変わった世界でやり直し。〜ずれた世界をあの娘と共に〜   作:清谷ペン太郎

2 / 3
プロローグ②

「たっだいまーっと」

俺は香村さんと駄弁りながら歩いて十数分、なつかしの我が家にたどり着いた。

今日は、いや、も、か。今日も両親はいない。共働きで、息子の入学式の日さえ忙しくしている。

まぁ俺は慣れっこだし、お詫びって形でゲーム買ってもらったので当時はむしろ喜んでいたと思う。

「はぇー、なかなか立派な一軒家だねぇ」

香村さんが、手で目の上に影を作って俺の家を見上げていた。

「普通だよ普通。縮んでるから大きく見えるだけだろ」

「そんなことないと思うけど……」

「とにかくあがってあがって。麦茶くらいはあったはず……」

俺はガチャリと鍵を開け、香村さんを家に招いた。

「洗面所はそっち、で、リビングがあっちの右のドアの先ね。

「りょーかーい」

そう軽く案内をした俺は、台所に向かって適当なお菓子を見繕い、麦茶と共にお盆に乗せてリビングへ向かった。

「ねぇねぇ、なんか懐かしい感じだね、ほらテレビもブラウン管!」

地上デジタル放送はまだない時期だ。テレビもまだ薄型液晶でなく、箱っぽい形のブラウン管だった。

「とりあえず、ほい!」

「おわっと、これ、コントローラー?」

「そそ、うちの親が入学祝いに買ってくれたんだよ。据え置きゲーム。アクションゲームやろうぜー、ミスったら交代な」

「'……へへ、実は私、こういうのそこそこうまいよ?君の番来ないかもね」

「ほほう言うね。なら、その腕前見せてもらおうか!」

「あたぼうよ!ゲームスタート!」

そうして、俺たちは夕暮れまでゲームを楽しんだのだった。

てか、ほんとに上手かった。俺の番二回しか回って来なかったし、当時の俺が数日かけたボスを彼女は楽々クリアしてしまった。

「あー、楽しかった!こんなに熱中してゲームしたの久しぶり〜!」

「そりゃよかった。楽しんでくれたなら何より」

「じゃっ、また明日ね!」

「っ……お、おう、また明日!」

俺はこちらに手を振りながら走り去る彼女を、こちらも手を振って見送った。

俺はそのあと帰ってきたら両親と夕食の食卓を囲み、二十年ぶりの、小学生の頃の自分の部屋に入った。

勉強机と一体になったベッド、パーツ数の少ないプラモデルが数体。当時やっていた特撮ヒーローのなりきりアイテムとロボット。

何もかもが懐かしい。

俺はパジャマ姿でベッドに横になる。

なんとなくだが、ここで眠るとこの夢が終わってしまう気がしていた。

まだ続けたい。その思いもあるが、急激に襲ってきた眠気に抗えず、俺の意識は気絶するかのように闇に落ちた。

 

思考の闇の中、俺は何か光を見つける。

その光はどんどん小さくなり、ソフトボール大になる。

そして、更に小さくなってゆき、しまいには卓球の玉くらいの大きさになり、突如俺の方に向かってきて、ぶつかる!と思ったら俺の体の中、胸の辺りにスッと溶け込むように消えた。

……なんだったんだ?

 

目が、覚める。

「はぁ、いい夢だったな。さて、仕事仕事……って、え?」

俺が部屋を見渡すと、そこは昨日寝た場所。すなわち、二十年前の自分の部屋……。

しかし少し違いがあった。

【おもちゃ】【おもちゃ】【カバン】【服】【床板】

なんか……文字が、見える?


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。