異世界魔女の配信生活   作:龍翠

271 / 289
壁|w・)ここから第二十五話のイメージ。


お泊まり計画

 

 首相さんと会う時は、だいたいが最初に会った時と同じホテル、その最上階だ。あっちの希望で、配信はしてない。

 テーブルの上にあったクッキーを食べていたら、首相さんが入ってきた。

 

「待たせてしまってすまないね」

「んーん。別に。何かあるの? お守り?」

「いや、今回はテレビ局からの例の件についてだね」

「ん……?」

 

 例の件って何かあったっけ。えっと……。

 

「あ。温泉」

「そうだね」

 

 そういえば日程とか伝えてなかったと思う。今決めた方がいいのかな。んー……。

 

「そろそろ日程を教えてほしい、と連絡が来ているのだけど……」

「じゃあ、明日で」

「…………」

 

 首相さんの顔が引きつってしまった。ちょっと急すぎたかな?

 

「真美さんの都合は大丈夫かい?」

「あ」

 

 そうだね。それを先に聞いておいた方がいいよね。真美に怒られちゃうところだった。

 スマホで真美に電話する。日本で言うところの平日で、しかもお昼前だからまず出られないと思うけど、これをしておけば真美から電話をしてくれると思うから。

 そう思ってたんだけど、何故か繋がってしまった。

 

「はーい。リタちゃんどうしたの?」

「ん……。真美、学校は?」

「電話優先かな」

「ええ……」

 

 それは、ちょっとだめだと思う。勉強は大事だよ。多分。

 

「温泉、明日行こう。テレビのやつ」

「え……。私はいいけど、テレビ局の人は大丈夫なの? 他の人の予定とか……」

「んー……」

 

 首相さんを見る。首相さんも電話で誰かと話していて、私と目が合うと指で丸を作った。大丈夫、ということだと思う。

 

「大丈夫そう」

「そっか。分かった、明日だね。必要なものがあったらまた連絡して。買っておくから」

「分かった」

 

 電話を切って、首相さんと向き直る。あっちも電話は終わったみたいだった。

 

「あとであちらから詳細が送られてくるらしいから、後ほど連絡させてもらうよ」

「ん。待ってる」

 

 そこでお話は終わり。結構あっさり終わったと思う。

 真美のお家に戻ってのんびりしていたら、首相さんから連絡があった。明日の午前七時に東京駅に集合、そこからバスで移動するらしい。目的地は草津温泉だって。

 バスに乗る少し前から撮影されるらしいから、そのつもりでいてほしい、とのことだった。

 それじゃ、そろそろ配信をしよう。

 

「ん」

 

『いつものごとく突然の配信』

『今日は真美ちゃんの家かな?』

『日本でのんびりするって言ってたしな』

 

「明日から温泉に行く。えっと……。草津温泉。テレビのやつ」

 

『おおおおお!』

『ぶっちゃけその話、自然消滅したと思ってた!』

『一泊二日の旅行だね!』

 

 一泊。とても楽しみ。いつも精霊の森に帰ってたから、ちゃんとした外泊は初めてかも。

 

『それはちょっと譲れない!』

「ん?」

 

 このコメントは……真美かな? どうしたんだろう。

 

『リタちゃん! 準備もあるから、今日は私の家に泊まろう! ね? そうしよう!』

「ん……。どうしたの?」

『いいから!』

「あ、はい……」

 

『魔女すらたじろぐ真美ちゃんの勢い』

『闘技場に出ていたら真美ちゃんが優勝したのでは?』

『やはり真美ちゃんが最強じゃったか……』

 

 それは、えっと……。いや、確かに真美には強く出られないけど。いつも美味しいご飯ももらってるし。すごくお世話になってるし。

 それはともかく、先にここでお泊まりすることになった。精霊様には、二泊ほどするって伝えておかないと。

 というわけで、ちょっと急いで精霊の森に移動。世界樹の側に転移して精霊様に説明すると、なんだかすごく驚かれた。

 

「リタが……お泊まり……! それはとても楽しみですね!」

「ん……。精霊様は私がいない方がいいの?」

「違いますよ!?」

 

 ちょっと不安になって聞いてみたら、精霊様に抱きしめられてしまった。なんだか頭をすごく撫でられてる。んー……。やっぱり精霊様はなで方がとってもうまい。気持ちいい。

 

「リタが外泊なんて初めてなので、少し驚いただけです。いろんな場所に行くようになっても、外泊だけはしなかったですから」

「ん……」

「だから……。ええ。楽しんできてください。でも、ちゃんと戻ってきてくださいね?」

「ん」

 

 それは大丈夫。ここが私の帰る場所だから。私のお家だから。絶対に帰ってくる。

 あ、でも。

 

「二泊だよ」

「二泊!?」

「今日は真美のお家にお泊まりして、明日は温泉の宿にお泊まり。真美と一緒」

「…………。少し真美とお話ししなければならないようですね……」

 

『まってください!?』

『ほんわか家族を見てたら急にホラーになり始めたw』

『真美さんの今後が危ぶまれるw』

 

 今後って、どういうことだろう? 精霊様を見る。にっこり微笑んでる。

 

「精霊様。真美に変なことしたら、さすがに怒るから」

「…………。もちろんです」

 

 ちょっと間が長い気がしたけど、大丈夫、かな? もう少しゆっくりしたら、真美のお家に戻ろう。撫でてもらうのが気持ちいいから、もうちょっと後で、ね。

 




壁|w・)リタのお泊まり&旅行編。

真美「最初のお泊まりが私の家! 譲れない!」
精霊様「お友達とのお泊まり……。ふふ、楽しそうですね」
リタ「旅行も真美と一緒にお泊まりするから二泊する」
精霊様「ぎるてぃ」
真美「!?」
要約すると5行で終わるお話でした。

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。