ネモ「いやならわたしと勝負だよ」したっぱB「うっひょー!チャンピオンランクのネモに勝てればスクールカースト鰻登りだスターっ!!」   作:うみじゃけ

40 / 62
3.崖下からのニューカマー!?迷いの果ての謎と謎!

 冒険の始まりとともにモトトカゲをぶっ飛ばしてセルクルタウンを目指すしたっぱ2人組だったが…………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—南1番エリア 崖—

 

 

 

イレギア

「どこだココ~~~~ッ!!」

 

 文字通りの崖っぷちに立ったイレギアが声の限りに叫んだ。

 

イキリンコ

「ドコダココー!」

 

 彼のヘルメットに留まったイキリンコもまた復唱する。

 

アヤセ

「……あたしたち、思いっきり出る門間違えたんじゃないですか? 本当だったらすぐにオリーブ畑があるはずなのに……というか灯台見えますよ」

 

 彼女の言う通り、初っ端からテーブルタウンの南門から出発してしまったことから意図していない場所にまで到達してしまったのだ。

 

アヤセ

「うわ……いつの間にか南エリアの端っこにまで来てた。まだそんなに時間経ってないのに……」

 

イレギア

「へっへっへっ……!」

 

 アヤセがスマホロトムの地図機能を見て驚いていると、耳ざとくイレギアが捉えて不敵な笑みを浮かべる。

 

イレギア

「そらあもちろん、俺が選んだモトトカゲだからな! イキリンコだってヤングースだって俺がビビッと来たからこうして手持ちにいるのさ!」

 

アヤセ

「選んだってことは……みんな野生で捕まえたポケモンじゃないんですか?」

 

イレギア

「そーよ。イキリンコはガキの頃、親父からの誕生日プレゼントとしてな。空飛ぶタクシーで働く予定だったうちの1匹をくれたんだけど……その中でミョーに気に入ったからさ、コイツにしてもらったんだ。そしたら親父か『そいつはこの中で一番速いぞ』ってさ~!」

 

イキリンコ

「ハヤイゾー!」

 

 イキリンコもイレギアの頭の上で誇らしげに翼を広げていた。

 

イレギア

「ヤングースは学校の決まり事でポケモン1匹くれるだろ? そんときに選んだ。アヤセはシルシュルーだろ?」

 

アヤセ

「ええまあ……」

 

イレギア

「そういや最初来た時はそりゃあもう凶暴だったなあ。ボールから出した先生を噛みつこうとしたり」

 

アヤセ

「なんでそんな凶暴な子を選ぼうと?」

 

イレギア

「言ったろ? ビビッと来たって! そりゃ先生たちにもダチからもやめとけって言われたけど、何度か噛みつき合いとぶつかり合いのケンカしてるうちに友情が芽生えたぜ!」

 

アヤセ

「そんな古風な」

 

イレギア

「モトトカゲもたっくさんいる中で心を通わせたモトトカゲを借りるって感じだったんだが……なんとっ、俺のモトトカゲはその中でもいっちばん優秀な個体だったらしいぜ! だから昼前にこんなとこにだって到着できちまうワケだ!!」

 

アヤセ

「思いっきり道間違えてますけどね」

 

イレギア

「いやいやいやいや。正しい道を行くだけじゃ人生楽しめないぜ? こういう瞬間にこそ出会いってのはある! ……と思う!」

 

アヤセ

「……タクシー呼んどきますね」

 

イレギア

「そんな早まるなって」

 

アヤセ

「こんな崖っぷちで出会いも何もないでしょ……」

 

イレギア

「いやっ、もしかしたら崖下から何か出てく——」

 

 

 

 

 

 潮風薫る崖の下を指差すイレギア……その下から怪しい影が彼に迫っており——!?

