もっともな戦隊はごもっともな変態!?   作:阿弥陀乃トンマージ

5 / 17
第1話(4)最強のレッド

「クモ怪人さま!」

 

 全身黒タイツの者が蜘蛛の顔をした怪人に近寄り、敬礼する。

 

「……どうだ?」

 

「はっ! 学院の敷地内への侵入に成功しました!」

 

「それは分かっている!」

 

「ええっ⁉」

 

「ええっ⁉じゃない! 現にこうして私もここに立っていいるではないか!」

 

「た、確かに……」

 

「感心している場合か……」

 

 クモ怪人が呆れる。

 

「えっと……」

 

「敷地内の重要施設は抑えたのか?」

 

「はっ! 現在それを実行に移そうと検討している段階です!」

 

「検討している場合か! さっさと実行に移せ!」

 

「はっ! おい!」

 

 戦闘員が他の戦闘員を促す。クモ怪人が笑いながら呟く。

 

「ふふっ、この最上学院を占拠してしまえば、大変なことになるぞ……」

 

「そうなのですか?」

 

「ああ、ここには政治家や官僚、大企業の社長などの金持ちの子どもらが多数通っている……ということは……どうなる?」

 

「ど、どうなるのですか?」

 

「わ、分からんのか?」

 

 クモ怪人が戸惑う。

 

「まったく分かりません!」

 

「まったく分からないのに作戦行動をしているのか?」

 

「はい!」

 

「返事は良いが……疑問は抱かないのか?」

 

「ええ、まったく! 我々は悪の組織に絶対の忠誠を誓っていますから!」

 

「そ、それは結構なことだが……少しは考えた方が良いと思うぞ?」

 

「我々は所詮、組織の歯車です! 歯車が意思を持つ必要はありません!」

 

「う、うむ……ある意味見上げた意識だ……とはいえ、目的は把握しておけ……この学院の子どもを人質に取れば、多額の身代金が得られる……」

 

「! な、なるほど!」

 

「理解したら、行動に戻れ」

 

「はっ!」

 

「待て!」

 

「!」

 

 赤いスーツを着た男がその場に駆け付ける。

 

「てめえらの悪事もそこまでだぜ!」

 

「レ、レッドセイバー⁉ 何故にこんな場所に⁉」

 

 クモ怪人が驚く。

 

「何故って、そりゃあ……」

 

「そりゃあ?」

 

「い、いや、言う必要がねえだろう!」

 

「ちっ……」

 

「あ、危うく引っかかるところだったぜ……」

 

「む……」

 

 クモ怪人が周囲を見回す。レッドセイバーが尋ねる。

 

「どうした?」

 

「貴様一人か? 他の連中はどうした?」

 

「今日は俺一人だ」

 

「なにっ⁉ な、舐めているのか?」

 

「それはこっちの台詞だ。たったそれだけの人数で、この巨大な学院を占拠しようだなんてよ……考えが甘すぎるぜ」

 

「ふん! 貴様さえ片付ければ、それもたやすいことだ! おい、かかれ!」

 

「はっ! 行くぞ! お前たち!」

 

 クモ怪人の指示を受け、戦闘員たちがレッドセイバーを包囲する。

 

「戦闘員か……雑魚が何人集まったって一緒だぜ?」

 

 レッドセイバーが呟く。

 

「我々は戦闘員の中でも選抜された面々だ! お前にだって勝てる!」

 

「へえ、選抜ねえ……それじゃあ、お手並み拝見といこうかな?」

 

「舐めるなよ! 行け!」

 

「おおっ!」

 

「えっ……?」

 

「おりゃあ!」

 

「……」

 

「がはっ⁉」

 

 向かってきた一人の戦闘員をレッドセイバーがパンチ一発で倒す。

 

「ああっ⁉ この部隊でも随一の力自慢をワンパンで……な、ならば、お前が行け!」

 

「うおおっ!」

 

「いや……」

 

「うおりゃあ!」

 

「………」

 

「ぐはっ⁉」

 

 レッドセイバーが向かってきた戦闘員の突進をかわし、キック一撃で倒す。

 

「ああっ⁉ この部隊でも随一のスピード自慢を一撃で……そ、それならば……!」

 

「お前ら、数の優位性というのを活かせよ……」

 

 レッドセイバーが呆れたように呟く。

 

「はっ、そ、そうか! よし! お前ら、一斉にかかれ! どおりゃあ!」

 

「よっと! ほっと!」

 

「なにいっ⁉ あ、当たらん⁉」

 

 一斉に飛びかかってきた戦闘員たちをレッドセイバーは軽々とかわしていく。

 

「お前らの攻撃が当たるかよ……そらよ!」

 

「げはっ⁉」

 

 レッドセイバーの反撃で、戦闘員たちはあっという間に全員倒される。

 

「ふん、選抜と言ってもこんなもんか……むっ⁉」

 

「はははっ! 隙ありだ! レッドセイバー!」

 

 レッドセイバーの体にクモ怪人が放った糸が絡みつく。

 

「むっ、蜘蛛の糸ってやつか……」

 

「ただの蜘蛛の糸ではないぞ! 鋼鉄並みの硬度を誇る! 貴様はもう動けん!」

 

「……ふん!」

 

 レッドセイバーが蜘蛛の糸を引きちぎってみせる。

 

「‼」

 

「『最強』の俺の前では無駄なことだ……そらっ!」

 

「ごはあっ⁉」

 

 レッドセイバーのパンチでクモ怪人は遠くへ吹っ飛ばされる。

 

「終わったな。戦闘員どもの確保は警察にでも任せて……さてと……」

 

 レッドセイバーは生徒会室に窓から戻り、変身を解いて、強平に戻る。美蘭が問う。

 

「……私の前で変身しても良かったの?」

 

「まあ、知られても構わない。アンタには聞きたいことがあるからな……」

 

「! 聞きたいこと?」

 

 美蘭が身構える。潜入がバレたのかと考えていると、強平が近寄ってくる。

 

「いや、頼みたいことと言った方が良いか……」

 

「頼みたいこと? !」

 

「頼む! 今朝みたいに俺をビンタしてくれ! 俺が強すぎるあまり、誰も俺の体を満足させてはくれないんだ! だが、アンタの強さなら、俺の望みは叶う!」

 

「⁉ へ、変態⁉」

 

 目の前で土下座する強平を見て、美蘭は困惑する。


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。