ドラゴンクエスト ダイの大冒険Ⅱ   作:だいまどう

10 / 14
ダイの意志

カール城の外側にある小径は、城の正面からは目立たない場所にあるが、草刈りがきちんとされ、道はタイルで舗装されていた。

 

アバンは少し歩くペースを落とした。

 

「私は柄にもなく一国の王などというものをやっていますが、やはりこんな私でも迷う事があるんです。心がモヤモヤして、自分がやりたい事がわからなくなったりね。そんな時、よくここに来ます」

 

「もし、ダイ君なら、彼なら、何て言うかな?とここでひとり、自問自答するんですよ。すると、ダイ君と話しているような気分になって、いつの間にか気分が楽になっているんです。私の心の中の、彼の人懐っこい笑顔が迷いを洗い流してくれるんですね」

 

「おかしいでしょう?アバンの使徒から教えられる事は多いとはいえ、一応、私はダイ君の師匠なのに、これではいけませんよね」

 

3人はじっとアバンの話に耳を傾けている。

 

「だから、私は少なからずショックを受けましたよ。これを見た時はね」

 

丘のふもとにたどり着いた4人はダイの剣がある方を見上げた。

 

ポップが一気に駆け上がった。

息を切らしながら、頂上で見たものはーー

 

 

ない。

 

ダイの剣が、ない。

 

 

「………!」

 

 

ポップは驚き過ぎて声が出ない。

 

誰かに壊されて盗まれたというような雰囲気でもなく、荒らされたという訳でもなく、ただきれいに抜けて無くなっている。

 

これまで何人もその剣を抜こうとした者がいるのは知っているが、どんな力自慢のものが抜こうとしてもびくともしなかったという。

あの大魔王バーンの胸に刺さったまま、最後の瞬間まで抜けることのなかったあの剣が、そう易々と抜けるものではないことは、ポップがいちばん分かっている。

 

その剣を抜ける者は…

 

「おい!!おーーーーーい!!ダイ!!居るんだろ!!?お前なんだろ!?」

 

「返事してくれよ!いつ帰ってきてたんだよ!!水臭えじゃねえかよ!!」

 

ポップは気がつくと大声で喚いていた。

崖から四方八方に向かって大声でダイを呼んだ。

 

が、返事はない。

 

「ダイ君はまだ帰ってきてはいませんよ」

 

後ろからアバンの声がした。

 

「何度もリリルーラでダイ君の気配を探ってみましたが…たどり着かず、最終的にここに戻って来てしまうのですよ」

 

「そんな…でも、現に剣は無くなってるじゃないですか!」

 

「ダイ君が帰ってきたのではなく…剣がダイ君の元に帰って行った、と考えれば辻褄が合いませんか?」

 

「それは…」

 

後からレオナとマァムがやってきた。

 

「これって…一体どういう事!?」

マァムが走り寄り、剣が刺さっていた辺りの砂を手で払いながら叫んだ。

 

「なんでダイの野郎、剣なんか…!もう大魔王も居ねえっていうのによ!」

 

「理由はわかりませんが、剣がダイ君の意志に反応したと考えれば、今、ダイ君には剣が必要なんだと思います。大魔王は居なくなりましたが、邪悪な存在はこの世から消えたわけではないですから」

 

「もし、そうだとして…俺だってダイの助けになりてえよ…それって、アイツが困ってるって事だろ?」

 

「だって、アイツは戦いたいなんて思ってるはずねえんだ!!これまでだって仕方なく、勇者だから、自分がやらなくちゃいけないからってだけで…本当は戦うのが好きな訳じゃねえんだよ、アイツは!でもよ…どこに居るのかも分からねえんじゃ…」

 

座り込んでいるレオナが泣き出しそうな声で言った。

「じゃあなんで…ダイ君は帰ってこないのよ…戦いなんてやめちゃえば良いじゃない。もう、頑張る必要なんてないのに。地上が好き、って言ってたじゃない」

 

その時、声が聞こえた。

 

「いや、ダイがどこに居るかわかるかもしれないぞ」


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。