オーシャン・プレデター   作:大麒麟

3 / 9
第二話 海亀と怪人

「(あれは何なんだ? 霊体か? しかしそれらしい力は何も感じ取れないが・・・・・・)」

 

「散々好き勝手やってくれたな! 覚悟しろ!」

 

 彼らはエイドの指示を聞かぬうちに、一斉に敵に魔法を放とうとする。すると敵は攻撃が来る前に、甲板の上を走り出した。甲板の各所を動き回り、乗員達を撹乱する。

 

「くそ! どこだ!? どこにいる!」

「わかんねえよ! 暗い上に相手があれじゃ!」

 

 数十人の乗員たちが喚きながら、円陣を組んで四方八方に魔法を打ち込んだ。

 彼らは持っている魔法剣を突き出し、剣先から火球や雷撃など各々の得意な魔法を放っている。だがそのいずれも敵に命中することは無かった。

 敵は複数ではない。彼らはたった一体の何かに向けて、がむしゃらに攻撃を繰り出し続ける。物が風に揺れれば、乗員たちは即座に反応して、その方角に攻撃を仕掛ける。

 もちろん結果は空振りだった。

 

「ぐがぁ!」

 

 敵の攻撃は唐突に行われた。一人の乗員が背中から長い刃物で突き刺された。特殊金属の鎧は紙のように簡単に破られ、腹から生えてきた敵の得物は血で濡れていた。だが得物自体も透明化しており、得物の形がよく見えない。

 恐らくこれが船内にいる乗員を惨殺した凶器であろう。

 

「くそぉおおおっ!」

 

 乗員たちが敵に向けて一斉に魔法を放った。敵は突き刺した兵士を盾にしてその攻撃を受ける。

 十発以上の魔法攻撃を一度に受けたその地点に、船を揺らすほどの爆発が起きた。煙や破片が巻き起こり一瞬視界がゼロになる。

 

「冷静になれ! 船を沈める気か!?」

 

 エイドがそう叫んだ直後に、新たな犠牲者が出た。

 爆風で乗員たちが怯んでいる合間に、敵は即座に間合いを詰め、乗員の一人の首を刎ねたらしい。姿が見えないので何をされても“らしい”という表現しかできない。

 乗員たちは一斉に、敵がいると思われる方向に突進した。魔法の力で強化された光る剣身を次々と振るおうとする。

 

 するとまた青い光弾が放たれた。一人の乗員の身体が貫かれ、腹に大きな穴が開いて絶命する。

 

「(何ぃいい!?)」

 

 先程エイドが受けたものと全く同じ攻撃だったが、その攻撃を放ったのは眼前の敵では無かった。

 飛んできた方角を見ると、彼らの目上、船首の所に、今までいたものとは別の透明な人型が立っていた。何と敵は二体いたのである。

 

「(くそ! 敵は1人と思いこんで油断した! このままでは全滅だ。どうすれば・・・・・・)」

 

 二体目の敵から赤い照射光とともに、二撃目が放たれ、また乗員が一人犠牲となる。

 乗員達は慌てて敵に攻撃魔法を放とうとするが、その隙にもう一体の敵が乗員達の陣に斬り込んできた。乗員達が次々と腹や首を切り裂かれて死んでいく。もう一体も攻撃を止めない。

 

 遠近両方からの攻撃を受け、半狂乱になりながらも戦う乗員達は、次々と数を減らしていった

 船内への入り口近くにいた一人の乗員が、扉の向こうで隠れながら、力を込めて剣に魔力を込めていた。時間を掛けて大掛かりな魔法を放つつもりだ。

 標的は接近戦を仕掛けているもう一体の敵。今それを撃てば、戦っている仲間も巻き添えにすることになるが、彼は一向に構わなかった。

 

 力を溜め終えた乗員は、勢いよく扉を開け、敵に剣を向ける。だが敵はその気配をいち早く察知、魔法を溜めている乗員の方に顔を向く。

 行動は素早く、乗員に魔法を発射される前に、乗員の額に向けて光弾を撃った。

 光弾は寸分の狂いもなく乗員に命中。乗員の頭は果実のように簡単に砕け散る。

 すると隙を窺っていたエイドが敵に向けて突撃してきた。

 

「たりゃあっ!」

 

