二度目の人生は艦娘でした   作:白黒狼

40 / 46
あけましておめでとうございます!
2016年中に終わらせたかったのですが間に合いませんでした。
執筆が遅くてすいません。
最新話ももう少しで完成ですが間に合いそうにないので、少し前から作っていたFate/Grand Orderにコンゴウさんが召喚されたらどんなステータスになるのかを想像して書いたものがあるので、載せておきます。
では皆様、今年が良い一年でありますように!


おまけ・Fate/GO風ステータス

最近人気のfate/Grand Order風にコンゴウさんがサーヴァントとして召喚された場合のステータスを作ってみました。

 

◇◇◇

 

「ステータス」

クラス・ライダー

真名・戦艦コンゴウ(???)

属性・秩序、善

時代・20世紀

地域・日本

 

「パラメータ」

筋力・B

耐久・A

敏捷・C(B)

魔力・D

幸運・B

宝具・B+

 

「保有スキル」

・騎乗A(クラススキル)

彼女自身が軍艦という一種の乗り物であるため他の乗り物もある程度理解している。彼女は乗り手ではないので本来は幻獣種を乗りこなすのは不可能だが、妖精の加護とライダーのクラス適正でランクが上昇している。

常時発動型スキル。Quickの威力が上がる。

 

・対魔力C(クラススキル)

魔術に対する対抗力。彼女自身に魔術の適正や知識はないのでランクが低下している。Cランクなら1行程以下の魔術を無効化する程度。

 

・妖精の加護A

彼女自身に宿る妖精達による加護。彼女が扱う艤装の資材の生成からダメージを受けた時の修復などを行う。このスキルによって致命傷を受けても一度までなら応急修理によって生き延びることができる。

戦闘スキル。攻撃力アップ(3ターン)・ダメージ大幅カット(1ターン)・ガッツ状態を付与(1回/5ターン)

 

・単独行動C

マスターからの魔力供給が無くても自身に蓄えた資材を消費することで暫くの間は現界することができる。しかし、マスターからの魔力がなければ資材は増えない事に加え、彼女自身の燃費が良くないので1日程で限界が来てしまう。

 

・心眼(偽)B

直感・第六感による危険回避能力。虫の知らせとも言われる天性の危険予知能力。彼女の場合は精神耐性も追加される。

戦闘スキル。自身に回避状態付与(1ターン)・弱体耐性アップ(3ターン)

 

・水面歩行A

水の上を移動する能力。彼女は元々軍艦なので海の上が本来の領域となる。その為、陸上での戦闘においては敏捷が下がるという悪影響が出ている。

 

・砲撃戦B+

砲撃戦を行う才能。軍艦である彼女は敵との距離や風向きなどを瞬時に判断して的確な射撃を行う。もしも初撃を外してしまっても艦載機を使った弾着観測射撃により次の射撃にプラス補正がかかる。

常時発動型スキル。攻撃するごとにクリティカル率に補正がかかる。

 

・格闘術C+

接近戦用の格闘術。合気道と空手をベースにした独自の動きで相手を翻弄する。艦娘の弱点である接近戦用に彼女が編み出した独自のものなので、達人からすれば余裕で捌けてしまう程度である。

 

・オーバーブーストC

通常より過剰に資材を消費することで砲撃の威力や装填速度を上昇させる。しかし、その分反動でダメージを受けてしまうため、使いすぎると危険。

戦闘スキル。攻撃力を大幅アップ(1ターン)・防御力ダウン(1ターン/デメリット)・HP減少(−1500/デメリット)

 

「宝具」

「あなたに捧げる愛の砲撃(バーニング・ラブ)」

 

ーーー私の全てを勝利のために捧げよう……『あなたに捧げる愛の砲撃(バーニング・ラブ)!!』

 

ランク・B+

種別・対軍宝具

レンジ・5〜30

最大捕捉・40人

自身に備えた資材のほぼ全てを使って放たれる砲撃の嵐。妖精達をフル動員して放つため通常では考えられない連射速度と命中率がある。しかし、何よりも恐ろしいのは妖精の加護によって追加される貫通能力である。魔術適性がない彼女に代わって神秘に対する干渉能力を付与しているため魔術障壁や宝具による防御にもダメージを与える。

資材の大半を消費するため、この攻撃の後は耐久のパラメータがAからCへと大きくランクダウンしてしまう。

 

敵全体に防御力を無視した強力な攻撃・火傷状態を付与(3ターン)・無敵貫通を付与(1ターン)・防御力大幅ダウン(3ターン/デメリット)

 

◇◇◇

 

「マイルームでの会話」

 

・召喚時

「異世界のサーヴァント、コンゴウです、抜錨します。よろしくお願いしますね、提督」

 

・会話1

「提督、そろそろ出撃しませんか?」

 

・会話2

「提督に勝利を……私は、その為にいるのですから」

 

・会話3

「マスターとサーヴァントについてですか?不満はありません。貴方は優しい人のようですから」

 

・好きなこと

「好きなもの、ですか……艦隊の皆と食べる間宮さんのアイスでしょうか。いつか、提督にも食べさせてあげたいですね」

 

・嫌いなこと

「嫌いなこと……自らの欲望の為に無垢な者を利用する者達ですね。海を荒らす者も嫌いですが……」

 

・聖杯について

「聖杯ですか……願いが叶うなら、彼女を……いえ、なんでもありません」

 