 

 

 

 

 

イレギア

「るるるるるるゥぅぅぅぅぅぅ~~~~っっっ!!!??」

 

イキリンコ

「ルル~!?」

 

 イレギアの顔面に生臭い何かが激突! 驚いた頭のイキリンコが離脱し、彼はそのまま地面にぶっ倒れ、タクシー会社に電話をかけようとしていたアヤセはさらに打ちあがった影を見上げる……

 

???

「コココ……」

 

 赤いボディ、冠のような黄色いヒレと雄々しい金の髭。太陽を背に受ける流線型——

 

アヤセ

「コイキング……? ——うわっ」

 

 訝しげに見つめていた一匹のさかなポケモンが彼女の足元にまで落下する。

 

コイキング

(ビチ……ビチ……)

 

 その後は草の上で弱々しく『はねる』を繰り返していた……アヤセがスマホロトムで図鑑を起動させる。

 

アヤセ

「うん……図鑑でもコイキングだけど、え、どっから?」

 

イレギア

「ほらなっ! 崖下から現れたぜ新たな出会い!!」

 

アヤセ

「先輩ノーダメ!?」

 

イレギア

「へっへっへっ……日々イキリンコとヤングースにどれだけ鍛えられてると思ってんだよ」

 

アヤセ

(あれって鍛えられてたんだ……)

 

 イレギアの頭に再び留まったイキリンコがなぜか誇らしげに胸を張っている。

 

アヤセ

「崖下って……——あっ。下の海岸でコイキングの群れが跳ねてる……」

 

イレギア

「そのうちの一匹がイキが良すぎてここまで跳ねちまったんだろうな」

 

アヤセ

「そんなことあります? それに……」

 

コイキング

(ビチ……ビチ……)

 

アヤセ

(こっちもノーダメって感じ……コイキングの生命力すご……)

 

イレギア

「よし! こいつを記念すべき初ゲットポケモンにしてやるぜ!!」

 

アヤセ

「は、はあ……」

 

 理解の追いついていないアヤセを置いて、イレギアはモンスターボールを構える。

 

イレギア

「こんなとこまで高く飛べるんだ、俺にとっても更なる飛躍! 命しぶとくスクールカーストも駆けあがってやるぜーっ!!」

 

コイキング

「ココ……——」

 

 跳ね続けるコイキングはぶつけられたモンスターボールに吸い込まれ、三度の赤い点滅……『カチッ』と音が鳴って捕獲を知らせる。

 

イレギア

「よっしゃ、初めての野生ポケモンだぜ! へっへーん、どうよ! 回り道もいいもんだろ~!?」

 

 拾い上げたコイキングのモンスターボールをアヤセに見せつけるも、彼女はなんだか思案顔であった。

 

アヤセ

「…………毎度気になるんですけど」

 

イレギア

「ん? どーした? ……ははーん、今日の天気のことか。それならこの辺はずっと快晴だぜ!」

 

アヤセ

「それも気にはなりますけど——先輩って、なんでスクールカーストについて異様に拘ってるんですか?」

 

 『最初にネモさんと出会ったときもそう言ってましたし』と付け加えると、イレギアは全く考えることもなく口を開いた。

 

イレギア

「んなもん決まってんだろ? みんなにちやほやされたいからだよ」

 

アヤセ

(予想の10倍くだらない答えが来た……)

 

イレギア

「人気者になってちやほやされる……それが俺の宝でもある! そしてポケモン勝負が強いってことはそれだけで人気者になれる! ネモだって生徒会長だろ? 信用も生まれる……つまりっ! 確固とした人生の勝利だ!!」

 

アヤセ

「ネモさんが人気者……」

 

 その言葉に少しだけ引っ掛かるも、まあそうかと納得する。

 

アヤセ

「それじゃあスター団に入ったのって……」

 

イレギア

「それはどっちかっていうと……1年前のことだが、生徒が集まってなんか面白そうなことやっててよー。『スター大作戦』? もうめちゃくちゃ楽しそうだからノリノリに参加してやろうって思ったのさ」

 