 エイドは敵に斬りかかる。魔法を放とうとしていた乗員に気を取られていた敵は、反応が僅かに遅れ、その攻撃をまともに受けることとなった。

 

「グォオオッ!」

 

 ザシュッ!と肉が切り裂かれる音ともに、敵は人間とは思えぬ声質の悲鳴を上げてよろめく。エイドは二撃目を放とうとするが、すぐ体制を取り直した敵に蹴り上げられ吹き飛んだ。

 

「グゥウウウッ!」

 

 だが敵もそれなりに深手を受けたのか、乗員たちに背を向けて、その場から逃げ出した。我に返った残りの兵士が魔法で追撃をしようとするが、その時敵は既に甲板から離れ、海に飛び出していた。

 ボチャンと石を水に投げたかのような地味な音が聞こえた。

 更に追うようにもう一つ落水音が聞こえる。目を向けると船首の方にいた敵が、姿を眩ましていた。どうやら共に退却したようだ。

 

「おい! 何人生き残ってる!」

 

 エイドが他の乗員たちに呼びかける。だがそれは報告を待たなくとも直ぐ判る、残った乗員は僅か十人足らずであった。

 

「・・・・・・何てことだ。もうこれは壊滅と言っていいほどじゃないか・・・・・・」

 

 エイドは敵のいた場所に目を向ける。そこには明らかに人間のものとは違う、緑色の光る血痕がついていた。

 

「何なんだよあいつは・・・・」

 

 エイドは疲れた声でそう嘆く。ふと目をやると、月星に照らされた海上に一つの孤島が存在していた。

 

 

 

 

 

 

 果てしない海。

 陸から離れればどこにでもある風景、というよりそうでない風景のほうが珍しいのが海である。その海の水面を、あるものが動いていた。

 

 それは生き物だった。やや黒みがかかった楕円形の甲羅、そこからオールのようなヒレ足が四本生え、左右真ん中の前部には嘴のついた爬虫類の頭が生えている。

率直に言えばそれはただのウミガメであった。甲羅の長さは一メートルほど、この種のウミガメとしては大きくも小さくもないごく普通のサイズで、別に珍しくもなんともない存在である。

 

 ただ変わっていることは、そのウミガメの位置と動き。

 通常ウミガメは、生活のほとんどを海中で過ごし、息継ぎの時だけに海面に上がる。だがこのウミガメは体の上半分を海中から出している。いわば船のように海面に浮きながら泳いでいるのだ。

ウミガメの視点はただ一点を見詰め、ただひたすら真っ直ぐに泳いでいる。

 

 これの様子を人間が見たら、随分目立つ泳ぎ方をしているな、と首を傾げるだろうが恐らくそれだけだろう。そんな驚くほどのことでもない。

 

 ウミガメが進む先には島があった。果てしない大海原の中で、その島は野原の中の一本の木のように、ポツンと孤立して浮かんでいる。

 規模は直径一キロメートルほど、完全な円形をしているわけではないので、実際の島の長短はそれよりもやや長いかもしれない。

 

 ウミガメと島の距離は、時間と共にどんどん縮まっていく。

このウミガメはあの島を目的地にしているようだが、何のためだろうか? この時期はまだウミガメの産卵の時ではない。

やがてその島は山や砂浜の形・色が人間の目にもはっきりと見える程にまで近づいた。

 ウミガメは水鳥のように水面から顔を上げ、歯の無い尖った口先を動かした。

 

「やっぱり昨日の船だ。何かあったな・・・・」

 

 これまで珍しくもないと評していた光景が、ボロくずのように簡単に破壊されてしまった。

 

 何とウミガメが喋ったのだ。どもることの無いハッキリした口調で、しかも人間と全く変わらない声質で、である。

 

 ウミガメの見据える先には大きな船があった。三本柱の帆は畳まれており、船の両脇には大きな水車のような円輪がついている。外輪船である。

 それが島の砂浜に無造作に打ち上げられていた。誰が見てもこれは遭難船である。

 

 ウミガメは少し速度を上げ、島に向かう。やがてそう時間もかからないうちに島に到着した。船の直ぐ側の浜に上がったと同時に、またもや驚くべき事象が発生した。

 ウミガメの体が突然光ったのだ。蛍のような静かな光りでもなく、太陽のような眩いものでもない。ボワ、と擬音が聞こえそうな勢いで、ウミガメの前進が青く光る。

 その光りは直ぐに止んだ。するとそこには先程のウミガメの姿がなかった。だが全てが消えたわけではない。

 

