SHIKAMARU 〜IQ足りないけど十種影法術あるから余裕っしょ!〜   作:彩べぇ

10 / 11
日間ランキング入りです!ありがとうございます!
文字通り応援していただける読者の皆様のおかげです!

編集した話数=誤字の回数です。
本当に申し訳ない......


第十話

病院で俺は目が覚めた。

 

綺麗な花が入った花瓶とお菓子が入った籠が目に入った。

 

恐らくいのとチョウジだろう。

 

疲れが取れない現状にデジャブを感じつつナースコールをする。

 

ナース曰く、3日も眠っていたらしい…

 

腹への直撃は俺が思っていた以上にダメージが大きく、内臓にまで損傷が及んでいたそうだ。

 

完治したことを確認して俺は家に帰った。

 

親父とお袋にめちゃくちゃ心配をかけ、怒られたり泣かれたりしたのは言うまでもないだろう…

 

しかし、最後にいつものように親父は俺の頭を撫でて、よくやったと褒めてくれた。

 

そして、夕食の時に明日は卒業試験だと教えて貰った。

 

試験の心配はいらないだろう。

 

秘伝忍術はもう上忍と変わらないレベルだし、式神だけでも中忍くらいなら倒せるはずだ。

 

今夜は特に修行をする気が起こらず、縁側でボーっと空を眺めた。

 

ふと試したいことができた。

 

それを実践するべく、庭に苦労して調伏した式神を顕現させる。

 

「鵺」

 

ずずっと出てきたそれは何も言わない俺を、フクロウのように頭ををころころと動かして見つめた。

 

俺はその背に乗って飛ぶよう指示を出す。

 

里を一望できる位置で滞空させた。

 

ーーーいい景色だ。

 

ポケットに手を入れ、目を閉じ、夜風を浴びる。

 

星空の下で感じるそれの心地よさ。

 

初めて飛ぶ経験はまるで空を手に入れたと思わせてくれる。

 

翼を持つものだけの特権を享受し、満足する。

 

翌朝、疲れは完全に取れていた。

 

ーーーーーーーー

 

アカデミーに行くとナルトが真っ先に駆け寄ってきた。

 

「シーカーマールー!!」

 

心配したってばよと声をかけてくれた。

 

わり、サンキュと返すといのとチョウジもこっちに来た。

 

「もう動いていいの?」

 

「無茶しすぎだよ。」

 

こいつらは見舞いにも来てくれていた。

 

感謝しなければなるまい。

 

「もう問題ねーぜ。」

 

見舞いに来てくれたことへの礼も告げ席に着く。

 

隣のサスケが俺を見て言った。

 

「大丈夫なのか?」

 

こいつも心配してくれてたらしい。

 

「心配ご無用だ。おかげで更に強くなれたぜ。」

 

「それは楽しみだ。」

 

どうやらこいつの中では戦うことが決定しているらしい。

 

まあまあ俺に毒されてるなと、俺は思わず苦笑した。

 

「サスケェ!シカマルに勝つのは俺だってばよ!」

 

いつものようにサスケにナルトが突っかかってきた。

 

「お前じゃ無理だ。ウスラトンカチ」

 

「んだとコラ!」

 

そして、メンチを切り合う2人に悲劇が起こる。

 

ブッチュウウウウウウ

 

まるで本当に音が鳴っているような気がした。

 

あっわり、とナルトの前のやつが言うが誰も聞いていない。

 

2人とも喉を押さえ、口を擦りオッエエエエと嗚咽を漏らす。

 

教室の女子たちはは阿鼻叫喚し、ナルトをリンチにした。

 

この光景を俺は目にし、何をしようと未来は変えられないのか…と一瞬、悲観に暮れるがすぐにバカバカしいと頭を振り、試験を待つことにした。

 

ーーーーーーーーーー

 

当然、俺は試験に合格した。

 

ナルトだけが落ちる。

 

俺はその展開を変える気はなく、術に関しては干渉してこなかった。

 

思惑通り後々、下忍となってナルトは班編成の発表にも来ていた。

 

イルカ先生が編成を発表する。

 

「第10班、シカマル、いの、チョウジ」

 

俺たちは案内された部屋で待つ。

 

扉が開き、室内でもタバコを加える雄々しい男が入ってきた。

 

「俺がお前たちの担当上忍、猿飛アスマだ。

 

 ま、これからよろしくな!」

 

俺の、忍者としての本当の物語が幕を開ける。




実は外伝の方を先に書いてしまっていました。
一体どこのなにイズライフなんでしょうね。
オマージュのオンパレードなので反感買いまくりかも…
頑張って少年期を終わらせれたら公開するかもしれません

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。