VR初心者ゲーマーが往くシャングリラ   作:ガリアムス

368 / 413


状況変動




※ちょっと短いです





五の日にて、攻略戦は動き出す

クターニッドの一式装備の発見、そして深海の頂点捕食者三体との戦闘にドロップアイテムのトレードを行った翌日。

 

朝からコンビニバイトに勤しむ梓は、外で今も尚強く降り続ける雨をガラス越しに見て、早く梅雨が開けないかなぁと心の内にて溜息を溢す。

 

(今日でルルイアスの滞在は五日目……クターニッドに挑む為のギミックは解ったし、オイカッツォに京極(キョウアルティメット)秋津茜(アキツアカネ)に情報は伝達済だ。問題は六日目の夜に、レーザーカジキ達がログイン出来るかだけど………)

 

六日目はレーザーカジキやサイガ-0がログイン出来ないらしく、六日目と七日目を跨いだ深夜帯にクターニッドの討伐を狙うか否か考えつつも、店頭に並べるコロッケを揚げて油を切っていた時であった。

 

「梓君。揚げ物が終わったらで良いから、ちょっと来てくれない?」

「えっ、はい。解りました」

 

店長からの呼び出しに、梓は疑問符を浮かべながらも調理を続け、メンチカツを揚げ終えたタイミングで他の店員に仕事の引き継ぎを依頼し、休憩室に向かい。

 

「えっ、明日は『臨時休業』にするんですか?」

 

店長の口からそう言われて、目をパチパチとさせる事になった。

 

「そうなんだよ。梓君は『天気予報』は観てるかい?」

「最近発生した大型台風が、いきなり進路を変更したとは聞いてますが………もしかして?」

「あぁ。『従業員の安全』と『店の売上』を天秤に掛けた時に、店は壊れても別の場所に建てられるけど、人はどうにもならないからね。()から何か言われるだろうが、全責任を店長の私が背負う。故に梓君も、自身の安全を守るようにしてくれ」

「解りました………ありがとうございます、店長」

 

少子高齢化に拍車が掛かり、人口の減少による職業事情が目まぐるしく変わる現在において、コンビニ店長としての判断と決断からは、自身のクビになるリスクを負おうとも店員を守らんとする『覚悟』が伝わってくる。

 

ならば此方も其の覚悟を無駄にしないよう、答えなくてはならない。其れが礼儀と言う物なのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ルルイアス攻略最前線】

 

ペッパー:皆、天気予報は観てるか?

 

オイカッツォ:観てるぜー。なぁんか、台風が進路を変更したらしいじゃん?しかも大型の奴

 

サンラク:昼休み入ったわ

 

サイガ-0:お昼休み、です

 

秋津茜:お昼です!

 

ペンシルゴン:仕事が一段落したよ

 

ルスト:昼

 

モルド:台風接近のニュースは聞いてるよ。何か凄いんだってね……

 

京極:ルートからして、僕の所にも影響が出そうなんだよね………。はぁ~………

 

レーザーカジキ:お昼ごはんを食べました!

 

サンラク:で、台風だっけ?此方は明日臨時休校になったわ

 

サイガ-0:実は……私も、です

 

秋津茜:私も明日の学校、お休みになりました!

 

ルスト:私達も、同じ

 

モルド:僕達の所も同じで……

 

ペンシルゴン:予想以上に影響が出てるねぇ………

 

レーザーカジキ:僕の学校も同じです………

 

オイカッツォ:都内や近辺諸々休校ってヤバない?

 

ペッパー:家のバイト先も臨時休業なんだよなぁ……

 

サイガ-0:予想以上、ですね

 

京極:そっちもヤバい感じかぁ………習い事も明日は念には念を入れて、休みにするって言われたからなぁ……

 

ペッパー:………皆。六日目の夕方から夜に、シャンフロへログイン出来るか?

 

サンラク:ペッパー、もしかして………やるのか?

 

オイカッツォ:マジで?

 

ペンシルゴン:ほほぅ……

 

サイガ-0:クターニッドに挑戦、ですか?

 

ペッパー:あぁ。六日目と七日目を跨ぐ深夜帯に行こうかと考えたが、寧ろ此のタイミングで行くのが一番じゃないかと思ってさ

 

ペッパー:ただ、時間は決めておかないと厄介になりそうだから、入れる時間を教えて欲しい

 

サンラク:俺は一日動くつもりで居るぜ

 

サイガ-0:私も、サンラクさんと同じ……です。ただ食事や休憩を挟むと、夜は八時にログインするかと

 

オイカッツォ:明日のスケジュール見たけど、夜八時より後になりそう。九時までには入るよ

 

ペンシルゴン:私は御仕事の予定が変更になっちゃってさ、夕方六時以降かなぁログイン出来るの

 

ルスト:私達は一日行ける

 

モルド:ルストと同じく

 

レーザーカジキ:僕は家の都合が有りますが、午後八時くらいから入れます!

 

秋津茜:私はテスト勉強するので、午後七時以降です!

 

京極:僕は一日行ける。ただ夕食食べるから、入れるのは夜八時以降になりそう

 

ペッパー:…………解った。皆のログイン可能な状況から、クターニッドとの戦いはルルイアスの六日目、午後九時に決行する。オイカッツォ、今ルルイアスのどの辺りに居る?

 

オイカッツォ:セーブポイントで世話になってる、ルルイアスの家屋付近だね。もしかして移動した方が良い?

 

ペッパー:うん。ルルイアスの中心に在る城にセーブポイントを変更している。秋津茜と京極も、作戦決行当日に備えて城へセーブポイントを移動して

 

京極:オッケー

 

秋津茜:解りました!

 

ペッパー:残された時間は無いけれど、ルルイアスでやり残した事が無いようにしよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「明日の九時………かぁ」

 

反転都市ルルイアス某所、セーブポイントで休息とチャットを見ていたオイカッツォは呟く。

 

「クターニッドの一式装備が、ルルイアスの反転を支える要石の一つ……ねぇ。こりゃあ明日まで待たないと、着られない感じかぁ……」

 

ペッパー達がルルイアスの中心地に建つ巨城を調べ、判明した様々な事実は、オイカッツォもチャットを通じて知るに至っていた。

 

故にこそ、彼女()のやる事は変わらない………今日中にレベルを上げられるだけ上げて、ステータスポイントを増やす。クターニッドの一式装備が起動した際に、不足分に振り込めるように備えるのだ。

 

「よっし、休憩終わり。さぁて、レベリング再開と行きますか………!」

 

オイカッツォは戦う。クターニッドの一式装備装着一番乗りを目指す為、装備出来ないに投票した外道三人組(馬鹿野郎共)に一泡吹かせてやる為に………。

 

 

 

 






作戦決行は六日目の夜



▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。