「うぅぅん! こう頻繁に、この姿になるのも久しぶりだな」

 

 ウミガメが消えた代わりにそこには人間が立っていた。身長150センチ前後、黒髪で瞳の色は青、見た目13~14歳ぐらいの中性的な顔立ちの少年だった。

 衣類は腰に巻いた青いフンドシのみで、それ以外はほぼ全裸。背中には入れ墨と思しき模様があり、それは先程のウミガメの甲羅を写したもののようだった。

 

 少年は大きく背伸びをした後、首をコキコキ動かす。

 先程のウミガメはどこに消えたのか? この少年は何者か? 考えるまでもない。あのウミガメが少年の姿に変身したのだ。彼は一体何者なのであろうか?

 

 少年は眼前にある打ち上げられた船を見上げた。それは先日、謎の襲撃者の攻撃を受けたエイド達の船である。

 だが現在この軍船には、人気が全く感じられない。まるで年期を過ぎた漂流船のようにも見える。

 

 少年は船の側面に飛び乗った。猿のように身軽で驚異的な跳躍力で壁に飛びつき、蜥蜴のように手足を壁に張り付けて上へと登り始めた。

 船の上は酷い有様だった。戦闘の後と思われる各破壊箇所と幾人もの人間の死体が転がっている。その死体は高級そうな鎧を身に着けている者もおり、血みどろの鎧や武器にはカルガモを象ったと思われる紋章が着いていた。

 

「やっぱりこれか・・・・・・全く最近のこの海は・・・・・・」

 

 少年は呆れ顔で嘆息した。その表情は怪訝ながらも驚きはなかった。どちらかというとうんざりといった感じである。

 外見から彼らはどこかの国の部隊と思われるが、少年にはそれがどこの国の者かは判別できなかった。

 

「クラーケンに喰われた訳でもなさそうだし・・・・サンダーバードの仕業か? いや、さすがにないか」

 

 少年は現場には早々に興味を無くし、甲板から飛び降りる。猫のように軽々と砂地に着地し、真っ直ぐ島の森の中に入っていった。

 

「おおぉおおおおい! 誰か生きてる奴いるかぁ!?」

 

 やや気抜けした口調で森に向けて大声を上げ、返事の有無を待つことなくさっさと森の中に入っていく。

 少年は特に目処があって動いている訳ではないようで、ぶらぶらと森の中を適当に歩き回っていた。

 

「うん?」

 

 ふと少年は何かに気づいて足を止める。少年の目線はある一点に固まった。

 いくつもの照葉樹の葉に覆われて薄暗い森の中、幹が途中で二股に分かれた一本の樹木。その太い枝の狭間に、確かに何かがいた。

 

 それは人型をしていた。だが具体的な姿はよく分からない。

 その人物は身体が透けていたのだ。ガラス瓶の向こうの風景を見るように、視認できる風景が歪んだ箇所が人型のシルエットのようにそこに存在していたのだ。

 大きさは、目測でもかなりの大柄であることが判る。身長は2メートル以上あるかもしれない。頭部には髪の毛と思われる箇所が見えた。

 それはカメレオンのごとく周囲に完全に溶け込んでおり、常人ならばまず気がつかなかっただろう。この少年はよくぞ見つけられたものである。

 

 それは特に動くことなく、少年に顔を向けているようだ(透明なのではっきりとは判らないが・・・・・・)。何とも不思議で不気味な存在だが、少年は恐れることなく足を進め距離を縮め、その怪人に語りかけた。

 

「俺はこの辺りの海を縄張りにしている精霊のルイだ。お前は誰だ? この島の住人か? 違うよな、俺ここに結構来てるけど、人が住んでたことなんて一度もなかったし。やっぱりあの船にいた奴か?」

 

 少年=ルイの問いに怪人は何も答えなかった。しばしその場が沈黙する。するとルイは徐々に不機嫌になっていく。

 

「こっちが名乗ったんだ。お前もさっさと名乗れよな!」

 

 すると怪人は突然ルイに背を向け樹木から飛び降りた。逃げるといった様子は無く、ただ興味が無いから行くといった感じで、その場から立ち去ろうとする。

 