アヤセ

「徹頭徹尾初見なんですけど……なんです『スター大作戦』って」

 

イレギア

「知らん」

 

アヤセ

「……他の先輩に聞こう」

 

イレギア

「スター団の勧誘も元々は『スター大作戦』の仲間集めがきっかけらしくてな。今はなんかひとりぼっちのヤツらを適当に見繕って勧誘してるって感じだったな」

 

アヤセ

「なんて迷惑の押し売り……あたしは今ならありがたく思ってますけど」

 

イレギア

「せっかくここまで来たんだ。後輩にぜひ見てほしい場所がある!」

 

アヤセ

「……今度は道間違えないでくださいよ」

 

 

 

 

—朽木の祠前—

 

 

 

???

「カ……キ……」

 

 紫色に淡い点滅を繰り返す大きな円盤と、それをバッテンで縛る同じく大きな鎖。

 

 岩肌に嵌められた異質なものの前に学生服の少女が1人、ポケモンに乗ったまま指で顎をさすっていた。

 

アオイ

「なんだろ……この裏から声? が、聞こえる……? 気のせいかな……コライドンは聞こえる?」

 

 彼女が質問を仰いだのはライドポケモン。モトトカゲ……ではない。

 

 それよりも大型で赤く荒々しいフォルムをしており、頭部のウォーボンネットを思わせる羽根状のトサカが特徴的。そしてそこからは一対の一際長いハンドルの様な突起が生えているため、似た生態ではあるだろうがモトトカゲとは全くの別種だろう。

 

コライドン

「アギャ……アギャ?」

 

アオイ

「聞こえないか……うーんなんなんだろこれ」

 

???

「おおっ!? そいつに目をつけるとは中々いい目をしてやがる!」

 

 ふと、空気をぶち壊すような明るい声が響き渡る。

 

アオイ

「…………聞いたことのある声がする」

 

 祠に向けた視線をおそるおそる後ろに向けると……やはり彼がいた。

 

イレギア

「ようアオイ! さっそくだがバトルでスター! ネモに匹敵するお前を倒せば、俺の人気はコイキング登りでス……タ…………」

 

 彼はゴーグルを付けたままモトトカゲから降りて、さっそくモンスターボールを構える……

 

アオイ

「どうしたの?」

 

 ……しかし、彼は息を呑んで硬直する。

 

コライドン

「アギャ?」

 

 小首を傾げるアオイとコライドン、それに対してイレギアはゴーグルを外してコライドンをマジマジと見つめ……

 

イレギア

「かっ…………けぇ〜〜〜〜!!」

 

アオイ

「え?」

 

 双眸を輝かせてそう叫んだ。

 

イレギア

「なんだよこのポケモン!? どこで捕まえたんだよー!!」

 

アオイ

「ええと海岸で……じゃなくてこの子はコライドンって言って、なんだろ……特別な、ポケモン……?」

 

 詰め寄るイレギアに辟易しながら、アオイはなんとかして言葉を紡ぐ。

 

コライドン

「アギャ? アギャギャ??」

 

アオイ

「うおっとと……降りた方がいっか」

 

 コライドンは自分を取り囲むイレギアに興味でもあるのか、子犬めいた視線で彼を追っている。

 

アヤセ

「あれ……図鑑に載ってない。新しいポケモンとかですかね……?」

 

イレギア

「そんなこたあなんだっていいぜ!! ちっくしょーっ、珍しいポケモンは人気者になる要因の一つ! バトルで勝ったらそのコライドンとやらをもらいまスター!!」

 

 改めてイレギアはアオイに向けてボールを向ける。

 

アオイ

「渡すのは絶対嫌っ。でも……バトルなら受ける!」

 

 アオイもまた大見得を切って、イレギアに向けてボールを構えた。

 

アヤセ

「それじゃあたしが審判で……っとと? 頭に……——」

 

イキリンコ

「シンパン!」

 

 とても誇らしげなイキリンコがゴーグルを外したアヤセのヘルメットの上に留まっていた。

 

