紫電奔る   作:サンキューカッシー

28 / 29
俺が殺した

三重疾苦(しっくしっくしっく)!!!」

必殺必中の領域に、完全なる球体というガード不可の攻撃、あらゆるものを削り取るブラックホールが如き球体が地面、いや空間を削り取りながら鹿紫雲へと迫る!

 

「『彌虚葛籠』!!」

 

即座に領域対策を行い、真球の簡単な軌道から回避する。

しかし、両腕が使えないことが原因で鹿紫雲は更なる窮地へと陥っていく。

真球の操作を万は放棄し、彼女が呪力で強化した肉体で殴りかかってきたのだ!

その力はかつて戦った石流にも至るほどの洗礼された呪力強化、しかし『彌虚葛籠』を解けば、真球が殺しにくる!

非常にまずい防戦一方であった。

ここで拍車をかけるのが、自分の領域展開でこの領域を破壊する方法、鹿紫雲の領域『碧輝殺風景(へきこうさっぷうけい)」は鹿紫雲の生得領域にデフォルトで設定された自死の概念も付与されている。

この領域は一定時間が経過すると自動で崩壊するものであった。

一考するが、まずこの領域勝負では相手が圧倒的有利な点、呪力放出は互角ではあるが、決定的に断絶しているのは、領域展開への慣れ、鹿紫雲は未だ領域展開を習得して二週間も経っていない。

領域勝負はどちらが洗練されているかで勝敗が決まる。負けたものはその生得領域が焼き切れた状態でスタートする。

圧倒的な不利だった。

 

「さっきの威勢はどうしたの!?ほらほらほらほら!さっさと死になさい!」

 

真球が、万が迫る。

鹿紫雲は、その掌印をまた違う形に結んだ。

 

「領域展開『碧輝殺風景』!!!」

 

外郭が削り合う。しかし、徐々に万の領域がその領域を押し潰していく。

 

「馬鹿ね!こんなお粗末な領域、粉々にしてーーー」

 

「馬鹿はそっちだ!展開できた時点で、俺の勝ち筋は見えてんだよ」

 

万は目を見開く。鹿紫雲の展開した領域が崩壊する。

あくまで、鹿紫雲が狙ったのは領域から脱出する方法、つまり穴を開ける行為だ。

鹿紫雲の領域に付与されたデフォルトの自死による崩壊は、外郭に小さな孔を開けるに至った!

 

「逃すわけないじゃない!」

 

真球がその領域の孔めがけて飛来する。

しかし、雷電の如く速さは、それ以上の速さで、穴から外の空間への逃亡に成功した。

領域が、崩壊する。

冷や汗が万から流れる。領域展開の後に引き起こされる術式の焼き切れ、目の前の真球が、どろりと解け、地面へと流れ落ちる。

形成逆転、雷獣が地面を蹴り穿つ。

 

呪力でのガード、先程も述べた通り、彼らの呪力放出は互角。

そう、互角だ。だからこそ、鹿紫雲の拳はーーー

 

黒閃

 

ーーー止められない!!!

単純な構えから大きく地面を踏み抜き放たれる一撃、太極拳が炸裂する!呪力のガードに雷が落ちる!万の身体に電撃による衝撃と単純な膂力、そして黒閃のブーストが彼女の両腕をぐちゃぐちゃに破壊した!即座に反転術式に転換する万だが、彼女の膨大な呪力もまた、底を尽きようとしていた。

様々な構築術式による変形、真球の創造、そして決定打となったのは、領域展開!

彼女の再生が、途中で止まるーーー!

 

「嘘」

 

印を結ぶことができない両腕、焼き切れた術式に使い果たした体力、呪力に、鹿紫雲のボルテージが跳ね上がった蹴撃が、万の胴体を穿つ。

零れ落ちる臓物、口から吐き出される吐瀉物と血反吐、止まらない流血、既に勝敗は決まった。

 

「楽しかったよ、オマエ」

 

「私は、まだ…、私を殺すのはーーー」

 

「残念だが、俺だ。先に行ってろ」

 

天空から、大きな落雷が彼女を焼いた。

宿儺を愛した女はここで散った。首を鹿紫雲はポキリと鳴らし、高まる熱を抑えようと地面に座ろうとした時、この結界が大きく揺れた。

膨大なプレッシャー、歩く災害、その台風がいまこの結界にやってきたのだ。

呪いの王、両面宿儺の降臨。そしてここに一人、あの時の少年がベールを開くように虚空から現れた。

 

「まだ死んでなかった、良かったです」

 

「テメェ、あん時の女の下っ端」

 

「お姉様とお呼びなさい!下郎!」

 

憂憂がその場所に現れた。この長距離のテレポートを可能にする術式、破格の術式であった。

 

「何のようだ?ここに(宿儺)が来る。さっさと要件を言え」

 

「追加して欲しいルールがあります。今、ここで」

 

鹿紫雲の二百点、二つルールを追加できる。

憂憂が願った追加のルールは二つ

“参加術師の公開及び、その居所の開示”

“結界間の連絡の確立”

 

「条件だ、俺をーーー」

 

「宿儺と戦わせる、ですね?分かりました。ご自由にどうぞ」

 

「ーーー良いのかよ、どうせ受肉体だからあの目隠し(五条悟)は隠してたんだろ?」

 

「別に彼の意思は呪術界の総意ではありませんから」

 

鹿紫雲は二つのルールを適応する。どうやら、連絡手段はコガネを使って行えるようになったらしい。

地図機能も追加され、コガネを使用すれば術師がどこにいるかも見当がつく。

良い機能だと密かに鹿紫雲は感心した。

 

そして、運命の時は訪れようとしていた。

悪意が、脅威が、運命が、迫る、迫る、迫る!

 

圧倒的な呪力、そして練り上げられたその練度、現代最悪最強最大の魔王が今このアリーナに降りてきた。

 

「なんだ、万。死んだのか」

 

「ああ、俺が殺した」

 

紫電が奔る。江戸最強が、最悪に挑む!


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。