「待てやこら!」

 

 ルイはその少女のような容姿には似合わないドスの利いた怒声を上げて、怪人を追いかけた。

 怪人は大柄に似合わぬ俊敏な動きで森へと消えていく。ルイもそれに負けず素早く動いたが、山林での移動に慣れていないせいで順応に動けず、怪人を見失ってしまった。

 

「なんだよあいつ・・・・よそ者の癖に礼儀知らずだな」

 

 ルイは不機嫌丸出しで嘆く。そして再び森の探索を始めた。

 

 

 

 

 

 

 時間が経ち、日が傾き始めた。

 

「そろそろ帰ろうかね」

 

 ルイがそう呟き、空の太陽を眺めると一羽の鳥が飛んでいるのが見えた。それはカルガモだった。

結構高い位置を飛んでいるはずなのに、何故か鳥の種類がはっきりと判る。

 

(あんな鳥この辺りにいたかな?)

 

 ルイは首を傾げ、カルガモの飛んでいく先を見つめる。カルガモは島の森の中の一点に入っていった。ルイは興味をかられたのか、カルガモの着地地点に足を運んだ。

 

 

 

 

「お前どこ行ってたんだ!? 奴に見つかったらどうする気だ!」

「落ち着け! お前の声のほうが一番危ないぞ!」

 

 一人の男が怒鳴り声を上げ、側にいた一人が慌てて彼の怒号を止める。カルガモが降り立った林の中には、あの船に乗っていた8人の兵士が茂みの中に隠れていた。

 

 怒鳴られたそのカルガモは、どう見ても普通の鳥ではなかった。外見はどう見ても普通のカルガモで、遠くから見た場合おかしな点には全く気づかないだろう。

 だが近くによればはっきりと判る。カルガモの体格は、常識では考えられないぐらいの大きさで、馬と同じぐらいあったのだ。おそらくダチョウよりも大きいだろう。

 首には手綱のついた首輪、背中には乗馬のような鞍が取り付けられている。

 

 この明らかにおかしな生き物に兵士達は特に動揺することなく、それが当たり前のような慣れた対応でカルガモの手綱を引っ張り、共に茂みの中に隠れる。

 

「餌が無くて我慢できなかったんだろう。仕方ないさ」

「副艦長・・・・」

 

 副艦長と呼ばれた30前後と思われる兵士が、疲れた表情で一息吐いた。

 

「どうする? いっそこいつを放しちまおうか? どうせこいつの羽じゃ海を越えられない・・・・」

 

 一人の兵士が嘆いた言葉に反論する者はいなかった。

 だれもが疲れ絶望しきった表情でカルガモを見詰めている。カルガモは何も判っていないようで、お気楽に「グワッ!」と一声を上げる。

 

「・・・!」

 

 突然副艦長が何かに気づいたようで、凄まじい速さで腰に差していたロングソード型の魔法剣を抜いた。

 他の兵士達が動揺する一瞬の間にも、剣筋に雷の魔力が迸り、切っ先を茂みの向こうの一点に向ける。そしてようやく一人の兵士が声を上げられた瞬間に、切っ先から青い電光が放たれた。

 

「うわ!」

 

 茂みの奥から何かの声が聞こえ、電光の炸裂による爆発が起きた。

 

「しまった!?」

 

 副艦長は気配を察した瞬間は、茂みの向こうにいる者を人間だとは思っていなかった。だが今の人間と思しき声を聞いた途端、自分の失態に気づき、慌てて焼けた茂みの外側に飛び出した。

 

「大丈夫か!?」

 

 飛び出した先にいたのは、ルイだった。今の電光の直撃を受けたはずだが、とくに外傷はない。

 

「お前・・・・・・?」

 

 ルイは力士の張り手のように、広げた掌を前方に突き出していた。

 そして掌を中心にルイの前方を全て覆う、円形の大きな水の壁が出来ていた。水魔法の障壁だ。どうやらこれで電光を防いだようである。

 ただ帯電率の高い水では完全に防ぎきれなかったようで、ルイの身体は僅かばかり痺れで揺れていた。

 

「いてえよ。普通の奴だったら死んでたぞ」

 

 先程の怪人の時以上に、不機嫌丸出しでルイは副艦長を睨み付けた。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。