンと電気の両方を使って車を動かすとしよう。そういった構想の車は確かに存在するが未だに実用化には至っていない。何故か?どちらか一方の動力を用いた方がずっと効率がいいからだ。わざわざ2つの動力を使う方法は手の込む上に時間がかかり非効率だ。

 

 

「十分承知の上です。それでも、可能性があるならやってみますよ」

 

 

「そうか、まあ何か必要なものがあればいってくれ。ああ、そうだ。君の槍について調べてみたよ」

 

 

「こいつですか?そういえば言ってましたね。なんて名前でしたっけこれ?」

 

 

手に持った槍を軽く回す。

 

 

「その槍の名前は『天之逆鉾(あめのさかほこ)』。またの名を金剛宝杵、天魔反戈とも言う。かつて国産みの神『伊邪那岐(いざなぎ)』と『伊邪那美(いざなみ)』が日の本を作る際に使用した『天沼矛』の別名だよ」

 

 

「……………なにそれこわい」

 

 

じゃあなにか?俺は大昔の始祖神の槍を持ってんの?大丈夫なのかそれ?

 

 

「といっても君のそれはまったく同じものではない。それは僕の能力で確認済みだ。それはおそらく日の本を作る際、天地開闢の折に生まれたものだろう。その後地上に下賜されたそれが幻想郷に流れ着いたんだろう」

 

 

……どちらにしてもものすごいことには変わりないんだな。

 

 

改めて槍を見る。話を聞く前よりずっと重く感じる。ひょっとして俺はとんでもない物を持ってしまったんではないだろうか。とはいえこれなしで妖怪退治を続けるのは厳しいというよりは無理なので手放すわけにもいかないのだが。

 

 

「まあ、一応知っておいたほうがいいと思ってね。せっかくだし大事にするといいよ」

 

 

「……ですね」

 

 

とりあえず今後は槍の手入れに時間をかけよう。下手に扱ったらバチが当たりそうだ。

 

 

そして軽く頭を下げると香霖堂を後にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

博麗神社に戻るとひしがきは神社の裏手に移動した。そこはひしがきが自分を鍛える為にいつも使っている場所だ。

 

 

「…………」

 

 

ひしがきは無言でその場で座禅を組む。普段この場ではひしがきは様々な方法で自らを鍛えている。

 

 

結界に関しては同時に限界まで多くの数の結界を展開したり渾身の力を籠めた結界を展開したりすることもあれば身体強化を施して常に動きながら槍をひたすらに突くなど力尽きるまで黙々と鍛え続ける。つい先日疲れ切った後に妖怪退治の呼び出しが掛かったときは本当に死を覚悟した。今生きているのは本当に奇跡的だ。

 

 

今ひしがきが行っているのは霊力の効率的な行使。博麗の巫女はその膨大な霊力で全身を強化していたがそんなことはどう足掻いてもひしがきには出来ない。ならば必要な箇所に必要なだけ、そうでない箇所には最低限の霊力で強化することで無駄を省き霊力を抑える。

 

 

ひしがきは各関節を基点としそれを繋げるイメージで霊力を流し強化している。これは以前も行ってきた機動力を確保するためのもの。そして此処からが重要なところだ。霊力をそのままに、ひしがきは魔力を少しずつ体に纏わせていく。霊力が体の内側を強化し魔力が外側を強化する。ひしがきは少しずつゆっくりと魔力を流していく。

 

 

「……っ!」

 

 

魔力が霊力の濃い場所に流れると突然全身に流れている霊力が乱れ始めた。規則正しく流れていた霊力がデタラメに体の中を駆け巡る。

 

 

「――――――――!」

 

 

内臓や血管が暴れまわるような感覚に思わず吐きそうになる。歯を食いしばりそれに耐えると慌てて魔力を止めて霊力を掌握する。乱れた霊力を押さえ込み元の流れへと戻していく。

 

 

「~~~~~~~~~~ぷはぁっ!」

 

 

元に戻し終わると傾く体を手で支えながら大きく息を吐く。全身を嫌な汗が一気に流れ出した。

 

 

危なかった。

 

 

まさか此処までリスクが高いとは思わなかった。僅かな魔力との接触で此処まで霊力が乱れるとは。それに今の現象からだが内側から捻じれる様な感覚。一歩間違えれば大惨事になっていたかも知れない。

 

 

「………いきなり全身からは早すぎたかな」

 

 

まずは一部分から徐々に広げていくか。

 

 

また座禅を組み意識を集中させた。

 

 

 

 

 

 

 

 




天之逆鉾の設定に関してはオリジナルです。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。