少女たちが戦う世界で戦闘機に愛を叫べるか?   作:生カス

31 / 40
お話しましょ

 無言のまま車で揺られて、どれくらい経っただろうか。

 そんなことを思い始めた矢先、車が止まった。

 

 前のほうを見てみると、フロントガラス越しに、大きな格子でできたゲートが見えた。

 アイシャが車の窓から身を乗り出し、ゲートの横に付いているインターホンらしき機会に何やら話している。

 聞き慣れない言語だった。

 標準公用語じゃない。恐らくこの地域の主要言語だろう。

 

「お待たせしましたー、こちらです」

 

 彼女が言うと、それに合わせたようにゲートが開いた。

 ゆっくりと車が入る。

 目の前に真っ白で、巨大なビルが見えた。

 それを引き立てるように、大小さまざまな、いくつかの建物が佇んでいる。

 

 周りには、これ見よがしに銃を装備した警備兵と、大げさなほど重装備の大型ドローンがそこかしこに闊歩していた。

 セキュリティは万全なわけだ。

 ランバーではなく、人に対して。

 ランバーよりも、人に注意しなければならないエリアということだ、ここは。

 

 車がビルのロータリーに入り、止まった。

 アイシャが操作したのか、ひとりでにビル側のドアが開く。

 

「さ、着きましたよ」

 

 彼女の言葉を聞き、俺と天神は車を降りた。

 天神は何も言わない。

 その表情は、どこか物憂げだった。

 

「これを」

 

 そう言って、アイシャは車の窓越しに、小さいチップのようなものを渡してきた。

 『ホロカード』だ。

 簡単なアプリを好きな形式で起動することができる、ごく一般的な、大量生産されたやつ。

 

「フェアリィとパイロットなら、脳にマシン・インプラントくらい付けてますよね? 直接頭に差せば、理事長室までのルート情報が入っているので」

 

 そう言ってアイシャは、自分の首の後ろ側、付け根部分にある差込口らしき部分を、見せびらかすようにとんとんと叩いた。

 『マシン・インプラント』は、脳の一部分を機械化し、コンピュータなどへの接続を可能にするための技術だ。

 

 この世界の多くのフェアリィや企業所属の兵隊などは、作戦を円滑に進めるために、即座に全体へ情報共有ができるマシン・インプラントの取り付けが義務化されているところも多いと聞く。

 という話を、聞いたことがある。

 そのくらい、世界が企業主体になってからは特に、ありふれた技術だ。

 

 俺も例にもれず、ライカとの情報共有や、それぞれのコンディションの同期などに、このマシン・インプラントを使用している。

 だが――。

 

「一応私の連絡先も入れといたので、気が変わりましたら是非に――」

「生憎だけど」

 

 と、アイシャが何か言いかけたのをぶった切って、天神はそう答えた。

 俺が受け取ったカードをかすめ取り、アイシャにそれを差し出す。

 

「うちのラヴェルは、体内埋め込み式のインプラントが禁止されているの。だからこれは要らない」

「えー、そんなことあるんですか? 不便ですねえ。それで戦えるんですか?」

「少なくとも、アナタよりはね」

「……ああ、そうですよね。なんたって、セラフ章の持主なんですから」

 

 そんな応酬をした後、アイシャは天神に再びホロカードを渡した後、諦めたように車の中に引っ込んだ。

 

「まあ、どの道これがアクセスキーなんで、持っといてください」

「了解」

「場所はエレベーターで最上階まで言ったら、あとは嫌でもわかりますよ――私は車を戻さなきゃいけないんで、これにて失礼します」

 

 そう言って彼女は車を走らせ、その場を離れた。

 少しだけ、静寂が走る。

 周りの音が妙に遠くに感じた。

 

「……見た? さっきの彼女の顔」

 

 天神は振り返って、俺の顔を見上げた。

 珍しい表情だった。

 自嘲してるような、そんな顔。

 