アヤセ

「あー……頭に留まると首が疲れるからモトトカゲの方に留まってくれません?」

 

イキリンコ

「…………(ばさっ)」

 

 とても不服そうにモトトカゲのハンドルに移った。

 

 イキリンコの体重は平均2.4kg。だいたいキャベツ2個分である。

 

アオイ

「あっ、自己紹介まだだったっけ? ——ワタシはアオイ! 宝探しはとりあえず、パルデア中を旅していろんなポケモンに出会うこと!」

 

イレギア

「立派な目標だな! 俺の宝は人気者になることだぜ! アオイはその足がかりになるんでスターっ!」

 

 それはそれとしてイレギアが迫真のスター団ポーズを披露する!

 

 

 

 

ポケモントレーナーの アオイに 勝負を しかけた!

 

 

—BGM 戦闘!スター団—

 

 

アオイ●●●○○○VSイレギア●●●○○○

 

 

 

 

アオイ

「出てきてハネッコ!」

 

ハネッコ

「ネッコ!」

 

 アオイから元気なハネッコが放たれ、ふわふわ浮かびながらゆっくり地面に降り立った。

 

イレギア

「クワッス以外のポケモンだな……そんなら俺たちの新たな仲間を紹介しまスター! 出てこいコイキング!!」

 

コイキング

「コココ……」

 

 対してイレギアが放ったのは草原の上でぴちぴち跳ねるコイキング。

 

アオイ

(…………?)

 

アヤセ

「うわあ見るからに困惑してる。と、とにかく勝負かい——」

 

コライドン

「アギャギャ?」

 

アヤセ

「うわあ謎ポケモン……いやちょっ、なめ……! あばばばば————っ!」

 

イレギア

「へっへっへっ……俺のコイキングを舐めてもらっちゃ困るぜ! 見せてやれコイキングゥ! 『はねる』!!」

 

コイキング

「ココゴッ————!!」

 

 イレギアの命令に呼応してコイキングが天高く飛び跳ねる!

 

アオイ

「えっ……!」

 

 『はねる』というわざはハネッコも覚えるため見たことがある——というかあまりの可愛さにシャッターを切ったほどだが——。コイキングのそれはアオイが絶句するほどの跳躍力。見上げた太陽の光が目に差さり、その姿を見失ってしまうほどだ。

 

アオイ

「なんかまずそう……ハネッコ、『しびれごな』で警戒して!」

 

ハネッコ

「ネ……!」

 

 姿を見失ったハネッコが不安気な鳴き声を上げるもアオイの指示通り黄色い粉を周囲に散布する……それを見たイレギアは不敵な笑みを崩さない。

 

イレギア

「へえ、差し詰め『こなバリア』ってとこか? だがっ、どこに落ちてくるか分かんねえだろ! 俺すらも予測不可能……故にこのコイキングはさいきょ——ぐへっ!!」

 

 彼の真上に落ちてきた。

 

アオイ

「…………えと」

 

コイキング

(ビチ……ビチ……)

 

アオイ

「ハネッコ、『タネマシンガン』」

 

ハネッコ

「…………ネッコ」

 

 容赦は無かった。

 

 

 

 ——そうして数分後。

 

イレギア

「くっ、戻れイキリンコ……!」

 

イキリンコ

「モドレイキリンコ……」

 

 

ポケモントレーナー アオイに 敗北した……

 

 

イレギア

「ちっしょーっ! また負けでスターっ!?」

 

カラミンゴ

「クァラァ!」

 

 かくとうタイプに《テラスタル》したカラミンゴが、勝利の雄叫びをしたままアオイに戻される。

 

アオイ

「お疲れ様カラミンゴ……やっぱりタイプ相性的にハネッコを交代しておいて正解だったな」

 

イレギア

「ぐおー……つえー……だが! 今回の敗北は認めて、あのポケモンは見逃しといてやるぜ!」

 

