もしもJK星歌ちゃんだったら。   作:三十路スキー

51 / 53
伊地知星歌の華麗なる休日。
劇中アニメ『めんだこちゃん』はモ〇カー、
ち〇かわみたいなもんだと思ってください。


星歌ヒストリーを作ろう!①

 廣井さんたちの新宿ライブから少し経つ。あれから秀華祭への参加を決めたあたしたちは文化祭ライブに向けて本格始動。申し込みについては案の定、喜多ちゃんが独断でやったらしい。ライブの翌日にあたしたちにも詫びを入れてきた。喜多ちゃんはすげーいい奴だけど、ちょっとそういうとこあるよな……。

 さすがのぼっちちゃんも少しは怒るかなとも思ったけど、吹っ切れてたのが印象的だった。自分じゃ絶対無理なことをしてくれたから感謝してるとさ。珍しくキモさゼロの爽やかな笑顔を見せてくれた。

 やっぱ、かわいい……。この顔は一目惚れしてもしょうがないよな。言っとくけど、あたしは面食いじゃないぞ! ミーハーな喜多ちゃんじゃあるまいし。あたしは、あくまでもぼっちちゃんの内面や性格に惚れたんだ! ホントだぞ!

 

 

 

 

 

 

「ぬんぬんぬーん♪」

 

 鼻歌を歌いながらリビングに掃除機をかける。今日は土曜日。学校は休み。練習も夕方からなので、今日は溜まりがちだった家事を片付けることにする。姉貴は朝からお出かけ。そういや最近まともに休み取れてないみたいだ。少し心配だけどライブハウスの経営はまだまだ大変みたいだし、あたしにできることは家事をしっかりやって、少しでも姉貴がラクできるようにすることだよな。

 

「さーて、そろそろ『めんだこちゃん』の時間だ」

 

 教養テレビで毎日やってる5分アニメ『めんだこちゃん』実はあたし大好きなんだよね。『いいこりんご100』を冷蔵庫から取り出して、と。リビングのソファーに腰掛けてテレビをつける。

 

『ンミャ!』

 

 始まったな。『めんだこちゃん』は最近ちょっとしたブームで毎朝の放送だけじゃなくて、土曜に再放送もしてくれるようになった。あたしは『ぴんく×きいろ』激押し。やっぱ主人公と第1話からの親友だもんな。あの二匹が幸せそうにしてるだけで癒される。

 そういやイライザさんがくれた本も『ぴんく×きいろ』だったな。でもあの本、あたしには刺激が強すぎる。アニメみたいな可愛いほのぼのしたお話だと思ったら、大事なトコロギリギリ隠して強引に全年齢で出してるようなヤツだとは思わないじゃん!? まあ、メンダコたちの擬人化は特徴捉えててかわいかったけどさ。イライザさん絵上手いけど、ちょっとえっちすぎるよ……。昔にリナが貸してくれたレディコミよりえっちだった。

 とりあえず今はアニメを楽しむことにしよう。メンダコたちのお陰で毎朝起きるのが楽しみになった。

 

 

 

 

 

「うん。今日も可愛かったな」

 

 さて、今日の『めんだこちゃん』も終わったことだし、洗濯に取り掛かろうか。休日の『めんだこちゃん』枠は平日の再放送だけじゃなくてミニコーナーもあって満足度が高い。あたしはこの番組に面白さを求めるのではなく、癒しを求めてる。

 

「さて、洗濯やっちゃおうか!」

 

 掃除の次は洗濯の時間だ。溜まってた洗濯物をどんどん洗濯機に放り込む。あれ、見覚えのない黒いショーツが混ざってる?

 

「くせぇ!!!」

 

 嗅いだことの無い激臭がする。なんなんだよこれ! まさか昨日飯とシャワーたかりに来た廣井さんの下着かよ! 明らかにウ〇コ付いてるよなこれ! ぜってー1週間以上は洗ってないよなコレ! つーか洗濯籠に下着勝手に放り込んでいきやがって、うちは廣井さんの家じゃないっての。

 とりあえず、あたしたちの洗濯物と別で洗うしかない。このまま捨てるの流石に可哀そうだし。それに下着がここにあるってことは、まさか廣井さんノーパンで帰ったのか! 女捨て過ぎだろ。

 お世辞にも治安の良くない下北沢でノーパンだなんて……。まあ、あんな酔っ払い誰も襲おうだなんて考えないだろうけどさ。

 

「さあ、洗濯物干したらドラムの自主練しようかな。頑張るぞっと!」




お気に入り、感想、高評価いただけると喜びます!

次回作候補アンケート。どれが読みたい?

  • 虹夏ちゃんが7人に増えるお話
  • JK星歌外伝虹夏さん。割とマジメ
  • 真実の愛に目覚めた星歌さん(29)
  • ツンデレ喜多ちゃんと後藤君

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。