「化け物でも見るみたいな顔だった。まあ、無理もないかもしれないわね」

 

 彼女は小さくそう呟いて、踵を返す。

 

「久しぶりかもしれないわね、この感じ」

「天神?」

「何でもないわ。行きましょう、ニッパー」

 

 それを最後に俺たちは、お互い無言でビルの中に入っていった。

 天神の顔は、普段の冷静沈着を体現したような無表情に戻っていた。

 だが、何故だろう。

 いつもよりも揺らいでいるような、不安定さを感じてならなかった。

 

 

 

 

 エレベータで最上階まで登ると、広いロビーのようなところに出た。

 客の待合も兼ねているのだろうか、大きいソファにテーブル。

 ソファの横には、円柱状の何やらよくわからない機械があった。

 

 近づくと、『シャンパンはいかがですか?』なんてアナウンスが機械から流れてきた。

 素面で仕事をすることに耐えられない奴が、飲んだりするのだろうか?

 まあつまり、なるほど、おもてなし用のロボットなわけだ。

 あの筒の中にいろいろ入っているのだろう。

 

「必要ない。天神は?」

「未成年。アナタもでしょうが」

「というわけで、結構」

 

 ロボットにそれだけ言うと、『残念です』と返ってきた。

 それは断られたときの定型句なのか、それともこいつの人工知能が独自に導き出したコミュニケーションなのか。

 どちらかは知らないが、それを聞くと、柄にもなく『悪いことをしたな』などと思ってしまった。

 そう思わせるような声質に設定されているのだ、きっと。

 

 意識をロボットから外し、進行方向にあるドアに向ける。

 見るからにセキュリティが重苦しい自動開閉式のドアの横には、呼び出し用のインターホンがあった。

 

「ニッパー、準備は良い?」

「ああ」

 

 天神がそれを聞くと、インターホンに近づき、押そうとした。

 だが、その直前。

 

「あ……」

 

 ドアが開き、目の前に知らない女性が現れた。

 アイシャと同じ制服で、同年代の見た目なことから、フェアリィだろう。

 ただ、衣服が酷くはだけており、息遣いも荒く、顔が上気している。

 独特な臭いが、鼻に刺さった。

 彼女が何をしていたのか、察するには十分すぎる情報量だ。

 

「なん、な……!?」

 

 天神もわかったようで、顔を真っ赤にして固まっている。

 これまでの傾向を見るに、どうやら彼女はこういった性的な事柄に関して、著しく平常心を乱すらしい。

 不思議なことだ。少なくとも、ランバーよりは危険性はないはずなのに。

 

「アリム・サレハ氏から招待されたものです。いらっしゃいますか?」

 

 このままでは話が進まないと思い、部屋から出てきたフェアリィにそう聞いた。

 彼女は状況についていけてないようで、目を白黒させるだけだ。

 俺たちの話は聞いていないのだろうか。

 

「あ、その――」

「やあやあ、待っていたよ!」

 

 彼女が回答に困っていると、部屋の奥から声が聞こえた。

 男の声だ。

 その声の主は、すぐに俺たちの目の前に姿を現した。

 

「ニッパーくんに、ナナちゃん。遠いところから、ようこそお越しくだった」

 

 シャツのボタンを締め直しながら、その男はニヒルに笑ってみせた。

 薄めに整えられた顎髭に、清潔感を持たせるようにセットされた金髪が、その男の全てを隠すかのように目立っている。

 彼こそが、アリム・サレハ。

 LAMYのひとつ、アレイコムの会長。この場所の王だ。

 

「ああ、君はもう行っていいよ。ありがとうね」

「あ、はい。失礼、します……」

「うん、またよろしくね」

 

 アリムとのそんなやり取りをして、フェアリィはそそくさとその場を後にした。

 

「やあ、悪かったね。止め時がわからなくなってしまって」

 