・特殊会話「フランシス・ドレイク」

「フランシス・ドレイク船長がいるのですか?私も船の一員として彼女の様な偉大な船長に乗船していただけたらとても嬉しいですね。もっとも、今の私は人の形をしていますが……」

 

・特殊会話「マリー・アントワネット」

「あれは……ああ、マリーさんでしたか。いえ、すいません。彼女には何も恨みなどないのですが……その……あの大きな帽子を被っている姿を見ているとかつての敵の一部を思い出してしまって……うぅ」

 

・イベント期間中

「何やら違う空気を感じますね。見に行ってみますか?」

 

・誕生日

「提督、誕生日おめでとうございます!せっかくですから、私と海を見に行きませんか?夕日が沈む時間帯なら美しい景色が見れますよ」

 

・霊基再臨1

「艤装が強化されました。ありがとうございます!」

 

・霊基再臨2

「さらに上を目指せます。頑張りましょうね!」

 

・霊基再臨3

「新しい近代化改装ですね、ありがとうございます。この姿が私の最強装備だから、もっと皆の力になれるね」

 

・霊基再臨最終

「貴方と共に成長できて私は嬉しい。私の全力をもって提督に最高の勝利を!」

 

・絆Lv.1

「あ、提督……どうかしましたか?私は見ての通り元気ですよ?」

 

・絆Lv.2

「提督の指示は頼もしいですね。私も安心して戦えます。ふふ、なんだか昔を思い出してしまいますね」

 

・絆Lv.3

「昔は私が導く側に立つ事の方が多かったから、何だか新鮮かな。うん、悪くないね……。え、口調が変わった?……こっちが素なんだ。君は信頼できる人だから元に戻したんだけど、変かな?」

 

・絆Lv.4

「君はいい提督になれるよ。私の世界の鎮守府に欲しいくらいさ。あ、でも私の鎮守府には既に提督がいるから、別の場所になっちゃうかな……」

 

・絆Lv.5

「私達の間では絆を深めた提督が艦娘に指輪を渡して限界を超える力が出せる様になるんだ。……え、私?……私はもう指輪をあげ……いや、もらってるから君からはもらえないんだ。……え、あれ?……そ、そんなに落ち込まないで!!……その気持ちだけでも十分嬉しいよ……ありがとう」

 

・戦闘開始

「暁の水平線に勝利を……!!」

 

・消滅

「こんな……ところで、沈むわけには……ッ!!」

 

・宝具選択時

「出力最大……妖精さん、力を貸して!!」

 

◇◇◇

『プロフィール』(絆レベル1で解放)

異世界から召喚された英霊。かつて大日本帝国海軍で使用された金剛型戦艦の一番艦が艦娘という人の姿へと変化した姿。しかし、彼女自身は実際の金剛ではなく、金剛と絆が深かったとある人物が金剛を依代として召喚されている。

金剛を召喚する場合は本物の金剛か、金剛を依代とした彼女のどちらかが召喚されるが、どちらも身体スペックは同じであり、大きな違いはない。強いて言うなら本来の金剛は格闘スキルが少し低く、射撃スキルが少し高い。

 

『プロフィール2』(絆レベル2で解放)

彼女は戦艦金剛本人ではなく、金剛と深く絆を結んだ人物が金剛を依代として召喚された存在である。

彼女は艦娘と呼ばれる存在で深海棲艦という海に現れた未知の存在から人類を守るための存在である。見た目は人間だが弾薬や燃料を食事として補給するなど軍艦としての在り方を同時に持っている存在。

 

『妖精の加護』(絆レベル3で解放)

彼女に宿る妖精による加護。艦娘には必ず妖精が宿っており、弾薬の装填や応急処置などで宿主を助ける。妖精には死の概念がなく、たとえ殺したとしてもすぐに艦娘の中で復活する。

ちなみに妖精は一部の者を除いて基本的に言葉を話さずジェスチャーで話したい内容を伝える。そこが可愛く見ていて癒されるのだが、猫を持った妖精だけは不吉の象徴らしい。

 

「プロフィール3」(絆レベル4で解放)

本物の金剛はイギリス生まれの帰国子女なので日本語に英語を組み合わせた独特の話し方をする。性格は明るく前向きで皆を引っ張るリーダータイプ。姉妹達にも慕われる良いお姉さんである。恋愛にも積極的で惚れた相手にはとことん尽くすタイプ。外国生まれなこともありハグなどのスキンシップも多い。

それに対して彼女は基本的には全体を見渡して的確な指示を出す指揮官タイプで性格は大人しい。一歩引いた位置から困っている仲間を助けに入るやっぱり良いお姉さんである。

 

「雨の日の別れ」(絆レベル5で解放)

艦娘である金剛が轟沈した際にその場に居合わせた瀕死の彼は金剛の肉体を依代にして瀕死の命を繋いだ。それは愛する彼に対する金剛の純粋な愛だった。

金剛への罪悪感は金剛となった彼の心に大きな傷を残した。「彼女の分まで生きる」その感謝の誓いの裏には雨の日に別れた彼女の姿が今でもまだ……焼き付いている。

 

「金剛とコンゴウ」(絆クエスト「白金の指輪」をクリアで解放)

かつて金剛の肉体を依代に生きた彼女だが、今回は英霊としての金剛の代として召喚されるという珍しい状態になっている。

艦娘には提督と絆を深めた者が身に付けることにより限界を超えることができる指輪があり、それが彼女と金剛を繋ぐ絆となっている。彼女が金剛の代わりとして召喚されたのもこの指輪の影響だと思われる。

 

 

 

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。