アオイ

「負けたって渡しません! ……あれ、コライドンは?」

 

アヤセ

「……こ、ここでぇ…………す……」

 

 顔中をベトベトにされたアヤセが地面に転がったまま苦しげに唸っている。

 

コライドン

「アギャア!」

 

モトトカゲ

「ギャッギャッ!」

 

 一方、犯人であるコライドンはモトトカゲと戯れていた。

 

アオイ

「うわあごめんなさい! ちょっとコライドン!」

 

コライドン

「アギャギャ?」

 

 アオイが呼んだので、モトトカゲから離れて彼女の元に駆ける。

 

アオイ

「むむむむむむ……!」

 

 何も理解していなさそうなコライドンに、アオイは腰に手を当てて見るからに怒って迫ったため、コライドンも驚いてたじろいだ。

 

アオイ

「初対面の人にっ! そもそも初対面じゃなくてもっ、勝手に人の顔を舐めちゃダメだからねっ!!」

 

コライドン

「アギャ…………」

 

 アオイの心情を読み取ったのか、反省したようにコライドンは伏せてしまう。

 

アオイ

「……うん、分かればよろしいっ」

 

 アオイが落ち込んだコライドンを優しく笑いかけると、コライドンもそれを理解したのか起き上がって彼女の顔を舐める。

 

コライドン

「アギャス」

 

アオイ

「うわぁ!? もう舐めないでったら……あははっ!」

 

 笑顔のアオイの一方で——

 

イレギア

「おいおいおいおい、大丈夫かー?」

 

アヤセ

「…………いったん、顔、洗いたいです……」

 

イレギア

「しゃーねえ。タクシー呼ぶか。——そうだ。待ち時間にいいこと教えてやるぜアオイ!」

 

アオイ

「ちょっと待ってねコライドンっ……ん、よし。それで……いいこと?」

 

 柄にもなく真面目ムードのイレギアだったので、それを察したアオイはコライドンを静止させて聴くことにした。

 

イレギア

「そうだぜ! 先輩として後輩を育てるのは当然のことだからな。とは言ってもこのことはいずれ授業で教わるだろうが……この祠にはなんでも、ものすごーくヤバめなポケモンが封じられてるんだとか」

 

アオイ

「ポケモン?」

 

イレギア

「ああ。なんでも大昔に……——何があったかは授業を楽しみにしてろ〜? で、今でもその封印の力は保たれてるからこのままで大丈夫だが……悪ふざけでもこの封印に必要な杭だか楔だかは抜いたりするなよ?」

 

アヤセ

「先輩が率先してやらかしそう」

 

イレギア

「それは流石にしねえよ。俺は人気者になりたいんだ、目立ちたいだけじゃあねえ。……んまあとにかくだ。アヤセもアオイも、そういうのを見かけたら触れずに、見るだけに留めておくんだ。いいな!」

 

アヤセ

「はーい」

 

イレギア

「うんうんっ! ……っと、こんな風にバトルの後にはトレーナー同士の情報交換が大切だ。冒険中に出会ったトレーナーと戦った後は有力な情報が聞き出せるかもでスター!」

 

アオイ

「確かに……(結構重要な情報かも)。そう言えばイレギアはどうしてこんなところに? ジムの方に行ってると思ったけど……」

 

イレギア

「それはそうだがな。言ったろ、特訓だってな! ……別に迷ってここまで辿り着いたワケじゃねえぜ?」

 

アオイ

(言わなきゃ良いのに……)

 

イレギア

「アオイは知らねえかもだがポケモンの進化にはめちゃくちゃ一緒に歩く必要のあるヤツもいるんだってよ。それを『レッツゴー』で試してたらここまで来たってワケだ!」

 

アヤセ

「……それ結局迷ってるって意味では? そもそも普通に迷っただけですし」

 

イレギア

「うるせー! ……おっと、タクシーが来ちまったな。そんじゃあここらでお疲れ様でスター! ——おーいこっちこっちー!」

 

