東方夢走録   作:ローリングキメラ

2 / 2
なにかと早く投稿出来ました、楽しんで戴けたら幸いです


限界バトル?!魔理沙ピンチ!!

魔理沙「あのやろう、魔改造マシン(←ハチロク)持ち出しあがって!!」

?『まあまあやるな、あのまっくろくろすけ(←魔理沙)だけど、かに走りか』

魔理沙『!!あの嘘つき走り屋ヤロー、走りが尖っている、ここを知っているのか?』

?『まっくろくろすけは、ここを走り初めて1年ぐらいだな、悪く無いが、3年走っているとやっぱ甘いな』

魔理沙『間違いない、やつはここを熟知している。ありとあらゆるコーナーをインカットしてあがる、…ドリフトはしないのか?』

?『ある程度腕があっても性根が腐っているやつは駆逐する…」

?「あんな思いはもう二度とゴメンだ……そうだろ?トレノ」

魔理沙が必死に食い付くが、…

魔理沙「しまった!!」

ゾロ目レビンはラインを膨らませ、ガードレールに向かったがとっさの反応でリアフェンダーをかすった程度で済んだ

魔理沙『限界運転で着いていってるつもりが限界を超えている…』

ハチロクの方に目を向ける…

魔理沙『やつは余裕そうだ…本気じゃないように見える』

?「付いてきてくれないとダメなんだよな~…良いぜ少し遊んでやるよ」

魔理沙『次のポイントで前に出ないと負ける…』

魔理沙『あのポイントはRが2つ重なっててラインの自由度が高いそれに…』

魔理沙「ガードレールが無い!!」

?『来た、このポイントでまっくろくろすけを仕留める」

魔理沙『ここは、アウトから前に出る』

ハチロクは、インベタラインに付く

魔理沙『アンダーが出てる、インベタでサイドバイサイドだとこれ以上スピードは出せない!!』

だが、魔理沙レビンもアンダーが出る

?「じゃあなまっくろくろすけ」

魔理沙「まさか!!…あいつ、私とこいつ(←ゾロ目レビン)を落とす気でいたのか?」

ゾロ目レビンの右後輪が路面から浮きかける

魔理沙「クッ!」

カウンターを切りライン修正をし、ギリギリで落ちずに済んだ

?『っ!!仕留め損ねた…だと…』

しばらくして麓に降り…魔理沙はすぐさまマシンから降りた、少ししてREレビン乗りのドライバーも降りた

魔理沙「おまえ!!、自分がなにやったか分かっているのか?」

?「ああ、分かってやったそれが?」

魔理沙「私達走り屋はな、コンマ0.01秒も速く走りたくて命削ってマシンと向き合って居るんだ!!」

?「おまえらのような奴らにそんなこと分かるか!!」

魔理沙「!!」

?「俺は、過去にマシンと向き合った!そして頂点に立った、だが快楽犯によって潰された!!プライドも称号もトレノもだ!!だからそういうヤローは倍返しにして潰してやる!徹底的に粛正してやる俺の最後のプライドに賭けても!!」

魔理沙「だからといってもその行動は間違っている!!」

?「どこがだ?どこが間違っているんだ?全てを失って無いやつが」

魔理沙「くっ!俺は頭も性根も腐って居かがるこの殺人鬼がよ!!ー」

?「っ!!………拳で成敗してやっても良いがおまえは違ったようだな、すまない」

そしてハチロクは闇夜に消えていった…




なんか中途半端で終わってしまいましたかね?

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。