 そんなことを、彼は笑いながら言ってきた。

 別に興味もない。仕事に支障がないのならば、なんでもいい。

 

「さ、入りたまえ」

 

 そう言って、アリムは俺たちを部屋の中へ招き入れた。

 ふと、天神のほうを見た。

 

「……最低」

 

 そばにいた俺以外には聞こえないような、そんな小さい声量で、彼女は呟いた。

 苦虫を嚙み潰したような顔をしながら、重い足取りで、彼女は部屋の中へと入る。

 俺もそれに続いた。

 

「改めまして、ようこそ私のラヴェルへ」

 

 アリムは部屋にあるソファに座りながら、自信ありげにそう言った。

 それに答えることもなく、天神と俺は彼と対面する形で座る。

 とは言えそれを気にした様子もなく、アリムは続けた。

 

「いや、一度会ってみたかったんだ。セラフ章を取った史上最強のフェアリィと、凄腕と噂のエースパイロット」

「……どうも」

 

 天神はアリムの言葉に答えて、続ける。

 不愉快そうな顔は、どうにも繕いきれていない。

 

「お呼びいただいたのは、定期交流会のための打ち合わせ……という認識で良いでしょうか?」

「そんな固くならないで。ただせっかくだから、親睦を深めようと思っただけさ」

 

 どうにも食えない。

 柔和に笑う彼を見ながら、そんな風に思った。

 腹の底で何を考えているのか、俺たちに何をさせるつもりなのかが、まるで読めない。

 

「で、どうだい? この街は気に入ってくれたかな?」

「着いたばかりなので、なんとも」

「まあ、それもそうか。そっちの色男くんは、どうだい?」

 

 アリムはそう言って、俺のほうを見た。

 

「彼女と同じです。まだ到着して間もないので」

「そうかい? 案内役のアイシャって子がいたろ?」

 

 彼がアイシャの名を出すと、天神の眉が少しひきつった。

 アリムを睨むように、彼女は目を細めた。

 

「彼女はタイプじゃなかったかい? もしよければ、別の子を君の部屋に呼んでも――」

「あの、一体何なんですか?」

 

 とげのある声色で、天神はアリムの言葉に被せてきた。

 彼女は続ける。

 

「さっきの子もそうでしたけど、ここはフェアリィに、あんなことを強いているんですか」

「おや、あんなこと、とは?」

「ふざけないでください。わかっているでしょう?」

 

 まるで汚らわしいものを見るかのように、天神の目は一層高圧的になる。

 なるほど、彼女がさっきから不愉快そうな顔をしている理由が、ようやくわかった気がしてきた。

 

 つまるところ、ここのフェアリィが不当な扱いを受けていると感じて、それに憤りを感じていたのだろう。

 だがどうにも、それだけじゃない気がする。

 少なくとも俺の知ってる天神は、ただの正義感だけで、ここまで感情的になる人物じゃない。

 俺の知りえない何かが、彼女の神経を逆なでしているのだろうか。

 

「ああ、そこは心配しないで。彼女たちは自分から進んでやってくれてるんだ」

「そんなはず――」

「あ、もちろん、ナナちゃんにはやって欲しいなんて思ってないから、安心してくれていいよ」

「そういう問題じゃありません!」

 

 彼女は大声で、アリムの言葉を否定した。

 やはり、違和感があった。

 これは憤りじゃない。

 どちらかというと、怯えている。

 天神の反応は、恐怖による虚勢を感じるものだった。

 

「……ふーむ、となるとやっぱり、見るのも嫌かい?」

 

 しかしそんな彼女の様子に全く動じることもなく、アリムは顎に手を添えて言った。

 表面上は困ったような顔を張り付けて、アリムは睨んでくるを天神を眺める。

 そうしたまま、数秒。

 彼は再び笑顔になって、こう言った。

 

「やっぱり、お母さんを思い出すから、忍びないかな?」

「……は?」

 