 イレギアが手早くスター団ポーズを済ませると、空に見えたタクシーに手を振って駆けていく。

 

アヤセ

「あーその、うん。お疲れ様でスター。コライドンちゃんもバイバイねー……」

 

コライドン

「アギャ……」

 

アヤセ

「いやそのっ、別に怒ってるとかじゃないから……えと、元気出して。おやつあげるから」

 

 そう言いながらアヤセは旅の途中で食べようとしていた携帯食を取り出した。いわゆるカロリーメイト(プレーン)で、もちろんポケモンも食べられる。

 

コライドン

「アギャギャ!!」

 

 アヤセの手から受け取った携帯食を一口で食べ、コライドンは満面の笑みを見せる。

 

アオイ

「……コライドンのこと、ありがと」

 

アヤセ

「いやいやそこまでじゃ——」

 

イレギア

「おーいアヤセー! そろそろ行くぞー!」

 

 少し遠くに降りたタクシーの扉に手をかけながら、モトトカゲをボールに戻したイレギアが声を張り上げる。

 

アヤセ

「はーい! それじゃ改めて、お疲れ様でスター!」

 

 彼女自身、憑き物が取れたのか、アヤセは元気にスター団ポーズを披露してタクシーへと駆けて行った。

 

アオイ

「じゃあねー。…………うん。変な人だけど、悪い人じゃないみたい。進化のヒント(?)も教えてくれたし……これからも仲良くするために、あんまり迷惑かけないようにしようねっ」

 

コライドン

「アギャス!」

 

アオイ

「よしよーし! じゃあ私たちも、ジムに行こっか! 確かネモによれば……——」

 

 

 

 

—セルクルタウン 東ポケモンセンター前—

 

 

 

イレギア

「よーしようやく到着だー!」

 

アヤセ

「短いけど、長かったなぁ……」

 

 一度テーブルシティに戻ったあと、今度はキチンと西門から出た2人は一直線にセルクルタウンへと辿り着いた。

 

 日はまだ落ちていない。むしろ真昼間だ。

 

イレギア

「マジで一直線に着くとは思わなかったぜ……まあとにかく! 今度こそジム戦に——」

 

???

「あー! イレギアじゃん!」

 

イレギア

「おおっと! こいつは飛んで火にいるウルガモスっ……予想外の大チャンスでスター!」

 

アヤセ

「それだと逆の意味になりません?」

 

 意気込みに声を挟まれたイレギアは、しかし不快感など一切なくその方向へと振り返った。

 

ネモ

「まさかこんなところで会えるなんて! 早速勝負しちゃう!?」

 

イレギア

「もちろんだぜ! ジムに行こうかと思ったが、その前にアンタから蹴散らしてやる!!」

 

ネモ

「望むところだー!」

 

 

 

 

 

ポケモントレーナーの ネモに 敗北した……

 

 

アヤセ

「まあ、当然というか……」

 

イレギア

「ちっくしょーっ! また負けたぜー!」

 

ネモ

「うんうん! イレギアも強くなってて嬉しい! また戦ろうねー!」

 

イレギア

「あれ、ネモはジムテスト受けるんじゃないのか?」

 

ネモ

「わたし? もうチャンピオンだから受けないよ?」

 

イレギア

「何ぃ!? ちょっと考えればそうだったぜちくしょーっ! すぐに追いついてやっからな!! お疲れ様でスター〜〜〜〜!!」

 

アヤセ

「ちょっと先輩っ、回復しないと〜!」

 

ネモ

「待って、今いいきずぐすりをっ……——あちゃあ。ふふっ……また勝負しようね〜!」

 

 ネモは2人を笑顔で見送った。イレギアは振り返らず手を振った。




ジム戦から長くなりそうなので一旦ここまで。

3匹目はコイキング。元スレでもほとんど採用されていたのと、出世魚と名高いため採用させていただきました。

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。