 その瞬間、天神の顔が青くなった。

 アリムの言葉を受け入れられないとでも言うように、目を見開き、言葉を失っている。

 

「なに、なんで……?」

「……最近連絡してあげてないみたいじゃないか。お母さま、寂しがってるらしいよ?」

「なんで、そんなこと、知って……」

「なんでって、そりゃあもちろん、彼女が――」

「ニッパー」

 

 アリムの言葉を全部聞くことなく、彼女は急に俺の名を呼んで、席を立った。

 顔は俯いていて、表情が見えない。

 ただ、汗をかいているように見えた。

 

「ごめん、少し気分が悪くなったから、あとは任せるわ」

「大丈夫か?」

「うん、少し休めば、多分」

「……了解した。構いませんか、アリムさん?」

 

 アリムにそう聞くと、彼は笑顔を崩すことなく、頷いた。

 

「もちろんだよ。長旅で疲れが出たのかもしれないね……よければ、ホテルまで送るよう手配しようか?」

「いいえ、それには及びません。失礼、します……」

 

 天神はそれを最後に、部屋の外へ出て行った。

 初めてだった。

 あの強靭な精神力を持っている天神が、言葉一つであそこまで弱るところなど、今まで見たことがなかったのに。

 

「……さて」

 

 すると、アリムはこちらに向き直し、足を組んで姿勢を直した。

 先ほどとは、どこか雰囲気が違う。

 

「すまなかったね、どうやら知らないうちに、ナナちゃんのトラウマを踏んでしまったようだ。彼女への非礼、お詫びするよ」

「それは、どうも」

「ふむ、まあ、好都合ではあるけれどね」

 

 アリムは俺を見据え、にやけた顔でそう言った。

 その顔とは裏腹に、その声はひどく淡々としていて、情動の変化を感じさせないものだった。

 まるで、全て狙ってやったとでも、言うように。

 

「……で、天神を追い出して、何の話を?」

「ははは、人聞きの悪いことを言わないでくれよ、デリカシーが欠けてただけの事故さ。薄い壁のモーテルでヤッてる部屋の隣に、家族連れが泊まっちゃうような、よくある話だろう?」

 

 彼は言いながら、机に置いてあったタバコを取り出し、火をつける。

 煙を上に吐いて、再び口に咥えた。

 

「……美人だよなあ、実際」

 

 ふとそんなことを、アリムは言った。

 彼は続ける。

 

「遊び心のあるツートンカラーを携えて、カナードを自在に操り、身をよじるように美しく飛ぶあの姿……君があのロシアの犬コロに夢中になる気持ちもわかるよ。あれは上玉中の上玉だ」

 

 そこまで聞いて、彼が何のことを言っているのか、ようやくわかった。

 別に驚きはなかった。

 俺を呼ぶ理由など、『彼女』のこと以外にないのだから。

 むしろ、存外に早く、正体を現したものだなと思った程度だ。

 

「それで、ニッパーくんよ……ええと」

 

 アリムはなにやら、机の引き出しを開けて、何かを探していた。

 しかしそれはすぐに見つかったようで、「あったあった」と言いながら、彼はそれを手に持って見せた。

 

 拳銃だ。

 レトロな、リボルバー式のシングルアクション。

 それを、こちらに向けてきた。

 弾は入ってると見ていいだろう。

 

「早速本題に入りたいんだが、いいかな?」

「ええ、どうぞ」

 

 それだけ答えると、彼は笑って、こう続けた。

 

「ライカ、いくらなら売る?」

 

 そんな、わざわざ答える必要すらないことを聞いてきた。

 なんてセンスのない質問なんだろうか。

 誉め言葉と銃のセレクトは、なかなかのものなのに。

 向けられたリボルバー銃をしげしげと眺めながら、俺はそんなことをふと、考えていた。

 




2024/2/25追記
一部台詞の文章表現を修正致しました。

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。